にぶんのいち夫婦 まんが王国。 『にぶんのいち夫婦』第8話のネタバレ&最新話!文を求める和真

マンガ「にぶんのいち夫婦」が面白いと話題に!スマホで無料でも読む方法を徹底解説

にぶんのいち夫婦 まんが王国

しかし、ひょんなことから、夫の携帯をみてしまい、夫の浮気を確信して・・・!? 「にぶんのいち夫婦」第2話ネタバレ 樋口のアドバイスを受けた文。 しかしながら、文は和真を疑おうとする心と和真を信頼しようとする心の板挟みにあい、日常生活に著しい支障をきたす。 そして 和真はだんだんと文をうっとうしく感じて文の元に帰ることが今では苦痛と感じるようになってしまった。 (あぁ!もう和真絶対に黒だよね~!しかも、浮気してるのに、罪悪感感じるならまだしも、うっとうしく感じるなんて、どういう神経してるんだ~~!) 樋口のアドバイスである「楽しい夫婦でいたいなら事を荒立てるのは得策ではない。 」 という言葉を思い出しながら、神経質気味に時計を見ながら夕食の支度をする文。 和真は文にその日の朝今日も遅くなるから寝ていてという。 ここで和真を疑う文の心理の擬人化である【ブラック文】が 「本当は仕事ではなく立川さとみといっしょなのでは?」とささやく。 文はストレスで胃を痛め食事も抜きがちになっている。 「このままなら痩せるかもしれないが誰のために痩せるんだか・・・」と自嘲気味につぶやく。 和真とラインで会話しているうちに何時に帰るか聞こうとするようになるが 【ブラック文】が「何時に帰るか聞こうものなら帰ってこなくなる」がささやき、【ホワイト文】が「気になるなら聞いた方がいいと」ささやく。 【ブラック文】が「返信がなかったら気になるからやめておけ」とささやく。 (このシーンもよくわかるなぁ・・・。 聞きたい気持ちと、関係性を保ちたいがために、良妻を演じる気持ち。 心が決まっていないから迷いがでちゃうんだよね~!私なら・・・浮気の証拠を突き詰めてから聞く!笑) \登録無料でにぶんのいち夫婦を読む/ 結局は スマホごと投げ出しモヤモヤをため込む文。 昨日のことを謝ることを決意する文。 その是非で【ブラック文】と【ホワイト文】が口論するも 「こんな気持ちでいるよりずっとマシだ!」と息巻き、 知らなければなかったことと同じとして立川さとみを忘れようとして仲良し夫婦でいようとする。 (その決断をしたか~・・・。 その決断は本来なら相当な覚悟が必要がいるところ。 こういう風に決めちゃったら、すぐにボロが出そう。 ) 11時30分に和真は帰宅する 和真は家に帰るのが憂鬱になっており今まではこの瞬間が日々の癒しだが今では 地獄の門を開けるようなものだと心の中でつぶやく。 (地獄の門って笑!自分の夫がそんな風に考えてたら、本当に悲しいし、もう帰ってくるな~!って思うレベルだよね。 ) それゆえ 喜んだ表情で出迎える文に対しそっけない態度をとってしまう。 (そして、嬉しそうな文とそっけない和真の態度の差、文は悪くないのに・・・!和真の心は完全にほかの誰かに向いているね。 ) 「あざといが下手に出て良心に訴えるべきだ」という樋口のアドバイスを思い出して思い 切って昨日責め立てたことを謝罪する文。 だが、謝罪のつもりが自分の気持ちばかりを口にしてしまい、しまったと思う文。 (ほら~!ちゃんと覚悟してないから、ついつい、本音がでちゃうんだよね・・。 ) 和真も「忙しかったからイライラしていた。 俺も言い方がきつかった。 」と謝罪した。 和真のハグに思わずに涙を流す文。 二人はディープキスをする。 文は自分たちの愛は壊れたりせず、お互いに年老いても一緒だと確信する。 (文~!短絡的すぎるよ~(泣)) 欲が出たのか文は和真に終電で帰れないかと問う。 その問いに 和真はどこか冷淡な真顔を見せた。 (この落差!もうラブラブモードだったのに、完全に和真萎えてるじゃん。 文、不憫すぎる・・・。 ) 「文ちゃんは結婚記念日を本当に楽しみにしているんだね」和真はため息をつくようにつぶやく。 和真の態度に「1年に1度の大切な日」と反論する文。 対し、和真は「無神経なことを言った」と謝罪し、早めに帰るよう上司に掛けあうと約束する。 頑張って帰って来るから待っていてと文の手の甲にキスをする。 自分はちゃんと愛されているとかみしめる文だが和真の尻ポケットのスマホが鳴る。 はっとした和真はシャワーを浴びてくると部屋を出る。 退出した和真がスマホを一人どこか冷たい表情で眺めていて、ようやく文の元へ戻ってくる。 (ちょ!和真さんも、それは分かりやすすぎるでしょ。 もっとさぁ、バレないようにしてほしいよね!浮気するなら絶対100%証拠残さずばれないようにしてほしい。 ) 「文」と声をかけられますが、文はあえて返事をしないまま。

次の

にぶんのいち夫婦を無料全巻読む方法とは?ある夫婦の浮気の結末とは!

にぶんのいち夫婦 まんが王国

しかし、ひょんなことから、夫の携帯をみてしまい、夫の浮気を確信して・・・!? 「にぶんのいち夫婦」第2話ネタバレ 樋口のアドバイスを受けた文。 しかしながら、文は和真を疑おうとする心と和真を信頼しようとする心の板挟みにあい、日常生活に著しい支障をきたす。 そして 和真はだんだんと文をうっとうしく感じて文の元に帰ることが今では苦痛と感じるようになってしまった。 (あぁ!もう和真絶対に黒だよね~!しかも、浮気してるのに、罪悪感感じるならまだしも、うっとうしく感じるなんて、どういう神経してるんだ~~!) 樋口のアドバイスである「楽しい夫婦でいたいなら事を荒立てるのは得策ではない。 」 という言葉を思い出しながら、神経質気味に時計を見ながら夕食の支度をする文。 和真は文にその日の朝今日も遅くなるから寝ていてという。 ここで和真を疑う文の心理の擬人化である【ブラック文】が 「本当は仕事ではなく立川さとみといっしょなのでは?」とささやく。 文はストレスで胃を痛め食事も抜きがちになっている。 「このままなら痩せるかもしれないが誰のために痩せるんだか・・・」と自嘲気味につぶやく。 和真とラインで会話しているうちに何時に帰るか聞こうとするようになるが 【ブラック文】が「何時に帰るか聞こうものなら帰ってこなくなる」がささやき、【ホワイト文】が「気になるなら聞いた方がいいと」ささやく。 【ブラック文】が「返信がなかったら気になるからやめておけ」とささやく。 (このシーンもよくわかるなぁ・・・。 聞きたい気持ちと、関係性を保ちたいがために、良妻を演じる気持ち。 心が決まっていないから迷いがでちゃうんだよね~!私なら・・・浮気の証拠を突き詰めてから聞く!笑) \登録無料でにぶんのいち夫婦を読む/ 結局は スマホごと投げ出しモヤモヤをため込む文。 昨日のことを謝ることを決意する文。 その是非で【ブラック文】と【ホワイト文】が口論するも 「こんな気持ちでいるよりずっとマシだ!」と息巻き、 知らなければなかったことと同じとして立川さとみを忘れようとして仲良し夫婦でいようとする。 (その決断をしたか~・・・。 その決断は本来なら相当な覚悟が必要がいるところ。 こういう風に決めちゃったら、すぐにボロが出そう。 ) 11時30分に和真は帰宅する 和真は家に帰るのが憂鬱になっており今まではこの瞬間が日々の癒しだが今では 地獄の門を開けるようなものだと心の中でつぶやく。 (地獄の門って笑!自分の夫がそんな風に考えてたら、本当に悲しいし、もう帰ってくるな~!って思うレベルだよね。 ) それゆえ 喜んだ表情で出迎える文に対しそっけない態度をとってしまう。 (そして、嬉しそうな文とそっけない和真の態度の差、文は悪くないのに・・・!和真の心は完全にほかの誰かに向いているね。 ) 「あざといが下手に出て良心に訴えるべきだ」という樋口のアドバイスを思い出して思い 切って昨日責め立てたことを謝罪する文。 だが、謝罪のつもりが自分の気持ちばかりを口にしてしまい、しまったと思う文。 (ほら~!ちゃんと覚悟してないから、ついつい、本音がでちゃうんだよね・・。 ) 和真も「忙しかったからイライラしていた。 俺も言い方がきつかった。 」と謝罪した。 和真のハグに思わずに涙を流す文。 二人はディープキスをする。 文は自分たちの愛は壊れたりせず、お互いに年老いても一緒だと確信する。 (文~!短絡的すぎるよ~(泣)) 欲が出たのか文は和真に終電で帰れないかと問う。 その問いに 和真はどこか冷淡な真顔を見せた。 (この落差!もうラブラブモードだったのに、完全に和真萎えてるじゃん。 文、不憫すぎる・・・。 ) 「文ちゃんは結婚記念日を本当に楽しみにしているんだね」和真はため息をつくようにつぶやく。 和真の態度に「1年に1度の大切な日」と反論する文。 対し、和真は「無神経なことを言った」と謝罪し、早めに帰るよう上司に掛けあうと約束する。 頑張って帰って来るから待っていてと文の手の甲にキスをする。 自分はちゃんと愛されているとかみしめる文だが和真の尻ポケットのスマホが鳴る。 はっとした和真はシャワーを浴びてくると部屋を出る。 退出した和真がスマホを一人どこか冷たい表情で眺めていて、ようやく文の元へ戻ってくる。 (ちょ!和真さんも、それは分かりやすすぎるでしょ。 もっとさぁ、バレないようにしてほしいよね!浮気するなら絶対100%証拠残さずばれないようにしてほしい。 ) 「文」と声をかけられますが、文はあえて返事をしないまま。

次の

【漫画】「にぶんのいち夫婦」のネタバレや最終回の結末【他人事ではない夫婦の浮気問題の衝撃のラストは】

にぶんのいち夫婦 まんが王国

夏川ゆき&黒沢明世先生の『にぶんのいち夫婦』はまんが王国で先行配信中です。 『にぶんのいち夫婦』前話(7話)のあらすじは・・・ 子持ちの友人たちから、子作りよりも和真と直接話し合ったほうがいいと助言される。 そして、優香が妊娠していること、だがモラハラをしてくる旦那にはまだ言えていないことを聞く。 一方の和真は、気づかないうちに同僚・高梨にさとみからのメッセージを見られてしまっていた。 文は浮気の物証の確保のため、さとみからのバレンタインのチョコを探し出し、写真に収める。 そんな中、樋口よりカフェに誘われるのだった…。 二人はそれぞれパイを注文し、シェアすることに。 自分がやってることは最低だと自覚させるにはどうすればいいかと文が聞くと、樋口は笑みを浮かべて言う。 「だったら俺と浮気してみます?」 他人の痛みは同じ経験をしないとわからない、だから旦那にも経験してもらえばいい、とさらっと話す樋口。 文は顔を赤くし驚くも、「タチの悪い冗談はやめてよね」と声を荒げるのだった。 挑発 「文ちゃん…?」と突然声が聞こえ振り向くと、和真が立っていた。 和真は仕事の調査で、偶然同じ店に来ていたのだった。 一緒にきていたのは同僚の高梨、そして遠くに見える席に女性の姿を見つける文。 だが顔までは確認できず、もしかしてあの女性が立川さとみでは…と勘ぐる。 そんな中、樋口が和真に挨拶と自己紹介をし、和真もそれに応対。 和真は文に、今日は仕事じゃなかったの?と聞き、文が答えようとするが… 「俺が無理矢理誘ったんですよ。 メイプルカスタード絶品でしたよ。 」 文の言葉に被せるように言う樋口。 挑発するような目で口元は笑みを浮かべていた。 異様な空気を感じ、あらためて樋口に旦那である和真を紹介する文。 女性を口説くにはいい感じですよね。 」 和真の挑発にのり、樋口はニヤリと笑みを浮かべながら答えるのだった。 和真は文の頭に手を置き、今日は早く帰ると伝え、夕飯にビーフシチューをリクエスト、そして髪を優しくなでて席へ戻っていく。 和真が席を離れたあと、樋口は文に言う。 「旦那さんイケメンっすね。 できる男っぽいしモテるのわかるわー。 でも嫉妬深くないですか?俺に対する威圧感がハンパなかったすよ。 」 (仕返ししたつもりはないけど、余裕のない和真の顔を見て少し気分がよかったのは確かだわ。 )と思う文だったが… 「でも本当に愛情があるなら浮気なんてしないよね」 樋口に聞く文。 すると樋口は、本命と浮気相手は別腹、一番の大好物が食べられないかもって思えば旦那さんも焦るはずだ、と答える。 そして… 「自信を持ってくださいってことですよ。 中山さんが離婚をちらつかせたら泣いて謝ってきますよ旦那さん。 」 二人は食事を終え、帰ることに。 文は和真と一緒にいる女性のことが気になるが、仕事中である和真に遠慮して確かめにはいけないのだった。 すると伝票をヒョイっと持って会計をしようとする樋口。 文「あれ?私のおごりでしょ?」 樋口「俺、女性を口説く時はおごる主義なんで」 文を求める和真 帰宅後、さとみのSNSをチェックする文。 さとみはSNSにさっきのお店のパイの写真を載せていて、やっぱりあれはさとみだったのかと気付く。 (あの席に確かめに行ってたら今頃どうなってたんだろう) 文がビーフシチューを作っていたところ、和真がいつもより早く帰宅する。 帰宅するや否や、文に抱き着く和真。 文を抱き寄せながら言う。 「…あいつ何?樋口ってやつ。 あいつに口説かれてるの?」 嫉妬心を丸出しにして文に問い詰める。 文は9歳も年下だしそんな訳ない、樋口は人をからかって冗談を言うのが好きなだけ、と弁明。 「冗談、ね。 文ちゃんは警戒心が足りないな。 」 そう言った和真は眼鏡を外し、文にキス。 そして文を激しく求める。 ソファに押し倒し、そのままするのだった。 興ざめ 終え、二人はソファで抱き合っていた。 恥ずかしがる文の頬に和真はキスをしながら言う。 「可愛い。 やっぱり文ちゃんが一番だな。 」 その言葉に興ざめする文。 (一番ってどういう意味?誰かと比べないと出てこない言葉よね。 ) 文はビーフシチューを温めるから、とソファから立ち上がり、和真から離れる。 以前に香住言った、「浮気って自分が一番だって感じられないと許せないのよね」の言葉を思い出すも、自分は香住みたいには割り切れないと感じていた。 (自分が一番でもほかの誰かと共有するなんて気持ち悪くて嫌だ。 大嫌いな女と関節キスだなんておぞましくて吐き気がする。 私が拒めばまたレスに戻って彼は外にはけ口を求めるのかな。 去年の年末みたいに不安で何も手につかず待つだけの日々がやってくるのかも。 証拠を抑えて反省させたら彼は私だけを愛してくれるの? そして私は彼を許して信頼できるようになるの? 結婚の先 すると、友人の多恵から電話がかかってくる。 優香から連絡がきていないか、と焦った声で聞かれた文。 心配した文は和真に車を出してもらい、優香の家に行くことにした。 車の中でも心配で焦りだす文に、「きっと大丈夫だから」と和真は優しく頭をなでる。 (こんな時優しく寄り添われると傍にいてほしいと思ってしまう。 …幸せってなんだろう。

次の