はちま。 はちま起稿 月間1億2000万回読まれるまとめブロガーの素顔とノウハウ

はちまる

はちま

月間1億2000万PVブロガーの正体とノウハウとは!? 「ステマ」「ねつ造」「無断転載」の温床と叩かれつつも、ネットユーザーから絶大な支持を受ける、ゲーム系エンターテイメントまとめブログ「はちま起稿」が初の書籍化。 さらに、個人情報流出やステマ騒動、2ちゃんねる転載禁止といった数々のトラブルの舞台裏と真相について、はじめて明かします。 2014年3月に2ちゃんねる主要板が転載禁止になったことで、今後の動向がますます注目されているまとめブログ。 その実像を知るために絶好の一冊です。 はじめに 第1章 はちま起稿と清水鉄平 第2章 元管理人が教えるすぐに役立つブログ運営のノウハウ 第3章 元管理人って何者ですか? しかし、前述のとおり、ブログや僕の評判は今もってよろしくない。 これまで好き勝手に記事を書いてきたし、スキャンダルが多いブログだったので憎まれるのもわかります。 一度貼られたレッテルを拭うことの難しさはわかっているつもりだし、 言われっぱなしが嫌だというわけでもありません。 それでも、個人的に面白いと思って記事にしたゲームやメーカーが「ステマ」と揶揄されたり、 会ったこともない人物や企業と裏でつながって、記事の内容を操作しているというありもしない噂が流れるのは、 今後の活動にマイナスに作用するに違いない。 たとえ理解や支持を得られなくても、一度はちま起稿をオープンにする必要があるのでは……と、 いつからか考えるようになりました。 今回「自身の経験やノウハウを1冊の書籍にしてみませんか? 」というお話を頂いて、 「23歳の男が書いた本なんて誰が読むんだよ」と思いつつも、 はちま起稿をオープンにする絶好の機会だと思い、本書を執筆することにしました。 この本によってより多くの人にはちま起稿を知ってもらいたい。 手に取ってくれた人の役に立ちたいと思い、自分のことだけではなく、 ブログ運営のノウハウについても紹介しています。 そしてなにより、読者のために1つ約束します。 「載せられない話は書かない。 その代わり書いたことはすべて事実」 きっと本書を材料にインターネットには事実と妄想が入り混じった、 はちま起稿の噂がますます増えていくと思いますし、 読者にとってはそれが事実かなんてどうでもいいことなのかもしれません。 ただ、得体の知れない「はちま起稿を立ち上げた清水鉄平」と、 まとめブログという存在が少しでも身近なものになるといいかな、と考えています。 「はじめに」より 内容(「BOOK」データベースより).

次の

鶴岡八幡宮

はちま

2015. 13 OA 開催地決定に湧く地元 2015. 06 OA 〜沈黙する証人〜 2015. 28 三重テレビ3.31OA 海の幸の宝庫、鳥羽!この時期、解禁したての旬の食材!!2014. 26 OA 2014. 20 2014. 19 はなまるマーケット 女性にオススメ!早春の伊勢・志摩めぐり 14. 28OA ・ 伊勢・志摩? 熊野古道の旅 2014. 15 西川会見参 ! 、伊勢神宮の周辺おすすめスポット 2013. 29 OA 2013. 13 OA 「伊勢・鳥羽の旅 2013. 01 OA 東海テレビ 西川きよしのご縁です #348 歴史!絶景!海の幸!三重・鳥羽 魅力満載の旅 2012. 07OA テレビ朝日 笑顔がごちそう ウチゴハン 的矢カキ 12. 02OA 「三重県・鳥羽を女子旅!」2012. 30OA 12. 06 12. 17再放送 2012. 20 第1回日本サービス大賞・地方創生大臣賞受賞 サービス産業生産性協議会 H28 年 6月 近鉄 伊勢鳥羽志摩 2012秋「伊勢志摩をあじわおう」 が公開されました。 2012. 08 H25. 3月 「旬の食材? 産地の奥さんごちそう様? 」2012. 27OA 2012. 26OA 2011. 20OA 平成24年3月 2011. 08 生OA ABCTV 2011. 19 OA 2011.7.08 OA 平成20年度 実践者表彰 保育園児に海女指南!小さな後継者と交流 新聞各社、ケーブルテレビ 2011. 06 快感自転車ライフ ローカルシリーズ伊勢志摩・三重ツーリング 2011.5.24ロケ 2011春新番組 に取材頂きました。 2011. 17初回OA に、 はちまんかまどが紹介されました。 web掲載2011. 11.11/26伊勢志摩特集にて、はちまんかまど・あさり浜を取材頂きました。 Audiディーラーにて無料配布 r p34? 39に 伊勢志摩の海女として紹介頂きました。 兵吉屋 2010. 23 で放映されました。 2010. 28OA 元気な海女レイ子 お守り完成!! 11. 1 よみうりTV「大竹まこと&板東英二が 熟女と超ハチャメチャ伊勢の旅!」 2010. 4月4日(日) 15:00? 16:25OA 3月25日(木) 26:08? 27:33OA 海女文化を伝承する REIKO NOMURA 『+ 参りと海女小屋体験』がひそかなブームになっています。 03 フジTV で訪問の様子を放送 09.10.12 OA 09.9月22日 OA 」第1回サマードライブ大賞 09.7月15日 OA NHK総合テレビ 上海TV「」 09.5.30ロケ 7月下旬OA フジテレビ 09. 10 OA 雑誌LEON3月号 09.1/24発売! 海女小屋はちまんかまどを訪れた方の 特集・日本:で 海女 野村禮子が出演しました。 09.3.5? 09.3.21 OA 板東英二さん大竹まことさんがみえました。 が見えました!! がみえました!! がみえました!! 三重県観光連盟 がみえました!! がみえました! ! がみえました!! パンフレット印刷 ひょうきちや がみえました 2007. 24UP 2010年1月11日.

次の

はちまるご&10っとく!|テレビ愛知

はちま

月間1億2000万PVブロガーの正体とノウハウ 「ステマ」「ねつ造」「無断転載」の温床と叩かれつつも、ネットユーザーから絶大な支持を受ける、ゲーム系エンターテイメントまとめブログ「はちま起稿」が初の書籍化。 さらに、個人情報流出やステマ騒動、2ちゃんねる転載禁止といった数々のトラブルの舞台裏と真相について、はじめて明かします。 2014年3月に2ちゃんねる主要板が転載禁止になったことで、今後の動向がますます注目されているまとめブログ。 その実像を知るために絶好の一冊です。 しかし、前述のとおり、ブログや僕の評判は今もってよろしくない。 これまで好き勝手に記事を書いてきたし、スキャンダルが多いブログだったので憎まれるのもわかります。 一度貼られたレッテルを拭うことの難しさはわかっているつもりだし、 言われっぱなしが嫌だというわけでもありません。 それでも、個人的に面白いと思って記事にしたゲームやメーカーが「ステマ」と揶揄されたり、 会ったこともない人物や企業と裏でつながって、記事の内容を操作しているというありもしない噂が流れるのは、 今後の活動にマイナスに作用するに違いない。 たとえ理解や支持を得られなくても、一度はちま起稿をオープンにする必要があるのでは……と、 いつからか考えるようになりました。 今回「自身の経験やノウハウを1冊の書籍にしてみませんか? 」というお話を頂いて、 「23歳の男が書いた本なんて誰が読むんだよ」と思いつつも、 はちま起稿をオープンにする絶好の機会だと思い、本書を執筆することにしました。 この本によってより多くの人にはちま起稿を知ってもらいたい。 手に取ってくれた人の役に立ちたいと思い、自分のことだけではなく、 ブログ運営のノウハウについても紹介しています。 そしてなにより、読者のために1つ約束します。 「載せられない話は書かない。 その代わり書いたことはすべて事実」 きっと本書を材料にインターネットには事実と妄想が入り混じった、 はちま起稿の噂がますます増えていくと思いますし、 読者にとってはそれが事実かなんてどうでもいいことなのかもしれません。 ただ、得体の知れない「はちま起稿を立ち上げた清水鉄平」と、 まとめブログという存在が少しでも身近なものになるといいかな、と考えています。 「はじめに」より --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。 著者略歴 「BOOK著者紹介情報」より 今となっては結果的に「大きくなってしまった」情報サイトですが、 この管理人は過去に記事捏造やゲーマー同士の対立煽りなど、客観的に 見ても正攻法とは思えない方法でアクセスを稼いできました。 結果的に現在のアクセスがある訳ですが、現在はちま起稿は 多人数のバイトが、他の至ってマトモなきちんとした映画・ゲーム系の ウェブサイトの記事を転載し申し訳程度にちょこっとリンクを貼ってある程度です。 言ってしまえば初期の違法動画サイトだったYouTubeもそうですが、 このウェブサイトの行ってきた炎上商法がGoogleに許され、バイトを 雇って他サイトの記事を転載するだけのアンテナサイトとして存在 していられる現状には疑問を抱かざるを得ません。 記事を書いた元サイトよりも、転載しただけのサイトの方がツイート数も 多かったりするのはどう考えても理不尽かなと思ってしまいますし、 真面目にニュース記事などを書くよりもアンテナするだけの方が 最終的にアクセスが稼げるっておかしいでしょう? Googleもこのような転載メインのウェブサイトへの広告を廃止し、 検索順位の格下げを行えば良いと思うのですが・・。 炎上商法を行って、バイトを雇って他サイトからの転載を人海戦術で 行い、結果アクセス数が得られればそれでいいのか? こういったサイトがのさばる現状に、疑問を感じずにはいられません。 はちま起稿とは、主に2ちゃんねるの転載でpvを伸ばしてきたサイトです。 それもゲームハード信者同士を煽り、正誤解らない情報も 転載という名目で拡散し、対立の火に油を注ぐ様な手法でした。 そのため、色々な個人や会社、ゲーム業界が不利益を被り 2ちゃんねる運営から、転載禁止という重い処分を受ける事となりました。 本書は『2ちゃんねるまとめブログをオススメする3つの理由』 を謳っていますが、発売後直ぐにすべてのブログで 『2ちゃんねるをまとめる転載が禁止』となりました。 残念ですが、表題にも有る売りの一つのノウハウに関しては、ここで無価値となりました。 (因みに、私の事業ではHP制作会社に委託してますが『正攻法で使えるノウハウ』は その様な専門家に聞く方が、かなり参考になります。 ) そして、帯に「全部明かします!」と宣言している裏話ですが 癒着などの本当に知りたい裏話や、他の問題の根幹部分の不味い情報は全く書かれておりません。 そこを期待すると無意味です。 また、自己主張や正当化などは、大人が読むには色々薄いです。 転載禁止となり、現在のはちまは反韓・中、ジェンダーフリーや男女差別 既婚未婚、ぼっちリア充など、また露骨な対立を煽りpvを稼ごうとしています。 情報源の2ちぇんねるが使え無くなった為、ゲームブログなのに ゲームについては、スカスカな情報(他所からの遅い転載ばかり)の3流サイトとなっています。 24h更新云々と言ってますが、同じ内容の記事を違うバイトが重複してUPし、コメントで指摘され 削除をいつもしてますね。 以前からですが、そんなレベルの運営・管理です。 以上、本の表紙表題の売り文句に偽り有りと成ります為 ノウハウや裏話も無価値で無意味なので、買う価値も意味も無いでしょう。 追記: >しかし、前述のとおり、ブログや僕の評判は今もってよろしくない。 〜略〜 >たとえ理解や支持を得られなくても、一度はちま起稿をオープンにする必要があるのでは……と、 >いつからか考えるようになりました。 何故、2ちゃんねるの転載を初めに禁止になったかも理解してないんですかね? 都合の悪い部分は書かず、方々に迷惑掛けた自覚も無く、結局は消化せずに自己陶酔のみですか。 2ちゃんねるが全ての転載を禁止する中で、最初に元管理人から転載を禁止されたサイト。 数々のデタラメ記事(ゲームにないバグをバグがあったなどと書いたり、発売日に画像を使用したりクソゲーだったなどと書く。 モンスターハンターなどのメジャーなゲームで。 )や著名人との言い争い、それが元で抗議で2ちゃんねるから名指しでお咎めされた事。 なにか暴露なり、謝罪なり、あるかと期待したが、まあ当然なしでした。 本の内容としては、アクセス数が上がるのが嬉しくて面白おかしく記事を書いたら少しいきすぎて、信者から大げさな反応があり間の仇にされた。 自分は悪くない。 名前や顔が知れてるから叩かれただけ。 他のブログなら叩かれていない内容だ。 (しかも自分で書いた内容じゃなく引用しただけで何が悪い) 他、高校時代から上京してからの事など、かなりツッコミどころ満載の内容でした。 鵜呑みにすれば全部、自分一人の力みたいですが、他サイトと全く同じ内容をほぼ同時に載せていたりする記事もあったので、記事を紹介する者がいたとも思います。 全盛期の2ちゃんねるのまとめサイトはかなり真っ黒な噂に包まれているので、いつの日か明らかになってほしいですね。 少なくともこの本は自己の弁解と昇華で完結していて参考にはなりませんでした。

次の