トーンモバイル 初期設定。 【トーンとイオンモバイルを比較】子供用スマホに最適なのはこっちだった!

トーンモバイル機種変更の手続き方法|キャンペーンやデータ移行も解説!|コニナブログ

トーンモバイル 初期設定

この記事の内容• TUTAYAトーンとイオンモバイルの特徴を比較 子供の安全機能が充実している2社のスマホですが、それぞれの特徴を比較して見ましょう。 我が家の中学1年生の息子用に検討する為に必要な特徴を比較しています。 音声プランは今のところ考えていないので、 データプランを契約した場合です。 項目 TUTAYA 子供の安全対策 TONEファミリーオプション (月額200円) あんしんインターネットオプション (月額100円) 子どもパック (月額150円) 月額 1000円(IP電話契約付き) データプラン1G 480円~ SMSオプション 月額100円 月額140円 端末種類 1種類のみ 指定された機種で選択可 端末値段 29800円 10000円代~ 安心保障パック 月額500円 月額350円~450円 データー通信 無制限(中~低速) 契約内容により異なる 契約の縛り 2年 違約金9800円 いつでも解約OK 月々の支払い 1800円 (+ユニバーサルサービス料) 1120円 (+ユニバーサルサービス料) 初期費用 端末代29800円 端末代 SIM代なし SIM代3000円 事務手数料3000円 事務手数料なし 表にしてみると、それぞれの特徴がよく分かりますね! TUTAYA トーンの特徴 TUTAYAのトーンはプランが1つしかないので、とてもわかりやすい契約内容です。 上の表以外にも多数オプションがあるので、必要に応じて基本料金にプラスしていくと言う考え方です。 トーンのプランではデータ通信量が無制限で使い放題という大きな特徴があります。 ものすごく魅力的な内容なのですが、一つだけ欠点があります。 動画再生やダウンロードがトーンの通信速度では ほぼ使用できないという事。 低速ではないけれど、高速でもない通信速度。 中速(?)なのです。 TUTAYAの受付のお姉さんにも説明されました。 また、 トーンに使える端末は1種類のみ。 SIMだけの販売はされていません。 トーンを契約するには、端末とSIMのセット販売だけです。 イオンモバイルの特徴 一方イオンモバイルは月額料金は、SIMプランによって値段がかわります。 データプランなら 1G 480円と他社と比べて破格の値段となっています。 端末もシャープ、NEC、富士通、ファーウェイなど、中学生にはもったいないくらいの高機能の端末から選べます。 もちろん、10000円代の端末もあり種類は充実しています。 また、 子どもパックというオプションがあり、月額150円で子供の安心の為のアプリが11本もダウンロードできるようになります。 中学生に持たせるために私が特に重要視していたのは、子供向けの設定ができるかどうか?です。 私が トーンとイオンモバイルの2社に絞ったのは、子供の監視機能の充実度が他社より優れていると感じたからです。 トーンとイオンモバイルの子ども見守り機能を比較 子どもに持たせるにはどうしても避けては通れない子ども見守り機能(フィルタリング)。 2社とも充実しているとはいえ、それぞれ特徴があります。 トーンは親子で2台以上契約している場合のみ見守り機能のオプションが無料になります。 親子で同じSIM契約を考えているのなら、トーンを使うメリットは大きいです。 トーンの見守り機能の特徴 子どもだけのトーンの契約だけの場合は見守り機能は合計 月額300円となります。 保護者もトーンを一緒に契約している場合はファミリーオプションやあんしんインターネットオプションは無料で使う事ができる仕組みです。 トーンの見守り機能でできる事 Check ・現在位置確認 ・ 通過通知 ・アプリ制限 ・利用時間制限 ・webフィルタリング ・歩きスマホ防止 ・ 歩数計共有 ・閲覧可能ホームページの制限 ・ 電話発信先の制限 ・家族専用伝言 ・ 家族サポート ・ウイルスチェック なんと言っても、TONEはMVNO初の子供向けスマホとして「 全国子ども連合会の会推奨商品」なんです。 イオンモバイルの見守り機能の特徴 イオンモバイルは子どもパックを月額150円のオプションで付ける事で、子供の安全を管理するアプリがダウンロードできます。 アプリ単体を購入するよりも格安で利用できるので、かなりお得です。 イオンモバイルの子どもパックのアプリには 「スマモリ」「Filii」「スマートフォンセキュリティ」「超ブルーライト」など11本のアプリがセットになっています。 イオンモバイルの子どもパックで見守り機能でできる事 Check ・使用時間帯制限 ・有料アプリ・課金禁止 ・位置情報確認 ・閲覧可能ホームページの制限 ・webカテゴリー別閲覧禁止設定 ・利用履歴確認 ・歩きスマホ防止 ・家族間のメッセージやり取り ・ウイルスチェック ・ ブルーライト削減 ・ SNS監視アラート 月額150円さえ支払えば上記のすべての機能が使えるようになります。 何種類かのアプリをダウンロードしなければいけない手間はありますが、十分すぎるくらいの内容です。 特に、トーンにはないSNSを監視できるアプリ「filii(フィリー)」は単体でしようとすると、月額400円かかります。 子供のLINEでの言動やいじめなどのワードを、いち早く察知したいのならFiliiのダウンロードはかなり有効的かと思います。 ブルーライト削減アプリも無料のものとはくらべて広告もないですし、機能もシンプルで使いやすいです。 合わせて読みたい記事 イオンモバイルの子どもパックについてそれぞれのアプリの詳細をまとめています アプリをダウンロードするのに親の許可が必要か? 子どもにスマホを持たせた場合、必ずアプリのダウンロードを確認したいと言う方もいると思います。 親の許可がなければアプリをダウンロードさせないという設定がトーンにはあります。 一見、親からしたらすごく良い機能じゃん!と思いますよね? でもね、 逆に言えば、親が許可しないと、いつまでも子供はダウンロードができないって言うことも忘れちゃいけませんよ。 息子曰く、友達と一緒にダウンロードしようと言った時に親の許可を待っていられないという言い分です。 もし、私が気付かずにすぐに許可を出さなかった場合は、息子はずっとダウンロードできないまま…。 イオンモバイルにした理由は Point ・値段が安い ・端末が選べる ・料金プランが豊富 ・データプランの容量変更の手数料なし ・子どもパックのアプリが魅力的だった ・いつでも解約OK ・将来的に音声通話プランに変更可能 トーンは機能も、機種もすべて固定で、息子の成長に合わせた変更ができません。 このことから、我が家ではイオンモバイルを選択しました。 イオンモバイルの選択肢の多さと、今後の息子の成長に合わせた使い方ができるが契約した大きな理由です。 イオンモバイルにして2週間以上経ちました 息子がスマホを持ってから2週間以上経ちました。 息子が使っているのは「ファーウェイ nova lite」。 むしろ、私のと交換してほしいくらいです(笑) イオンモバイルの息子の契約内容はデータプラン1G。 外で動画やダウンロードなどをたくさんしてしまうと、低速になってしまうものです。 1G少ないかな~と思っていましたが、主に家のWi-Fiで使う事が多いので、何も不便なく使っています。 息子の利用目的はアプリで遊ぶか、YouTubeで動画を見る事くらいなのでデータプラン1Gで十分。 LINEさえできれば無料通話ができるし、今でも090の音声通話の必要性がありません。 子どもパックの制限は? 大活躍しています(笑) 特に、インターネットの検索でのカテゴリーの制限やアプリの利用制限、スマホを使える時間を制限する機能はとても役に立っています。 うちの場合は夜9時~朝7時までは使用禁止時間なので、SNSやゲームや娯楽系のアプリは使えないように設定しています。 ただし、すべての利用を禁止しているわけではなくて、時間設定(アラーム)や電卓、ライト、天気など娯楽じゃないものはいつでも使えるようにしています。 歩きスマホ禁止も時々役に立っていますし、ダウンロードした子どもパックのアプリは大満足です。 子どもパックの詳しい記事は 子どもにスマホを持たせる前にしてほしい事 子どもにスマホを買い与える前に、必ずルールを決めてから購入する事をお勧めします! 口約束ではなく、契約書みたいに紙に1つずつ項目を書いていきます。 親が勝手に決めるのではなく、 子供と一緒に考えて決めていくのが大事です。 子どもが一緒に決めたルールを守れると言う条件でスマホを買いに行ってくださいね。 我が家の場合は結構厳しめにルール設定をしています。 それでも、息子は納得しています。 我が家のルール ・朝はメールの確認だけOK。 返信はしない(どうしてもの時は許可が必要) ・夜は9時まで ・アプリは作った後に必ず報告する ・LINEは本人に直接言えない事は話さない(悪口は絶対にダメ) ・自分の部屋で使えるのは学校から帰ってから(長時間は禁止) ・土日は基本リビングでしか使わない事(どうしてもの時は許可が必要) ・ごはん中のスマホは禁止 ・ご飯の時間になったら「ちょっと待った」はなし ・テスト週間は友達へメールをしない。 返信もしない ・テスト週間の使用は夕食の時間まで ・テスト3日前からはスマホ禁止 ・有料アプリ・課金は禁止 ・ルールを破ったら1か月禁止・没収 ・2回目破ったら2ヶ月、3回目は3ヶ月…禁止、没収 ・スマホ壊れたら自己責任。 修理費も自分で払う。 ・パパ、ママが見る事、管理することを拒否しない ・スマホはパパとママの物。 あなたには貸しているだけです。 まだまだルールの改善が必要な所もありますが、今のところはこのルールで息子は使っています。 結果的に我が家ではイオンモバイルを契約したわけですが、TONEが劣っていたわけではありません。 我が家の息子に合うのはイオンモバイルだっただけの話です。 友達とのやり取りで必要な物だからしょうがないと、割り切って買い与えました。 トラブルがないように管理するのは親の役目。 アプリや機能を上手に利用して、無理のない管理をお勧めします。

次の

トーンモバイルは本当に安い? 料金プラン徹底解説

トーンモバイル 初期設定

格安スマホでLINEを使うには「音声通話」か「SMS」が必須 トーンモバイルに限らずですが格安スマホでLINEを使うためには 「音声通話が可能なプラン」か「SMS ショートメッセージ が利用可能なプラン」である必要があります。 また、データ専用プランでも050から始まるIP電話番号は使う事が可能ですが、IP電話番号ではLINEのSMS認証は出来ません。 トーンモバイルでLINEが使えるプラン選び• 特に他社からMNP乗り換えの場合には「090音声オプション」が必須になりますが、「LINE無料通話が有れば090や080の番号は要らないから安くしたい。 でもLINEは使いたい」という場合には基本プランにSMSオプションを付けて月額1,100円でLINEが利用可能になります。 ただしFacebookのアカウントを持っていない場合には、アカウントを新規作成する為に電話番号が必要となるので結局前記のオプションへの加入が必要になります。 他にも家の固定電話番号でもLINEの認証が可能だったりしますが、その電話番号に紐づいた友だちが追加されたりと面倒な事が多いのでオススメしません。 トーンモバイルでLINEを使う具体的な流れ 今回はトーンモバイルの2019年3月発売の機種『TONE e19』で実際にLINEを使うまでの流れをスクリーンショットを使って解説していきます。 インストールには80MBほどの通信量が必要となるので、場合によってはWi-Fiなどに繋いで行った方がいいかもしれません。 「LINEの利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、電話番号を入力して矢印ボタンをタップしてください」と表示されます。 「LINE上でのアカウント名 他人から見える名前 」 「プロフィール写真」 「友だちの追加設定」 と順番に設定していきます。 そして「年齢認証」は格安スマホでは不可なので 一部LINEモバイルだけは可 、ここは「後で」を選択します。

次の

TONE SIM (for iPhone)

トーンモバイル 初期設定

自分で初期設定が必要なAPNとは? 「APN」といっても聞きなれない方も多いでしょう。 大手キャリアのスマホを使っている限り意識しない言葉ではありますが、スマホをインターネットに接続するために必要な設定です。 そこで、具体的な設定方法の前に、APN設定とは何かということについてお伝えします。 APNとはスマホをインターネットに接続するのに必要な情報 APNとは「Access Point Name」の頭文字で、インターネットにスマホを接続するのに必要な情報のことを意味します。 わかりやすくいうと、ユーザーのスマホと通信事業者をつなぐ窓口のようなイメージです。 どの種類のスマホを使うのであれ、スマホをインターネットに接続するのにはAPNの情報を最初に設定する必要があります。 APN設定を自分でやらなければならない理由 au、docomo、Softbankといった大手キャリアからの乗り換えだと、APNという言葉さえ聞いたことがなく戸惑うこともありますが、大手キャリアでももちろんAPN設定は行われています。 ただ、大手キャリアではあらかじめ提供する端末に自社の接続先をもれなく設定しているため、ユーザーが自分で設定する必要がないのです。 J:COMモバイルのような格安スマホ会社では、大手キャリアのように自社の回線を持っていないため、ユーザーが自分でこの設定を行わなければなりません。 スマホ会社の方であらかじめ設定しておいてくれればありがたいとは思うでしょうけれど、こういう設定をユーザーが自ら行うことでそれにかかるコストを軽減しているのです。 だからこそ大手キャリアよりも格安料金で提供できるわけですから、APN設定は格安スマホ会社では自分でやるものと思っておきましょう。 APN設定は自分でも簡単にできる 自分でAPN設定をやらなければいけないとはいっても、難しいことは何もありません。 スマホを操作したことのある方なら、数分程度で問題なく完了するでしょう。 端末がiPhoneの場合ならファイルをインストールするだけですし、それより少しやることの多いAndroidの場合でも、基本的にはJ:COMモバイルから送られてくるAPN情報を設定画面から入力するだけです。 ただ、スマホに慣れている方なら問題ないものの、J:COMモバイルが初めてのスマホデビューという方もいるでしょう。 初めてでは不安に感じるのも当然ですので、これ以降はiPhoneとAndroidそれぞれについて詳しくAPN設定の方法を見ていきます。 iPhoneでのAPN初期設定の方法 iPhoneでJ:COMモバイルをAPN設定をする方法をお伝えします。 なお、APN設定ではインターネットに接続する必要があるため、あらかじめWi-Fi環境に移動しておいてください。 SIMカードのセットの仕方 iPhone7をセット購入した方ならその端末が、iPhoneをすでにお持ちの方ならSIMカードが、ご自宅にJ:COMモバイルから送られてきます。 APN設定の前に、まず端末にSIMカードを挿入するところからがスタートです。 スポンサーリンク iPhoneのSIMカードの挿入トレイは本体側面にありますが、指ではつまみ出すことができないので、専用ツールかクリップなどを用意しておいてください。 新品のiPhoneであれば、箱の中に本体と一緒にツールが入っています。 中古品などでツールがない場合は、先の細いクリップなどを用意しておきましょう。 iPhone側面の挿入口に小さな穴が開いているので、その穴にツールを差し込みます。 すると、トレイが出てくるので、そこにSIMカードを正しい向きでセットし、本体に押し込んでください。 正しくセットされると、画面の左上に「docomo」などのキャリア名が表示されます。 iPhoneのAPN設定 SIMカードが正しく認識されましたが、まだこの状態ではインターネットにつながりません。 インターネットに接続するためにAPNの設定をこれから行います。 設定の方法は、iPhoneの「設定」をタップし「一般」を選んで、一番下の「リセット」をタップします。 続いて、「すべての設定をリセット」を選び、「ネットワーク設定をリセット」をタップすると再起動が始まるので、再起動が完了するまで待ちましょう。 再起動した後は、Safariを開いてAPN構成ファイルをダウンロードします。 ダウンロードが完了するとプロファイルのインストールを促されるので、画面の表示に従ってインストールしてください。 インストールがすべて完了したらAPN設定は完了です。 Wi-Fi接続を切って「LTE」や「4G」と画面上に表示されていればインターネットに接続できます。 AndroidでのAPN初期設定の方法 AndroidでのAPN設定の方法を次にお伝えします。 iPhoneより少しすることが増えますが、難しくはありません。 なお、J:COMモバイルでは、Androidの場合、自分でAPN設定をするのはDプランの場合です。 Aプランの場合はカスタマーセンターに問い合わせてください。 SIMカードを正しくセット iPhoneの場合と同じく、Androidでも最初にSIMカードを挿入するところからがスタートです。 端末の種類によってSIMカードの挿入位置は若干異なりますが、SIMカードの向きと裏表を確かめて正しくセットします。 端末の種類によっては、SIMカードが正しく認識されたというメッセージが表示されます。 AndroidのAPN設定 SIMカードをセットした後はAPN設定ですが、その前にWi-FiとBluetoothの機能をオフにしてください。 次に、最初の画面から「設定」を選んで、「その他」や「その他の設定」、または「ネットワーク設定」などをタップします。 すると、モバイルネットワークの設定に関する項目があるので、それを選んで「APN」や「アクセスポイント名」をタップしましょう。 続いて、「追加」をタップすると、「名前」「APN」「認証タイプ」などを入力する画面が表れるので、任意の名前と、APNには「vmobile. jp」と入力、認証タイプは「PAPまたはCHAP」を選択します。 スポンサーリンク 「保存」をタップし、作成したAPNが選択状態になっていれば設定完了です。 「4G」か「LTE」と画面上に表示されていればインターネットに接続できるようになっています。 自分で初期設定がうまくできない場合の対処法 iPhoneに比べるとAndroidのAPN設定はやることが少し多いですが、いずれにせよ上記の通りに入力すれば問題なくインターネットに接続できるようになるはずです。 もし、この通りに設定を行ったのにインターネットに接続できないという場合は、どこかに問題がある可能性が高いので、次に、インターネットに接続できない時の対処法をお伝えしましょう。 ミスがないか確認する iPhoneの場合、最初に構成プロファイルをネットからダウンロードしますが、それが間違っているという可能性もなくはありません。 念のため、一度ダウンロードした構成プロファイルを削除して、J:COMモバイルのサイトでQRコードを読み取って再度ダウンロードしてみましょう。 Androidでは自分でAPNを入力する必要があるため、入力間違いということも考えられます。 もう一度誤りがないかよく確かめてみましょう。 モバイルデータ通信が有効になっていることを確認する Androidでよくあるのが、モバイルデータ通信がオフ 無効 の状態のままになっていることです。 これではデータ通信ができませんので、インターネットには接続できません。 モバイルデータ通信がちゃんとオン 有効 になっていることを確認してください。 また、機内モードがオン 有効 になっていないかどうかももう一度チェックしてみてください。 機内モードが有効な状態ではインターネットに接続できません。 再起動してみる ここまでの手順を試しても、まだインターネットに接続できないのであれば、スマホを一度再起動してみましょう。 再起動すると正常に戻ることはよくあるので試してみてください。 再起動だけではインターネットに接続できない場合は、SIMカードをもう一度正しく挿入し直してみましょう。 「実は、SIMカードが汚れていて正しく認識されていなかった」なんてことも考えられます。 どうしてもダメな時はカスタマーセンターに問い合わせてみよう ここまでやって、それでもまだインターネットに接続できないのであれば、自分では手に追えない可能性が高いです。 その場合は、J:COMモバイルに直接問い合わせてみましょう。 J:COMカスタマーセンターの電話番号は、一般的な問い合わせが、技術的な問い合わせがです。 どちらも年中無休ですが、受付時間は9時~18時です。 あらかじめお使いの端末の機種名、連絡用アカウント、エラーの具体的な症状等をメモしておくとスムーズに案内してもらえます。 J:COMモバイルの初期設定は初めての人でも自分で簡単にできる スマホのAPNは、大手キャリアではあらかじめ設定されているため、J:COMモバイルに乗り換えて初めて意識したという方がほとんどでしょう。 しかし、上で見てきたように、自分で設定することは難しくありません。 技術的な問題がないのであれば、正しい手順に従って操作するだけで数分で設定は完了します。

次の