マーベル 映画 新作。 【2020年版】アベンジャーズ作品はこの順番で観るべし!マーベル映画の公開年順、時系列とおすすめ作品

元祖マーベル映画『ブレイド』の新プロジェクトが進行中!奇跡の復活に至る紆余曲折とは

マーベル 映画 新作

マーベル新作「ブラック・ウィドウ」20年5月1日に日米同時公開! 新キャラ満載のポスター披露 2019年11月12日 12:00 東京コミコン2019で配布されるポスター C 2019 MARVEL [映画. com ニュース] 演じるマーベルキャラクターを主人公にした映画「BLACK WIDOW(原題)」が、「」の邦題で、2020年5月1日に日米同時公開されることが決定。 あわせて、11月22~24日に開催される「東京コミックコンベンション2019」(通称:東京コミコン2019)で配布される限定ポスターのビジュアルがお披露目された。 万能な戦闘スキルとタフな精神を身につけた世界最高のエージェントであり、過酷な訓練によって育てられたスパイにして超一流の暗殺者であることナターシャ・ロマノフ。 「」で映画作品に初登場し、「」「」「」「」「」「」など計7本の作品で活躍してきた。 初の単独映画となる本作では、の過去と秘密を描くもの。 まだ多くの情報は明らかにされていないが、マーベル・スタジオ社長のらは「背景となるのは『』の直後の時代」「舞台のひとつは、ナターシャの因縁の地であるブタペスト」「ナターシャの妹分とされているエレーナが新登場」というヒントを出している。 マーベル・スタジオ社長のケビン・ファイギ 限定ポスターは、8月に開催されたディズニーのファンイベント「D23 EXPO」で配布されたもの。 「東京コミコン2019」では、マーベルブースにて、6000枚限定で配られる。 赤を基調としたビジュアルの中央にたたずむのは、グレーのコスチュームに身を包んだ。 両手には棒状の武器を携え、赤いリップ、正面を見据えた視線が印象的だ。 その背後に写し出されているのは、メインの敵となると言われているタスクマスター。 「見たもの全てを瞬時にコピーできる」という原作コミックの能力を持つとすれば、肉弾戦を得意とするとの死闘が予想される。 ポスターの左右には、新キャラクター達の横顔を活写。 右側に描かれているマスクを被ったキャラクターの名前は、レッド・ガーディアン。 Netflixドラマ「」で注目を集めたが演じている。 「」は、「」「」の監督がメガホンをとる。 20年5月1日に日米同時公開。 (映画. com速報)•

次の

ソニー製作マーベル映画プロジェクト「SPUMC」の現在 女性ヒーロー誕生の“3つの噂”とは|Real Sound|リアルサウンド 映画部

マーベル 映画 新作

マーベルの新作映画『モービウス』が2020年に公開されることが決定。 発表とあわせて予告編が公開された。 同作の主人公は、『ノーベル賞』を受賞する天才的なドクターでありながら血液の難病を患うマイケル・モービウス。 多くの命を救いながらも自身の病を治す方法だけを見つけられず、やがてコウモリの血清を用いて自らの体を使った人体実験に手を染めていく、というキャラクターだ。 マーベル・コミックではスパイダーマンの宿敵として知られるマイケル・モービウスは、1971年に出版された『アメイジング・スパイダーマン』に初登場。 米コミックス倫理委員会はコミックにおけるヴァンパイアの登場を規制していたという。 マイケル・モービウス役を演じるのはジャレッド・レト。 そのほかの出演者にはマット・スミス、アドリア・アルホナ、ジャレッド・ハリス、マイケル・キートンが名を連ねる。 『ライフ』のダニエル・エスピノーサがメガホンを取った。 全米公開は7月31日。

次の

MCU新作『エターナルズ』も!マーベル、続々と撮影再開か:今週のマーベル

マーベル 映画 新作

米ウォルト・ディズニー・カンパニー/ ・スタジオは、2020~2022年の新作映画公開計画を発表した。 2020年以降、マーベル・シネマティック・ユニバースは「フェイズ4(仮)」に突入。 まずは3年間で8作品が登場する見込みだ。 2019年5月現在、マーベル・シネマティック・ユニバースは、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)に始まった「フェイズ3」の真っただなか。 来たる 『 』(2019年6月28日公開、ソニー・ピクチャーズ作品)をもって「フェイズ3」は終了し、おそらく「フェイズ4」と呼ばれるであろう新局面へと突入していく。 2020~2022年、MCU新作映画公開計画 今回の発表によれば、2020~2022年に発表される新作映画の米国公開日は以下の通り。 なお、 マーベル・スタジオは『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』後の新作ラインナップをいまだ正式に発表していない。 2020年5月1日• 2020年11月6日• 2021年2月12日• 2021年5月7日• 2021年11月5日• 2022年2月18日• 2022年5月6日• 2022年7月29日 現在の計画では、『ファー・フロム・ホーム』から「フェイズ4」第1作となる2020年5月公開作品までは10ヶ月の休止期間が設けられるようだ。 さらに6ヶ月の間隔を空けて「フェイズ4」第2作が公開されたのち、約3ヶ月に1本というハイペースが基本的には復活している。 「フェイズ4」の先駆けとして有力なのは、 スカーレット・ヨハンソン演じるナターシャ・ロマノフ/ の単独映画(タイトル未定)および 『 (邦題未定、原題:Eternals)』。 どちらもキャスト・スタッフが順次伝えられており、撮影開始も近いとみられている。 そのほか新作として報じられているのは、MCU初のアジア系ヒーロー単独映画 『 (邦題未定、原題:Shang-Chi)』をはじめ、 『 』『ブラックパンサー』続編、そしてジェームズ・ガン監督が復帰する 『 (邦題未定、原題:Guardians of the Galaxy Vol. 3)』。 正式発表こそなされていないが、すでに8本中6本が決定していることになる。 2022年ごろには『 』に次ぐクロスオーバー作品が登場しても不思議ではないが…? なお今回発表されたのはディズニー/マーベル・スタジオ作品の公開計画であり、ここにソニー・ピクチャーズ製作の『スパイダーマン』シリーズは含まれていないという。 ならば、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』に続くシリーズ第3作はどこに入るのか。 ソニーとマーベル・スタジオの業務提携は『ファー・フロム・ホーム』をもって終了するとだけに、その後、契約が継続されるかどうかも大きなポイントとなる。 なおマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、以前『アベンジャーズ/エンドゲーム』後のMCUについて 「5年間の計画がある」と。 このたび発表された2020~2022年の計画は、いわばその前半戦となるものだ。 その詳細は、おそらく2019年7月に開催されるサンディエゴ・コミコンにて明かされるだろう。

次の