ピル 通販 危険。 ピルのネット購入

【アフターピルの通販】正規品最安値取り扱いサイトを紹介!

ピル 通販 危険

結論、やめたほうがいい。 合法かどうかはあなたにとってはあまり関係がありません。 仮に違法だとしても、問題となるのは販売側ですので、購入側のあなたにとっては問題がないでしょう。 ピルではなくバイアグラなのですが、先日調査結果が記事になっていました。 それによると、国内で個人輸入等として通信販売されているバイアグラ(及び類似薬)の9割が偽物であった(中国等で製造された偽物で効果は無く、むしろ衛生上の問題から別な病気の危険性もある程)ということだそうです。 価格から考えればどう考えても偽物だと思えますよね。 ネット通販で販売されているピルに関しても、異常なほど安価ですよね。 それなりの裏があるはずです。 ピルもバイアグラも、一定の需要がありますから、より安く手に入れたいという人も多い。 そんな人に安く偽物(原価はもっと安い)を売りつけてひと儲けしよう、という悪徳業者が多い。 そもそもピルを服用する目的はなんでしょう。 避妊ですか? 怪しいピルを購入し、それを信じて使用した結果妊娠した、となっても誰も責任をとれません。 避妊効果が無いどころか、衛生上の問題から病気になってしまった、となっても同じく。 合法かどうかなのですが、現在グレーゾーンではないでしょうか。 厚生労働省のHPから抜粋します。 >一般の個人が自分で使用するために輸入 いわゆる個人輸入 する場合 海外から持ち帰る場合を含む。 には、原則として、地方厚生局 厚生労働省の地方支分部局 に必要書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受ける必要がありますが、以下の範囲内については特例的に、税関の確認を受けたうえで輸入することができます。 当然この場合、輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。 ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。 >医薬品・医薬部外品: 用法用量からみて2ヶ月分以内 >医薬品等の個人輸入は健康被害などの危険性があります >個人輸入される医薬品等の品質、有効性及び安全性 以下「品質等」という。 については、我が国の薬事法に基づく確認がなされていません。 国によっては、医薬品等の品質等について、我が国と同じレベルでの確認が行われていないことがあります。 品質等の確認が行われていない医薬品等は、期待する効果が得られなかったり、人体に有害な物質が含まれている場合があります。 いわゆる健康食品、ダイエット食品等として販売されている製品についても、医薬品成分が含まれていて、健康被害を引き起こすことがあります。 不衛生な場所や方法で製造されたものかもしれません。 虚偽又は誇大な効能・効果、安全性などを標ぼうして販売等されている場合があります。 正規のメーカー品を偽った、偽造製品かもしれません。 個人輸入される医薬品等は、効能・効果、用法・用量、使用上の注意等が外国語で記載されているため、一般に、記載内容を正確に理解することが困難です。 記載内容を正確に理解できたとしても、規制当局により認められていない効能・効果、用法・用量等が記載されていることがあります。 また、その製品の使用によって起こり得る望ましくない作用 副作用 や成分・分量などが、きちんと記載されていないこともあります。 海外の規制当局により品質等が確認された医薬品等を、用法・用量等の記載内容を守って使用した場合でも、副作用等を生じることがあります。 個人輸入された医薬品等については、医師、薬剤師等の専門家でも、その成分や作用等に関する十分な情報を有しておらず、副作用等に迅速に対応することが困難な場合があります。 医薬品については、その安全な使用を図るため、医師による診察、処方及び経過観察が必要とされているものがあります。 そのような医薬品を、医療機関を受診せずに安易に個人輸入して使用した場合、安全性が著しく損なわれます。 日本国内で薬事法を遵守して販売等されている医薬品については、それを適正に使用したにもかかわらず重大な健康被害が生じた場合に、その救済を図る公的制度 医薬品副作用被害救済制度 があります。 しかし、個人輸入された医薬品による健康被害については救済対象となりません。 一般の方が自己判断で使用して副作用や不具合などが起きると、適切な対処が困難なおそれがあります。 以上より、医薬品等の個人輸入については、通常、メリットよりも危険性 リスク のほうが大きい場合が多いと考えられます。 そうした外国製品によって不利益を被るのは、それを購入・使用するあなた自身や、あなたの家族であることに留意して下さい。 特に、医薬品の個人輸入を考えている方には、自分ひとりで判断せずに、家族の方などと話し合い、また、お住まいの地域の医師、薬剤師等の専門家に相談されることをお勧めします。 ・・・長くなってしまいました。 こちらのサイトでは健康被害の状況なども記載あります。 QandAでは Q 個人輸入代行業者を介して海外から医薬品などを入手することは、薬事法上は問題ないですか。 A 最近、個人輸入代行と称して、外国製の医薬品や医療機器を広告して、それらの購入を誘引する仲介業者がいます。 しかし、日本の薬事法に基づく承認や認証を受けていない医薬品や医療機器の広告、発送などを行うことは、違法な行為です。 また、何かトラブルが生じても一切責任を負おうとせずに、全て購入者の責任とされます。 こうした悪質な業者には、くれぐれもご注意ください。

次の

ピルのネット購入

ピル 通販 危険

嘔吐、歩行困難あり 中止後1日目 体動困難になる 中止後2日目 朝、ベッド上で失禁した状態で発見される。 この方は、症状が出てすぐに受診行動を起こしています。 しかし、これだけ行動をおこしていたにも関わらず事前にわからなかった。 当時は『ピル』による副作用がそこまで重要視されていなかったのでしょう。 処方369日後 呼吸苦を訴え、救急搬送。 救急車内収容時、上肢屈曲、下肢伸展、強直。 車内にて心肺停止。 病院到着後、心拍再開。 以降 2 回心停止。 その都度蘇生させたが、意識回復せず。 RCC7単位、FFP8単位輸血。 中止19日後 心停止、呼吸停止、瞳孔散大、対光反射なし。 死亡確認。 これも結構怖い。 呼吸苦があり救急搬送に至るも、すぐに心肺停止。 右足の腫れや痛みが、もしかしたら深部静脈血栓症の症状だったかもしれません。

次の

【アフターピルの通販】正規品最安値取り扱いサイトを紹介!

ピル 通販 危険

日本と個人輸入の低用量ピルの値段 日本で処方してもらえる低用量ピルは、だいたい 1シート2,000~3,000円前後します。 初めてならば、上に加えて 初診料や 血液検査などの費用も掛かってきます。 まとめ買いをするとさらに安くなったりと、お得に購入することが出来ます。 には、原則として、地方厚生局 厚生労働省の地方支分部局 に必要書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受ける必要がありますが、以下の範囲内については特例的に、税関の確認を受けたうえで輸入することができます。 当然この場合、輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。 ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。 として販売されている製品であっても、医薬品成分が含まれていたり、医薬品的な効能・効果が標ぼうされていたりするものは、日本では医薬品に該当する場合があります。 なぜなら、彼らの仕事は 個人輸入を代行するだけであって薬の品質を保証する責任はないのです。 偽物低用量ピルの脅威 個人輸入した低用量ピルが偽物だった場合…• 有効成分が入っていない=妊娠してしまう• 有効成分+有毒成分=体に害が出る 二つ目の場合は避難はできるしニキビも治る…でも、 最悪死に至るかもしれません。 小さな薬に少しだけ混ざっている有毒成分ですから実害が出てくるのは服用から十年、数十年先の話かもしれません。 日本に認可されていない海外の薬を飲むということは、そうゆうリスクもあるということを忘れてはいけません。 低容量ピルを個人輸入する際の注意点 自分で低容量ピルを個人輸入するときに、注目するべき点は3つ 本当に届くか確認する まずは【本当に届くの?】という所からなんですね。 個人輸入のほとんどが先払いシステムなので、払った後に商品が届かないし対応もしてくれないでわ後の祭りです。 そうならないためにも、 口コミなどで商品がしっかり手元に届くかの確認をしてからサイトを利用しましょう。 製造元が明記されているか確認する いくら安くてしっかり手元に届いたとしても、出どころのわからないお薬を飲むのは危険です。 商品の欄に製造元が明記されていることを確認してください。 また、その 製造元を検索にかけて安全な会社かどうかを調べるとより一層安心して注文することができます。 日本でも処方されている種類の薬を選ぶ 個人輸入代行サイトには多くの薬があります。 その中には日本では処方されていない薬も多くあり、低容量ピルも例外ではありません。 日本にもある薬なら、仮に何か副作用があった時でも対処法があります。 逆日本に無い薬では医師も対処法が分からないので手の打ちようがありません。 個人輸入代行サイトで購入する際は、製造元は違えど日本でも出回っている種類のものを購入するようにしましょう。 信用できる個人輸入代行会社 本当に届くかどうかと製造元の確認するを踏まえたふえで、数ある輸入代行会社の中から安心出来るサイトは以下の2つに絞られます。 ・ 製造元の説明が丁寧 ・ メーカ正規品保証 どちらも、確実に届き製造元の明記もしっかりされています。 ジェネリック医薬品を扱うことで低価格での販売となっているそうです。 他にも個人輸入代行会社はありますがこの2つで薬の種類は網羅出来ますし、その時によって安い方のサイトをを使い分けるのがオススメです。 低用量ピルで、 ・安心してパートナーと楽しむことの出来る自分に ・自信をもって人前に出られる卵肌に ・毎月の苦しみに耐えなくていい体で生理に振り回されない体に そんな自分になって、キラキラとした日常生活を取り戻しましょう!.

次の