イタリア人口ランキング。 イタリアの人口と面積

イタリア20州の人口ランキング(2016年版)

イタリア人口ランキング

順位 名称 単位: 100万人 前年比 地域 推移 - 合計 7,468. 87 - - - 1位 1,395. 38 - アジア 2位 1,334. 22 - アジア 3位 327. 35 - 北米 4位 264. 16 - アジア 5位 208. 50 - 中南米 6位 200. 96 - アジア 7位 195. 88 - アフリカ 8位 164. 88 - アジア 9位 146. 80 - ヨーロッパ 10位 126. 50 - アジア 11位 124. 74 - 中南米 12位 106. 60 - アジア 13位 96. 98 - アフリカ 14位 95. 58 -1 アジア 16位 94. 14 -1 アフリカ 17位 82. 90 - ヨーロッパ 18位 82. 36 - 中東 19位 82. 00 - 中東 20位 67. 79 - アジア 21位 66. 44 - ヨーロッパ 22位 64. 73 - ヨーロッパ 23位 60. 48 - ヨーロッパ 24位 57. 94 - アフリカ 25位 54. 68 - アフリカ 26位 52. 83 - アジア 27位 51. 64 - アジア 28位 49. 83 - 中南米 29位 48. 03 - アフリカ 30位 46. 45 - ヨーロッパ 31位 44. 56 - 中南米 32位 42. 04 -1 ヨーロッパ 34位 41. 99 - アフリカ 35位 38. 98 -2 ヨーロッパ 38位 36. 99 - 北米 39位 36. 02 - 中東 40位 35. 22 - アフリカ 41位 33. 41 - 中東 42位 32. 57 - ヨーロッパ 43位 32. 39 - アジア 44位 32. 16 - 中南米 45位 30. 86 -4 中南米 50位 28. 09 - アジア 51位 26. 33 - アフリカ 52位 25. 61 - アフリカ 53位 25. 17 - オセアニア 54位 24. 88 - アフリカ 55位 23. 59 - アジア 56位 22. 44 - アフリカ 57位 21. 69 - アジア 58位 19. 52 -2 ヨーロッパ 61位 18. 75 - 中南米 62位 18. 40 -1 ヨーロッパ 64位 17. 77 - アフリカ 65位 17. 18 -1 ヨーロッパ 67位 17. 02 - 中南米 68位 16. 25 -1 アジア 70位 14. 64 - アフリカ 71位 13. 29 - アフリカ 72位 12. 98 - アフリカ 73位 12. 49 - アフリカ 74位 12. 09 - アフリカ 75位 11. 66 - アフリカ 76位 11. 40 -1 ヨーロッパ 78位 11. 38 -1 中南米 79位 11. 12 -1 中南米 81位 10. 74 - ヨーロッパ 82位 10. 61 - ヨーロッパ 83位 10. 28 -1 ヨーロッパ 85位 10. 27 -1 中南米 86位 10. 23 - ヨーロッパ 87位 9. 94 - ヨーロッパ 88位 9. 78 -1 ヨーロッパ 90位 9. 49 - ヨーロッパ 91位 9. 43 - 中南米 92位 9. 11 - ヨーロッパ 93位 8. 89 - ヨーロッパ 94位 8. 88 - 中東 95位 8. 48 - ヨーロッパ 96位 8. 43 - オセアニア 97位 7. 99 - アフリカ 98位 7. 49 -1 アジア 100位 7. 00 -2 ヨーロッパ 103位 6. 99 -2 ヨーロッパ 104位 6. 64 - 中南米 105位 6. 51 - アフリカ 106位 6. 46 - 中南米 107位 6. 26 - ヨーロッパ 108位 6. 09 - 中東 109位 6. 05 - アフリカ 110位 5. 78 - ヨーロッパ 111位 5. 77 - ヨーロッパ 112位 5. 64 - アジア 113位 5. 51 - ヨーロッパ 114位 5. 44 - ヨーロッパ 115位 5. 32 - ヨーロッパ 116位 5. 08 - アフリカ 117位 5. 02 - 中南米 118位 4. 93 - オセアニア 119位 4. 89 - ヨーロッパ 120位 4. 57 - 中東 121位 4. 46 - アフリカ 122位 4. 46 - アフリカ 123位 4. 18 - 中東 124位 4. 09 -1 ヨーロッパ 126位 3. 97 - アフリカ 127位 3. 73 - ヨーロッパ 128位 3. 54 - ヨーロッパ 129位 3. 50 -1 ヨーロッパ 131位 3. 24 - アジア 132位 2. 97 - ヨーロッパ 133位 2. 87 - ヨーロッパ 134位 2. 86 - 中南米 135位 2. 81 - ヨーロッパ 136位 2. 72 - 中東 137位 2. 41 - アフリカ 138位 2. 34 - アフリカ 139位 2. 28 - アフリカ 140位 2. 08 - ヨーロッパ 141位 2. 07 - ヨーロッパ 142位 2. 05 - アフリカ 143位 2. 03 - アフリカ 144位 1. 93 - ヨーロッパ 145位 1. 79 - ヨーロッパ 146位 1. 74 - アフリカ 147位 1. 48 - 中東 148位 1. 38 - 中南米 149位 1. 32 - ヨーロッパ 150位 1. 31 - アフリカ 151位 1. 27 -1 アフリカ 153位 1. 10 - アフリカ 154位 1. 05 - アフリカ 155位 0. 89 - オセアニア 156位 0. 86 - ヨーロッパ 157位 0. 85 - アフリカ 158位 0. 82 - アジア 159位 0. 78 - 中南米 160位 0. 67 - アジア 161位 0. 62 -1 ヨーロッパ 163位 0. 60 - ヨーロッパ 164位 0. 59 - 中南米 165位 0. 55 - アフリカ 166位 0. 48 - ヨーロッパ 167位 0. 44 - アジア 168位 0. 40 - 中南米 169位 0. 38 - 中南米 170位 0. 37 - アジア 171位 0. 35 - ヨーロッパ 172位 0. 29 - 中南米 173位 0. 29 - オセアニア 174位 0. 22 - アフリカ 175位 0. 20 - オセアニア 176位 0. 18 - 中南米 177位 0. 12 - オセアニア 178位 0. 11 - 中南米 179位 0. 11 - 中南米 180位 0. 10 - オセアニア 181位 0. 10 - オセアニア 182位 0. 10 - アフリカ 183位 0. 09 - 中南米 184位 0. 07 - 中南米 185位 0. 06 - 中南米 186位 0. 06 - オセアニア 187位 0. 03 - ヨーロッパ 188位 0. 02 - オセアニア 189位 0. 01 - オセアニア 190位 0.

次の

韓国・イタリアの方が中国よりヤバくない?コロナウイルス。人口...

イタリア人口ランキング

中国は武漢のみで計算すべきでしょうね。 やく1100万人で約55000人が感染。 感染率0. 武漢以外は25000人です。 イタリアは現在初期の武漢のように医療崩壊を起こしているため、死亡数はまだまだ増えるでしょう。 中国の一帯一路のため武漢からの行き来を止めるのが遅かったことが一因です。 韓国も検査をしすぎたため、軽症でも入院にしたため医療崩壊の初期段階。 政府がポンコツで介入が遅いこと、中国を遮断できないことから感染者はまだまだ増えるでしょう。 しかし死亡者は70名弱は現場が頑張っている印象です。 なので武漢のほうが遥かにヤバイでしたが、共産主義による隔離で無理矢理落ち着かせた感じで、伊や韓が世界の脅威であるかのように世論操作中。 むちゃくちゃな国ですね。 日本はクルーズ船と合わして1400名弱としていますが、感染率からすると実際は4500名はいると思われます。 その中で死亡者24名はこちらも現場が頑張っている印象。 こちらも政府がポンコツでしたが、遅まきながら色々打ち出したため、急速な進行は防げそうですが、終息は夏を越えないと厳しく五輪は不可能な気がします。

次の

『世界196カ国の人口』ランキング一覧表 2018年版《総人口73億人》日本は順位は?

イタリア人口ランキング

一部の地域では新型コロナに感染した重症患者が急増し、医療態勢が追いつかない医療崩壊が起きてしまっている。 米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は19日、北部のロンバルディア州ベルガモの医療崩壊の実態を伝えている。 記事によると、ベルガモにある大規模な病院では、新型コロナの重症者が急増し、患者全員に挿管できるだけの人工呼吸器が備わっていないという。 集中治療室(ICU)の受け入れ能力も限界を超えており、治療する患者を選ばざるを得ない。 地元の医師は、ベルガモの人口の過半が新型コロナに感染しているとみる。 イタリアが苦境に追い込まれていることは、各種データからも読み取れる。 下のグラフ1のように、感染者数は増え続けている。 22日は前日に比べ感染者と死者の増加数は下がったが、依然としていずれも高水準にある。 検査体制の問題が指摘されるが、グラフ1のデータからは検査自体の問題点は読み取れない。 3月以降は9日を除き、検査数に対する陽性数の比率は14〜33%の間に入っている。 検査数と陽性数に大きな異常は認めづらく、このペースだとしばらくは感染者が増え続けてしまいそうだ。 また、下のグラフ2に示しているように、高齢者の致死率が高いのは明らかだ。 30歳以下の致死率はゼロだが60〜69歳では4. 4%、70〜79歳は13. 5%、80〜89歳は20. 9%、90歳以上は22. 5%になっている。 ちなみにこのデータは20日時点のもので、この時点でのイタリア全体の致死率は7. 6%だったため、現時点ではこれらの数値はさらに上昇している公算が大きい。

次の