フランス語 数字 読み方。 【超簡単】フランス語の数字の書き方と読み方 21~60

フランス語のお金の読み方、数字にユーロがついた時の発音注意点は?

フランス語 数字 読み方

小数・分数から億・序数まで!フランス語数字の発音読み方一覧と覚え方 フランス語の数字の発音(読み方)と書き方は不思議で難しいです。 「なぜ17以上は16までと言い方が変わるんだ... いや、大丈夫になるまでやりましょう!笑 さて、なぜぜフランス語の数字がこんな数え方になっているのか?その理由は諸説ありますが、実は いまだに分かっていないそうです。 これは日本人だけでなく皆不思議に思っているようで、海外の掲示板でもwhy? という書き込みがいくつも見つかります。 stackexchange. funtrivia. また同時に、「別にそんな数え方の言語は他にもあるし、フランス語が特別難しいわけではない」という意見もあります。 スペイン語も15までと16以降は数え方が違いますし、デンマーク語の方が難しいのでは、という人もいるでしょう。 そんな中でフランス語にばかり話題が集まるのは、それだけフランス語が国際的な言語として認識され使われている証左だと言えます。 さて、前置きが長くなりましたが、以下より数字の数え方について記します。 便宜上「R」の発音は「ル」、「R」の付く発音は「ラ行」で記しましたが、実際には水無しでうがいをしようとした時に出るような音になります。 0から10までがすべての基本となりますので、実はここまで覚えれば、数字を覚えるまでの3分の1は終わったと言えると思います。 おめでとうございます! 11~20 11 : onze (オンズ) 12 : douze (ドウズ) 13 : treize(トレーズ) 14 : quatorze(カトールズ) 15 : quinze(ケンズ) 16 : seize (セーズ) 17 : dix-sept (ディセット) 18 : dix-huit ディジュウィット) 19 : dix-neuf (ディズヌフ) 20 : vingt (ヴァン) 0から10までに引き続き、11から16までは固有の名前を持っていて、かつ規則正しく語尾に「ze」と付きますので、比較的覚えやすいと思います。 21~60 21 : vingt et un (ヴァンテアン) 22 : vingt-deux ヴァン(ト)ドゥ) 23 : vingt-trois ヴァン(ト)トロワ) 24 : vingt-quatre (ヴァン(ト)カトル) 25 : vingt-cinq (ヴァン(ト)サンク) 26 : vingt-six ヴァン(ト)シス) 27 : vingt-sept ヴァン(ト)セット) 28 : vingt-huit ヴァントュウィット) 29: vingt-neuf ヴァン(ト)ヌフ) 30 : trente (トラント) 40 : quarante カラント) 50 : cinquante (サンカント) 60: soixante (ソワサント) 21、31、41と1の位が1の時は、20 et 1、30 et 1というようにetで数字を繋ぎます。 それ以外の2-9までは、ハイフン(ちなみにフランス語で「trait d'union」と言います。 traitが線、unionが結合なので、直訳すると結合線という意味になりますね)で繋ぎます。 (なお余談ですが、スイスとベルギーなどでは、本当にseptanteやhuitanteと言うようです。 ) 200~1,000 200 :deux cents ドゥソ(サ)ン 300 :trois cents トロワソン 400 :quatre cents カトルソン 500 :cinq cents サンソン 600 :six cents シソン 700 :sept cents セットソン 800 :huit cents ウィソン 900 :neuf cents ヌフサン 1000 :mille ミル 1から9を覚えていれば、ここは簡単ですね。 フランス語でpoint)ではなく、カンマ(, virgule)を使います。 foisが女性名詞のため、laを使います。 年齢の書き方と発音 1歳 un an アナン 2歳 deux ans ドゥザン 3歳 trois ans トロワザン 9歳 neuf ans ヌヴァン 上記のように、リエゾンをします。 また、9は、anとheureの前にある時だけ「ヌヴ」という発音になります。 いかがでしたでしょうか?この記事が少しでもフランス語の理解に繋がりましたら誠に幸いです。

次の

数の数え方を覚えよう!

フランス語 数字 読み方

フランス語の数字は70から計算式に 前回の記事「」の続きです。 ここではフランス語の数字の「70〜100」を説明します。 フランス語の数字の表現について、70からは文法的には計算式になります。 計算式方式の数字の表現については、最初は理屈で構造を把握したあとは、丸暗記に限ります。 70〜79のフランス語 70からは、60(soixante)に10桁の数字(10〜19)までの数字を足し算して、70〜79を表現します。 70 フランス語で数字の「70」は「 soixanteーdix(スワソントゥディス)」です。 71 フランス語で数字の「71」は「 soixante et onze(スワソンテオンズ)」です。 「et」を忘れずに! 72 フランス語で数字の「70」は「 soixante-douze(スワソントゥドゥズ)」です。 81からは「et」がなくなり、「quatre-vingt-un(カトルヴァンアン)」のように「ー(ハイフン)」で数字をつなぎます。 80 フランス語で数字の「80」は「 quatre-vingts(カトゥルヴァン)」です。 「vingts」の最後の「s」を忘れずに! 81 フランス語で数字の「81」は「 quatre-vingt-un(トランテエアン)」です。 「vingt」の最後の「s」が81からなくなり、一桁の1に「et」を付けません。 82 フランス語で数字の「82」は「 quatre-vingtーdeux(カトルヴァンドゥ)」です。 90 フランス語で数字の「90」は「 quatre-vingt-dix(カトルヴァンディズ)」です。 「vingt」の最後の「s」は90から付けません。 91 フランス語で数字の「91」は「 quatre-vingtーonze(カトルヴァンオンズ)」です。 92 フランス語で数字の「92」は「 quatre-vingt-douze(カトルヴァンドゥズ)」です。 100以上と0. 1以下の数字 70からの計算式の数の数え方は、少し難しいと思います。 一つの数字を思い出すのに、計算式を思い浮かべるのは効率が悪いので、70からは、最初の数字の構造だけは頭に叩きこんでしまいましよう。 100以上と0. 1以下のフランス語の数字については『』で詳しく紹介しています。 合わせて確認してみてください。 フランスに住みたいなら フランスに住んでみたいと思ったことはないですか? フランスで働くことができれば、住むことも決して夢じゃありません。 語学力&貯金ゼロでも海外転職を実現させる方法• 日本でどんなスキルを身につけるべきか• 英語の履歴書の書き方、面接対策 など、を参考にして『フランス生活』の可能性をぜひ確認してみてください! 留学メディア「THE RYUGAKU [ザ・留学]」とは? THE RYUGAKU[ザ・留学]は、海外留学、ワーキングホリデー、海外在住者のための海外生活、学校などの情報が集まる情報メディアです。 語学留学もコミカレ・大学・大学院留学も、留学先を探すときはTHE RYUGAKUから!実際にかかった留学費用、準備すると便利な持ち物、成功するために工夫したハウツー情報、ワーホリの仕事の探し方、学生寮・ホームステイの注意点やルームシェアの探し方、現地に滞在する日本人からお勧めまとめなど、短期留学でも長期留学でも役立つ情報が毎日たくさん公開されています!アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピン、韓国、中国、フランス、ドイツなど各国・各都市から絞り込むと、希望の留学先の記事が見つかります。 「どこに留学したらいいか分からない」「おすすめの学校が知りたい」「経験者による体験談が知りたい」「留学生活での節約方法を知りたい」。 初めての留学は分からないことだらけで、不安になったり、予算が心配だったりしますよね?THE RYUGAKUなら全て解決できます。 最新情報をチェックして、ぜひ充実した留学にしてください!.

次の

フランス語の数字1~100まで:フランス語の数の数え方の究極ガイド(完全保存版)

フランス語 数字 読み方

「アイウエオ」かな? フランス語の読み方……母音字は「ア・イ・ウ・エ・オ」と読まない! ローマ字読みに慣れたら、今度はそこからくる間違いを矯正していきましょう。 右の5文字を読んでみてください。 日本人にとっては読みの基本となるこの5つの母音字は、どうしても「ア・イ・ウ・エ・オ」と読みたくなるのですが、実は「ア・イ・ ユ・ ウ・オ」という読みになります。 eは「 ウ」、uは「 ユ」というフランス語Alphabetの読み方を思い出してください。 この読みを基本として、例えばma,mi,mu,me,moのように子音字と組み合わせた文字を「マ・ミ・ ミュ・ ム・モ」と読めるようになるまで何回も練習しましょう。 間違いやすい単語の例をあげてみます。 menu(定食・メニュー), melon(メロン), bus(バス) フランス語の「e」の読み方には細かな規則があり、初心者にはなかなか手強いのですが、通常、語末や音節末のeは「 無音」、単語の1音節末のeは「 ウ」と読みます。 ですので、正解は「ムニュ」、「ムロン」、「ビュス」。 英語と違うじゃないか!と怒らないでくださいね。 少し練習してみましょう。 ここでは、フランス語読みが耳慣れている単語を選んでみました。 「エ」の音がでるとき、eの上にアクサンがついているのがお分かりでしょうか? フランス語の読み方……語末の子音字・Hは発音しない 「zoo」のフランス語読みは? 次に、フランス語を読むにあたって覚えておきたい重要な規則を2つあげておきましょう。 語末の子音字は発音しない。 Hは発音しない。 例外はありますが、1に関しては、英語の ca re fu lという単語に含まれる子音字「c,r,f,l」以外の語末の子音字は通常は発音しないと覚えます。 2はhの存在を無視してしまえば簡単ですよね。 英語と同じ意味と綴りで間違いやすい例をあげてみます。 意地悪問題ですので注意して読んでください。 bible(聖書), lion (ライオン), table (テーブル), zoo (動物園) 正解は、「ビブル」、「リオン」、「ターブル」、「ゾ」。 「ゾ」はないだろ~!というお気持ちはものすごくわかります。 やはり、フランス語読みは難しいかな? 本記事では、発音の問題をカタカナ表記とし、ややこしい例外を省いて「わかりやすさ」を最優先しました。 詳細な解説や例外に関しては、各種参考書や関連リンク・関連記事も併せて参照してください。 【関連記事】•

次の