ホ グライダー クラクラ。 ホグライダー

『クラクラ』TH8優先順位!ユニット研究の優先ランキング | クラバク.net

ホ グライダー クラクラ

タップできる目次• 今回攻めた陣は3つ 今回の記事ではTH11の初見攻めした陣を3つ紹介します。 最初に2つ成功例を、後半で失敗例を載せました。 それぞれパターンを変えてありますので、どうなるのか参考になるでしょう。 失敗例は特に私自身にとって勉強になりました。 こちらはTH11でもカンスト級になっていますし外出しタウンホールが全壊対策に活きている難しい陣でした。 それでも全壊取れる陣ですがね。 そんな失敗例が実はかなり参考になるかと思います。 パート1 成功例 1つ目に紹介する例の敵陣配置は以下の通りです。 特徴として注目したのは以下の点でした。 中央区画にタウンホール・クラン城・イーグル砲などの重要施設を配置したオーソドックスなタイプである• アチャクイの祭壇がタウンホールより8時側に位置している• インフェルノタワーが両方シングル設定になっている ホグライダー投入前に敵援軍と敵アチャクイの処理が必須になります。 そのためウォールバスターの進入場所がアチャクイ祭壇のある側からになります。 インフェルノタワーシングルにウォールバスターが長い間攻撃されると溶けて中身が出てしまいます。 ですから両方のインフェルノから攻撃を受けにくい7時と8時の中間くらいからウォールバスターを出すのが良いと判断しました。 攻め方 実際に以下の手順で攻めました。 1.壁役投入 最初にゴーレムとウォールバスターを壁役として以下の画像の場所に投入しました。 2.ジャイアントとウィザード投入 追加でジャイアントを1体、後衛ウィザードを投入しました。 9時側の区画の防衛火力が高め(敵アチャクイ有り)なので、そっちにゴーレムを当てました。 逆の6時側は大砲の下にあるキャンプさえ壊せばサイドカットできます。 そのためジャイアント1体に壁役を任せました。 3.両ヒーロー投入 進入部隊のためのサイドカットが出来たところでババキンとアチャクイを投入しました。 4.ポイズン投下 ほどなくして敵の援軍が出てきましたので、ポイズンを投下しました。 5.ホグライダー投入開始 援軍処理と敵アチャクイの処理が確定したところでホグライダーの投入開始です。 6.ウォーデン投入 ホグ第1部隊を投入したところでウォーデンを投入しました。 中体力のホグライダーを体力アップさせる目的です。 これによってホグが巨爆などに耐えられる可能性があがり、生き残りやすくなります。 配置や攻め方によって、ウォーデンをウォールバスター進入部隊に付けるのも有りですが、今回はホグに付けました。 7.追加ホグと回収ウィザード投入 12時からホグを追加投入しました。 こうすることでホグが割れずに進軍しやすくなります。 状況に合わせてヒールを撃ちこんでいき、ホグの延命を図ります。 ホグ投入とヒール投下をしつつ、回収用ウィザードを投入しました。 まずはホグ回しの開始地点である10時方向に1体投入です。 この後そのウィザードが11時方向へ施設破壊をしながら進んでくれます。 8.1時からホグ追加 1時からホグを5体追加しました。 1時方向に出ているアーチャータワーを壊しつつすでに進軍しているホグに合流させるのが目的です。 9.トーム発動 ホグがボムタワーの近くまで来たのと、ちょうどイーグル砲が着弾してきましたのでトームを発動しました。 無敵時間の間にホグが破壊進軍してくれます。 10.ホグ・ヒールを追加していく その後3時方向から残ったホグを3体投入、残りのヒールも状況を見つつ撃ち込んでいきました。 このころになると残りのヒールが2発あり、残りの防衛施設もわずかなので全壊が見えていました。 11.残りの回収用ウィザードを投入 ということで全壊が見えてきたころに、残った2体のウィザードを投入しておきました。 1時方向と2時方向に出して、破壊率を回収させるためです。 やることをやったらあとは全壊を待つのみとなります。 編成 以上の攻め方をするために、以下の編成を組みました。 最初のゴレウィズ投入ですが、ゴーレムとジャイアントを無しにしてアイスゴーレムを2体に変更することもできます。 その場合、ホグライダーを1体増やすことが出来ます。 ゴーレム無しで壁役として必要なジャイアントを4体くらいにすることも有りです。 配置や攻め方でユニットを調整しましょう。 プレイ動画 では実際にどのような攻め方になったのか、以下動画でご覧ください。 パート2 成功例 成功例の2つめとして、攻めた陣は以下の通りです。 TH13なんかでも似たような配置を時々見ますね。 こういう大きい区画を作ってその中に巨大クロスやインフェルノタワーを入れて防御する配置は、実はゴレホグと相性がいいです。 ウォールバスターを使いつつ大きい区画に進入して破壊、壁のない部分はゴレウィズで破壊進行することができるからです。 そうして破壊したら、残った部分はホグがL字型に進行するルートが出きているため、まとまって破壊進軍させるようになります。 今回の陣ですが、タウンホールの右側にアチャクイの祭壇があります。 ゴレホグ投入前にアチャクイを倒すのと援軍処理をするのが必須なので進入部隊は2時あたりからになります。 今回の編成 今回は以下の編成で攻めることにしました。 突破兵器と中身:ウォールバスターにペッカ1、ジャイアント2 ユニット:ゴーレム1、ホグラダー34、ウィザード12、ガーゴイル1、バルーン2(残り枠0) 呪文:ヒール5、ポイズン1 援軍呪文:ヒール1 私のタウンホール11ゴレホグ編成で特徴的なのはヒールを全部で6つ持っていくところでしょうか。 配置や攻めるプランに応じて1つレイジに置き換えてもいいと思いますが、基本は全部ヒールです。 ホグライダーレベル7だとイーグル砲に撃たれてもヒール回復で乗り切れるからです。 ポイズンが1つしかないので、援軍処理をするのにアチャクイがきちんと中に入る必要があります。 状況見ながらバンバンヒールを撃っていこうと思います。 まぁ、今回のはレイジ無しでもウォールバスターやアチャクイの進入部隊で援軍処理とアチャクイ処理は大丈夫でしょう。 進入位置からそれほど距離が無いので。 イーグル砲倒せるかはわかならいですけどね。 タウンホール10だとポイズン2つ持っていく(その代わりヒールが5)のですが、タウン11ではポイズン1つだけです。 アチャクイが逸れてもポイズン2つだと時間差の重ね掛けで敵援軍をたおせます。 今回アチャクイが逸れて中に入らない失敗は絶対避けなければなりません。 では以下攻め方を確認して下さい。 3時方向 3時方向の拡大画像です。 画面中央の大砲が巨大クロスの攻撃範囲内にありますが、ガーゴイルだと微妙に範囲外から攻撃できそうです。 でも微妙。 その上にあるボムタワーも邪魔なので、バルーンを2体用意して、それぞれに攻撃されることにしました。 ということで実際に攻めたときはその下にあるエリクサーポンプをまず破壊させようと思いました。 そうしたら出し位置が悪くてその隣の大工小屋を攻撃しちゃいました。 まぁ、その後ポンプの攻撃をする位置なので大して問題はありません。 2時方向 ガーゴイル投入後に2時方向に配置したゴーレムと後衛のウィザード3体です。 ゴーレムでアーチャータワーと大砲と巨大クロスのターゲット集めています。 一番右のアーチャーが攻撃されていますね。 これは攻撃範囲の確認とウィザードの出し位置のプランニングが甘かったので反省です。 実はレベル4の巨大クロスがこの範囲で攻撃してくるので、さっきのウィザードは出すのダメでしたね。 その後ウォールバスターでレベル4の巨大クロスのターゲットを取り、予定通りバルーンを2体投下しました。 ボムタワーと大砲が壊れるタイミングで3時方向にウィザードを1つ投入。 ここの大工小屋が壊れればこのあとアチャクイとババキンとウォーデン投入してもそれて3時4時方向に行ってしまうことがなくなります。 後は援軍処理してホグを12時~10時辺りから出して反時計回りにホグを回していくプランです。 プレイ動画 では実際に攻めた時のリプレイをどうぞ。 最後にテスラが6時方向の角に出てきましたが、問題無しでした。 相性が良い陣であることが大きいように思います。 ^^ パート3 失敗例 次に失敗例を見てみましょう。 攻めた陣は以下の通りです。 この陣、プランニングしてて無理だと思いました。 一番下の6時方向にタウンホールがあるのですが、ウォールバスターがそこに向かう過程で援軍処理とアチャクイ処理をするプランが作れないからです。 中央にあるクラン城から出てくる援軍を倒すなら11時~1時のあたりからウォールバスターを出す必要があります。 でもそうするとクラン城の下に居るアチャクイまで部隊が到達しません。 アチャクイを倒せないのです。 10時からウォールバスターを出せば9時あたりのインフェルノタワーに攻撃されて部隊が溶けていくでしょう。 マルチだったらいいのですけどシングルになっていますからね。 そして敵援軍処理も出来るか怪しいです。 残るは2時からウォールバスターを出すプランです。 これだと援軍処理は出来るでしょうけど、やっぱり敵のアチャクイまで到達するのが無理です。 いつものパターンでは無理ですね。 タウンホールを角に置くとウォールバスターを出す位置と動く方向が限定されるので、クラン城とアチャクイを離して両方の処理を困難にする配置が出来るのです。 敵さん上手く考えてますなぁ。 アチャクイ区画が6時側にあり、外側の区画にあります。 ウォールバスターで進入しなくてもゴーレムで壁役にしつつ、ウォールブレーカーで穴を開けてユニットを入れることが出来ます。 そして敵アチャクイと援軍処理をすることが出来るでしょう。 ということは…? 投下兵舎を使ったパターンが活きる陣です。 対空砲が横1列に並んでいるので、エアスイの向きも考えつつ、上手くサイドカットしてライトニングドラゴン・バルーンで攻めるのも有りです。 左から3時方向へ攻めればやれる可能性が高いです。 今回の編成 さて、今回はゴレホグの記事ですから、編成を紹介します。 以下の編成を組みました。 突破兵器と中身:ウォールバスターにペッカ1、ジャイアント2 ユニット:ゴーレム1、ジャイアント1、ホグラダー35、ウィザード12、バーバリアン1、アーチャー1(残り枠0) 呪文:ヒール5、ポイズン1 援軍呪文:ヒール1 いつもより多めにホグライダー積みました。 アチャクイの居る辺りでジャイアントを投入、ターゲットを集めている間に追加ホグ6体で周辺のアーチャータワー・大砲2・迫撃砲を破壊することを考えました。 アチャクイが最後に残るのですが、9時方向の残った施設をたくさんのホグが壊して最後にアチャクイと祭壇を破壊して全壊する予定です。 上手くいけばヒールが1つ残るので、それをアチャクイ処理に使います。 まぁ、初見なのでどこにテスラが出るかわからないですけどね。 それと巨爆が発動したらヒール撃たざるを得ないことになるので、なんともいえません。 タウンホール攻撃 では以下、動画を見る前に攻めたところの画像を中心にポイントの説明をしていきます。 実際の攻めです。 最初にタウンホールの真下にアーチャー投入しました。 テスラのスペースがあるので、出てくるかもと思いましたが実際には出てきませんでした。 出てきたここからジャイアントを出してその後ホグ投入、アチャクイ祭壇地帯へGOの予定でした。 出てこなかったので追加でバーバリアンを出して破壊させて星を1つ確保です。 ウォールバスター投入 次にウォールバスター投入です。 進入部隊の攻撃開始! 短距離指定のアーチャータワーがあります。 これのおかげでウィザードがエリクサーポンプ・金山・金庫を壊してくれます。 11時方向の金庫が壊れるとこの方向のサイドカットが成り立ちます。 2時にゴーレム投入 2時方向のサイドカット要員を投入しました。 ゴーレムでターゲットを集めつつ後ろに後衛ウィザードを3体投入です。 一番上のウィザードは迫撃砲でやられるかもしれませんが、それは覚悟の上でした。 近くのウィザードの射程には入らないように気をつけました。 迫撃砲とその隣のエリクサーポンプが壊れるのが確実ですから、それで2時方向のサイドカットが成り立ちます。 ヒーロー投入 ちょっと早い気もしますが、アチャクイを投入しました。 ゴーレムとウォールバスターが後衛の破壊部隊より先行しすぎないよう注意する必要があります エリクサータンクやダークエリクサータンクがありますね。 こういったHPが高いものががると後衛の破壊がなされず単独で壁役だけ先に進んでしまうことがあります。 それを嫌がったのと、アチャクイがそれることは無いだろうと思い投入しました。 援軍処理 ウォールバスターが敵クラン上の範囲内に入ると敵の援軍が出てきます。 追加のババキンとウィザードを入れました。 まだウォーデンを出していないです。 やっとウォーデン出しました。 遅いですねぇ。 ダメだこりゃ。 やること決まってるわけですから、ぱっぱと出していかなければいけません。 事前のフレンドリーチャレンジで出し方練するとかも必要ですね。 ホグライダー投入 援軍処理まで順調にこなしましたので、ホグライダーを投入しました。 まずは3時方向からホグを投入です。 普段は20体くらいを本隊として投入するようにしています。 残りは敵防衛施設の出っ張っている部分に追加して出し、ホグが分散しないようにします。 続いてちょっと出っ張っている4時方向の大砲に向けて追加ホグ投入です。 ホグ全部投下。 やっちゃった。 これは大失敗ですね。 追加ホグは6体か7体くらいにすべきでした。 しかもタイミングも早いです。 本体がもう少し進軍してからにすべきでした。 ジャイアント投入 アチャクイの居る区画目指してジャイアントを投入しました。 ジャイアントが迫撃砲へ向かっています。 この間にホグを6体この方面へ投入して破壊しておくべきですが、ホグは出し切ってしまったので残っていませんでした。 ダメだこりゃ。 アチャクイ近くのホグが撃墜されるのを防ぐためにヒールを撃っていますが要りませんでしたね。 数少ないからホグが倒されていくわけでそこにヒールを使うのはもったいなかったです。 戻るホグ 9時方向までホグが到達しました。 結構な数のホグライダーが残っています。 本当ならここで残ったスケルトンと9時方向の残り施設を破壊してもらうはずでした。 でもまだアチャクイ区画に大砲とアーチャータワーが残っているのでスケトラを従えてそこに向かってます。 消耗するホグ ホグがアチャクイ区画に来たところです。 ヒールが1つ残っていればあるいは全壊だったかもしれません。 バンバンアチャクイに落とされてホグが消えました。 全壊失敗です。 プレイ動画 では実際に動画をご覧ください。

次の

闇の兵舎ユニット『ホグライダー』のステータスと対戦時の使い方 | クラバク.net

ホ グライダー クラクラ

『クラクラ』でホグライダーを使う際には、 「巨大爆弾」に注意する必要があります。 タウンホール8以降になると「ホグラッシュ」「裏ホグ」「ゴレホグ」といった様々な戦術でホグライダーを使用する事になると思いますが、巨大爆弾との関係性を把握しておく事で攻める際に成功率がグッと上がります。 今回は 「ホグライダーが巨大爆弾に弱い理由」について掲載していきます。 巨大爆弾はホグライダーに対してのダメージ量が1. 5倍!! 巨大爆弾、通称「巨爆」はホグライダーに対してのダメージ量が 通常の1. 5倍となっています。 巨大爆弾LV ダメージ量 ダメージ量(ホグライダー) 必要TH LV 1 175 262. 5 6 2 200 300 6 3 225 337. 5 8 4 250 375 10 ホグライダーに対してのダメージ量が1. 5倍になっている事によって、まとめて食らってしまうと一気に消滅してしまう可能性が上がります。 【タウンホール毎の最大設置数】 TH5未満 TH6 TH7 TH8 TH9 TH10 0 1 2 3 4 5 TH8以降になると、ホグライダーを使用した「ホグラッシュ」「裏ホグ」「ゴレホグ」などの戦術が主流になってくるので、攻められる側も対策をしています。 それが 「2連巨爆」という配置テクニックです。 巨大爆弾を2連で配置する事により、ホグライダーを一掃する事が出来るので、攻める際には配置してある「2連巨爆」を回避する必要があるのです。 ホグライダーのHPと2連巨爆のダメージ量を把握しよう。 防衛側は、間違いなく2連巨爆を配置することをオススメ致します。 そして攻める側は、巨爆を2つ同時に解除しないように攻めるか、ゴーレムなどで巨爆を解除する必要があります。 巨大爆弾の威力に敵わないという情報がある以上避けては通れない道ですが、そうしないと星3つを取ることはできませんので、巨爆解除の練習をたくさんして、できる限り2連巨爆を食らわないようにしましょう。

次の

『クラクラ』TH8優先順位!ユニット研究の優先ランキング | クラバク.net

ホ グライダー クラクラ

『クラクラ』でホグライダーを使う際には、 「巨大爆弾」に注意する必要があります。 タウンホール8以降になると「ホグラッシュ」「裏ホグ」「ゴレホグ」といった様々な戦術でホグライダーを使用する事になると思いますが、巨大爆弾との関係性を把握しておく事で攻める際に成功率がグッと上がります。 今回は 「ホグライダーが巨大爆弾に弱い理由」について掲載していきます。 巨大爆弾はホグライダーに対してのダメージ量が1. 5倍!! 巨大爆弾、通称「巨爆」はホグライダーに対してのダメージ量が 通常の1. 5倍となっています。 巨大爆弾LV ダメージ量 ダメージ量(ホグライダー) 必要TH LV 1 175 262. 5 6 2 200 300 6 3 225 337. 5 8 4 250 375 10 ホグライダーに対してのダメージ量が1. 5倍になっている事によって、まとめて食らってしまうと一気に消滅してしまう可能性が上がります。 【タウンホール毎の最大設置数】 TH5未満 TH6 TH7 TH8 TH9 TH10 0 1 2 3 4 5 TH8以降になると、ホグライダーを使用した「ホグラッシュ」「裏ホグ」「ゴレホグ」などの戦術が主流になってくるので、攻められる側も対策をしています。 それが 「2連巨爆」という配置テクニックです。 巨大爆弾を2連で配置する事により、ホグライダーを一掃する事が出来るので、攻める際には配置してある「2連巨爆」を回避する必要があるのです。 ホグライダーのHPと2連巨爆のダメージ量を把握しよう。 防衛側は、間違いなく2連巨爆を配置することをオススメ致します。 そして攻める側は、巨爆を2つ同時に解除しないように攻めるか、ゴーレムなどで巨爆を解除する必要があります。 巨大爆弾の威力に敵わないという情報がある以上避けては通れない道ですが、そうしないと星3つを取ることはできませんので、巨爆解除の練習をたくさんして、できる限り2連巨爆を食らわないようにしましょう。

次の