バッタ大量発生。 バッタ大量発生で今後どうなる?/ニュースの教科書

海外でバッタが大量発生 国連WFPは「聖書レベルの危機」と警戒

バッタ大量発生

人類が宗教を持ってからの自然災害、疫病、戦争などは、ほとんどが人工的なものです。 最近起こったことで、分かりやすい事例を挙げましょう。 旧約聖書『出エジプト記』に、エジプト王ラムセスに対してユダヤの神ヤーべ(モーセが相談した)が行なった10個の大量殺戮のうちの5〜7番が以下です。 ・家畜の疫病(豚インフルなど) ・疫病(炎症)(新型コロナなど) ・火を降らす(オーストラリアの火事など) そして第8番目が ・サバクトビバッタ(イナゴ)の大発生です。 新型コロナウイルス騒ぎの後から、アフリカ東部(ケニア、ソマリア、エチオピア)でサバクトビバッタ(イナゴ)が大量発生しています(ケニアに到達したのは、1000億匹〜2000億匹とも言われる)。 このイナゴの大群が、今や中東を経由してインドまで到達しています。 1日に100万人分に相当する食料を食い尽くすと言われています。 FAO(食糧農業機関)は試算では、このままのペースで増殖すれば、6月までに群れのサイズは500倍になるとしています。 さて、基礎医学の『場の理論』講義で、このサバクトビバッタ(Desert locust, Schistocerca gregaria)の正体をお伝えしました。 干ばつ、飢餓などのストレスが与えられると、孤立した生息している普通のバッタ(grasshopper)が群生のイナゴ(locust)に変態するのです(J Insect Physiol, 59 11 , 1151-9 Nov 2013)。 この際に、セロトニンというストレスホルモンがその変態を起こすことをお伝えしてきました(Science, 323 5914 , 627-30 2009 Jan 30)(Sci Rep. 2017; 7: 6606)。 以前もお伝えしましたが、バクテリアを含め生命体は、高い密度で群生すると病原性が高まります。 バッタも同じく、ストレスがかかり群生するとセロトニンがアップし、イナゴに変態して獰猛になるのです。 今回のイナゴの大発生はどうでしょうか? 2019年10月にソマリア北部やエチオピアで洪水が発生し、12月にはサイクロンが直撃しています。 この時期は通常ならバッタの餌となる植物が枯れているころでしたが、大雨で植物は枯れずにストレスがかかるような環境ではなかったのです。 ?????? 今回はイナゴの大発生の原因となる主要な自然現象が認められません。 実際にアメリカ国防総省の国防高等研究計画局(DARPA)では、昆虫を遺伝子編集するプログラムが進行しています(The Insect Allies programme)。 , ,.

次の

バッタ大量発生、数千万人に食料危機の恐れ、東アフリカ

バッタ大量発生

バッタが生き残っていく本能みたいなものなのかな…。 2020年6月現在、 サバクトビバッタは インドにいます。 今年の頭、コロナのインパクトで忘れてしまってた中東でのバッタ大量発生のニュース。 数兆匹まで増えてそろそろ中国へ襲来するんじゃないかと思ったら 実際はヒマラヤ山脈を越えれないらしい 、中国では別のイナゴが大量発生して食物を食い荒らしてるらしい。 サバクトビバッタは東アフリカからサウジアラビアへ入り、そこからイエメン、オマーン、アラブ首長国連邦へ広がりました。 本来であれば、バッタが入国すると分かれば、軍を動員してバッタを駆除するそうですが、中東は紛争をしているので、軍をそちらにさけなかったそうです。 Sponsored Links サバクトビバッタは日本にくるの? サバクトビバッタは、群れになるとものすごい跳躍力を発揮すると言われています。 しかし、今回大量発生している サバクトビバッタは日本へはやって来ないのではないかと言われています。 その理由として、サバクトビバッタは寒さに弱く、パキスタンやインドと中国の間にそびえる ヒマラヤ山脈を越えるのが難しいと予想されているからです。 またヒマラヤ山脈は、世界一高いエベレスト山 8,850m をはじめ、7,000mを超える山が100以上もあり、群れになると身体能力が向上するサバクトビバッタでもなかなか難しそうです。 そもそも今回のサバクトビバッタの大量発生は、 大雨が降ったことが理由ではないかと言われています。 大雨が降って餌となる草がたくさん生えると、バッタが大量発生すると言われています。 現在、莫大に人口が増えているアフリカですが、常に食料危機と戦っています。 そのなかでサバクトビバッタ2000億匹が、人間の食物を食べていってるのが問題になっています。 ケニアは食料を食い荒らされ、人間の食物はほぼ全滅。 その場所に食料がなくなったら、バッタは次の国へ行きます。 通常であれば、他国が支援の手を差し伸べますが、現在各国はコロナの影響を受けそれどころではありません。 またバッタ駆除には、農薬を撒くのが一番手っ取り早いですが、農薬は土壌が死んでしまうため、食糧危機の地域では得策ではありません。 日本でも明治時代にバッタの大量発生が問題になったことがありました。 1879年 明治12年 に北海道の十勝平野でトノサマバッタが大量発生し、数年間続いて大きな被害が出ました。 その数年のあいだで、バッタの大群は札幌など石狩地方にまで至りました。 バッタの大群が空を覆い、作物を食い尽くす様子は日食のように太陽が陰り、住民はただ茫然とその惨状を見守るしかなかったそうです…。 想像するだけで恐ろしいですね。 このときバッタは、札幌付近止まりで本州へは入って来ませんでした。 その理由として諸説ありますが、 海を飛び越えられなかったんだろうと言われています。 しかし、今回のバッタは海を渡って来たこともあり警戒されていましたが、生態的にヒマラヤ山脈を越えられないだろうと言われているので、ひとまずは安心できそうですね。 中国側が懸念しているのは、コンテナなどに紛れ込んで侵入するのではと言われているそうです。 日本としても完全に安心できる状況ではないかもしれませんね。

次の

バッタ大量発生!現在地や原因は?日本へ来る可能性と影響は?

バッタ大量発生

泣きっ面に蜂という言葉があるが、それを現状に合わせて改変するなら「新型コロナにバッタ」だろう。 今年に入ってから、アフリカから中東、インドに生息しているサバクトビバッタの大量発生がたびたび報じられてきたが、7月に入っても、指数関数的に増えている。 7月3日、国連食糧農業機関(FAO)は、その影響の拡大を報告している。 大量の植物を餌とするからだ。 すでに食料として育ててきたものが食い荒らされた地域もあり、1日で3万5000人分の食料を食べるその群れは、1平方kmに最大8000万匹の群れを成す。 FAOは、このままバッタの影響が拡大し続けた場合、東アフリカ地域で2500万人が、イエメンでは1700万人が今年、飢餓状態になると警鐘を鳴らしている。 FAOはこのバッタが今後はほかの地域にも飛来し、被害を拡大させるとしている。 資源・食糧問題研究所代表の柴田明夫さんも、バッタの増殖には歯止めをかけられないとみており、中国へ到達する可能性もあると指摘する。 「このバッタはこれまで、ヒマラヤを越えたことがないとされています。 バッタは変温動物なので、寒いと体が固まって死んでしまうからです。 しかし、中国へ至るルートはほかにもありますし、飛ばなくても、貿易船の積み荷に紛れ込むことも考えられます。 実際に、南米のアルゼンチンやパラグアイには、そうやって運ばれたものと思われます」 中国までやってきたら、日本までの距離はほんのわずか。 農水大臣官房政策課食料安全保障室の担当者も、「バッタ問題はわれわれも注目しています。 海をまたいで日本に上陸することは簡単ではないと思いますが、飛来した場合を想定する必要があるので注視しています」と危機感を示している。 世界的に食料が不足するのはもとより、その品質の劣化も危ぶまれる。 「日本の輸入元国に影響が出た場合は、新型コロナと同じく、食品の質の維持が困難になるでしょう」とは、食品問題評論家の垣田達哉さん。 「日本は中国に玉ねぎの輸入の大部分を依存しています。 仮にバッタが玉ねぎを食べないにしても、玉ねぎ畑に大量のバッタが襲来しただけで、傷がつき商品にならないし、どんな病原菌が付いているか不明な段階の玉ねぎを輸入するのもためらわれる。 このような間接的な被害を考えると、大きな影響が出ると言わざるを得ません」(垣田さん) 柴田さんが危惧するのは、日本の食卓にも欠かせなくなった、小麦だ。 「アメリカの農務省は世界の農作物について、8年連続の豊作という見込みを示していますが、バッタの被害は考慮されていません。 実際には、このバッタにやられると穀物の収穫量は3割から5割減るとみられています。 中国が食料を自給できなくなり、それを輸入で補おうとすると、世界の食料のバランスが一気に崩れます。 中国に次ぐ小麦生産国で、小麦を1億トン以上生産しているインドでも、国内需要に応えるので精一杯でしょう。 すると、日本にとって輸入先として残るのは小麦生産量第3位のロシアくらいになりますが、ロシアは輸出規制の姿勢を崩さない。 小麦危機の可能性はあります」(前出・柴田さん) 新型コロナにバッタ。 慣れ親しんだ味、そして安全が保証される、そんな当たり前の日本の食卓が失われる日が確実に近づいている。

次の