アラスカ メヌケ。 メヌケってどんな魚なの?料理と味についてのまとめ

アラスカメヌケ

アラスカ メヌケ

分布 北海道全沿岸、岩手県釜石、山形県飛島、富山湾に分布。 大きさ 最大で50cmを超える。 釣期 周年釣れるが、産卵のため浅場に現れる春~初夏が盛期となる。 棲んでいる場所 水深2~550mから採集記録があり、通常は水深200mまでに棲む。 生活史 卵胎生で、晩秋~冬に交尾し、雌の体内で受精卵の発生が進み、春以降に仔魚を産むと考えられている。 しかし、本種の幼期形態はほとんど知られておらず、幼期の生態は未解明である。 未成魚は比較的浅い岩礁域で定住生活し、成魚は起伏が激しい岩礁帯のみならず砂混じりの平根にも定住する。 根の上に定位して、通りかかった魚類やエビ類などを食べる待ち伏せ型の捕食をする。 成熟年齢や寿命についてはよく分かっていない。 特徴 赤い魚体のメヌケ・アコウダイ類の中にあって、北海道限定の鮮やかな黄色い魚体は異色の存在。 産卵期には黄色味が薄れて青味がかった黒褐色の部分が現れることからアオゾイとも呼ばれる。 学名のうち種小名の glaucus はラテン後で「青灰色」を表し、洋の東西で同じ特徴に基づいた名があてられていることは興味深い。 メヌケ類の同定は難しいが、この特異な体色とともに14棘14~17軟条の背ビレをもつことで区別は容易。 その他の特徴としては、眼の下に顕著な小棘はなく、後頭部にも棘がないこと、主上顎骨に鱗がないことでも近縁他種と見分けられる。 主な釣り方 従来は深海釣りのターゲットとしてヘビータックルのドウヅキ釣りでねらっていたが、近年確立されつつあるライトなルアー釣りを推奨したい。 これはボートからシーバス用やロックフィッシュ用タックルでねらうもので、大変にスリリングでゲーム性が高い。 3000番台のスピニングリールにPE1号前後を巻き、ラインシステムを組んで、60~80gのメタルジグを用いる。 近年は資源が減少しているが、この方法で釣れた魚の価値は高く1尾で十分に満足できるはず。 かつてはクーラー一杯に釣るのが当たり前だったが、今はそのような時代ではない。 美味しい食べ方 旬は秋~晩春。 透明感のある白身には脂が乗って旨味がある。 身はほどよく締まっており、熱を通しても堅くならない。 刺身はほどほどの歯ごたえで甘味を感じる。 厚い皮目に旨味があるので、焼き物や煮物では皮ごと食べられる調理法を選びたい。 ソテー、塩焼き、煮つけ、鍋物、汁物などどんな料理にも向く。

次の

株式会社 田清水産のブログ

アラスカ メヌケ

魚の名称は方言が多くて統一するのが難しいです。 標準和名?で「赤魚」はスズキ科ハゼ目の魚なのですが 一般にはあまり知られていないです。 質問の赤魚は産地がアメリカ(アラスカ)産(太平洋産)であれば 標準和名:アラスカメヌケ でアイスランド産・ロシア産(大西洋産)であれば 標準和名:モトアカウオ です。 この両者、細かく分類すると種類が違います。 簡単な見分けは 「色が赤々している」・・・大西洋産 「色が白っぽい」・・・太平洋産 ただし、大西洋産でもなんらかの影響で白っぽい物もあります。 (原料が冷凍品の為解凍時に色が飛ぶ個体があるため) 脂は太平洋のほうがあります。 ちなみに以前両者は「メヌケ」で販売されていた時期がありました。 当然メヌケの方が高級感があるため「赤魚をメヌケで販売するのは品名改ざんではないか?」 という話があり当時役所の見解も「望ましくない」と言う見解でした。 が・・・「赤魚」の名称自体俗称な為現在は「メヌケ」表示は認められております。 (標準和名のアラスカメヌケで販売するのは望ましくない!というおかしな話に一時期なっていた) ただし、加工屋さんのこだわりとして両者を「メヌケ」として販売しているところは少ないです。

次の

アラスカメヌケ(赤魚)の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

アラスカ メヌケ

分布 [ ] 、近辺から沖、南までの。 特にと、アラスカ湾で多く見られる。 形態 [ ] 体長50cmほど。 体色は鮮やかな赤色。 メヌケの名は、水揚げの際に急激な水圧の変化により目が飛び出ることから。 生態 [ ] に生息。 初夏から夏にかけては海底が150-300mの海域に移動する。 夏が終わるとより沖合いの海底が300-450mの海域に移動し、そこで翌年5月ごろまで生息する。 冬にメスの胎内に産卵・受精し、4-5月に子供を出産する。 幼魚はしばらく流れに漂った後、やや浅い岩礁に棲みつく。 そして3歳ごろから徐々に沖合いに移動していき、成魚になるころにはより深い場所に生息するようになる。 餌は、、、類など。 は、、、若魚は他の岩礁の魚や、などの底生大型魚類。 利用 [ ] 本種は、などとともに 赤魚の名で流通し、アコウダイの代用として使われることもある。 身は癖のない白身で、、、、、などに幅広く利用されている。 また近海で獲れた新鮮なものはやとして利用されることもある。 日本近海ではの15万トンを最高に徐々に漁獲量は減少している。 参考文献 [ ]• 望月賢二 監修『図説 魚と貝の大事典』魚類文化研究会、柏書房、1997年、44頁。 出典・脚注 [ ].

次の