アキュビュー オアシス トランジションズ スマート 調 光。 目がカメレオン化!?世界初の光で色が変化するコンタクトレンズが日本で発売

アキュビュー オアシス トランジションズ スマート調光

アキュビュー オアシス トランジションズ スマート 調 光

<製品特長> 1. 調光テクノロジーで世界をリードするTransitions Optical社との共同開発により、光に反応する調光剤(フォトクロミック分子)をコンタクトレンズに組み込むことに成功。 装用者も気づかない間に日常の様々な光をエフォートレスにコントロール 本製品は、光が少ないとコンタクトレンズの色が薄くなり、光が多いとコンタクトレンズの色が濃くなるため、室内と屋外どちらでも使用できます。 レンズの色が変化しても、視界が暗くなることはなく、見え方は自然。 暗い場所から明るい場所に移った時も、明るい場所から暗い場所に移った時も、装用者が気づかない間に光の量を調節します。 また、日本人に多い茶色や黒色の瞳の場合、レンズの色が変化しても外観上の印象の違いはほとんどないため、周囲にも気づかれることなく、エフォートレスかつスマートな光のコントロールが可能です。 朝の通勤・通学、パソコンやスマホの画面、すれ違う車のヘッドライトなどが知らない間にストレスになっているといわれています。 本製品はそうした光の影響を少なくする発想から生まれ、一日中、光のストレスに負けない快適な見え方を目指しています。 【フォトクロミック技術の搭載に成功したコンタクトレンズが、10年の歳月を経てついに誕生!】 本製品は、調光テクノロジーで世界をリードするTransitions Optical社との共同開発によって誕生。 1990年にプラスティック製フォトクロミック(調光)レンズの商業化に初めて成功した同社が培ってきたフォトクロミック技術を、コンタクトレンズという、非常に小さく薄いレンズに搭載することが最大のチャレンジでした。 調光剤の選定から製造方法の確立などの試行錯誤を重ね、製品化に成功。 同社との共同開発期間も含め、構想から誕生までに10年以上を要しています。 <レンズの色が変化する仕組み> レンズ内には光に反応して構造が変化する調光剤(フォトクロミック分子)を配合。 光に当たると分子構造が変化して色が濃くなり、光が引くと再び元の形と色に戻ります。 このような分子の性質によってレンズの色が変化し、装用者の目に入る光の量が自動で調節される仕組みです。 光に合わせて最適な量の分子が変化するため、屋内や屋外、日中や夜間まで、日常生活の様々なシチュエーションに対応します。 <Transitions Optical 社について> Transitions Optical 社は、「毎日の健やかな目を保つために有害な紫外線とまぶしさから目を守る」というコンセプトのもと、紫外線によって色が変化するメガネレンズ(プラスティック・フォトクロミック・レンズ)を製造、販売しています。 1991 年、プラスティック・レンズを基材とした「トランジションズ・フォトクロミック・レンズ」第1 世代を発売以降、業界のトップランナーとしてフォトクロミック・レンズの製造・販売を続けています。 二つ目はGlare(グレア)。 そして三つ目が、まぶしさです。 まぶしさのような光のノイズは抑え、必要な光は残すことで明るさをキープするのが調光。 【本製品に関する補足点】 ・本製品は日常生活において不快に感じる光を自動で調節しますが、紫外線吸収サングラスなどの代わりには なりません。 雪山やビーチなど、強い光が降り注ぐ環境下では、必要に応じてサングラスとの併用をおすすめします。 9%以上、紫外線A 波を98. は光を調節する本タイプのコンタクトレンズを世界で初めて上市しました。 データより。 UV 吸収剤を配合したコンタクトレンズは、UV 吸収サングラスなどの代わりにはなりません。 本製品の使用と、紫外線に起因する眼障害リスク低減については、臨床試験において確認されておりません。 【参考情報】俳優・井浦新さんを起用したスペシャルムービー公開! 本日より、俳優の井浦新さんが登場するスペシャルムービーを公開しました。 挑戦する人にとって不快な光はノイズであり、視界が変わることで挑戦への姿勢も変わることを表現しています。 URL: 井浦 新さん 生年月日:1974 年9 月15 日 出身地:東京都 98 年に映画「ワンダフルライフ」に初主演。 そのほか、アパレルブランド「ELNEST CREATIVE ACTIVITY」のディレクターを務めるなど、フィールドは多岐にわたる。 主な出演作に「ピンポン」(02)「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」(08)「かぞくのくに」(12)では第55 回ブルーリボン賞助演男優賞。 「11. 近年のTV ドラマでは「アンナチュラル」(18)「なつぞら」(19)「ニッポンノワール-刑事Y の反乱-」など出演。 これからも、全ての人が毎日を健康に明るくクリアな視界で過ごせるよう、人々のクオリティ・オブ・ビジョン(QOV)の向上を目指して、貢献し続けたいと願っています。

次の

目がカメレオン化!?世界初の光で色が変化するコンタクトレンズが日本で発売

アキュビュー オアシス トランジションズ スマート 調 光

日中 色鮮やかで、明暗がクリア。 遠くまでくっきり、ハッキリ。 コンタクトレンズの色が変化しても、視界は暗くなりません。 見え方は自然で気づかない間にも光は調節されています。 は光を調節する本タイプのコンタクトレンズを世界で初めて上市しました。 *2 光に応じて眼に入る光の量を自動で調節するコンタクトレンズ。 *3 自社製品比較。 データより。 UV吸収剤を配合したコンタクトレンズは、UV吸収サングラスなどの代わりにはなりません。 本製品の使用と、紫外線に起因する眼障害リスク低減については、臨床試験において確認されておりません。 必ず事前に眼科医にご相談のうえ、検査・処方を受けてお求めください。

次の

世界初※1、調光機能付きコンタクトレンズが登場!光に合わせてレンズの色が変化し、目に入る光の量を自動で調節|ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーのプレスリリース

アキュビュー オアシス トランジションズ スマート 調 光

じわーーっと暗くなるのかな? 日本でも、日差しの強さに サングラスが欠かせない人は少なくないかもしれません。 ですが色素が薄く、日光の健康被害を受けやすい白人にとってサングラスは、 より必要なアイテムなんですよね。 そしてこのたび、コンタクトサングラス「」がようやく発売にごきつけます。 コンタクトレンズユーザーで、その上にサングラスをかけるのが億劫だった人々には嬉しいニュースかもしれませんね。 コンタクトサングラスに使われるのは、Transitionsの フォトクロミック・レンズ。 これは、紫外線量に応じて濃さが変わるレンズです。 もっと詳しく言うと、紫外線に反応して構造を変え、光を吸収しようとする 光変色性分子を活用したレンズです。 これまで、この技術は メガネのレンズにしか適用できませんでした。 そして何千人と臨床実験を行ない、やっとFDA(アメリカ食品医薬品局)のことができたのです。 レンズは 2週間の使い捨てになるとのこと。 なのにちゃんと調光してくれるスグレモノ。 フォトクロミック・レンズの技術は 1962年からあるものの、電力に頼らずに色を変化させるようすは、宇宙時代の超技術みたいですよね。 ということで来年以降、太陽の下で黒目がやたらと黒い人々が続出することと思われます。 Tags :•

次の