サイムダン あらすじ 相関 図。 韓国ドラマ 師任堂(サイムダン)、色の日記 あらすじ 全話一覧 ネタバレ

師任堂(サイムダン)

サイムダン あらすじ 相関 図

ヒストリーではなく、ハーストーリー Herstory。 ファクトとフィクションが調和された、作家の想像力が加えられた挑発的フュージョン時代劇 このドラマはワーキングママとして生きていく時間講師ソ・ジユンが、シン・サイムダンが残した記録だと推定される'壽進坊日記'と、謎の美人図を発見することから始まる。 朝鮮という不自由な時代に、あまりにも非凡な女性として生まれ、時代の限界を克服する為に絶え間なく努力をしながら与えられた人生に最善を尽くして熱く生き抜いたある女性が残した、切々とした備忘録。 そこには芸術家の花火のような人生も、切ない初恋も、賢明な母親と妻としての人生もあるだろう... どれか一つをこなすだけでも大変ですが、彼女は三つすべてを完璧にやり遂げているのです。 そんなジユンがある日、大きな挫折の壁にぶち当たります。 それは、世紀の大発見ともいわれる金剛山図のことを偽作だと言ったせいで、大学を追われたことです。 彼女にとってはもっともな発言でしたが、大学のジョンハク教授はジユンを迫害します。 一方、500年前の朝鮮王朝時代においても、彼女と同じように苦労する女性画家がいました。 それは後に紙幣の顔にもなる・・サイムダンです!彼女は素晴らしい絵の才能に恵まれていましたが、つつましく謙遜で、生活も質素を心がけていました。 その一方で、画家としての能力をいかんなく発揮し、明の勅使からも称えられるほどになります。 サイムダンにはウォンスという夫がいましたが、彼とは別に想いを寄せる男性がいました。 それは同じ画家として活躍するギョムですが、二人は決して結ばれることがないと知りながら、お互いをリスペクとし合うのでした...。 みどころとして挙げておきたいのは、一つのドラマで二つの時代を同時並行で体感できることです。 方や現代、方や朝鮮王朝時代と違う時代を同時に味わえるのは、ドラマ冥利につきるものがあります。 そして、どちらの時代でも主役の演者は同じという点も見どころといえるでしょう。

次の

韓国ドラマ【師任堂(サイムダン)色の日記】の相関図とキャスト情報

サイムダン あらすじ 相関 図

BSで放送予定のあらすじとネタバレ! 師任堂 サイムダン あらすじ 25~27話 放送予定 最終回まで師任堂 サイムダン 、色の日記をネタバレでお届けします! 最高視聴率16. 最高視聴率16. 申師任堂(シン・サイムダン)(1504年? 1551年)李氏朝鮮中期の女流書画家。 師任堂は幼いころから四書三経に親しみ、孝心と志が高く、文章・針工・刺繍にたけていた。 特に詩文と絵画に優れ、さまざまな漢詩作品が伝えられている。 また安堅の影響を受けた画風は精緻精妙であり、朝鮮一の女流画家と評されている。 韓国銀行は2009年6月23日発行の5万ウォン札の肖像に、申師任堂の肖像を用いる。 息子の栗谷の肖像画は5千ウォン札に用いられている。 主演のイ・ヨンエさんは朝鮮時代を生きるサイムダンと現代を生きるジユンを一人二役で演じます。 サイムダンの恋の相手役には韓国トップスターのソン・スンホンさんが抜擢され、二大トップスターの共演に放送前から大きな期待が高まった作品です。 他にも「お金の化身」のオ・ユナさんや韓国のお母さんとよばれるキム・ヘスクさんなど実力派がそろったキャスティングです。 キム・ヘスクさんはギョム(ソン・スンホン)と対立する役柄ですが、気品の裏に思惑を隠すミステリアスな人物像に注目。 家では戻らないメチャンを家族が心配するが、サイムダンは、ギョムの手紙から今日の出来事を知って。 メチャンは、女という理由でこれは、不公平だ!と悔しがるが、サイムダン今は、窮屈な時代だけど変わるのを待ちましょう!と慰めて。 父上の事で苦しんでる母に、幸せだったのかと尋ねるメチャンで…。 翌日、王様の顔を描く画員の募集をまた出したギョムは、やる気があれば・・と書き換えて。 王宮に出向いたサイムダンは、自分が画員に志願して…。 帰ってきたジュンは、闘う用意は出来た?とヘジョン達にメールし。 学長になったミンに論文盗用を仕組まれたジュンは、あなたと同じ空間にいた事を後悔してる!と睨んで…。 画員募集に密かに出したサイムダンの絵が採用されると、ギョムは、菅史は男性と決まってるから外部の絵師にしよう!と提案して。 皆が反対する中、世子は、ギョムに一任する!と告げて。 王命を持って来たギョムは、まだ困難が待ってるかもしれないから覚悟をして!と言って…。 その頃、サイムダンが自身の事を細かく書き、愛人に託した文書を読むウォンスは、泣けてきて。 とうとうラドと会える事になったジュンは、韓国人で驚くが、ラドが個人ではなく組織だと分かって。 彼は、本物は燃やされたと聞いてもあんな欲深いミンが本当に燃やすとは思えない!と言う。 王様は、恨みがあっても心身共に健全な王様の姿を描くと言うサイムダンへ出来なかったら責任を問われる!と脅すが….。 王様の顔を描き始めた彼女に温かいサルロンタンを持って来たウォンスであったが、ギョムと楽しそうにご飯を食べてるのを目撃して…。 女性を図画署の画員にした事の座り込みをした重臣達に世子は困ってしまう。 絵を描いてる横から、国に最も正してほしい事は?と聞いた王様に、サイムダンは、夢を抱ける国を作ってください!と言い。 兵船の図本を手に入れる為には、ギョムを始末するしかない!と倭寇に話すチヒョンで..。 街に足を運んだ王は、民衆がサイムダンの事を賞賛する声を沢山、聞こえてきて。 なぜか王の代わりをさせていた世子を追い出した王様は、しばらく謹慎してろ!と命じて…。 彼女と一緒に世の真影を描きなさい!とギョムに命じた王は、情を交わした二人が同じ絵を描くのはどんな気持だ!と聞いて。 そして、公房ではお前が王の様だな!と嫌味を言い…。 夜にまた資料室に来たフィウムダンは、二人で身を寄せて王様の真影を描いてると噂してるのを聞いて、覗いて。 サイムダンが初恋の人と筆を持ち、真剣に絵を描いてる所を見かけ妬み始めるフィウムダンで..。 とうとう絵が完成した絵を多くの民に見せると言う王様の前で、まだ座り込みを続ける重臣で。 呼ばれた儒学者達は、目を向いてる真影などあり得ない!と騒ぎ始めて。 しかし、多くの民は、素晴らしい!とお祭り騒ぎになって、儒学者の声を消してしまい…。 公房に帰ってきたサイムダンを皆が誇らしい!とたたえて歌と踊りでお祝いして。 息子が彼女の公房に入り浸ってると聞き出向いたフィウムダンは、楽しそうに笑うジギュンにショックを受ける。 怒る母にジギュンが食事に皆が集まらないにこれでも家族と言えるのか!と責めて…。 その頃、チヒョンを呼び出した王は、あの女とギョムの心臓を持って来い!と命じて…。 彼女のロープを切ったフィウムダンは、そのまま逃がして。 その頃、ギョムに斬られたチヒョンは、お前の命を奪えと命じたのが王様だと曝露してそのまま倒れて。 逃げるサイムダンに子供達が捕まる前に助けて!と頼んだフィウムダンは、遠くから子供達にお別れをするがいつ捕まるかわからない彼女は、公房の流民達に故郷に田畑を準備したと一人一人に権利書を渡して…。 王様に会いに行き、どうして命を狙ったのか?と聞くが、全ては、お前のせいだ!と刀を向けるが手で受け止めたギョムは、結局行方が分からなくなりお尋ね人になり、比翼堂は、王様の指示で入れなくなる。 女を家に連れ込んだウォンスに、子供達と泣いてしまったサイムダンに娘が家を出て下さい!と言って。 一方、偽物の金鋼山図の国定指定が確定になったと喜ぶホ会長で。 一緒に喜ぶミンに、未来に嘘の遺産を遺すことになることになる!と館長が責めるが…。 ミンの教え子のナムは、本物の絵を持ち出しジュン達の前に持って来て…。 ラドの一人に電話して真作の話をすると、絵を守るよりミンに罠を仕掛けては・・と指示して。 ミンは、何度も電話してくるがジュンは、無視して。 ラドは、真作について説明がなければ資料を公開する!とミンを脅して。 金鋼山に行ったサイムダンは、必死で絵を描くがそこにギョムがやって来て…..。

次の

師任堂(サイムダン) あらすじ 25話~27話 ネタバレ

サイムダン あらすじ 相関 図

「師任堂、色の日記」作品情報 「師任堂 サイムダン 、色の日記」は2017年~韓国のSBSにて放送されたテレビドラマです。 良妻賢母の象徴と呼ばれた女性の真の姿と隠された愛を描いた超大型時代劇。 キャスト 朝鮮王朝時代 役名 俳優 ドラマ内での役設定 シン・サイムダン 申師任堂) イ・ヨンエ 子役:パク・ヘス 朝鮮王朝時代の著名な画家。 イ・ギョム ソン・スンホン 子役:ヤン・セジョン 図画署 トファソ の長。 イ・ウォンス ユン・ダフン 申師任堂 サイムダン の夫。 フィウムダン チェ氏) オ・ユナ 申師任堂 サイムダン のライバル。 ミン・チヒョン チェ・チョロ フィウムダンの夫。 中宗 チュンジョン チェ・ジョンファン 李氏朝鮮の第11代国王。 現代 役名 俳優 ドラマ内での役設定 ソ・ジユン イ・ヨンエ 大学講師。 専門は韓国美術史。 ミン・ジョンハク チェ・ジョンファン 韓国大学教授。 ジユンの指導教授。 ハン・サンヒョン ヤン・セジョン ジユンの後輩。 漢文に精通している。 チョン・ミンソク イ・ヘヨン ジユンの夫。 ファンドマネージャー。 キム・ジョンヒ キム・ヘスク ジユンの姑。 化粧品を販売する。 コ・へジョン チュンミョン ジユンの親友。 そんな中、ジユンは教授就任をかけた重要な学会に出席するためイタリアに向かい、そこで偶然古い日記を手に入れる。 本に押された印を手掛かりにある古城を訪れると、そこには自分そっくりの女性が描かれた「美人図」があった。 美人図と日記を持ち帰る研究を進めるジユン。 日記には2人の芸術家サイムダンとイ・ギョムの切ない愛の記録が記されていた。 そして日記を読み進めるうちに、金剛山図の真作に関する秘密も記されていて…。

次の