自分 の 思い通り に ならない と 怒る。 思い通りにならないと怒る

自分の思い通りにならないと怒る人の7つの特徴や心理とは?

自分 の 思い通り に ならない と 怒る

思い通りにならないとすぐ 怒鳴り散らす人が自分の周りにいたらどうしますか? 友人なら縁を切ることができますが、もし職場の上司だったら… 家庭がある人はそう簡単には退職できないし、すぐに異動できるとも限りません。 今日は感情のコントロールができずに怒鳴り散らす上司の対処法について解説したいと思います。 「いいから俺が言った通りにやれよ!」 D課長少しでも気に入らないことがあると声を荒げます。 「私はこう思います」などと言い返すものなら「うるさい!口答えをするな!」と恫喝。 D課長の声は職場に響き渡るので、一瞬で社内は静まり返ります。 「なんでそれくらいのことでムキになるんだろう」 「うるさくてこっちまでイライラしてくる」 「仕事に集中できない」 周りの人は迷惑に思っていますが、D課長に面と向かって言える者はいません。 D課長は、仕事上の会話でも楽しい会話のキャッチボールとは無縁の人で、念を押したり試すようなことを聞いたり探りを入れたりで、常に上から目線。 D課長が期待している回答を返さないと機嫌が悪くなります。 仕事に対する心構えが厳しいのとはまたわけが違います。 ミスをして叱責されるのなら話はわかりますが、理不尽なことやささいな出来事にも怒鳴り散らされるので、もう嫌になります。 先日、D課長直属の部下が退職しました。 「D課長には耐えきれなかったのだろう。 」 と職場の人たちはささやき合っています。 思い通りにならないとすぐ怒鳴り散らす人の特徴 ・自分が一番正しいと思っている。 ・負けず嫌い ・気が強い ・自己中心的 ・プライドが高い ・独占欲が強い 思い通りにならないとすぐ怒鳴り散らす上司の心理 思い通りにならないとすぐ怒鳴り散らす上司は、人にナメられたくないという心理があります。 だから事あるごとに大声を上げることで相手に恐怖心を与え自分のほうが立場が上だと印象付けようとしているのです。 また、プライドが高く仕事に対する強いこだわりを持っています。 そのため自分の思い通りにならないと「何で自分の指示通りに動かないんだ!」と不機嫌になり怒りを爆発させるのです。 アドバイスをしても自分のことを否定されたように感じて聞き入れることはありません。 上司が怒鳴り散らす相手は「自分が強い態度に出ても許容してくれる人」と無意識に認識しています。 自分がキレて相手を萎縮させることで思い通りに動かそうと思っている節があります。 だからいくら「大声を出されると迷惑です」と諭しても、変わる事はないでしょう。 思い通りにならないとすぐ怒鳴り散らす上司の対処法 怒鳴り散らす上司とは距離を取るのが一番ですが、同じ職場で働いている上司である以上そうはいきません。 結論を言うと根本的な解決策はありません。 怒鳴られないように失敗をしないように気を付けるしかありません。 どうしても譲れないことは、法律や社内の規則などを持ち出したり、上司の上司に掛け合ってもらうと効果的です。 すぐ謝る 怒られたらすぐに謝ること。 下手に言い訳をすると「言い訳をするな!」とますます激怒します。 こうなると余計に話が長引いてしまって自分自身が辛くなるばかりです。 我慢する 激高した上司に何を言っても無駄です。 「今だけ我慢すれば早く終わる」 「いつかは異動になったり退職したりしていなくなる」 と思って我慢しましょう。 聞き流す 激怒してもささいななことであれば「また始まったか」ぐらいの気持ちで「はいはい」と軽く聞き流すのがいいでしょう。 まともに聞いてしまうとこちらもかなりのストレスを負うことになります。 子供だと思う 感情のおもむくままに怒鳴り散らす上司は、すぐキレる半面、他人からどう思われようが気にしないので、翌日には何事もなかったようにケロッとしていることが多いものです。 まるで子どもがだだをこねてワガママを言っているようなものです。 そう思えば気が楽になります。 おだてる 日ごろは上司の自尊心をくすぐることで、相手を立てることを考えましょう。 「課長の判断は正しい。 尊敬しています。 」 「さすがです。 目の付けどころが違いますね。 」 と上司を持ち上げておけば、上司の機嫌も良くなります。 あまりにもひどい場合は会社の上層部に直訴 連日連夜、上司の叱責があまりにもきつく、もう我慢できない!と思った場合は、思い切って会社の上層部に直訴するのもありでしょう。 その際、怒鳴り声をICレコーダーに録音しておいたり、他の社員の証言を得るなど確かな証拠を揃えるといいでしょう。 うまくいけば上司の異動なり勧告なり対処できるかもしれません。 ただし、自分の立場が危うくなることもあるので、最終手段として考えたほうがいいでしょう。 思い通りにならないとすぐ怒鳴り散らす上司の弊害 大声で怒鳴られると職場に険悪なムードが漂うため仕事がやりづらくなります。 怒鳴られた相手は、うつ病になることが考えられますし、パワハラを受けたといって訴訟に発展することもあります。 部下が思い切って正論を言っても非を認めない上司がいる場合、職場全体に不満がたまりやる気をなくすことにも繋がっていきます。 そうなると退職者が続出したり、ネットに「あの会社はブラック企業だ」と悪評を書かれることにもなりかねません。 心当たりのある人は改めたほうがいいでしょう。

次の

思い通りにならないと怒る

自分 の 思い通り に ならない と 怒る

段取りの悪さにいらいらしている 大きな会社となるほどに、部署間の連絡はスムーズではなくなりますし、段取りも悪くなります。 そして仕事に段取りの良さを求める人は、ちょっとした無駄が生じることで仕事中にすぐ怒るようになります。 この場合には、まず言い訳をしないことが大切です。 このような理由で連絡がうまく取れない、あるいは無駄な時間が生じてしまうといった理由は必要ないというわけです。 むしろそのような理由は、無駄が発生することを肯定することにもつながります。 それを感じるために、なおさら怒ることになってしまいます。 そこでまず謝罪の言葉を述べると共に、これからどのように対処するのかを伝えることが必要です。 その上で今回の原因とこれからの解消方法も伝えることで、相手はある程度の安心感を得ることになります。 最も嫌うのは同じことを繰り返すことなので、その対応策を先回りして伝えれば、怒りは収まるというわけです。 仕事へのこだわり異常につよい 仕事中すぐに怒る人に多く見られるのは、自分なりの仕事への進め方などに強いこだわりを持っていることが挙げられます。 例えばチェックすべきことを飛ばしていたり、その必要がないと伝えることで怒りだすことになります。 それに対して、結果は変わらないのだからと意見すると怒りに火を注ぐことになります。 そのような場合には、相手は何故このような仕事の進め方をしなければならないのかを力説するようになります。 それをしっかりと聞いて、その必要性を認めることが必要です。 その上で、非効率的な部分があれば、どのように対処すれば良いのかを相談するという姿勢でアプローチすると良いでしょう。 このようなタイプの人は、自分以外が勝手に仕事の進め方を決めてしまうことを嫌います。 そこで、課題を挙げた上で解決策を求めるというスタンスを取れば、不満は生まれないというわけです。 自分の思う通りに仕事が進まないことにいら立っているので、自分でそのやり方を変える必要があるという形を取ることで納得することになります。 自分の責任になることを怖れている 仕事中すぐに怒る人で多いのは、何かとミスや問題が外部の原因によって自分の責任になることを怖れるタイプです。 いわゆる不可抗力という形でミスの責任を負うことを嫌うというわけです。 実際には部下が起こしたミスは上司の責任となるわけですが、そのような責任の取り方はしたくないと考えるわけです。 そのために、部下には自分は指示した通りに動いてもらわなければいけないと思いますし、言われた通りにできない人に対してはすぐに怒ることになります。 このような上司を持った部下は、どうすることもできません。 そこでその上の立場となる人間が直接指導をする必要があります。 部下を育てるためには、ある程度は上司として責任を負う必要があることを理解してもらうわけです。 プライベートでストレスを抱えている 仕事とは別にプライベートでストレスを抱えてえいる人も、何かと仕事中すぐ怒るケースが見られます。 これは怒られた方としては理不尽に感じるものですが、何かしらの対策を立てるとするならば適当にやり過ごす以外にはないでしょう。 普通なら仕事にプライベートは持ち込まないというのが基本ですが、自分でも自分の感情をコントロールできないほどのストレスを抱えている可能性があります。 無理に理解を締めそうと努力しても、自分自身がストレスを抱えることになります。 また怒る方も自分自身、理屈の通らないことで怒っていることが気づいているものです。 それに対してまともに対峙されると、引っ込みもつかなくなってしまいます。 適当にやり過ごしてもらう方が、怒る方としても後に尾を引かずに済みます。 何かのきっかけでそのことを、後で笑い話にすることもできます。 理不尽なことで怒られていると感じたならば、まともに受けずに流すことも必要です。 思うような成果が出ずにいらついている 同期や部下の社員が、意味もなく仕事中すぐに怒るような場合、努力しているにも関わらず成果が出ないことが原因であることもあります。 これは自分自身へのいら立ちを発散させているものですが、周囲としては迷惑な話です。 無視をするのも良いのですが、もし同期や上司の立場であれば、何とか解消しようとも思うものです。 まず仕事の成果は努力がすぐに結果につながらないこともあることを伝えると良いかもしれません。 方向さえ間違っていなければ、努力は必ず成果につながるものです。 今はその結果が出ないとしても、いずれは何かしらの形で成果に現れます。 それを伝えると良いかもしれません。 また、そのような話をすることで相手が置かれている立場に理解を示すことができます。 つまり、自分自身にも多少なりとも理解できる部分があることをアピールできるわけです。 あからさまにその気持ちは分かると言ったところで、納得はしないものです。 いろいろな面で余裕がない すぐに怒る人は、色んな意味で余裕がありません。 多くの仕事を抱えていたり、部下の育成が思うようにいかなかったり、その理由は様々です。 心理的な余裕がないので常に不満を抱えている状態となり、ちょっとしたきっかけですぐ怒るようになってしまうわけです。 そしてその不満の中には、自分はこんなに忙しいのに、と周りと自分を比較することも原因としてあります。 そこでそのような負担を少しでも軽減させようという意思表示をすると、それだけでも相手の心は軽くなります。 自分一人だけが抱え込んでいるという意識が和らぐわけです。 直接仕事を手分けすることができなくても、他の部分で負担を軽減できることを伝えることで、心理的に余裕が生れます。 その結果、不満の気持ちが和らぐことで怒るという感情が少なくなるわけです。 情緒不安定である 何かしらの理由で情緒不安定な人は、意味もなく怒ることがあります。 仕事中に些細なことで怒るような場合、怒られた方としてその理由が見当たらないのであれば、あまり気にしないことです。 原因は完全に相手にありますし、それを解消する手段は自分にはありません。 かといって無理に我慢をしても、こちらもストレスが溜まります。 そこで、同じように怒られている人がいれば情報共有することで気持ちは少し収まります。 決して文句を言うというわけではなく、しょうがないと諦める意味で確認しあう程度にしておくことが大切です。 周りが自分を怒らせていると思っている すぐ怒る人というのは周りが自分を怒らせているのだと勘違いしています。 同じ人が同じミスをしたとしても怒る人怒らない人がいるものです。 ということは怒るという行為は自分が勝手に怒りの感情を覚えそれを行動や言動にうつしているということになります。 自分が勝手に怒っているだけなのに相手が自分を怒らせていると勘違いしていることによって、すぐに怒るということにつながるのです。 普通なら自分が勝手に怒っているだけなのでそれを行動や言動に移すことは滅多にしないものです。 だからこそそうった相手に対しては、相手が怒っていないときで休憩室などにいるときに仲良くしている人との会話をうまくつかい遠まわしに伝えましょう。 例えば 「このあいだイラッとくることがあったんだけど、やっぱり怒るって自分が勝手に怒ってるだけで相手が自分を怒らせているものではないじゃない?だからぐっとこらえたよ」 というようにうまく遠まわしに伝えることが出来れば、そのことに気づきすぐ怒ることについて反省してくれる可能性があります。 スポンサーリンク 仕事の悩みの負担を小さくするためにできること• 給料が安くて悩んでいる• 会社の理不尽に疲れ果てている• 辞めたいのに辞められない…• 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない… などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか? 人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。 もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました! ウェブ制作会社 向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。 人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。 自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました そのときの条件が• あんまり残業したくない…• 体育会系の人が多いところはちょっと…• 休みはしっかり取りたい• 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい! でした。 これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。 一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。 事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。 そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。

次の

怒る人の心理と特徴とは?対処法のおすすめは質問攻撃だった

自分 の 思い通り に ならない と 怒る

些細な事でも、怒りの感情や高揚を自分では制御できず、大声を出したり、乱暴な言動を露わにする「キレる子供」が昨今増えてきています 子供がキレる原因とその心理状態、対応法について解説していきます。 最近、「すぐにキレる子供」「キレやすい子供」という表現をよく聞きますが、どういう状態のことでしょうか? それは、怒りや感情の高揚を自分では制御できず、乱暴な言動を露わにする衝動に駆られることを言います。 自分の気に入らないことがあったり、思い通りにいかないことがあると、大声を出したり、物を壊したり、暴れたり、時には暴力を振るったりするいわゆる「キレやすい子」が最近は増えてきているとの報告もあります(内閣府2015年度子ども若者白書より)。 <目次>• 「反抗期」は発達の一過程、「キレる」は感情のコントロール 気に入らにことがあると直ぐにキレたり、自分の思い通りにならないと些細なことでも激しく怒る子供に対し「反抗期」と思われることもありますが、第1次反抗期、いわゆるイヤイヤ期や、思春期の第2次反抗期と「キレる」ことは、違うものです。 「反抗期」は子どもの自我の芽生えであったり、アイデンティティの確立であったり、精神発達の一過程で、時期が過ぎれば治まってきます。 ですが、「キレる」ことは、ストレスや生活習慣などから生じ、感情のコントロールが上手く出来ない状態です。 もし子供がキレた場合、親はどのように対応すればよいのでしょうか? キレる子供の心理状態やその原因を詳しく説明し、改善する親の関わり方をお伝えしていきます。 感情や意志を抑圧されてきた子供はキレやすい 感情や意志を抑圧されてきた子供ほど、気に入らいことがあると激しく怒ったり、些細なことでもキレやすい 気に入らないことがあったり、自分の思い通りにならないと、些細なことでも攻撃的な言動を露わにする子供は、「何でも思い通りになるように、我慢を強いられずに育った子供」というイメージを持たれがちですが、実はそうではありません。 親に虐待を受けたり、家庭的に恵まれなかった子供は常に我慢を強いられ、思い通りにならない幼少期を送っています。 そのような子供たちはキレることが少ないかと言うと、反対に多いのが現実です。 それは何故なのでしょうか? キレる子供の心理とはどういう状態なのでしょうか? キレる子供の心理とは? 感情と言動のギャップが原因 子供がキレる原因は、さまざまな要因や背景が複雑に絡み合って起こるもので、ひとつに限定することはできません。 ですが特に大きな原因に「素直な感情と周囲に見せる言動のギャップ」があげられます。 そのギャップが大きければ大きいほど、心の抑圧も大きくなり、キレやすくなると言えるでしょう。 キレやすい子供は、乳幼児期に親に感情を否定された経験がある 乳幼児期に泣いたところ、親に怒鳴られたり受け入れてもらえなかった場合、赤ちゃんは生き延びるため、泣かないようにしようと、感情を抑えるようになる 赤ちゃんの頃、ママに抱っこしてもらえないことに寂しさを感じ、泣いて訴えたところ、すぐに親が駆け寄って笑顔で「寂しかったのね」と声をかけられ、抱っこされた経験をしてきた赤ちゃんは、寂しかったら泣く、という感情を素直に出せるようになってきます。 ですが、反対に泣くことによって、親が「うるさい!」と言って、怒りの感情を露わにし拒否された場合、赤ちゃんは寂しい時、泣くと親に受け入れらないと感じ、徐々に泣かないようになっていきます。 生活の全てを親に依存している赤ちゃんは、「寂しくても笑顔でいなければ、自分は生きていけない」という本能が働くのです。 そして生きていくために、真の感情を抑え、偽の感情や言動を表すようになっていくのです。 キレやすい子供は、自分の意思を抑圧された経験がある 最近の小学生は習い事の数が多く、毎日何かに通っているという子供もいるでしょう。 自分が意欲的に取り組みたい習い事であればよいのですが、気の進まないままに通い続ける子供もいると思います。 親に「辞めたい」とはっきり自分の意志を伝えたところ、親に叱咤され、激怒された、または親が悲しそうな顔をした、などの場合、子供は真の意志を抑え、気の進まない習い事を続けていることもあるでしょう。 そのため、本当の気持ちや意志は抑圧され、真意でない生活を送ることになっていきます。 抑圧された感情が爆発すると、子供はキレる そして、ずっと抑えていた感情や真意でない日常にストレスが蓄積され、ある時、耐えきれず、一気に爆発し、キレる子供になってしまうのです。 「すぐにキレる」「キレやすい」と言われる子供は、本当の感情や意志を出せなかった子供、自分の気持ちを抑え、親に従順に従っていた、従わざるを得なかった子供と言えるでしょう。 時にはスキンシップを取りながら、ゆっくり話を聴いてあげるのもよいでしょう キレる子供は、それまでに本当の自分の感情を出したところ、親に認められなかった、受け入れられなかった、拒否されたという記憶がファイルされています。 ですので、子供が素直な感情を出してきた時は、どのようなものでも、一旦は受け入れてあげてください。 時にはスキンシップを取りながら、ゆっくり話を聴いてあげるのもよいでしょう。 返答は、子供の心理状態によって、さまざまだと思います。 その時の思いや感情を落ち着いて話せる子もいれば、そうでない子もいるでしょう。 どのような言葉を発しても否定せず、「そう、悔しかったのね」「辛かったんだね」「それは、腹立つわね」という感じに子どもの言葉をオウム返ししながら、「今だったら、その時の自分になんて言葉をかける?」と尋ねてみましょう。 「そんなに腹を立てなくてもよかったのに」「落ち着いて言葉で説明すれば分かってもらえたかもしれない」などの言葉を引き出せるかもしれません。 これを繰り返すうちに、徐々にキレている自分を客観的に見る力が養われ、少しずつ、真の感情と表面に現れる感情や言動のギャップが小さくなり、キレる状態が改善されることが多いでしょう。 その他、カルシウムの吸収を助けるビタミンDなども含め、バランスよく栄養素が摂取できる食事を心がけましょう。 また生活が不規則になると、子供の精神状態が不安定になったりし、キレる原因になります。 睡眠時間や適度な運動も含め、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。 キレる子供自身も辛い事を理解し、焦らず対応する 一概に「キレる子供」と言っても、その原因や表れ方はさまざまですが、幼い頃から蓄積された心の抑圧で、子供自身もセルフコントロールできず、辛いのです。 自分自身を制御できない苦しみや、周囲から益々受け入れられなくなる不安を抱きながら、葛藤している子供の心を理解してあげましょう。 少しずつ素直な感情が出せるように、縛られているモノから解き放たれるには、親や周囲の大人たちの努力と時間が必要です。 子供がキレる原因とその心理状態、対処法について解説しました。 親はゆっくり焦らずに、安心して本当の自分を表現できる環境を整え、子供の心を受け入れてあげましょう。 【関連記事】•

次の