お寺 お参りの仕方。 お寺参拝の仕方!お参り作法やマナーは?願い事やお経は?

神社でのお参りの作法の礼や拍手とお願いの仕方とタイミングは?

お寺 お参りの仕方

浅草の浅草寺のものはお水舎(おみずや)と呼ばれています。 ・ 参拝の前には、以下のようにして手と口を清めます。 (1)まず右手に柄杓(ひしゃく)を持ち、左手を洗い清めます。 (2)柄杓を左手に持ち替えて右手を清めます。 (3)再び持ち替えて柄杓を右手に持ち、左のてのひらで水を受けて口をすすぎます。 柄杓に口をつけて口をすすぐことのないように注意してください。 (4)左の手のひらを清めます。 (5)最後に柄杓を縦にして、自分が持った柄の部分に水を流し、元の位置にもどします。 参拝の時に必ず鳴らします。 ・鈴には、もともと呪力があると考えられてきました。 拝殿で鈴を鳴らすのにはお祓いの意味があるとされます。 ・ 賽銭を賽銭箱に入れ、鈴をならしてから、拝礼を行うのが一般的です。 しかし、本物の馬は高価であるだけでなく、奉納される側も設備や世話などの面で大変なため、平安時代の頃から次第に馬を描いた絵で代用されるようになりました。 ・その後、境内に絵馬堂が設けられ、絵に描いた馬や武具などを奉納するようになりました。 金比羅宮の絵馬殿では、絵馬の代わりに船の絵や写真がおさめられ、漁や航海の安全が祈願されているのはテレビなどでも紹介され、ご存じの方もいらっしゃると思います。 ・現在では、絵馬もぐ〜んと小振りになり、庶民でも奉納できる身近なものになりました。 神社や寺院に参拝する際に、絵馬に具体的な願いごとを書いて奉納すると願いがかなうとされています。 初参りとも言われます。 (初参り=はつまいりと読みます。 ) 初詣でのページはこちら [氏神様とは] 氏神様とは、住んでいる土地の人々を守っている神様のことをいいます。 産土神(うぶすながみ)とも呼ばれます。 赤ちゃんが生まれて初めてお参りする「お宮参り」のときには、その土地を守っている神様、すなわち氏神様、産土神様に参拝するのがならわしとなってきました。 赤ちゃんの誕生を祝い、健やかな成長を祈る行事です。 生まれた土地の守り神のことをさします。 生まれた土地の守神にお参りすることをさします。 お宮参りのページはこちら ふだんの参拝の仕方・手順 No. 項目 参拝作法やお参り作法・方法についての説明 1 鳥居をくぐる前に 服装の乱れを整えます。 2 鳥居をくぐる時 神社などでは、神様が祭られている場所に入る際に、神様を敬う気持ちを表わすために軽く会釈をして境内に入ります。 3 手水舎で身を浄める 境内の手水舎で、身を清めます。 柄杓に口をつけて口をすすぐことのないように注意してください。 柄杓は伏せておきます。 「かしわで」と言われることがあります。 寺院では手を合わせ合掌するだけで拍手はしません。 5 鳥居をくぐる時 向きを変えて、軽く会釈をして境内を出ます。 6 神社参拝に関するその他の情報 【参拝の時間】 お宮参りや安産祈願、商売繁昌のお参りなどに関しては大安の日を選ぶことが多いのですが、暦でいえば大安の日、友引きの日、先勝の日の午前中も良いと言われます。 仏滅や赤口、先負の日は参拝に向かないとされています。 これについても神社によって異なるようで、先負の日も午後なら良いとする説もあります。 例えば福岡にある某神社で神職に聞いたところでは、参拝する人の心の持ち方次第であり、もちろん六輝(六曜=大安、友引、赤口、仏滅、先勝、先負)にこだわっても良いわけですが、特に気にしなくても構わないとのことでした。 このように参拝の日どりや時間に関しては地方や宗派によって解釈が異なりますが、 お祓い、祈願、参拝の時間は一般的には午前中が好まれるようです。 ただし、普段の参拝については、氏神様に家族の健康や長寿を祈願するのが本来の目的ですので、神社の参拝時間内であればいつでも良いと思います。 正式な参拝の仕方・手順 項目 方法や作法についての説明 1 申し込み・予約 ・社務所、祭儀所などにご祈祷やお祓い、祝詞奏上(祝詞を上げてもらう)の申し込みをします。 新年の初詣での御祈祷をはじめ、日柄の良い日の祈祷やお祓いは、電話などで事前に予約するか、問い合わせをすると良いでしょう。 参拝料という名称ではありません。 一般的に良く用いられるのは「初穂料」「玉串料」「御礼」です。 現在ではその代わりとする金銭を初穂(はつほ)、初穂料、お初穂料などと言います。 また、お守りや、お札を神様から授かる時にも「初穂料」という言葉を使います。 玉串の代わりとして納める金銭を玉串料と言います。 また、通夜際、葬儀(葬場祭)に参列する人が持参する香典の表書きにも用います。 白封筒でもOKです。 「のし」はなくても構いません。 ここでいう「のし」とは、右図の熨斗袋の右端にある赤い紙を折り畳んだ部分をさします。 地方によっては、年齢も書き添える地方もあります。 お宮参りなら、下段は赤ちゃんの名前になります。 事前に電話などで問い合わせることをおすすめします。 合格祈願、安産祈願、交通安全、厄よけ、お宮参り、七五三など、それぞれの目的によって異なりますが、個人が参拝する場合のご祈祷料、初穂料、玉串料の相場は、5,000円〜が大半です。 会社の場合は10,000円〜が多いようです。 御祈祷を受ける人数によっても異なります。 神社によっては、祝詞奏上や祈祷や厄払いのあと、お守りや縁起ものなどを「おさがり」として下さる場合もあります。 そうした場合は祈祷料として10,000円くらい必要です。 (規定料金を設定している場合、5,000円からというところが多いようですが、学業成就などについては、3,000円や4,000円で祈祷をしてくれる神社もあります) 3 鳥居をくぐる前に 服装の乱れを整えます。 4 鳥居をくぐる時 神社などでは、神様が祭られている場所に入る際に、神様を敬う気持ちを表わすために軽く会釈をして境内に入ります。 その後、参道を歩いて本殿の方に向かいますが、参道の中央は神様が通るところとされています。 中央を通らず、端を歩きます。 5 手水舎で身を浄める 境内の手水舎で、身を清めます。 柄杓に口をつけて口をすすぐことのないように注意してください。 柄杓は伏せておきます。 予約をしていない場合には、社務所に正式参拝を申し込みします。 拝殿に上がる前には軽く礼をします(一揖する=いちゆうする。 目を閉じても構いません。 玉串奉奠のしかたは別ページで詳しくご説明しています。 4.神社の参拝の仕方[3]お礼参り お礼参りとは、願いがかなった時に、神社にお礼と報告のお参りをすることをさします。 例えば、合格祈願や安産祈願をした際にお守りやお札を戴いたのなら、その祈願が成就したお礼に、お守りやお札を納めます(希望する学校に合格したり、資格試験に合格したり、無事に赤ちゃんを授かり安産であった場合などにはお礼参りをします)。 その他に、 病気平癒のお礼参り、厄よけお礼などもあり、神社によっては「御礼祈祷」としてご祈祷をしてくれるところもあります。 筆者が神社で神職に聞いたところ、本人が出かけられない場合には、家族が代理でお参りをしても良いそうです。 下記にお参り作法 参拝作法 について説明いたします。 お礼参りのしかた 項目 神社参拝のお参り作法 参拝作法 について 説明 1 安産のお礼参り ・無事に出産したお礼をし、赤ちゃんの健やかな成長を祈るお参りです。 ・安産祈願をした神社に、お守りなどを持参し奉納します。 白赤の蝶結びののし袋に、表書きを「御礼」とし、下段には出産した方の名前を書き、神社に持参します。 社務所に「安産の御礼参りに参りました」と声をかけましょう。 のし袋に入れる金額には決まりはありません。 数千円で良いと思います。 ・小さな氏神様などにお礼参りをする場合には、賽銭箱に「御礼の気持ち」を奉納し、鈴を鳴らしたあと、二拝二拍手一拝で参拝する際に心の中で安産のお礼を述べます。 お札やお守りは境内の「お札、お守り納め所」に奉納します。 ・出産のお礼参りの時期に決まりはありません。 お宮参りのときに、同時に済ませても良いと思います。 出産後の都合の良い時期に、遅くとも一年以内に、参拝しましょう。 2 合格のお礼参り ・無事に合格ができたお礼のお参りです。 ・合格祈願をした神社に、お守りなどを持参し奉納します。 白赤の蝶結びののし袋に、表書きを「御礼」とし、下段には出産した方の名前を書き、神社に持参します。 社務所に「合格の御礼参りに参りました」と声をかけましょう。 のし袋に入れる金額には決まりはありません。 数千円で良いと思います。 ・シンプルにお礼参りをする場合には、賽銭箱に「御礼の気持ち」を奉納し、鈴を鳴らしたあと、二拝二拍手一拝で参拝する際に心の中で安産のお礼を述べます。 お札やお守りは境内の「お札、お守り納め所」に奉納します。 ・合格のお礼参りの時期にも決まりはありませんが、遅くとも一年以内に参拝しましょう。

次の

清荒神清澄寺で厄除け祈祷!御祈祷札や厄除け火箸のお祀りの仕方とお礼参りの仕方

お寺 お参りの仕方

この記事に書かれていること• 曹洞宗のお焼香の仕方は? 曹洞宗のお焼香の仕方は ・仏前で本尊やお位牌などを見て、合掌礼拝する。 ・浄指と呼ばれる右手の親指・人差し指・中指でお香をつまみ、左手を右手の下に沿えてお焼香をします。 お焼香は2回で、1回目は額におしいただき(主香)、2回目は額にいただかず、お焼香(従香)します。 ・お焼香後、合掌礼拝する。 曹洞宗のお焼香の作法ははこのような流れになります。 曹洞宗の数珠のかけ方 曹洞宗の数珠の持ち方は上の図のように、二輪にして左手の4本の指に掛け、右手を添えて、房を下に垂らすようにして合掌します。 曹洞宗はお寺さんによって持ち方が違う事が多いので、気になるようであれば、機会がある時にお寺さんに聞いてみてください。 香をくべる時や移動時は左手で数珠を持ちます。 スポンサーリンク 曹洞宗のお線香の上げ方は? 曹洞宗ではお線香は1本だけ立てるとされています。 左手であおぎ、火を消して供えます。 焼香する前や後に導師や葬家の方にお辞儀はいる? お焼香する前や後に導師や葬家の方々にお辞儀をすべきかどうかについてはお寺さんによって意見が分かれるところです。 葬儀で一番大事になってくるのは「故人を偲ぶ気持ち」です。 しかし、お焼香中に参列者にずっとお辞儀をし続けている葬家は、故人とのお別れに集中できないとして、焼香の前後のお辞儀はしないほうがいいとおっしゃるお寺さんもいらっしゃいます。 また、導師や葬家にお辞儀をしないのは失礼だと考えるお寺さんや葬家の方もいらっしゃいます。 会社の部下が、上司が喪主のお参りに行って、お辞儀をしなかったら後から「あれは非常識だ」と言われたという事例もあります。 これは本当に1人1人の考え方次第ですので難しいところです。 なので、お焼香の前後のお辞儀をすべきかどうかというのはそのお葬式の周りの方の作法を見ながら、合わせるというのが一番いい方法です。 皆さんがお辞儀をしているならお辞儀をし、お辞儀をせずに下がっているようならお辞儀をせずに自分も下がるようにしましょう。 曹洞宗のお焼香の仕方の動画.

次の

台湾の人気パワースポット龍山寺の参拝方法とおみくじの引き方

お寺 お参りの仕方

こんにちは!ゲストキュレーターのりょうです。 現在台北に留学中の私、休みを利用して台湾各地のスポットを沢山回っていますが、お馴染みの観光地では、ふと周りを見渡せば外国人観光客ばかり…ということもよくありますよね。 せっかく台湾に行くなら、もっと台湾の方の明るさやローカルな雰囲気を味わいたい! そう思われる方に強くおすすめしたいのが「 龍山寺」。 一年を通して地元の参詣客で賑わう、台湾を代表するパワースポットなんです! 私が龍山寺をおすすめしたい理由はこの3つ。 2泊3日前後の旅程にも盛り込める上、どこか懐かしくて温かい台湾の雰囲気を堪能できます。 ちなみに、三国志の英雄・関羽を商売の神様として祀っている 行天宮(MRT行天宮駅)も同じく地元の方に人気がありますが、台北の寺廟が初めての方には、 平安・健康・学業・恋愛など、一度に多種多様なパワーをいただける龍山寺がおすすめですよ! というわけで今回は、旅のついでに運気アップも叶う「龍山寺」と、周辺グルメをご紹介します。 「神様の百貨店」!?龍山寺(ロンシャンスー) MRT板南線「龍山寺」駅、出口1から徒歩1分程度とアクセスも良好な龍山寺は、清朝時代の1738年に着工した、創建270年余の台北で最も歴史のあるお寺。 生活の中に民間信仰が息づいている台湾では、寺や廟は、現代人の生活にも欠かせないとっても身近なものなんです。 もともと移民社会であった台湾は、多神教の国。 龍山寺も本尊は観世音菩薩ですが、仏教や道教、儒教などの宗教と混合した様々な神様が祀られているんです。 その数は、「 神様の百貨店」とも称されるほど。 若者たちも、ことあるごとに学問や恋愛の神様に拜拜しに行くことも多いんだとか。 さらに、ライトアップされる 夜の参観もおすすめです。 特に、写真を撮るなら、日没後であると一層綺麗に写るはず!情緒あふれる、きらびやかな建築や色彩にも注目してみてくださいね。 月下老人は老若男女問わず台湾の方にも大人気の神様です。 良縁を引き寄せる神様ですが、現地のガイドさんによれば、 今現在恋人がいる人でも、参拝OK。 末永く幸せが続くように、月下老人にお願いしてみましょう! 他にも、学問の神様「 文昌帝君」も祀られています。 台湾の大学生も、大切な試験の前になるとお参りに行くんだとか。 学生さんや資格試験などを控えた皆さんは、ぜひ。 台湾でお願いごとを唱えるときの基本4ステップ 台湾人は、お花・ご飯・果物・お菓子・お水などなど様々な供え物をたーくさんしていますが、観光客にはなかなか難しいですよね。 観光客が龍山寺を楽しむためには、まずはこの4ステップだけ覚えておけば大丈夫です!他のお寺などでも共通なので、ぜひ覚えておいてくださいね。 1 お線香を頭上に上げて三拝 お線香は、入口をくぐってすぐ右手の売店で購入できます。 もちろん、お線香を買わなくても入場できますが、現地の方に交ざってお参りをしたい方は、是非購入してみてはいかがでしょうか。 まわりの地元の人たちを見渡すと分かるように、日本と違って、お線香を高く頭の上あたりに両手で持ち、三度拝礼します。 2 神様に、名前・住所・生年月日・職業を伝えて自己紹介 日本と少し違って、名前や住所以外にも生年月日や職業などを心のなかで最初に唱えます。 いかに詳しく自分のことを伝えるかがポイント。 しっかりとアピールをしないと、神様が聞いてくれないのだとか。 3 神様が分かるようにお願いごとを詳しく伝える こちらも詳しくお願いごとを伝えるのがマナー。 日本では、お願いごとよりも日頃の感謝を伝えるのがマナーだと言われますが、ここは台湾。 郷に入っては郷に従えマインドで、遠慮なくお願いごとを伝えてみましょう。 4 香炉にお線香をお供えする 最後は、お参りで使ったお線香を香炉にお供えして、終了です。 お参り方法についてもっと詳しく知りたい方は、こちらのリンクがとっても分かりやすいので参考にしてみてくださいね。 出口付近には、色合いや形もキュートな数々のお守りや、パワーストーンなんかも販売されていますよ〜! ご利益のある、台湾らしいお土産を買いたい!という方にはぜひおすすめです。 日本でも見かける一般的なデザインのほか、ハート型など可愛いお守りがたくさん! — 2016 12月 3 7:24午前 PST 50~120元 180~450円 程度のものが大半なので、友達や家族へのお土産にもピッタリですよね。 売り場には、お守りの御利益について日本語の説明書きもあるので安心です!御利益とデザインから、ご自分にピッタリなものを選んでみてはいかがでしょうか。 龍山寺の参詣後に寄りたい!周辺グルメをご紹介 台湾といえばもちろん美食。 ここ龍山寺エリアにも、美味しい食べ物がたくさん。 今回は、その中でもぜひトライして欲しい3つのお店を紹介します。 台湾B級グルメの定番である「胡椒餅」は、スパイスがきいた肉の餡をもちもちの皮で包んで焼いたもの。 これを食べずには帰れません! — 2015 12月 29 11:13午後 PST かなり熱々なので、食べるときは要注意!でも、これをハフハフしながら食べるのが美味しいんです。 路地裏にある店で行列必須ですが、地元の台湾人も並ぶ老舗です。 きな粉の甘さとチーズが本当によく合います!ありそうでなかった組み合わせ、お試しあれ! 他にも、 花生油條(フアシェンヨウティアオ、ピーナッツのスープに揚げパンを浸して食べる料理)など、台湾らしい優しい甘さのスイーツが揃っています。 トッピングは、小豆、金時豆、緑豆、ピーナッツなど。 お味も見た目も台湾らしく、日本では味わえないかき氷は、特に夏場はマストなスイーツです! こちらも現地民に人気の老舗です。 ずらりとトッピングが並んでいるので、指差しで注文すればOK! こんなローカルなお店で、ぜひお好みの組み合わせを見つけてくださいね。 以上、今回は「龍山寺」とその周辺グルメをご紹介させていただきました。 地元の台湾人がこよなく愛するスポットで、ローカルな雰囲気やグルメを一気に楽しむなんていうのも、旅行の醍醐味ですよね。 台湾式の参拝方法なども、実際にマスターすれば、今後ほかの観光地でお寺をお参りするときにも安心です。 美味しいグルメとパワースポットに、力がもらえる台北旅!ぜひ、龍山寺へパワーをもらいにいってみてくださいね!最後まで読んでいただき、ありがとうございました! 施設情報.

次の