60 代 ブログ ショコラ。 60代おひとりさまの老後、こんなに辛い老後になるとは・・・

こんな生き方がしたい!60代一人暮らし、ショコラさんのブログ

60 代 ブログ ショコラ

60代シングル女性の部屋を取材しました 「一人暮らし」というと、20~30代の若い世代をイメージする人が多いかもしれません。 しかし近年は、上の世代の一人暮らしがどんどんと増えています。 ただ、中高年の一人暮らしのインテリアやリアルなライフスタイルを紹介した情報はあまり多くありません。 そこで今回は、60代の一人暮らし女性の部屋を取材してきました。 単に「部屋作りを楽しむ」というだけでなく、「老前整理も兼ねてシンプルに」「思い出で部屋を作る」など、60代ならではのインテリアとライフスタイルを紹介します。 間取り ショコラさん(62歳 パートタイマー 一人暮らし歴18年 -Room Data- 東京都在住 持ち家 間取り:ワンルーム 思い出のモノで部屋を作る60代の一人暮らしインテリア・間取図 ショコラさんが一人暮らしを始めたきっかけは離婚。 15年ほど前に家族と住んでいた家を一人で出て、近所にアパートを借りて住み始めました。 ただ、「まだ息子2人が高校生だったので、自分の仕事が終わると、元の家へ行って、ご飯を作って洗濯をして、翌日のお弁当を作って、それを冷蔵庫に入れて、自分の部屋に戻ってくるという暮らしを2、3年しました。 だから、最初は一人暮らしといいつつも、自分の部屋には寝に帰るだけでした」とのこと。 ただ、その後ショコラさんの友達が「そろそろ自分の生活をちゃんと考えた方がいいよ」と、今住んでいるマンションのチラシを持ってきてくれたのだそう。 その当時は「収入も少ないし、頭金もないし、生活するだけで精一杯だったので、マンションを買うなんて無理」と思っていたそうですが、「見るだけ」とモデルルームに行ったら「そのまま勢いで決めてしまいました」と、ショコラさん。 今回取材にお伺いしたそのマンションは、息子さんたちが住む家からも近く、一人暮らしにもちょうどいい広さ。 「即決しておきながら言うことではないですが、ドアのノブとかキラキラした建具……実は全然好みじゃないんですよね。 本当はもっとレトロな感じが好みなので。 でも、家族のそばに住めることとか、そういった条件が優先順位として高かったので、これでいいやって」と話していましたが、部屋そのもののつくりとは別のところで、しっかりと自分らしく快適に暮らせるような工夫をたくさんなさっていました。 大事な記憶が思い出せるモノたちに囲まれた暮らし (左上)長男が描いたキャメルの絵(右上)リーバイスの絵(左下)次男が美術の時間に作ったハイロウズのCDジャケットをイメージしたCDケース(右下)「息子と行った上野のカフェで買ったものだし、パリで買った自分のお土産だし……」と、思い出のぎゅっと詰まったものばかり並ぶ 「全部に思い出があるんですよ。 例えば、これは次男が好きだったリーバイスのパッチの絵を段ボールの裏に描いたものなんです(上写真・右上)。 妹が昔ジーンズショップを開いていたことがあるんですけど、『お店に飾りたいからちょうだい』って言われたこともあるんですよ。 『絶対ダメ』って言いましたけど。 あと、玄関のところに飾ってる額は、長男が書いたもの。 私の父が遊びに来たときに置いていったキャメルっていうたばこの箱の絵を見て『これ、かっこいいな』って描いたんですよね(上写真・左上)」。 ショコラさんから部屋にあるモノの思い出を伺っているうちに、ただ聞いているだけのこちらまで、そのときの息子さんたちの様子が目に浮かんでくる気がしてきます。 日常に使うモノと、思い出のモノ。 同じ空間にありながらも、違和感なく馴染んでいます。 「モノは少なくシンプルな部屋を目指しています。 ただ、本当にミニマムな部屋にしてしまったら、眺めるものすらなくてつまらない。 でも、思い出のモノを飾っておけば、こうやってぼーっと見ているだけで、中学生のころのあの子たちを思い出せます。 たしかに、日常生活にはなくてもいいものだけれど、私にとって大事なものですね」と、ショコラさん。 飾られているのは、どれも味わいがあって素敵なモノばかり。 でも、単に「かわいい」「おしゃれ」という言葉だけで片づけられない、たくさんの思い出もギュギュッと詰まっています。 それこそがショコラさんにとって和める場所を作っているのでした。 老前整理を考える、60代だからこそのシンプルライフ すっきりとしたキッチン。 「きちんとした料理をすることは少ないです」というショコラさんですが、息子さんたちが来るときは好物を作るんだとか 「家具を買うときも『小さくて軽い』というのがキーワード。 自分で動かせないものは買わないようにしています。 今使っているベッドは無印良品のものでマットレスに脚がついているタイプのもの。 ヘッドボードがついていたりするとすごく重いんですが、これなら粗大ゴミに出すにしても玄関までなら、動かせます。 それから、洋服など小さいな買い物でも何か1つ買ったら、1つ捨てて、モノを増やさないようにしていますね」と、ショコラさん。 自分で管理できる範囲のものしか持たない。 それは年を重ねて体力が落ちてきたときでも、快適な一人暮らしをする上で大事なことかもしれません。 取材のときにいただいた珈琲とチョコレート。 チョコレートは誕生日プレゼントとして息子さんからもらったものなんだとか! ショコラさんとお話の中には、2人の息子さんのことがよく出てきます。 離婚した当時は高校生だった2人もすでに30歳を過ぎ、それぞれ別に暮らしていますが、みんな徒歩圏内に住んでいるそうで、「上の子は休みの日になると、よくここにご飯を食べに来るし、下の子とは一緒に出かけることも多いんですよ」とのこと。 「いいですね。 そんな年齢になってもお母さんに付き合ってくれるなんて」と言うと、「結婚していないからかな。 彼女ができたり、結婚したりしたら、そっぽ向かれるのかも。 でも、それはそれでいいと思っているんです。 息子の邪魔をするような親にはなりたくない。 自分は自分で精神的にも自立しているつもりです」。 「一人暮らしは楽しいですか」と伺うと、「楽しいです。 よく『一人暮らしは寂しい』って言う人がいるけれど、私は感じたことがありません。 たぶん私は結婚生活向いてなかったのかなって、ちょっと思ったりします。 子どもはすごく大事。 だから、理想を言えば、3人で暮らしたかったんです。 でも、いろいろな事情で私1人で出て行って。 それでも息子たちの近くに住むことができて、今もときどき遊びに来てくれて、そんなつながりがあるから寂しくないんですよね」と話してくださいました。 断捨離&節約をなどを綴る「60代一人暮らし 大切にしたいこと」 廊下の収納にかけた北欧風の布は、この取材に合わせて作ってくださったそう。 いい雰囲気です ショコラさんは「」というブログを運営しています。 仕事やお金、ご飯に部屋作り、そしてときに息子さんのことなど、毎日の暮らしがていねいな言葉で綴られています。 ブログを始めたのは1年程前のことで、それまでSNSも含め、インターネット上で何かを発信したことは一度もなかったとのこと。 「きっかけはお気に入りの冷蔵庫が壊れたこと。 買い替えるときにどこを探して、どんなものを買ったのかって記録を残したかったんです。 でも、同年代の友達にはブログなんてやってる人いなかったし、雑談の中にも出てこなくて、『ブログってどうやって始めるんだろう』ってところからスタートでしたね」。 ブログを始めたことで「何を買ったとか、何を処分したとか、そのときにどう思ったとか、記録が残せるのはいいですね」と、ショコラさん。 ただ、「友達と食事に行ったときにブログ用に写真を撮ったりするんですが、私の周りにはそういうことをする人は誰もいないから、うざいって思われてないかなと心配になることはあります」というのはその年代ならではの悩みかもしれませんね。 そんなショコラさんの日常を続けてご覧になりたい方は、ぜひブログに遊びに行ってみてくださいね。 【関連記事】.

次の

こんな生き方がしたい!60代一人暮らし、ショコラさんのブログ

60 代 ブログ ショコラ

「老前整理」として始めた片付けを綴ったブログが反響を呼んだショコラさん。 毎日の出来事を忘れないように書き留めておこうと思ったのがきっかけです。 老前整理で始めた断捨離のことや、安く上手に買いものができたとき、友人達や息子と出かけたとき。 平凡なパートおばちゃんの毎日ですが、それを見てくださる方がいることに、本当に驚いています。 昨年(2019年)、思いがけず本を出版しました。 1LDKの自宅で、パートの収入12万円でも、節約だけの味気ない毎日では寂しいので、お金をかけずに楽しむ工夫を書きました。 たくさんの方に読んでいただき、感激しています。 jp 『58歳から 日々を大切に小さく暮らす』ショコラ・著 すばる舎 ひとり暮らしを始めたのは42歳の夏。 24歳で結婚し、2人の息子に恵まれましたが、離婚することを決めて家を出ました。 そのときの生活費は15万円ほどのパートの稼ぎのみ。 6畳とキッチンだけの小さなアパートを見つけ、衣装ケース3つと椅子1脚、服と生活まわりの雑貨だけを持ち込んでのスタートでした。 当初は息子たちが未成年だったため、「別居」という形でのひとり暮らし。 パートが終われば「元家」で夕飯の支度をし、息子たちと夕飯を食べて翌日のお弁当の用意をして、自分の部屋に帰って寝るという生活。 そんな生活を4年ほど続け、息子たちが成人して正式に離婚をすると、「元家」に行くこともなくなります。 今度は息子たちが訪ねてきてくれるようになったのですがアパートは狭すぎて、ひとり暮らし5年目に引っ越すことにしたのです。 実は、ひとり暮らしを始めてからすぐ、新聞の求人広告で契約社員での働き先を探しました。 ご縁があって小さな化粧品メーカーで働けることになり、給料は大幅にアップ。 しかし、老後の生活費を貯めなければ、と給料の半分は貯金に回していました。 結果的に、パート時代と変わらない生活費で暮らし続けて今に至ります。 jp 寛ぐ時間に欠かせないソファは無印良品で2台目のお気に入り。 寝ころんでドラマを観るのは至福の時間 47歳、35年ローンでマンションを購入 あるとき、友人が「これなら買えるんじゃない?」と、今住んでいるマンションの新聞広告を持ってきてくれました。 当時、分譲マンションはファミリータイプが多かったなか、ここは1LDKのシングルサイズ。 正社員になって3年が過ぎ、ローンの審査も通り、少しばかりの貯金は頭金と諸経費に使い、83歳までの35年ローンを組んだのです。 買った直後は貯金も底をつき、「大きな買いものをしてしまった」「何歳まで働けるだろうか」と不安になったこともありました。 でも、息子たちの住む家からも近く、この家があれば、彼らに私の老後の心配をかけることもない。 もともとインテリアが好きで、新しいマンションでの暮らしに夢は広がりました。 その後は、頑張って繰り上げ返済の日々。 のちに少しばかりですがまとまったお金が入ったので、数年前にローンを完済することができました。 おそらく、この家が終の住処になるでしょう。 もし老人施設に入るようなことがあれば、この家を売って資金にすればいい、と気楽に構えています。 jp 息子の描いた絵をリビングに飾って 定年を前にパート勤めに戻って 化粧品メーカーで正社員として13年働いて、57歳のときに退職し、パート生活に戻りました。 「あと3年で定年だったのにどうして」と、よく言われます。 理由は3つあります。 まず、私は外回りの仕事が大好きでやりがいを感じていたのですが、管理職になり、慣れないマネジメント業務が大きなストレスになって体調を崩したこと。 そして、定年まで働き60歳になってシニア枠でパートを探すより、50代のうちに探したほうが見つけやすいのではと想像したこと。 これは確かに大正解でした。 3つめは、ローンが終わり、老後の貯金もできたため、ストレスを抱えながら無理するのをやめようと思ったこと。 今は週4回のパートで、ストレスなく働いています。 正社員の頃は、毎日遅くに帰宅して、終わらない仕事を家に持ち帰るような毎日。 その分、給料もよかったのですが、時間に縛られない今のほうがずっと豊かで幸せです。 やりくりと節約ライフの楽しみ ブログや著書では、生活費の詳細も公開しています。 長年、パートの収入12万円程度で暮らすようにしてきました。 ローンは完済しましたが修繕積立金と管理費が月3万円、光熱費や保険、通信費などの固定費が約3万円かかります。 残りの6万円のうち、食費が2万円、その他の現金支出が4万円。 これで12万です。 それに60歳からもらえる企業年金と老齢基礎年金が月に約5万円ありますが、この5万円は予備費に。 年間60万円になりますが、昨年使ったのは約40万円でした。 交際費や歯の治療費、トイレの修理費などに充てました。 残りは今年の予備費に繰り越しです。 大きなお金が必要になれば、ここから使います。 年に一度ぐらいは旅行にも行きたいですしね。 老後のお金については、今の生活を続ける想定で、ねんきん定期便をチェックして足りない分を計算したところ、月2万円プラスすれば暮らしていけそう。 とりあえず20年分と想定し、必要になる目安の金額を正社員時代に貯金してきたので、パートに変わってからは貯金はしないことにしました。 お金の目途が立っているのも、ストレスがない理由のひとつかもしれません。 月に2万円の食費と4万円のお小遣いでは、贅沢はできませんが、十分楽しく暮らせます。 図書館通いと、次男に教えてもらった銭湯は時々のお楽しみ。 友人と外食にも出かけます。 欲しいものは、ヤフオクやメルカリで、安く手に入れます。 この歳になると流行を追う必要もなく、誰かが着なくなったまだきれいな服を格安で買えるのはありがたい。 家具も安く手に入ります。 ご存じの通りヤフオクは、気に入った商品を専用のサイトで探し、「この金額なら買ってもいい」という金額で入札します。 最も高く入札した人が落札できるのですが、そのちょっとしたゲーム感覚も楽しい。 売る人はお金を得られて、落札した人は欲しいものを安く手に入れられる。 双方の利益になって、エコな買い方だと思います。 妹にやり方を教えてもらってから20年ほど続けています。 最初の頃は失敗もしましたが、買い方も上手になりました。 無駄なものにはお金を使わず、自分を満たすものには使う。 そのおかげで、豊かな気持ちで暮らしています。 jp いつでも行けるように銭湯セットを用意。 次男と自転車で行くのが楽しみ 2年かけて完成した理想のシンプルライフ 16年前にこの家を買ったとき、ダイニングセットやチェスト、棚などは新品で買い揃えました。 服やバッグも大好きなので、クローゼットはそのうちギュウギュウに。 ですが60歳になり、体力の衰えも感じ始めて、何かあったら息子たちに迷惑をかけてしまうと思い立ち、「老前整理」を始めたのです。 ちょうど、ミニマリストが登場し、話題になった頃でした。 まず着手したのは、大きな家具の処分。 自分で粗大ごみに出すのは大変でしたが、今のうちにやってよかったと思います。 そして、服やバッグ、お皿なども、お気に入りのものや使用頻度が高いもの以外は処分。 その結果、今、クローゼットに冬物のボトムは5枚、ニットは7枚、靴は年間8足だけに。 本当に好きなもの、必要なものは多くないとわかりました。 ひとり暮らしを始めて21年。 でも、寂しいと感じたことは一度もありません。 お気に入りの空間で、自由な時間を満喫できる。 今の暮らしに満足し、本当に幸せです。 jp 北欧ブランドの「アラビア」の食器に魅せられて買い揃えた.

次の

ショコラさんのブログは、人を傷つけず文章が柔らかいので癒される

60 代 ブログ ショコラ

こんな生き方がしたい、60代一人暮らし ショコラさんのブログ 60代で一人暮らしのショコラさんのブログは、こちらです。 来年、還暦を迎える私、そろそろ60代の暮らしも、老後の暮らしも、考えなくてはと思っていました。 息子が自立したら、一人暮らしになります。 60代の一人暮らしは、寂しいかもしれない ショコラさんのブログを拝見して、そんな思いが消え去りました。 どこどこのカフェがおすすめとか、ここのレストランは美味しいなどのブログ記事はよくみかけます。 シンプルライフや断捨離のブログもあふれていて、どれも同じに見えてしまいます。 貧乏なアラカン女性に、ぴったりなブログはないものかと思っていたのです。 私のこれからの目標は、小さく暮らすことなので、ショコラさんのブログはとても参考になります。 再びみつけることができて、とてもうれしいです。 昨日、ショコラさんのブログを拝見して、ショコラさんが本を出版されていたことを知りました。 現在、書店に行くとたくさん並んでいるようです。 この題名が58歳の私にぴったりではないですか? 神様が、この本を読みなさいと導いてくれたように感じました (ちょっと大げさですね) 8月に出版されたばかりですが、爆発的に売れているようです。 60代の一人暮らしは、小さく暮らしたい 私と同じような思いの方が、この本を手にしているのかもしれません。 ショコラさんのブログには、食事風景も出てくるのですが、コンビニ飯だったりレトルトだったり、食事にも手を抜く日があったりでとても好感が持てます。 そして記事の最後には、一日一捨のコーナーがあります。 一日一個捨てる、これなら私もできそうです。 価値観が同じですが、素敵な小さな暮らしを実践しているショコラさんを目標にしたいと思います。

次の