スーパー リーグ ラグラージ。 【ポケモンGO】全リーグで使える!ラグラージはGOバトルリーグでおすすめ!

GOバトルリーグでいや~なポケモンベスト5。ハイパーリーグ編。

スーパー リーグ ラグラージ

概要 すごいわざマシンを使うべきポケモンたち バトルリーグの報酬や、コミュニティデイで手に入るすごいわざマシン・スペシャル。 手に入れたのはいいけど、誰に使えばいいの? せっかく手に入れたのだから、損せず使いたいですよね。 すごいわざマシンはレガシーわざ(期間限定わざ)も覚えさせることができるので、貴重なアイテムです。 そんなすごいわざマシン・スペシャルを使うのにふさわしいポケモンを、ランク順で掲載してみました。 この記事を参考に、どのポケモンに使うか決めてみてください。 レガシーわざはほとんど対戦向けの性能です。 なのでバトルリーグに基づいた順位で紹介していきます。 スーパーリーグ、ハイパーリーグどちらも活躍するポケモンは、スーパーでまず使ってみて、気に入らなければハイパーまで育成して使ってみるのがおすすめです。 ランキング 1位:ブラッキー とっておき 活躍するリーグ:スーパーリーグ 一番おすすめしたいのが、とっておき持ちのブラッキー。 スーパーリーグを代表するポケモンの1つで、とっておき有り無しの差がとても大きい。 あくタイプに耐性を持つマリルリ相手でも、とっておきがあれば対等に戦うことができます。 とっておきを持つことで劇的な変化を体感することはないですが、ランク9,10でも通用するポケモンを獲得できるのでおすすめです。 バトルリーグに興味あるけど、誰を選んだらいいのかわからない。 という方こそ、とっておきブラッキーを使ってみてください。 ・ 2位:メガニウム ハードプラント 活躍するリーグ:スーパーリーグ、ハイパーリーグ スーパーリーグ、ハイパーリーグどちらでも活躍するポケモンで、高い耐久力とハードプラント、じしんで幅広いポケモンに対応できます。 ラグラージ対策にメガニウムが使われ、じしんのおかげで、はがね相手にも十分対抗できます。 大負けする相手が割合少ないため、ブラッキーのような安定性があるのでおススメです。 ハードプラントの威力は高く、等倍相手でも高いダメージを与えることができます。 レガシーわざを覚える御三家の中で一番おススメなのがメガニウムです。 ・ 3位:ラグラージ ハイドロカノン 活躍するリーグ:スーパーリーグ、ハイパーリーグ 高い攻撃力とスペシャルわざの回転が非常に早いポケモン。 ラグラージのハイドロカノン連射は、やられる側からすれば本当に参る。 タイプ一致のじしんも、ハイドロカノンに負けないほどの脅威なので、非常に強力なポケモンです。 すごいわざマシンスペシャルの恩恵を最も体感できるのは、恐らくこのラグラージ。 ただラグラージはスーパーリーグ、ハイパーリーグどちらでもよく使われており、その分対策も多くされています。 頭打ちに感じる時が来るので、高レートを目指すのであれば優先順位はブラッキー、メガニウムの次です。 ランク6以下では無双できるかもしれません。 バトルリーグをやらなくても、ジム設置やジム挑戦、レイドバトルでも活躍できるからです。 メタグロスはディアルガやカイオーガが出てくるマスターリーグでも通用するほどのポケモン。 メタグロスだけでマスターリーグを勝ち続けることはできませんが、1体持っているだけで余裕が生まれます。 高個体ダンバルを手に入れたなら、コメットパンチ持ちメタグロスを作るのはとてもおススメです。 ・ 5位:アーマードミュウツー サイコブレイク 活躍するリーグ:ハイパーリーグ ハイパーリーグを代表するポケモン、アーマードミュウツー。 ギラティナ・アナザー並の高耐久を持つため、安定感があります。 初手出しで大負けすることがほとんどないのも魅力の一つ。 ただねんりきによるスペシャルわざの扱いが難しく、抱え落ちや交代受けされやすいので、玄人向けのポケモンです。 ミュウツーが好きとか、カッコいいポケモンを使いたいならおススメです。 6位:リザードン ブラストバーン 活躍するリーグ:ハイパーリーグ ほのおタイプを代表するポケモンで、はがね、くさ、フェアリー相手に有利に進められます。 リザードンはドラゴンクローを持つので、対ギラティナでも大負けすることはありません。 みずタイプと高耐久に弱いので、活躍できるできないの差がかなり大きい。 ラグラージに似た立ち位置なので、プレイヤーの腕が試されるポケモンです。 7位:フシギバナ ハードプラント 活躍するリーグ:スーパーリーグ、ハイパーリーグ 強力なハードプラントを覚え、ヘドロばくだんでフェアリー相手にも勝てるポケモン。 高い耐久力からハードプラントを連発することで、等倍バトルでの活躍も期待できます。 ただしレジスチルやギラティナ、アローラベトベトンなど、どうにもできないポケモンが多いので、起用しづらいのがネック。 フシギバナに思い入れがある人にはおススメ。 サイコブレイク、シャドーボールのどちらかを覚えているミュウツーに、すごいわざマシンスペシャルを使って、もう片方のわざを覚えさせたら完成。 対戦、ジムバトルでもそんなに有用ではないので、コレクション用ですね。 ただ同じように考えているプレイヤーは多いので、そこまで価値はなさそう。 色違いでサイコブレイクシャドーボール持ちならすごいかも。 ただノーマルわざもこおりのつぶてというレガシーわざなので、すごいわざマシンノーマルも必要になります。 耐久力が高いため、この記事の順位で言えば5位ぐらいにすすめたいですが、用意が簡単ではないので番外編での紹介に。 みずでっぽう型のラプラスもたまにいますが、自分に合わないとわかった時のこころのダメージが大きいので、ちょっとリスキー。 交換募集して手に入れたほうが無難かもしれません。 シャドウポケモン ラグラージ、フシギバナなど シャドウの攻撃力ボーナスが適用されたレガシーわざに、可能性を感じているプレイヤーも多いと思います。 候補としてはラグラージ、フシギバナ、カメックス、メタグロスあたり。 はっぱカッターやあまえるのようなノーマルわざに、シャドウボーナスを乗せたサーナイトやウツボットは実際にいます。 スペシャルわざだとどの程度使えるのか? バトルリーグ用のポケモンが十分に揃っていて、それなりに勝ち進められている人がお試しで使いそうです。 備考 使わずに持っておくのもOK どうしても欲しいレガシーわざポケモンがいないのであれば、ひとまず持っておくのもアリです。 任意でわざを選べるアイテムは貴重で、入手できる機会がなかなかありません。 そこまで対戦しないのであれば、現時点ではメタグロスかコレクション用のミュウツーに使う程度。 あとはドサイドンのがんせきほうぐらい。 誰かに絶対使わなきゃいけない、なんてことはないのでとりあえず持っておくのも良いと思います。 ミュウに使うのはややもったいない 20種ものスペシャルわざを持つミュウに、すごいわざマシンを使うのはあまりおススメできません。 今は通常のわざマシンがバトルリーグ、レイドバトル、トレーナー対戦など入手できる機会が多いからです。 レガシーわざという年に1回手に入るかどうかの希少さに比べたら、ミュウにすごいわざマシンを使うのはかなりもったいない。 通常のわざマシンを入手してはミュウに使って、狙っているスペシャルわざを当てにいくほうが良さそうです。

次の

【ポケモンGO】デオキシスディフェンスのスーパーリーグ最適技と対策:多くのポケモンと互角にバトル万能型!|ポケらく

スーパー リーグ ラグラージ

GOバトルリーグでの ラグラージ、最強! 使っても最強!戦っても最強! ラグラージは、GOバトルリーグの全リーグで活躍する みず・ じめんタイプのポケモンです。 ラグラージの弱点(効果抜群!)• 弱点2: くさ• 弱点1:なし ラグラージにどれだけのトレーナーがレートを落とされたか?! 技の発動が速く、手に負えない存在です。 ハイパーリーグでは特にラグラージ対策は抑えておきたいところ! しかし、 くさタイプのポケモンをパーティに入れた途端にラグラージが出てこないのはなぜ?(笑) 当記事では、ポケモンGO GOバトルリーグで対戦する ラグラージについて、弱点や技、使うメリット・デメリットを紹介します。 スポンサーリンク ラグラージに勝てるポケモン(出し勝ち) GOバトルリーグでラグラージがシールドを2枚使っても勝てないポケモンは下記。 スーパーリーグ• くさ ひこう• くさ じめん• くさ どく• くさ どく ウツボット• くさ はがね• くさ あく• ひこう はがね• ドラゴン ひこう• みず フェアリー• くさ どく• ゴースト ドラゴン• みず かくとう• エスパー• フェアリー ひこう• フェアリー• フェアリー• こおり みず ナットレイ、いっきまーす! ラグ君、まったねー! — かずき ポケモンGO神戸 webboyjp 私個人としては ナットレイがおすすめです! ラグラージに負けるポケモン(出し負け) GOバトルリーグで、ラグラージに シールドを2回使われると負けるポケモンは下記。 スーパーリーグ• はがね• みず じめん• エスパー• はがね• ひこう はがね• いわ はがね トリデプス• どく かくとう• あく ほのお• でんき エスパー• でんき みず ランターン• はがね エスパー ハイパーリーグ• はがね• はがね かくとう• はがね• はがね むし• はがね じめん ハガネール• むし はがね• ノーマル• ノーマル ベロベルト• どく あく• ほのお• ほのお ひこう• あく ノーマル などなど。 これらのポケモンを使ってる方は 出し負けです!即交代させましょう! ラグラージの個体値を厳選するなら! ラグラージの各リーグでの 一番強い個体値は下記です。 スーパーリーグ 攻撃0/防御14/HP14の CP1498 Lv19 ハイパーリーグ 攻撃0/防御14/HP13の CP2499 Lv33. GOバトルリーグについては下記記事をご覧ください。 勝ちたいポケモン・勝てる技を持ってないポケモンがいたら持ってるトレーナーと交換して貰いましょう! ポケモン強化に必要な星の砂は、・・などで稼ぎましょう! 参照 以上、ポケモンGO GOバトルリーグで対戦する ラグラージについて、弱点や技、使うメリット・デメリットでした。

次の

【ポケモンGO】ラグラージのハイパーリーグおすすめ技と対策ポケモン:高威力&高回転攻撃が魅力!|ポケらく

スーパー リーグ ラグラージ

シーズン2ハイパーリーグの期間は? ハイパーリーグ専用の開催期間は 2020年6月2日 火 朝5:00~2020年6月23日 火 朝5:00まで(日本時間)となっています。 選出上位ポケモンの動向 まずシーズン1ハイパーリーグ期間(3月28日~4月10日)での選出率上位15のポケモンをおさらいしておきます。 15位未満でしたが、その他に本記事で紹介したい3種も追加して掲載しています。 なお、全データをまとめた記事のリンクは本記事の最後に貼っておきますので、気になる方はチェックしてみてください。 — ポケモン 選出数 選出率 1 ギラティナ(アナザー) 83 14. ギラティナは飴の投資がほぼ技の解放100のみで済み、それでいてハイパーリーグ最強なんだから、作らないほうがどうかしているレベルです。 その代わり他の伝説ポケモンにまでアメを回せる余裕がない方は多かったのではと感じています。 しかし シーズン2からは溜まってきたアメを使ってギラティナ以外の伝説ポケモンも育成してきたプレーヤーも増えてくると予想します。 候補はレジスチル、アーマードミュウツー、フリーザー、クレセリアの4種です(クレセリアは後述)。 筆頭はレジスチル。 こいつはハイパーリーグだとMAX強化が前提となるためアメの消費量がえげつないですが、それに見合った活躍を見せてくれます。 アーマードミュウツーは幅広いポケモンに対応できるオールラウンダーです。 (スーパーリーグでいうところのデオキシスのポジション?) フリーザーはギラティナに有利なうえ、攻撃ダウン効果のこごえるかぜ連発が非常にウザいです。 このくさむすびクレセリアは、ラグラージが多いハイパーリーグ環境が最も活躍すると予想します。 増加:クレセリア• 不利:ラグラージ、ニョロボン• ギラティナとしてはかなりの逆風になります。 グランブルについては以下の記事でもさらに詳しくまとめてあります。 増加:グランブル• 不利:ギラティナ• 対策:レジスチル(インファイトには注意) 新・レジスチル対策 ここまで見てくると、 新規に台頭する勢力の多くはレジスチルで対策できるということが見えてきます。 そうなると、従来からレジスチルに有利であったラグラージ、ニョロボン以外で、新たにレジスチルを対策するポケモンを検討する必要がでてきます。 ここで注目したいのは リザードン! レジスチルのすべての技とフェアリー勢のあまえるに耐性があります。 また、草系としては メガニウムはラグラージとレジスチルの両方を見ることができ、ギラティナにも地震を等倍で通せますので、シーズン1と同様にフシギバナに代わって台頭してくると予想します。 どちらもリザードンで対応できますね。 増加:レジスチル、メガニウム• 対策:リザードン 以上、シーズン2ハイパーリーグ開幕前の環境予想でした。 しっかり対策を練って、がんばっていきましょう!.

次の