徹甲ライト ラージャン。 【アイスボーン】徹甲ヘビィ・徹甲ライトの強み

【MHWアイスボーン】反動中で徹甲榴弾レベル3!耳栓搭載の超快適ガルルガライト装備紹介

徹甲ライト ラージャン

今回はラージャンライトボウガン「金獅子筒【万雷】」のおすすめテンプレ装備、防具を紹介していきます。 ぜひ参考にしてみてください。 金獅子筒【万雷】の評価【徹甲ライトボウガン】 ラージャンライトは、徹甲榴弾Lv3をメインに戦える徹甲ライトボウガンの中でも最高の火力を出すことができます。 ラージャンライト自体にスロ4枠があるのも強いといえるポイントです。 現状、イャンガルルガの黒羽、イビルジョーライトの業弩ダークデメントに並んで最強ライトボウガンの1つと言えます。 ラージャンライトボウガンおすすめカスタム強化 【回復能力付与】 フルチャージを常時発動させるためにも、ラージャンライトにとって回復能力付与はおすすめのカスタム強化です。 ラージャンライトおすすめスキル スキル 効果 砲術Lv5 ゾラマグナ3部位で発動できる、徹甲榴弾Lv3の火力を上げられる 攻撃 徹甲榴弾Lv3の火力を上げる フルチャージ 体力が満タンの時に攻撃力が上がる火力スキル 耳栓 咆哮時にひるまなくなる、生存かつ火力スキル 体術 スタミナ消費を抑え、回避装填がやりやすくなる KO術 モンスターをスタン状態にさせやすくする 挑戦者 モンスターが怒り状態時に攻撃力が上がる火力スキル ラージャン徹甲ライトおすすめテンプレ装備、防具 耳栓Lv5発動型金獅子筒ライトボウガンテンプレ装備 耳栓Lv5を発動させたラージャンライトボウガンのおすすめテンプレ装備です。 攻撃Lv7、砲術Lv5、フルチャージLv2など火力スキルがあり、体術Lv2もあるので、回避装填もよりやりやすくなっています。 火力特化させつつ、加速再生も発動しているまさに理想的なスキル構成と言えます。 装填拡張がありつつも火力スキルを十分に発動できています。

次の

【MHWI】最新版徹甲ライト装備!ラージャン武器が強い!【モンハンワールドアイスボーン攻略】

徹甲ライト ラージャン

金獅子砲【万雷】のメリット・デメリット 金獅子方【万雷】のメリットとデメリットを考えていきたいと思います。 メリット ・攻撃力が高い。 金獅子砲【万雷】は2019年12月時点では最高火力のライトボウガンになります。 徹甲榴弾のダメージは攻撃力依存になるので、多くのダメージを与えたい場合は攻撃力を上げるのにつきます。 ・装填数が多い。 デフォルトで2発装填可能で、装填拡張スキルを3つつけると3発まで拡張が可能です。 継戦能力が高く、また弾数管理も行いやすいのがメリットです。 デメリット ・反動が大きい 反動が大きいです。 徹甲榴弾Lv3を撃てるライトボウガンのほとんどは、反動が大きく設定されています。 反動軽減パーツを2つつけても、反動大になります。 リロードも遅いため、回避装填パーツをつけないと使用は難しい武器です。 赤龍ノ狙ウ弩・水のメリットデメリット メリット ・覚醒能力でシリーズスキルを付与できる。 これが赤龍ノ狙ウ弩・水を使う上での最大のメリットだと思います。 素火力は低めでも、シリーズスキルを付与することによって、火力を高めることが可能です。 砲術5、真・弾丸節約の両立や、砲術5・KO術5の両立なんてことも可能になります。 砲術5・KO術5で使用すると、かなり火力が高く、面白いくらい相手がスタンしまくります。 また、武器にシリーズスキルを付与できることで、ビルドに幅を持たせることができることも意味しています。 金獅子砲【万雷】より武器の火力は低いですが、同じスキル構成だけど金獅子ビルドより攻撃を盛れる、なんてことも可能です。 覚醒能力として、ゾラマグナがあまり出てこないのがネックですね。 ・反動が普通になる。 こちらもかなり大きいメリットではないかと思います。 反動軽減パーツを2つ使用すると、反動が普通になります。 反動が普通以上になると移動しながら、発射が可能になり、非常に戦いやすくなります。 デメリット ・弾数が少ない デフォルトで1発しか装填できないのが、赤龍ノ狙ウ弩・水の最大のデメリットです。 装填拡張スキルを入れても、2発にしかなりません。 参考動画 参考動画として、真・弾丸節約を使用した時のダメージを載せておきます。 「金獅子砲【万雷】と」「赤龍ノ狙ウ弩・水」、真・弾丸節約は共通して使用し、ほぼ同じスキル構成での威力比較を行っています。 「赤龍ノ狙ウ弩・水」は覚醒能力としてシリーズスキルを付与し、砲術5・真・弾丸節約をいれています。 金獅子砲【万雷】 金獅子砲【万雷】のスキル構成です。 徹甲榴弾Lv3を使用する際、今までメインで使っていた構成です。 業物の護石を持ってなかったので、このような構成で使用していました。 KO、砲術、フルチャージは基本ですね。 スタミナ急速は回避装填を行うので、あるとかなり便利なスキル。 赤龍ノ狙ウ弩・水 対して比較対象、赤龍ノ狙ウ弩・水のビルドはこちら。 攻撃に関する構成は、金獅子砲【万雷】とほとんど同じです。 覚醒能力の構成としては、迅竜の真髄と攻撃6555です。 そのため、余った1枠にゾラマグナ防具を入れ、砲術5を導入しました。 また、挑戦者スキルや特殊射撃強化スキルも入れることができました。 似たようなビルドですが、中身は結構変わりますね。 武器にシリーズスキルを使用できるだけでこれだけ変わります。 砲術5を使用しているため、攻撃力は金獅子砲【万雷】より低いですが、威力はこちらのほうが高くなりました。 最後に 同じ砲術5で比較すれば、金獅子砲【万雷】の火力のほうが高いでしょう。 また、継戦能力も金獅子砲【万雷】のほうが高いです。 しかし、赤龍ノ狙ウ弩・水は金獅子砲【万雷】にはないビルドの幅の高さがあります。 ビルドによっては金獅子砲【万雷】以上に狩りやすくなるでしょう。 赤龍ノ狙ウ弩・水でいろんなビルドを試してみてくださいね。 ではまた次回〜。 赤龍ノ狙ウ弩・水の徹甲榴弾ビルドはこちらに書いています。

次の

【アイスボーン】ラージャンライト最強テンプレ装備【金獅子筒】

徹甲ライト ラージャン

武器自体の攻撃があがるスキルと 砲術・極意で威力を高めます。 カスタマイズの回避装填が2つなので 装填拡張スキルで装填数を3発にしてもあまり効果はないです。 体術は回避装填に使うスタミナ量が減るのであると少し楽になります。 KO術があるとスタン能力が上がりますが、元から十分すぎるほどスタン取りやすいので私は入れていません。 撃つ弾 徹甲榴弾Lv3をメインに使います。 この弾は 肉質や距離に関係なくダメージを与えられ、頭に当てた場合 高いスタン能力があります。 1発のダメージ量は約130、砲撃飯を食べると150ぐらいです。 麻痺弾Lv2が単発自動装填なので麻痺を取るのもありです。 単発自動装填の徹甲榴弾Lv2も弱くはないですが、Lv3と比べると威力とスタン値が大きく劣るので弾が足りない場合のみ使用しましょう。 事前準備 持ち物(必須): 徹甲榴弾Lv3、 徹甲榴弾Lv1(調合用)、 Lv3火薬粉(調合用) バクレツの実(調合用) あると便利:麻痺弾Lv2、捕獲用麻酔弾、徹甲榴弾Lv2(弾切れ用)散弾Lv2(弾切れ用) 頻繁に調合するので 必ずアイテムのショートカット登録で徹甲榴弾Lv1とLv3の調合を入れておきましょう。 ダメージは変わりませんがスタン値がたまるので 頭を狙うのがいいです。 弾数が9発と少ないので0になる前にこまめにショートカット調合をしましょう。 まとめ この武器は スタンでパーティの補助をしつつ 火力も取れるのが最大の魅力です。 超火力武器ではありませんが、適性距離・傷・弱点など気にせずとにかく当てればいいので安定してダメージを与えられます。 動きも素早く立ち回りやすい武器なので皆さんもぜひ使ってみてはいかかでしょうか。

次の