マイクラ家簡単。 【マイクラPE】建築初心者必見! 少しの手間で快適な家を作るテクニックを紹介

モロ豆腐な家を簡単アレンジで脱豆腐にする方法【マイクラPE】#103 : ゴマダレ

マイクラ家簡単

【作ってみよう】豆腐建築で家の作り方の基本を覚えよう! 四角いだけの家を「 豆腐建築」なんて言ってバカにする人もいますが、みんな最初はそんなものです。 階段やハーフブロックを使って、斜めの屋根をきれいに作ることは、いつでもできます。 しかも豆腐には基本も詰まっていますので、ここではあえて豆腐建築の作り方を突っ込んで紹介してみます。 まずは示す手順のとおり真似しながら作ってみてください! 実践!基本の詰まった豆腐建築を画像で解説 まず、家の土台を作りましょう。 石や砂利でわかりやすくするのがポイント。 その上にマツの木材を敷いて床にします。 次に、4隅に柱を立てます。 ここも今回はマツの木材で。 壁を、白樺の木材で作っていきます。 窓をつける部分を開けておきます。 そして、屋根です。 オークのハーフブロックを平らに敷き詰めていきます。 最後に、「ガラス板」(ガラスブロックを使ってクラフト)を、窓につけ、ドア、松明も設置します。 さて、いかがでしょうか。 見事な豆腐ですが、初めて作る家とし ては、このくらいシンプルでもいいのではないでしょうか。 木材のブロックを3種類使ったことで、床、壁、天井のメリハリがついたのもポイントです。 関連記事: 単純な四角から徐々に壁をくり抜いて窓を作っていくという 最も簡単でやりやすい作り方です。 まずはベースを作り、その上に壁を積んでいくのは実際の家に関してはもちろん、マイクラで外見をよくする技としては絶対に取り入れていきたいところ。 また、最初はこれでもかって思うくらい 横幅や奥行き、高さは大きめに取った方がいいです。 僕は家を作り出してある程度形になってから「狭すぎる・・」と落胆することが多いので。 笑 慣れるまでは説明内のマス目の指示に従って作ってみることをおすすめします。 大体基準となる広さは覚えておいて、徐々に感覚で作れるようにしていきましょう。 最初はただの豆腐みたいな家でしたが、ガラスや石を少し加えるだけで見栄えがグンと良くなります。 特に窓は見た目に関しても、外の光を入れるためにもぜひ真似していってください。 動画のように車庫を作ったり、簡単にベランダを作ってみたりとワンポイントも取り入れると良いですね。

次の

【マイクラPE】建築初心者必見! 少しの手間で快適な家を作るテクニックを紹介

マイクラ家簡単

Minecraft — Pocket Edition(マイクラ)で、カンタンにキレイな家を作る方法を紹介します! マインクラフトPEで初めて家を建築するときに• 真四角の豆腐みたいなお家になっちゃう• 屋根ってどんな構造なんだろう?• どのアイテムを使えばキレイなお家になるんだろう? などの疑問・悩みがどんどん出てきてしまいますよね マイクラPEをやる初心者に 陥りがちな疑問をこの記事ではどんどん 解決していきます! 少しのテクニックで今の マイクラPEの家が見違えるようになりますよ。 四角い家に工夫して快適でキレイな家を作るテクニックをたくさんご紹介していますので最後までご覧になってくださいね。 マイクラPEの世界で快適な家を作ろう マイクラで家を作るとき、余っている【Cobblestone(丸石)】で四角い家を建てた経験は誰にでもあるかと思います。 四角い家でもモンスターから身を守れますし、アイテムも置けるのでゲームをプレイする上では問題ありません。 しかし、こういった作っただけの家では床は砂や土がむき出しで、昼も中が薄暗く、ダンジョンのような雰囲気なので気持ちは落ち着きません。 このような建物は、四角い豆腐のような形から【豆腐建築】と呼ばれます。 ゲームをプレイする上では支障ありませんが、やっぱり長く使う家は快適な方がいいですよね。 今回はその豆腐建築に少し工夫を加え、快適な家を作る方法を解説します。 1:最初はクラフトモードでなれよう サバイバルモードではブロックを集める時間がかかりますが、クラフトモードでは好きなブロックを無限に使用できます。 最初はクラフトモードで練習して家を作ることになれましょう。 また、ゲームを始めるときにSeed値に「flated」を入力すると、平坦な地形が生成されて建物が建築しやすくなります。 次に、囲いの中を別のブロックで埋めます。 そのブロックが床になります。 【Oak Plank(木材)】など、明るい色のブロックを使うと居心地の良い家になりますよ。 4隅に柱を立て、壁をつくる 土台を作ったら、四隅に濃い色のブロックで柱を立てましょう。 柱は高さ3ブロック以上にしましょう。 柱が低いと天井も低くなってしまい、圧迫感のある家になってしまいます。 柱を作ったら、柱の高さまでブロックで埋めて壁を作ります。 土台と柱のある家を比べる ここでただの豆腐建築と、土台・柱付きの豆腐建築を見比べてみましょう。 以前より、少しだけ家らしくなっていますね。 家の中に入ると違いがよくわかります。 土台のない家は、床が自然の地面なので生活空間に見えません。 床があると家の中に落ち着きが出ます。 床にブロックを敷き詰めただけなのに、居心地が全然違いますね。 3:窓を作ろう 次は【Glass Pane(ガラスパネル)】をはめ込んで窓を作りましょう。 窓を作ると太陽光が入ってくるので家が明るくなります! Glass Paneは【Glass(ガラス)】から作れます。 Glassは【Furnace(かまど)】で【Sand(砂)】を焼いて作ります。 Glass Paneは、下から2ブロック目の高さに配置しましょう。 2ブロック目の高さはプレイヤーの目線の高さなので、とても自然に見えます。 ガラスを複数枚使って巨大な窓を作りたい場合も、2ブロック目よりも上に作ると自然に見えます。 4:屋根を作ろう 床と壁は完成しました。 次はいよいよ屋根です!現実世界の一軒家には屋根があり、ほとんどの建物は軒が突き出ています。 屋根も建物の壁から1ブロック出っ張らせて軒を作ると、ぐっと現実の家に近づきます! 屋根は【Stair(階段)】ブロックを使って三角形に作りましょう。 また、屋根には壁と異なる色の素材を使うとメリハリが出ます。 屋根の継ぎ目が不自然に見える場合、Stairと同じ素材の【Slab(半分サイズのブロック)】で隙間をつなぐと落ち着いて見えます。 屋根ができると、家が長方形ではなくなります。 この家はもう豆腐建築ではなく、普通の家になったのです! 5:玄関を作ろう 屋根を作ったら、最後の一仕事。 家に玄関を作りましょう。 まず、ドアを2つ並べます。 すると、ドアが合体して両開きのドアになります。 次にドアの前に1ブロック分の足場を作り、階段で地面から上れるようにします。 現実の家でも、玄関前には段差がありますよね。 玄関には雨避けが必須です。 ドアの上に1ブロック以上出っ張った雨避けを作りましょう。 最後に玄関の床と雨避けを細い柱でつなぐと玄関ができます。 【Fence(木の柵)】を配置すると、細い柱に見えます。 これで、どこから見ても立派な一戸建てです! 外観が家らしくなっただけではありません。 窓ガラスから光が注ぐ明るい家は居心地がいいですよ! 同じ建築方法でも、壁や土台の素材を変更すると印象がガラリと変わります。 建物の建築に慣れてきたら次は内装にも手を出してみませんか?.

次の

【マイクラ】家の簡単な作り方(設計図)・かっこいい家/キレイな家/おしゃれな家

マイクラ家簡単

色のアクセントに注意 他の木を使用する時は、濃い色の方をダークオークの代用にしてください。 この家では、濃い色をアクセントとして使用しているためです。 作り方 1.土台作り 土台を作っていきます。 材料は、オークの木材とダークオークの原木です。 土台は、整地した土地の上に設置します。 家の床が、地面より1段高くなる形です。 この時点で、土台に原木を埋めて、柱を立てる部分を決めています。 2.柱を立てる 土台の原木を5ブロック伸ばします。 梁 ( はり )をつくるので、通常の家よりも1~2マス高めにしました。 3.ハリを作る 柱の一番上同士をつなげて、ハリを作ります。 今回は天井に立体感が欲しいので、家の中にも梁を繋げます。 4.ダークオークの木材を設置 壁を作ります。 1段だけ色を変えて2色にしましょう。 1段目はダークオークを並べます。 5.オークの木材を設置 のこり2段目以降は、オークの木材で壁を作ります。 6.窓枠を作る 窓枠を作り、玄関のドアを設置します。 全部で9か所穴を開けます。 正面 中央にはダークオークのドアを設置しましょう。 後でウッドデッキを作るので、玄関が1段高くなっています。 正面左 正面左のくぼんだ部分には、少し大きめの窓枠を作ります。 裏側 裏側には、3か所窓枠を作ります。 右の方は窓を作らず、そのままにしておきましょう。 右側 右側には2か所窓枠を作ります。 他の部分とは柱の位置が違うので、注意してください。 MEMO高さ2マスの窓をたくさん作ることで、光を多く取りこみ、部屋を明るくしています。 注意点 正面から見て 左側は、窓を作りません。 窓を作りすぎてしまうと、チェストや地図などを設置する壁がなくなってしまうからです。 窓を作る場所のおすすめ 私は、いつも東や西に窓を作り、日の出入りが見られるようにしています。 ベッドで眠りたい時に、夜になっているかをすぐ確認することができるからです。 7.屋根裏部屋の床づくり オークの木材で床を作ります。 ハリの上から敷き詰めていきましょう。 後で屋根を設置するので、 手前の2か所は床を作らないでおいて下さい。 それぞれ3マス分です。 8.左側の屋根 階段ブロックを使って、段になるように屋根を作っていきます。 各段の長さは、4・4・4・5・5・6・7です。 5段目(ハーフブロック)と6段目は同じ高さになるので注意しましょう。 階段ブロックを横に伸ばす時は、隣のブロック下半分をねらって設置しましょう。 こうすれば、少ない補助ブロックで、簡単に伸ばすことができます。 9.右側の屋根 右側を作ります。 段や長さなどの作り方は左側と同じで、7段、長さ4・4・4・5・5・6・7です。 頂点だけ、木材ブロックを設置します。 三角屋根っぽいですね。 途中、ハーフブロックの段があるのと、頂点が木材ブロックで作られていることに注意してください。 10.一番端の段を作る 建物の左側に、階段ブロックと木材ブロックで5段の段差を作ります。 2段目だけ木材ブロックになります。 こちらも、建物から1マス分はみ出させてください。 11.手前の屋根まで伸ばす 手前の屋根にぶつかるように、段を伸ばします。 下から7・9・9・11・12マスの長さになります。 ポイント:自分の向きに注意 階段ブロックは、90度向きが違うものが隣同士になると、曲がる性質があります。 自分の向いている方向に段差が来るので、今作っている屋根の方を向きながら設置していくのがポイントです。 12.奥右側の屋根を作る 右側も、一番端の段を作り、伸ばします。 先ほどと同じ作り方です。 こちらも2段目の木材ブロックに注意しましょう。 13.後ろの屋根を作る また先ほどの屋根と同じように段を5段作ります。 対になる形です。 14.反対側まで伸ばす 反対側まで伸ばして屋根は完成です。 長さは21ブロックになります。 屋根を上から見るとこのようになります。 上から屋根を見た図です。 このように滑らかにつながっていれば大丈夫です。 15.2階部分の壁と窓にフェンスを設置 2階部分の壁を作り、すべての窓にフェンスを設置します。 2階部分は、外の光があまり入らないので、フェンスで光を取りこみましょう。 2階の正面には、全面にフェンスを設置します。 フェンスをたくさん使用することで、壁を作るのと同時に装飾を施すことが出来ます。 家がシンプルすぎると思ったら、使えるワザです。 ガラスを入手しているのであれば、窓に板ガラスを設置してもよいでしょう。 16.ウッドデッキづくり オークの木材と、上付き階段ブロックを利用してウッドデッキを作っていきましょう。 わかりやすくするために、よりも1マス分削っています。 上付き階段の上にはダークオークのフェンスを設置します。 濃い色を使用すると、全体が引き締まります。 玄関前は3マス分フェンスを設置しないで空けておきましょう。 13.階段を設置したら基本形は完成 スムーズに入り口にたどり着けるように、入り口前に3マス階段ブロックを設置しましょう。 設置したら基本形は完成です! お疲れ様でした! isiai 零式さん こんにちは。 質問ありがとうございます。 2倍にして作っているというのは、高さではなく幅を2倍にして作っているという解釈でお答えします。 屋根は、家の大きさを2倍にしたからといって単純に2倍にすればいいということにはなりません。 1マス変われば、屋根の形は大きく変わってきます。 当然設計図通りには作れなくなってきます。 特にこの家は、後ろの屋根と正面の屋根の高さをハーフブロックやブロックで調整して合わせて作っているため、再度調整が必要になってきます。 現在できることは、 1.正面の屋根が出来上がっているなら、後ろの屋根を正面の屋根の高さに合わせて作る。 (ハーフブロックや、ブロックを追加して、高さ調整を行う。 ) 2.全く違う屋根を作る。 1の場合は、この記事が参考になるのではないかと思います。

次の