藤 くん。 藤原基央

藤原基央はカッコいいのか?藤くんがイケメンと言われる理由│BUMP OF CHICKENの書庫

藤 くん

Sponsored Link 『あくまで曲が主役なんだ』という哲学 (画像引用元:) 2010年5月号として発売された雑誌 『MUSICA』に掲載された 独占インタビューの中で、藤くんは以下のように語っていました。 名前も顔も隠れた状態で音楽だけが よそ様にお目見えする状況にできないかな?って、今だって思ったりする。 そんな時がいるか来ないか?って、ずっと待ってたりする (ムジカ 2010年5月号 株式会社FACT発刊 より) この記事を書いているのが2015年7月なので もう5年も前のインタビュー記事の一節になるのですが、 バンプはデビュー当初どころか、 結成当時から現在までこのスタンスを貫いています。 『演奏しているバンドが誰なのかは関係ない。 あくまで主役は曲なんだ』と。 藤くんをはじめメンバーたちの音楽観を的確にあらわす記事だなあって インタビューを読んでいた当時に強く感じさせられたのを覚えています。 バンプが演奏しているからこそ意味がある 話は変わって、バンプオブチキンを愛するミュージシャンの一人である、 Mr. Childrenの桜井和寿さん。 ミスチルといえば、バンプをも凌ぐ知名度やCDの売り上げ、ライブの動員数を誇る 日本が産み出したモンスターバンドですが そんな Mr. Childrenの桜井さんに「仲間に入れて欲しい」とテレビ番組で公言させてしまうとは バンプオブチキンってバンドも凄まじいですよね。 そんな桜井さんは、 『一般社団法人 ap bank』を立ち上げ、 2012年までは毎年、自身のバンド、bank bandを率いてフェスを開催していました。 (ミスチルもツアー中だし、今年は開催しなさそうかな・・・) bank bandといえば、 中島みゆきさんから RADWIMPSまで さまざまなアーティストのカヴァー曲を演奏することでお馴染みですが、 桜井さんが敬愛する バンプオブチキンの楽曲を演奏したことは一度もありません。 その理由について、桜井さんは下記のように語っています。 BUMP OF CHICKENに関しては、彼ら自身が演奏しないと意味を持たないし、 説得力がないと思ってるからなんですよ。 それを僕がBank Bandの演奏で歌っても「違うだろうな」ってことですよ。 そういうアーティストは他にもいるような気がするけど……。 (「沿志奏逢 3」Release Special Interview より) Sponsored Link 『バンプの曲はバンプが演奏しないと意味がない』 この桜井さんの主張は一見、先ほどの藤くんのインタビューの内容に対する 反論のように受け止めることができそうですが、 演奏するにあたって、主役であるべき曲をないがしろにしたくない という、曲に対する最大限の敬意を表しているという点で 両者ともに間違いなく共通している部分だと、筆者はそう感じます。 藤原基央が語る死生観 バンプの楽曲の中でも、最大の武器であるともいえる 映像的かつ立体的な歌詞の数々。 『終わりまであなたといたい それ以外たしかな思いが無い』と歌われるゼロをはじめ 彼らの楽曲には『生』と『死』に関わる沢山のフレーズが登場しますよね。 生きること。 そして死ぬことー そんな死生観について、藤くんは下記のように語っています。 『死』って言われると真っ先に『生』が思い浮かぶ。 逆に『生』って言われても真っ先に『死』が思い浮かぶ感じ。 (ムジカ 2010年5月号 株式会社FACT発刊 より) 藤くんにとって死ぬことと生きることは真逆の概念ではなくて、 その二つがセットになって初めて、一つの概念として成立する。 そういう風に捉えているのではないか?と思います。 だから、バンプオブチキンの歌詞っていうのはよく言われるように、 『いつか死んでしまう。 だから精一杯、今を生きるんだ』 というある種形骸化してしまった表現をとらずに 『死』という現象をあくまで『死』として見つめ それを残酷なくらいリアリティたっぷりに表現するといった手法を使えるんですね。 天才、藤原基央の紡ぐ世界観と音楽観。 その進化は今後も、とどまることを知らなさそうです。

次の

天才・BUMP藤くんのインタビューから見る音楽観。

藤 くん

昨日は2号の親子遠足でした。 今日、録画した昨日の分と今日の放送を見たんですがその内容が・・・あぁぁ・・・ 藤くん短い春だったね~(って実際春とはいえなかったのかもしれないんだけど) ていうか、杏ちゃん、酷すぎ!!あんた悪魔だよ~ だから、生半可な気持ちで藤くん頼ってんじゃねぇよと思ってたんですよ。 杏と藤くんがいざ一線を越えるかという時に杏が大悟のことが忘れられなくてガタガタ震えてしまって、それを敏感に察知した藤くんが手を出さないまま終わってしまうとかね・・・ って、ほとんどそのまんま!でした~(悲) 寸止めって男の人にとって一番辛いんだよ~(たぶん・・・) その気にさせといてほんと、酷いわぁ・・・ まあ、それはそれでひとまず我慢するとして、 その後の砂浜で捨てたはずの砂時計を拾って未練たらしくめそめそ泣いてんじゃねぇよ! ズタズタに引き裂かれた彼の心。 砂時計を持ったままうな垂れる彼の姿があまりにも切なかったです。 ところで、原作では杏と藤くんは一線を越えたらしいですね。 これを知ってさらに憤慨しております。 以前からドラマは原作と違う部分も多々あると話題になってましたが こんな大事なところを180度変えちゃいかんと思うんですよ。 思うに、原作ってきっと杏と大悟のストーリーではなくて杏と彼女を巡る男の子達(大悟と藤)のストーリーだと思うんです。 ですから、結果的には杏と大悟が結ばれます ネットでネタバレ知りました)が、杏と藤くんの関係も杏と大悟の関係と同等に大切な思い出として美しく描かれてると思うんです。 それがドラマではどうでしょう。 杏と大悟の関係を強調しすぎるあまりに、藤くんが完全に当て馬?、かませ犬?的な存在になってしまってます。 そりゃぁ・・・原作のファンは納得できないでしょうねぇ・・・ ましてや原作の藤くんファンには評判悪くてそっぽ向かれるわけです。 たぶん・・・ とにかく他の誰が何と言おうと私だけはドラマの藤くんを愛してますよ~っ ・・・・・ さて、ちょっと落ち着いて、今日の放送分。 泣いてしまいました。 藤くんと杏の最後の別れの部分、 杏をそっと抱きしめて「杏は幸せになるよ」と藤くんが優しく言うシーン。 あんなひどい仕打ちを受けたにも関わらず、こんな事ができてしまう・・・ ああ、どこまでも優しくなんて大きな男なのでしょうか。 そして最後、風船に杏と2ショットのプリクラを貼って空へ飛ばす・・・ 藤くんって意外とロマンチストだったんだぁ・・・(じーん) もうとにかく感動しました。 こんな人、身近にいたら絶対に惚れるよ~ 杏ちゃんは大悟との恋で盲目状態だから藤くんのよさが全然わかってないんだよね、残念! ととと、なんと!塁斗藤くん、今日でおしまいなんですよ。 うわ~ん(><)本当にもう明日から出てこないなんて悲しい~っ!! そうか、あれがラストショットだったのか・・・ 風船飛ばしたときの表情が最高によかったです。 (メガネなしの藤くんの中で一番いい顔だと思いました) 有終の美を飾りましたね。 塁斗くん、お疲れ様でした~.

次の

天才・BUMP藤くんのインタビューから見る音楽観。

藤 くん

昨日は2号の親子遠足でした。 今日、録画した昨日の分と今日の放送を見たんですがその内容が・・・あぁぁ・・・ 藤くん短い春だったね~(って実際春とはいえなかったのかもしれないんだけど) ていうか、杏ちゃん、酷すぎ!!あんた悪魔だよ~ だから、生半可な気持ちで藤くん頼ってんじゃねぇよと思ってたんですよ。 杏と藤くんがいざ一線を越えるかという時に杏が大悟のことが忘れられなくてガタガタ震えてしまって、それを敏感に察知した藤くんが手を出さないまま終わってしまうとかね・・・ って、ほとんどそのまんま!でした~(悲) 寸止めって男の人にとって一番辛いんだよ~(たぶん・・・) その気にさせといてほんと、酷いわぁ・・・ まあ、それはそれでひとまず我慢するとして、 その後の砂浜で捨てたはずの砂時計を拾って未練たらしくめそめそ泣いてんじゃねぇよ! ズタズタに引き裂かれた彼の心。 砂時計を持ったままうな垂れる彼の姿があまりにも切なかったです。 ところで、原作では杏と藤くんは一線を越えたらしいですね。 これを知ってさらに憤慨しております。 以前からドラマは原作と違う部分も多々あると話題になってましたが こんな大事なところを180度変えちゃいかんと思うんですよ。 思うに、原作ってきっと杏と大悟のストーリーではなくて杏と彼女を巡る男の子達(大悟と藤)のストーリーだと思うんです。 ですから、結果的には杏と大悟が結ばれます ネットでネタバレ知りました)が、杏と藤くんの関係も杏と大悟の関係と同等に大切な思い出として美しく描かれてると思うんです。 それがドラマではどうでしょう。 杏と大悟の関係を強調しすぎるあまりに、藤くんが完全に当て馬?、かませ犬?的な存在になってしまってます。 そりゃぁ・・・原作のファンは納得できないでしょうねぇ・・・ ましてや原作の藤くんファンには評判悪くてそっぽ向かれるわけです。 たぶん・・・ とにかく他の誰が何と言おうと私だけはドラマの藤くんを愛してますよ~っ ・・・・・ さて、ちょっと落ち着いて、今日の放送分。 泣いてしまいました。 藤くんと杏の最後の別れの部分、 杏をそっと抱きしめて「杏は幸せになるよ」と藤くんが優しく言うシーン。 あんなひどい仕打ちを受けたにも関わらず、こんな事ができてしまう・・・ ああ、どこまでも優しくなんて大きな男なのでしょうか。 そして最後、風船に杏と2ショットのプリクラを貼って空へ飛ばす・・・ 藤くんって意外とロマンチストだったんだぁ・・・(じーん) もうとにかく感動しました。 こんな人、身近にいたら絶対に惚れるよ~ 杏ちゃんは大悟との恋で盲目状態だから藤くんのよさが全然わかってないんだよね、残念! ととと、なんと!塁斗藤くん、今日でおしまいなんですよ。 うわ~ん(><)本当にもう明日から出てこないなんて悲しい~っ!! そうか、あれがラストショットだったのか・・・ 風船飛ばしたときの表情が最高によかったです。 (メガネなしの藤くんの中で一番いい顔だと思いました) 有終の美を飾りましたね。 塁斗くん、お疲れ様でした~.

次の