垂水区 呼吸器内科。 下肢静脈瘤の日帰り手術をするなら神戸市垂水区のくぼクリニックまで

神戸市垂水区 内科・循環器科・消化器科・呼吸器科 高橋医院

垂水区 呼吸器内科

小児科• 皮膚科• 婦人科• 産婦人科• 耳鼻いんこう科• 整形外科• アレルギー科• 泌尿器科• 肛門外科• 胃腸内科• 気管食道内科• 胸部外科• 形成外科• 血液内科• 呼吸器内科• 呼吸器外科• 心療内科• 消化器内科• 脳神経内科• 心臓血管外科• 消化器外科• 小児外科• 循環器内科• 腎臓内科• 精神科• 糖尿病内科• 内分泌内科• 乳腺外科• 脳神経外科• 美容外科• ペインクリニック内科• 放射線科• 麻酔科• リハビリテーション科• リウマチ科• 老年内科• ,Ltd. googletagmanager. html?

次の

兵庫県神戸市/内科(呼吸器)

垂水区 呼吸器内科

当院は患者さまにとっての 「ゲートキーパー」でありたいと考えています。 その意味は、体調がすぐれない原因を探り、そのまま当院で改善していくものもあれば、他の診療科へ紹介することもある、その 選別をする「かかりつけ医」としてご利用いただきたいということです。 元々、私は心臓血管外科医として勤務してまいりました。 そこで経験した数々の手術の中で、関連した合併症についても学ぶことができ、長く循環器・呼吸器の領域で研鑽を積むことができました。 心臓に疾患を持つ多くの患者さまに触れ、その症例を経験する中で、長期間の誤った生活習慣によって発病に至ることの多さを知り、 予防の重要性を痛感してまいりました。 そこでそれらの経験を生かし、 内科治療・外科治療、そして 予防医学(運動と栄養、ストレスマネージメントを含めたデトックス)という 三本柱による医療を実現し、地域医療に最善の努力をしていきたいと考えております。 岐阜大学医学部卒業• 岐阜大学附属病院• 国立療養所豊橋東病院(現豊橋医療センター)• 国立東静病院(現静岡医療センター)• 総合青山病院 明舞中央病院など勤務 対象患者• 高血圧• 不整脈• 虚血性心疾患• その他循環器一般• 睡眠無呼吸症候群• ペースメーカー• 心臓手術術後• 下肢静脈瘤• 慢性閉塞性動脈硬化症• 肺気腫• 慢性閉塞性肺障害など 上記疾患を伴う内科一般 専門外来• むくみ外来(下肢静脈瘤、心不全など)• いびき外来(睡眠時無呼吸症候群)• 生活習慣病外来(高血圧、高脂血症、糖尿病)• セカンドオピニオン(主に循環器領域) 資格・役職• 医学博士、日本心臓リハビリテーション学会評議員 指導医・専門医• 循環器専門医• 外科専門医• 日本外科学会認定医• 日本胸部外科学会認定医• 日本抗加齢医学会専門医• 日本心臓リハビリテーション指導士• 日本医師会認定健康スポーツ医• 国際外科学会フェロー 連携医療機関• 神戸市立市民中央病院• 西神戸医療センター• 神戸液済会病院• 明石市立市民病院• 明石医療センター• 明舞中央病院など.

次の

神戸市垂水区川原の内科 内科すぎおクリニック

垂水区 呼吸器内科

はじめまして。 院長の三村 純(みむら じゅん)です。 25年間住んでおります地元近くの垂水区舞多聞において2017年4月に内科クリニックを開業いたしました。 私が医師の道を志しましたのは、長田区で内科、小児科を開業していた父の影響が大きかったのですが、小学生の頃に自宅にあった子ども向けの偉人伝全集でシュバイツァーと野口英世の巻を読んで、人のために尽くすこと、研究に生涯を捧げることってカッコイイと思ったことが最初でした。 そして私が中学2年生の時に少年チャンピオンで連載が始まった「ブラックジャック」に熱中しました。 もちろん、そんな医者が居るわけがないことはわかっておりましたが、作者である手塚治虫が医師であることや彼の他の著作を読み、また森鴎外や安部公房、加賀乙彦、渡辺淳一(恋愛小説は下らないので伝記小説のみ)らの小説と加藤周一の評論などから職業としての医師になりたいと考え医学部に進みました。 千葉と東京で過ごした6年間の学生時代は部活動に明け暮れて、ろくに授業も出席せずに、とても真面目な医学生とは言えませんでしたが素晴らしい友人を得ることができました。 そして1987年、卒業とともに地元へ帰り神戸市立中央市民病院の内科研修医となりました。 この病院は軽症の、風邪の患者さんから、3次救急の救命救急センターも兼ねており超重症の患者さんの搬送も多く、その最前線を1〜2年目の研修医が担っていたことから初期研修の2年間では特に救急外来において非常に多くの症例を経験したことが強く印象に残りました。 2年間で消化器、循環器、呼吸器、神経、腎臓、内分泌糖尿と全ての内科をローテートして学んでから同病院の消化器内科の専攻医となりました。 同科を選んだ理由は、対象となる臓器が食道〜胃〜小腸〜大腸と肝、胆、膵と最も幅広く、多くの疾患を学べることや内視鏡や超音波(エコー)血管造影等で人体をダイナミックに観察出来ること等に興味を持ったからでありました。 中央市民病院で勤務した7年間のうち約7ヶ月間は当時ありました神戸市立玉津病院で肺結核の患者さんや高齢者の方を多く受け持ち、結核のみならず他の内科疾患も合併など内科全般の経験・知識を得ることができました。 1994年神戸市と医師会によって西神中央に新たな総合病院、西神戸医療センターが開院。 私はその消化器内科の創設メンバーとして赴任。 以来、2017年3月まで高度医療機関、がん専門病院のスタッフとして標準治療の最先端を提供する消化器診療に従事。 また実習に来る近隣の医学生と、研修医、専攻医ら若手医師の教育に従事してまいりました。 そしてこれまでに2万件以上の内視鏡検査、エコー検査を行い血管造影も1万件近く行ってきました。 このような経過のなか近年、医師としての人生を地元の人々とともに過ごし地域医療に貢献したいという思いが強くなり、当地で内科クリニック開業を決意いたしました。 今年、2017年は私が医師になり丁度30年の節目にも当たります。 この30年間で得た経験と知識を、日常診療を通じ地元の皆様に還元したいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

次の