ラグラージ 弱点。 【USUM】ラグラージの出現場所と種族値&覚える技【ポケモンウルトラサンムーン】

【USUM】ラグラージの出現場所と種族値&覚える技【ポケモンウルトラサンムーン】

ラグラージ 弱点

ラグラージ ぬまうおポケモン ぜんこくNo. 260 ホウエンNo. 009 高さ 1. 5m 重さ• 9kg• けたぐり威力80 タイプ• タイプ相性による弱点• 25 進化の流れ• 16で『ミズゴロウ』から進化• 36で『ヌマクロー』から進化 共通の入手方法• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 ORAS• なし 主な入手方法 ORAS• なし 生息地 XY• なし 主な入手方法 XY• 5倍になる。 全てのポケモンは技『じばく』『だいばくはつ』が失敗し、また特性『ゆうばく』が無効になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 基本 ノーマル 物理 50 100 35 通常攻撃。 基本 ノーマル 変化 - 100 40 相手全体が対象。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 基本 みず 特殊 40 100 25 通常攻撃。 4 みず 特殊 40 100 25 通常攻撃。 12 ノーマル 変化 - - 40 使用後、相手の回避率に関係なく攻撃が当たる。 相手が『ゴースト』タイプの時、『ノーマル』『かくとう』タイプの技が当たるようになる。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 28 いわ 物理 75 90 10 相手全体が対象。 連続で使うと失敗しやすくなる。 39 みず 特殊 90 85 10 相手全体が対象。 51 じめん 物理 100 100 10 自分以外全員が対象。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 56 ノーマル 物理 - 100 5 相手の残りHPから自分の残りHPを引いた分のダメージを与える。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 63 かくとう 物理 100 90 10 攻撃後、自分の『すばやさ』ランクが1段階下がる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 基本 ノーマル 物理 50 100 35 通常攻撃。 基本 ノーマル 変化 - 100 40 相手全体が対象。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 基本 みず 特殊 40 100 25 通常攻撃。 10 みず 特殊 40 100 25 通常攻撃。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 20 ノーマル 変化 - - 40 使用後、相手の回避率に関係なく攻撃が当たる。 相手が『ゴースト』タイプの時、『ノーマル』『かくとう』タイプの技が当たるようになる。 39 みず 特殊 90 85 10 相手全体が対象。 連続で使うと失敗しやすくなる。 52 じめん 物理 100 100 10 自分以外全員が対象。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 61 ノーマル 物理 - 100 5 相手の残りHPから自分の残りHPを引いた分のダメージを与える。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 69 かくとう 物理 100 90 10 攻撃後、自分の『すばやさ』ランクが1段階下がる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 5 ノーマル 変化 - - 20 必ず後攻になる 優先度:-6。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 6 どく 変化 - 90 10 相手を『もうどく』状態にする。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 7 こおり 変化 - - 10 5ターンの間、天気を『あられ』にする。 10 ノーマル 特殊 60 100 15 自分の個体値によって『タイプ』が変わる。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 14 こおり 特殊 110 70 5 相手全体が対象。 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 15 ノーマル 特殊 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 連続で使うと失敗しやすくなる。 18 みず 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『あめ』にする。 21 ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついていないほど威力が高くなる。 最大102。 26 じめん 物理 100 100 10 自分以外全員が対象。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 27 ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついているほど威力が高くなる。 最大102。 28 じめん 物理 80 100 10 1ターン目に地中に潜り、2ターン目に攻撃する。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 31 かくとう 物理 75 100 15 相手の技『リフレクター』の効果を受けず、相手の技『リフレクター』『ひかりのかべ』を壊す。 32 ノーマル 変化 - - 15 自分の回避率を1段階上げる。 34 どく 特殊 95 100 10 自分以外全員が対象。 42 ノーマル 物理 70 100 20 自分が『どく』『まひ』『やけど』状態の時、威力が2倍になる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 44 エスパー 変化 - - 10 HPと状態異常をすべて回復した後、2ターンの間『ねむり』状態になる。 45 ノーマル 変化 - 100 15 相手が自分とは異なる性別の場合、相手を『メロメロ』状態にする。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 48 ノーマル 特殊 60 100 15 同じターンに他のポケモンも『りんしょう』を使おうとすると、『すばやさ』に関係なく最初に使用したポケモンに続いて使用でき、最初以外の『りんしょう』は威力が2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル・トリプルバトル用 技. 49 ノーマル 特殊 40 100 15 毎ターン、誰かが技『エコーボイス』を使う度に威力が高くなっていく。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 また、相手の『こおり』状態を治す。 56 あく 物理 - 100 10 自分の持っている道具によって効果が変化する。 投げつけた道具はなくなる。 68 ノーマル 物理 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 78 じめん 物理 60 100 20 自分以外全員が対象。 80 いわ 物理 75 90 10 相手全体が対象。 87 ノーマル 変化 - 90 15 相手を1〜4ターンの間『こんらん』状態にするが、相手の『こうげき』ランクを2段階上げてしまう。 88 ノーマル 変化 - - 10 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 地形が草むらと水たまりの時は『ねむり』状態、沼の時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 100 ノーマル 変化 - - 20 相手の『とくこう』ランクを1段階下げる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 3 みず 特殊 90 100 15 自分以外全員が対象。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 4 ノーマル 物理 80 100 15 通常攻撃。 7 ORAS みず 物理 80 100 10 1ターン目に水中へ潜り、2ターン目に攻撃する。 水中にいる間は『なみのり』『うずしお』以外の技を受けない。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 遺伝 かくとう 物理 - 100 20 相手の物理攻撃のダメージの2倍をその相手に与える。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 遺伝 エスパー 変化 - - 20 自分の『ぼうぎょ』ランクを2段階上げる。 遺伝 ゴースト 変化 - - 10 自分のタイプが『ゴースト』タイプの時は自分のHPを最大HPの半分だけ減らして、相手を『のろい』状態にする。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 遺伝 エスパー 特殊 - 100 20 相手の特殊攻撃のダメージの2倍をその相手に与える。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『あく』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 遺伝 ノーマル 特殊 90 100 10 3ターン連続で攻撃し、その間はすべてのポケモンが『ねむり』状態にならない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 遺伝 ノーマル 変化 - - 10 次のターン終了時に相手を2〜4ターン 実質1〜3ターン の間『ねむり』状態にする。 ただし、そのポケモンが交代されると効果は消える。 遺伝 ノーマル 変化 - - 20 『どく』『まひ』『やけど』状態が治る。 遺伝 こおり 物理 30 90 20 外れるまで5ターン連続で攻撃し、攻撃が当たる度にダメージが倍増する。 事前に技『まるくなる』を使っているとダメージが2倍になる。 遺伝 こおり 物理 60 100 10 そのターンに相手の技のダメージを受けると威力が2倍になる。 必ず後攻になる 優先度:-4。 ただし、変化技は防げない。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 ORAS かくとう 物理 - 100 20 相手の『おもさ』が重いほど威力が高くなる。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ORAS ノーマル 特殊 50 100 15 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ORAS こおり 特殊 55 95 15 相手全体が対象。 ORAS ドラゴン 物理 120 100 10 2〜3ターン連続で攻撃し、その後自分は1〜4ターンの間『こんらん』状態になる。 ORAS ノーマル 特殊 90 100 10 3ターン連続で攻撃し、その間はすべてのポケモンが『ねむり』状態にならない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ORAS かくとう 物理 150 100 20 必ず後攻になり 優先度:-3 、攻撃するまでに技を受けると失敗してしまう。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 ORAS かくとう 物理 120 100 5 攻撃後、自分の『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ下がる。 ORAS ノーマル 物理 - 100 5 相手の残りHPから自分の残りHPを引いた分のダメージを与える。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 ORAS みず 物理 90 90 10 通常攻撃。 教え技 みず 特殊 80 100 10 ダブルバトル・トリプルバトルで、技『ほのおのちかい』と組み合わせて使用すると4ターンの間技の追加効果が出やすくなり、技『くさのちかい』と組み合わせて使用すると4ターンの間相手の『すばやさ』が下がる。 また、威力が150になる。 第7世代でのタマゴ技と過去作だけで覚える技の両立はできないことを考慮して記載しています。 :教え技 HS• :教え技 GBA• :教え技 GBA• :教え技 Em• :教え技 GBA• :教え技 GBA• :教え技 GBA• :教え技 Em.

次の

ポケモンGO:No.260 ラグラージ入手方法・色違いと対策 (大人のポケモン再入門ガイド)

ラグラージ 弱点

ポケモン 技 解放技 ディアルガを先頭に配置したパーティ 弱点の少ないディアルガを戦闘に配置したパーティ。 ディアルガはじめん・かくとう技が弱点となっている。 メルメタルのばかぢからやカイリキーのばくれつパンチ・ラグラージのじしんなどに注意しよう。 交代するポケモン 相手が自分のディアルガをみて、ポケモンを交代してきた場合、自分もポケモンを交代することで有利な盤面になる場合がある。 メルメタルを出してきた場合はラグラージ、カイリキーの場合はギラティナなど相手のポケモンを見極めて瞬時に交換しよう。 ディアルガに相棒のCPブーストをつける 相手の手持ちがわからないため一体目にディアルガ同士の対戦になる場合がある。 最高の相棒まで相棒レベルをあげることで、CPブーストのかかっている方が ゲージ技の先出しや与えられるダメージが増加するため有利になる。 ディアルガを軸にしたパーティ4 ポケモン 技 解放技 ディアルガを先頭に配置したパーティ ディアルガは勝てるポケモンが多く、マスターリーグトップクラスのポケモン。 相手もディアルガだった場合、画面上のCPを確認してどちらが高いか確認して勝てるか判断しよう!最高の相棒にするとさらに活躍! カイオーガは相手シールドを使わせる カイオーガはなみのりを覚え、高火力でこまめにゲージ技を打てる。 また、ふぶきの威力も高くなみのりと使い分けて相手のシールドを使わせることができる。 カビゴンはギラティナ対策 ギラティナ対策としてカビゴンが活躍。 ディアルガ、メルメタルと並んでマスターリーグ環境で多いギラティナに一方的に勝てるポケモン。 ディアルガ、メルメタルにもじしんで効果抜群を与えることができるため戦える範囲が広い。 メルメタルを軸にしたパーティ ポケモン 技 解放技 ギラティナを先頭に配置したパーティ 攻撃力、HP共に比較的高いギラティナ オリジン を先頭にしたパーティ。 初手からあやしいかぜを使用して、能力が上昇すればそのまま勝つこともできるポケモンだ。 ギラティナの弱点を補えるポケモンを採用 ギラティナの弱点をついてくるバンギラスや、トゲキッスといったポケモンに対して強いポケモンを採用。 初手で不利な対面にならずに相手が交代してきた場合は状況に応じてポケモンを交代しよう。 控えのギラティナに注意 相手の控えにギラティナがいる場合、自分のギラティナのHPが減っているとシールドの残りによっては対処が難しい。 相手の交代に合わせて自分も交代するなど、自分のギラティナのHPを残す戦い方をしよう。 ギラティナを軸にしたパーティ2.

次の

【ポケモンGO】ラグラージのハイパーリーグおすすめ技と対策ポケモン:高威力&高回転攻撃が魅力!|ポケらく

ラグラージ 弱点

チルタリス,デオキシス ディフェンス ,マリルリ チルタリス デオキシス ディフェンス マリルリ ドラゴン ひこう エスパー みず フェアリー SCP:1697 SCP:1706 SCP:1775 総評 等倍の打ち合いに強く幅広く対応できる チルタリスを中心に組んだパーティ。 二体目にはチルタリスが弱い 岩・鋼・氷タイプに強く技範囲が優秀な デオキシスを採用した。 ただしこの二体では相手の ブラッキー・ヤミラミへのケアが甘いため単体性能の高い マリルリを三体目に採用した。 オプション 相手の フェアリータイプを対策したい場合はチルタリスを エアームドにする選択肢もある。 マリルリの技構成には相手の鋼・悪タイプとマリルリのミラー対面を意識してじゃれつくとハイドロポンプを選んでいるが、マリルリの ゲージ技の中で一番早く発動できて草タイプへの有効打となる れいとうビームを採用する選択肢もある。 トロピウス,レジスチル,マッギョ トロピウス レジスチル マッギョ くさ ひこう はがね じめん でんき SCP:1719 SCP:1788 SCP:1715 総評 相性補完が良くそれぞれの単体性能に優れている トロピウスと レジスチルを軸にしたパーティ。 トロピウスが弱い岩・飛行タイプにレジスチルが強く、レジスチルが弱い地面・格闘タイプにトロピウスが強いためこの二体は相性が良い。 しかしこの二体では相手の レジスチルへのケアが甘いため三体目には トロピウスと相性の良い マッギョを採用した。 オプション マッギョの通常技は ミラーやレジスチルにより強くしたい場合はでんきショックを マッドショットにする選択肢もある。 また レジスチルへの対策としてマッギョを採用しているが、相手の マッギョやガラガラ アローラ を対策したい場合は ナマズンにする選択肢もある。 チルタリス,ラグラージ,レジスチル チルタリス ラグラージ レジスチル ドラゴン ひこう みず じめん はがね SCP:1697 SCP:1508 SCP:1788 総評 通常技が優秀で等倍でのダメージレースに強い チルタリスを中心に組んだパーティ。 二体目に チルタリスと相性補完が良い ラグラージを採用(チルタリスが弱い岩・鋼タイプにラグラージが強く、ラグラージが弱い草タイプにチルタリスが強い)。 ただしこの二体だと フェアリータイプやブラッキーへのケアが甘いので レジスチルで補っている。 さらに、レジスチルが弱い炎・格闘・地面タイプに対してチルタリスは耐性があるのでこの二体の相性補完は良い。 オプション 相手の ニョロボン・チャーレムを対策したい場合はラグラージを マリルリにする選択肢もある。 その場合は相手の鋼タイプへの打点として技構成にハイドロポンプを入れておきたい。 チルタリス,ナマズン,スリーパー チルタリス ナマズン スリーパー ドラゴン ひこう みず じめん エスパー SCP:1697 SCP:1642 SCP:1695 総評 等倍でのダメージレースに強い チルタリスを中心に組んだパーティ。 二体目には チルタリスと相性補完の良い ナマズンを採用(チルタリスの技が通らない鋼タイプや弱点をついてくる岩タイプにナマズンが強く、ナマズンが弱い草タイプにチルタリスが強い)。 ただしその二体だと相手の マリルリ・チルタリスへのケアが甘いため技範囲の広い スリーパーを三体目に採用した。 オプション 相手のエアームドを意識する場合はナマズンをラグラージにする選択肢もある。 マリルリ,エアームド,ナマズン マリルリ エアームド ナマズン みず フェアリー はがね ひこう みず じめん SCP:1775 SCP:1667 SCP:1642 総評 弱点が少なく相性補完が良い エアームドと ナマズンを軸にしたパーティ(ナマズンが弱い草タイプにエアームドが強く、エアームドが弱い電気・炎タイプやレジスチル・ダイノーズにナマズンが強い)。 ただしこの二体だと ブラッキーやチルタリスとのタイマン力で隙を見せるため三体目に マリルリを採用した。 オプション 相手の マリルリ・エアームドとのミラーを意識する場合はその並びにより強くするためにナマズンを ラグラージにする選択肢もある。

次の