ツインパワーsw。 ツインパワーSW6000HGのインプレ!ショアジギングでブリを狙うには最適!

ツインパワーswの性能とは?上位機種と下位機種のスペックを比較!

ツインパワーsw

繋がらないシマノのホームページ・・・ 先日14日にシマノ新商品が発表されましたね。 以前からNEWツインパワーの発売が予想されていたため私も情報を待ち望んでいたのですが、なんと14日当日はシマノのホームページへアクセスが殺到していたようで、ほとんどアクセスできませんでしたね。 一時はサーバーがダウン?したのか サーバーからの応答ありませんの表示が。 勤務中でしたので休憩中しか確認ができず非常に焦らされた1日となりました。 それほどみなさまの関心を集めた1日となったのでしょう。 まぁこれも釣りの楽しみの一つですからね。 NEWツインパワーSW発表は無し 私としてはこれを一番期待していたのです。 そう『 20ツインパワーSW』 SNS上でもたくさんの予想されていましたが、昨年19ステラSWが発表されたため、もしかしたら今年あるのかな?なんて思いましたが、ステラのSWシリーズが13ステラSW、次いで19ステラSWの流れですので、この流れからすると15ツインパワーSW、次いで21ツインパワーSWが妥当なのでしょうか?こればかりメーカー様のみぞ知るってやつですね。 今回ステラSWの新番手追加発表がありましたので、NEWツインパワーは21年までお預けかもしれませんね。 「今年の秋ごろ発表を期待する」といった声もチラホラありますので、今後のメーカーの動きも見逃せません。 NEWツインパワー(2020TWIN POWER) SWシリーズは発表がありませんでしたが、ツインパワーシリーズはフルモデルチェンジの発表がありました。 毎回このての発表があった際には必ずと言っていい程賛否両論あるのですが、今回も同様さまざまな意見がございますね。 NEWツインパワーを簡単にまとめるとこんな感じです。 『金属ローター』を搭載し剛性を追求 15ツインパワーでは樹脂製のローターを使用していましたが、今回は18ステラと同じく金属製のローターを採用してきました。 高剛性で適度な感性を備える金属製ローターは、しっとりした滑らかな回転フィーリングを実現します。 さらに、たわみや歪みを抑制し、フッキング・ドラグ性能の向上にも貢献します。 金属ローターを使用した事により、前モデルよりローターの変形量を約6割減らす事が出来たとの事です。 ギアの歯、ひとつひとつの歯面から設計を見直し、理想的な歯形状を追求。 音鳴りの低減、滑らかなギアフィーリングの向上も達成しました。 サイレントドライブ ボディ全体の基本設計、駆動関連部品をひとつひとつ見直し、部品間の微細なガタ、隙間、揺れを細部に至るまで徹底的に排除。 改善の対象箇所はドライブギア、ウォームシャフト、ウォームシャフトピン、ウォームシャフトギアなど多岐にわたります。 新たな次元での滑らかな回転性能、静粛性を伴った巻きごこちを実現しました。 巻きに関しても妥協は一切なく、シマノの技術をふんだんに採用しています。 この他にもロングストロークスプールも採用されいているとの事。 『軽さ』を追及してきた そしてNEWツインパワーはなんと軽さも追及してきました。 私が良く使用するサイズで4000番~C5000番クラスの比較ですと、NEWツインパワーはC5000番でなんと260g。 15ツインパワーは4000番で約295gですので、約35gの軽量化に成功しています。 そしてなんとなんと・・・18ステラ同番手と同等の重量なのですね・・・これには少しびっくりしましたね。 もう廉価盤ステラと言ってもいいのではないでしょうか・・・笑 発売時期は? 2020年の3月を予定しているようです。 その前にフィッシィングショーにて手にとって触る事ができますので、今年のフィッシングショーが楽しみですね。 私も可能であればぜひ手にとって触ってみたいと思っています。 スペックを見ての第一印象は・・・ 20年新作としてシマノ様が力を入れて取り組んでいる商品なだけあって、なかなかよいモデルチェンジなのではないかと思います。 見た目もなんだかステラSWっぽい感じがしますよね。 (これがいいのか悪いのかは各個人の感性だと思いますが)ただこの『大幅軽量化』はツインパワーのコンセプトでもある『剛性』と両立できているのか。 ここが一つポイントになるかと思います。 さて発売後、ユーザーのみなさまはどんな評価をするのでしょうか。 以降のユーザーインプレッションには注目ですね。 それではまた。

次の

ツインパワーSW[TWIN POWER SW]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ

ツインパワーsw

シマノリール大型魚を狙う際のタックルとして 選択肢になる 「 ステラSW」と「 ツインパワーSW」 さてどちらを選ぼうか?と考えた時に スペック、その他の性能を見て行きましょう! ステラSWとツインパワーSWスペック比較 ステラSW 品番 ギア比• 実用ドラグ力• ナイロン糸巻量 号-m• 5-170、4-150、5-125• 1-500、1. 4-200、5-150、6-130• 4-200、5-150、6-130• 4-200、5-150、6-130• 0 440 57. 4-240、5-190、6-160• 0 440 57. 4-240、5-190、6-160• 0 440 57. 4-240、5-190、6-160• 5-275、6-230、8-160• 5-275、6-230、8-160• 6-300、8-210、10-160• 0 690 68. 10-195、12-155、14-140• 10-310、12-240、14-200• 0 885 75. 10-350、14-240、18-190• 14-400、18-300• 実用ドラグ力• ナイロン糸巻量 号-m• 5-170、4-150、5-125• 1-500、1. 4-200、5-150、6-130• 4-200、5-150、6-130• 0 425 57. 4-240、5-190、6-160• 0 425 57. 4-240、5-190、6-160• 0 425 57. 4-240、5-190、6-160• 5-275、6-230、8-160• 5-275、6-230、8-160• 6-300、8-210、10-160• 0 650 68. 10-195、12-155、14-140• 超防錆処理)されている。 スプール、ボディに シマノ独自の特殊表面処理をすることで、従来の表面処理の2倍以上 当社比 の耐食性 ステラSWとツインパワーSWは素材の違い カタログスペックのみで判断すれば ステラ• ALL金属• ベアリング数14個 ツインパワーSW• ボディ一部樹脂、ローター樹脂• ベアリング数11個(8000番より10個) 素材の差、ベアリング数これをどう比較するのか? まずこの手の番手のリールを使われる方は、 シルキーな巻き心地を求めている人は少ない。 魚とのファイトにより負けない素材の強さを求める それが大前提。 ツインパワーSWの方が若干軽いが、それこそ素材の違いが表れている。 番手により違いがあるが、 こんな小さなリールでも素材が違えば15g~40gも変わる。 (番手でグラム数に違いあり) 素材の違いが変われば変化が出るのは耐久性といわれる。 当然使う頻度、使用環境など違いはあるけど メーカーが一番価格で差を出すのは素材です。 余談ですが、自身が関わっている仕事のメーカーも 釣りには全く関係ないですが、 実は塩分を含んだ物をよく使う製品販売。 安いものでは60,000円前後、 高いものでは性能もプラスされるが300,000円 低価格製品は厚み薄く素材も樹脂で 高級製品はALL金属でまるでリールと同じ。 リールではありませんが 低価格製品でも使う頻度が少なければ10年持ちます。 高級製品でも使う頻度が多ければ6,7年。 釣りとは関係のない話でしたが、素材は結局耐久性に大きく差が出る。 多くのプロアングラーも 「ステラSWとツインパワーSWの違いは耐久性」と 話しているように、釣行回数が多い方は ステラSW一択でしょう。 実際のステラSWとツインパワーSWの巻き心地の違いは ステラSWの方が重みの分、「重く感じる」と 言われる方もいたりするが、 硬い巻き心地の重さでは無く「重厚感」 魚に負けないパワーは両者変わらない。 考え方の違いですが例えば ステラSW1台を10年使うのか? ツインパワーSWを5年間隔で2台使うのか? またはツインパワーSW1台で、 番手の違う替えスプールを使うなど、 性能自体の差は大きく違わない2つの物を購入する際、 選択肢はいろいろありますね。 ステラSWとツインパワーSW、価格の差は素材以外にもデザインにも! ラインを巻く事になんら変わりは無い2つの製品ですが 大きく変わるのが、デザイン面でもあります。 価格は倍程度変わり、素材も違えば光沢感も変わる。 室内で見ても、実際の釣り場で見ても・・・。 朝マズメ釣行で、朝陽が上りだすと ステラSWのボディは黄金色に輝きだし、 四方八方にメタル製品の独特の光を照らす。 また夕陽が沈んでいくとき、黒い輝きを持ちながらも 光を照らし続けるのが 「ステラSW」 ステラSWを買おうか?ツインパワーSWを買おうか? 迷う方は多くいます。 そこに求められるのが耐久性。 ハードに使われる方はもちろん 良い製品は長い期間大事に使いたい。 そんな思いで倍程度違う価格を考えてみてください。 ステラSWを使うようになったから 魚が多くバイトするように・・・! リールでそんなバカげたことがあるわけがないのですが フラッグシップモデルを使う喜びは 魚をヒットさせるのと同じくらい 使う人の喜びを満たしてくれるリールですよ!.

次の

ツインパワーSW[TWIN POWER SW]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ

ツインパワーsw

6 13. 0 425 57. 7 13. 0 425 57. 2 13. 0 425 57. 最初は8000番の購入を検討していたのですが、 「自分の釣りに果たして8000番が必要なのか?」 と自分自身に問いかけた所、使いどころが少なすぎて、使わないやろなと判断。 実際にフィッシングショーで8000番を持って見た所、重すぎる! オフショアのジギングや磯からのヒラマサでもやらない限り、8000番は必要ないと思います。 6000番でも今まで、C3000番の軽量リールに慣れた僕にとっては非常に重く感じられました。 自重は425gと軽量リールの約2倍の重さがあります。 その分リールの剛性は強く、ちょっとの衝撃では絶対に壊れないであろうという安心感はありますね。 以前ブリを2500番のリールで釣った際はドラグ内部の部品が吹っ飛び、ハンドルがガタガタになるという事態が起こりました。 ツインパワーSWはブリの驚異的なパワーでも安心してやり取りが出来るようになっています。 ブリやヒラマサなどの大型青物と対等にやり取りするには、5000番~8000番は必ず必要になってくる番手。 シマノの6000番は堤防や近海のジギングには最適なモデルであると言えます。 4000番でも対応は出来ますが、5000番以上の方が、周りのアングラーに迷惑をかけずに魚を寄せることが出来るスペックですね。 ネットではドラグノブが堅いとうレビューがありましたが、僕の個体のドラグノブは普通に回りました。 個体差があるのかもしれません。 15ツインパワーSW6000HGのインプレ 武庫川一文字にて実釣でツインパワーSW6000HGを実際に使ってみてのインプレを解説。 Xプロテクト・Xシールドで鉄壁の防水仕様 Xプロテクト・Xシールドは簡単にいうと、リール内部に海水が入らないように、遮断する防水性能のことです。 リールは海での使用時、潮を被ったり、キャストやリールの巻きとりによって海水が飛散し、リール内部に海水が入ることによって、巻き心地が悪化。 最悪の場合、錆びて、巻くとゴリゴリになってしまいます。 低スペックのリールだと防水仕様になっていないので、過酷な状況での使用は少し不安。 ツインパワーSWシリーズはIPX8の防水性能を備えています。 IPX8とは防水性能を表す最大値であり、海水の中にリールを付けても内部に水が浸入しないので安心感が違います。 長年の使用で劣化、内部のグリスが流れることで防水性能は低下します。 定期的なメンテナンスとメーカーへのオーバーホールが必要。 自重425gは重い リールの自重は425gなので始めて持った感想はかなり重く感じました。 今まで、軽量のライトショアジギングで使っていたスピニングリールだったのでギャップが激しかったですね。 その分、剛性感があり、かなりしっかりしたリールであるということは使ってすぐにわかりました。 大型の青物が来ても、安心してやり取りが出来ると思います。 ロッドはコルトスナイパーS1000MH-3。 3ピースモデルの方が2ピースモデルより軽いです。 278gなのでリールと合わせて703g。 このタックルで一日中、60gのジグと50gのポッパーを投げていたら、腕への負担がハンパなかったです。 途中でベイトショアジギングに変えながら、使う筋肉を変えると何とかなりました。 回してみた所、T字のハンドルに比べて、力を込めることができるので高速で巻いて来ても疲れません。 巻き心地は小型の番手の方がシルキーな感じですが、ギアが大きな分、少し巻出しが重い感じが… 今年のフィッシングショーでは高級リールを巻きまくりました。 一旦巻き出すと軽やかに巻けるので、HGハイギヤが一番しっくり来る感じ。 ツインパワーSWより上位機種のステラSWも回しましたが、それほど巻出しの軽さなど違いは感じることは出来ませんでした。 目を瞑って巻けばツインパワーSWとステラSWの違いは僕にはわからなかったです。 ここはもう最高峰ステラを持っている所有欲のみですね 笑 巻出しの軽さのみを求めるならツインパワーXD C5000XGの方が絶対におすすめ。 エクストラハイギヤですが巻き出しがめっちゃくちゃ軽いですよ。 PE3号が300メートル巻けるスプール スプールにはPE3号が300メートル巻ける糸巻き量。 ブリならPEの2号でも十分ですが、より強引なやり取り、テトラ帯でもすぐに寄せてこれるようにPEの3号を使う方が安心です。 よつあみ YGK リアルスポーツ G-soul スーパージグマンX8の3号を300メートル巻いてみました。 若干スプールからはみ出しているような気もしますが、ラインの先端は使うたびに傷んでくるので、徐々に切ることを考えるとこれぐらいあった方がいいのかもしれません。 キャスト時のトラブルもありませんでした。 300メートル巻きは裏返して使えば、経済的なのでおすすめ。 キャストで100メートル出して、フォールでバイトがあり、50メートル走られたとしてもまだ半分の150メートル残っているでやり取りも精神的に楽。 以前200メートル巻きで170メートルラインを引き出された時はマジで焦りました。 飛距離を重視するなら下巻きを巻いてPE2号が最適。 向かい風でジグが飛ばないようなシチュエーションでPE3号を使うと、ストレスを感じます! 替えのスプールを用意して臨機応変に対応する事が大切。 スプールベルトが付属で付いているのでラインを傷めず便利。 小型青物なら楽勝 50センチ程度のサゴシやハマチ程度なら一瞬で寄せてくることができるので、ある意味面白くないですね。 シーバスタックルなどライトショアジギングで使うなら、オーバースペックなので、釣果情報でメジロサイズが釣れていなければ、出番は少なくなるかもしれません。 でも海の場合、どんな大物が掛かるか誰にも予想出来ないので、ある程度強いタックルを使っておく方が後悔はなくなるでしょう。 ツインパワーSW実釣動画 シマノの公式YouTubeチャンネルです。 使用しているのは恐らくツインパワーSW14000XG 21. 5キロのヒラマサの強烈な引きを凌駕する圧倒的なパワーでランディングまで持って行っています。 オフショアでモンスターヒラマサやGTを狙うなら必要になってくるんでしょうね。 最後に ツインパワーSW6000HGのインプレを紹介してきました。 堤防からブリを狙うなら6000番、ライトショアジギングをメインに考えているなら4000番。 巻出しの軽さを求めるなら17ツインパワーXD C5000XGがおすすめです。 もう少し価格を安く抑えるなら16 バイオマスターSW 6000HGも候補に上がりますね。 実は最近、ベイトショアジギングの方が自分には合っていると思うようになったので、出番が少なくなる、もしくは中古に売り出す可能性が高いんです 笑 まだはっきりとはわかりませんが… ですが、普通のアングラーはベイトでショアジギングをやるという選択肢はほぼないと思います。 堤防からブリを狙うならツインパワーSWの6000番のHGもしくはXGがベストな選択。 神戸沖堤防では春ブリ、サワラが釣れたという情報が上がっているのでゴールデンウイーク辺りは混雑しそうな感じですね。 メーターオーバーのブリを釣って、ツインパワーSWのドラグ音を聴くのが楽しみです!.

次の