群馬 四万十川温泉 千と千尋。 カップル向き「千と千尋の神隠し」モデル温泉旅館BEST4

四万温泉|積善館を日帰り見学&温泉を堪能!千と千尋の神隠しのモデルになったレトロな宿です

群馬 四万十川温泉 千と千尋

生活・趣味 【温泉の魅力】温泉は映画だ!大正ロマンな四万温泉であそぶ 2019. 10 やる気を出すためにはリフレッシュが大切。 そうは言っても、幼い子どもを持つ社会人のみなさんにとって、息抜きできる機会は非常に少ないかもしれません。 そんなあなたに温泉のすすめ! 大人も子どもも関係なく楽しめる場所、それが温泉です。 さまざまな視点から、やる気が自然と湧き出してくるような全国の温泉地を紹介します。 日本歴代興行収入1位の記録を持ち、ファンの中でも圧倒的な支持をほこるジブリ映画「千と千尋の神隠し」。 美しい作画や魅力ある謎めいたキャラクターたち、最後まで目が離せないストーリー展開と、どれをとってもすばらしい、日本アニメ界を代表する傑作です。 この映画のメイン舞台として登場する「油屋」。 恐ろしい魔女の湯婆婆が経営する湯屋で、八百万の神々が客として集います。 皆さんはこの「油屋」に、一度でも訪れてみたいと思ったことはないでしょうか。 筆者は、小学生のころにこの作品を観て以来、「こんな場所に行ってみたい!」とあこがれを持つようになりました。 (今思うと、温泉を好きになるきっかけの1つだったかもしれません) そんな人々の夢をかなえる場所、それが今回ご紹介する「四万温泉」です。 群馬県吾妻郡にあるこの温泉が、なぜ映画「千と千尋の神隠し」と関係があるのか? まずはこちらの比較画像をご覧ください。 あのトンネルも 館内には、異世界に続いているかのようなトンネルも。 宿泊者以外でも館内を見学できるプランがあるので、四万温泉を訪れた際はぜひお立ち寄りください。 しかし、たとえ皆さんが豚になってしまったとしても、やる気ラボでは一切の責任を負いかねますので、あしからず。 「四万」という名は、彼が夢の中で見た「四万の病を治す霊泉」にちなんで名づけられたとされており、現在でも病気を治そうと多くの人々が湯治に訪れます。 温泉のデザインや温泉街は、大正時代の面影をよく残しています。 スマートボールで遊べる遊技場や、木工体験や陶芸体験ができるお店もあり、家族そろって楽しめること間違いなしです。

次の

群馬県【四万温泉】の「絶対外せない観光スポット」をご紹介!「千と千尋の神隠し」のモデルとなった積善館は超ジブリだった!

群馬 四万十川温泉 千と千尋

千と千尋の舞台群馬県・四万温泉『積善館』 「千と千尋の神隠し」を思い起こす場所と言えば、赤い橋。 この橋でハクと一緒に歩き、千尋が息を止めて歩いた場面を思い出します。 そして、手前のお宿は、ガタガタガタとガラスが響いていた油屋にある女中部屋の窓にそっくりではないですか!? 赤い橋の正面にある積善館本館は、元禄時代に創業された、現存する日本最古の温泉建築だそうですよ! 九代 市川 團十郎・・・明治時代に活躍した歌舞伎役者• 三遊亭 圓朝・・・江戸時代から明治期に活躍した落語家• 後藤 新平・・・明治・大正の政治家• 徳富 蘇峰・・・明治・大正・昭和の3つの時代にわたるジャーナリスト、思想家、評論家• 中村 不折・・・明治・大正期の画家、書家• 七代目 松本 幸四郎・・・歌舞伎俳優• 小室 翠雲・・・明治・大正・昭和の3つの時代にわたるジャーナリスト、思想家、評論家• 佐藤 紅緑・・・俳人、小説家• 柳原 白蓮・・・大正・昭和期の歌人• 服部 良一・・・「蘇州夜曲」「青い山脈」「東京ブギウギ」など多数のヒット曲を作曲• 中曽根 康弘・・・政治家 等、まだまだいらっしゃいますが略させていただきます。 お忍びで、芸能人も来てそうですよね!

次の

帰れマンデー見っけ隊「秘境路線バスの旅 日本最古の湯宿…」

群馬 四万十川温泉 千と千尋

生活・趣味 【温泉の魅力】温泉は映画だ!大正ロマンな四万温泉であそぶ 2019. 10 やる気を出すためにはリフレッシュが大切。 そうは言っても、幼い子どもを持つ社会人のみなさんにとって、息抜きできる機会は非常に少ないかもしれません。 そんなあなたに温泉のすすめ! 大人も子どもも関係なく楽しめる場所、それが温泉です。 さまざまな視点から、やる気が自然と湧き出してくるような全国の温泉地を紹介します。 日本歴代興行収入1位の記録を持ち、ファンの中でも圧倒的な支持をほこるジブリ映画「千と千尋の神隠し」。 美しい作画や魅力ある謎めいたキャラクターたち、最後まで目が離せないストーリー展開と、どれをとってもすばらしい、日本アニメ界を代表する傑作です。 この映画のメイン舞台として登場する「油屋」。 恐ろしい魔女の湯婆婆が経営する湯屋で、八百万の神々が客として集います。 皆さんはこの「油屋」に、一度でも訪れてみたいと思ったことはないでしょうか。 筆者は、小学生のころにこの作品を観て以来、「こんな場所に行ってみたい!」とあこがれを持つようになりました。 (今思うと、温泉を好きになるきっかけの1つだったかもしれません) そんな人々の夢をかなえる場所、それが今回ご紹介する「四万温泉」です。 群馬県吾妻郡にあるこの温泉が、なぜ映画「千と千尋の神隠し」と関係があるのか? まずはこちらの比較画像をご覧ください。 あのトンネルも 館内には、異世界に続いているかのようなトンネルも。 宿泊者以外でも館内を見学できるプランがあるので、四万温泉を訪れた際はぜひお立ち寄りください。 しかし、たとえ皆さんが豚になってしまったとしても、やる気ラボでは一切の責任を負いかねますので、あしからず。 「四万」という名は、彼が夢の中で見た「四万の病を治す霊泉」にちなんで名づけられたとされており、現在でも病気を治そうと多くの人々が湯治に訪れます。 温泉のデザインや温泉街は、大正時代の面影をよく残しています。 スマートボールで遊べる遊技場や、木工体験や陶芸体験ができるお店もあり、家族そろって楽しめること間違いなしです。

次の