オープン リレーション シップ。 浮気VSオープン・リレーションシップ?選択肢で溢れいてるこの世界!

DBのリレーション

オープン リレーション シップ

だがこの構成を少し変更して、インターネットから直接メールを受け取るようにすることはそう難しいことではないし、そうしたいと考える管理者も少なくないだろう。 メール・サーバを自前で用意すれば、任意のメール・アカウント作成や、メーリング・リストの運営なども容易になるからだ。 これを実現するためには、DNSサーバに対して、自ドメイン(今回の例ではd-advantage. jpドメイン)のメール・サーバを表すMXレコードを登録し、さらにルータのサーバ公開機能(インターネットからのアクセスをLAN内の特定のサーバやポートにフォワードする機能)を使って、SBS 2003のSMTPポート(TCPの25番ポート)をインターネットからアクセスできるようにするだけである(セキュリティのため、SMTP以外のポートは公開しないように注意すること)。 最近では常時接続回線サービスとDDNS(ダイナミックDNS)機能を使ってサーバを公開している個人ユーザーも少なくない。 技術的にはWebサーバなどを公開するのと大して変わらない手間で、メール・サーバを公開することができる。 しかしメール・サーバを公開する場合は、「オープン・リレー(open relay)」対策だけは必ず行っておく必要がある。 さもないと、メール・サーバがいわゆる「スパムの踏み台」にされて、世界中へスパム・メールをまき散らす行為に加担することになるからだ。 SBS 2003をデフォルトの設定でインストールして、そのサーバを(ルータのポート・フォワード機能などを使って)公開した場合、そのままではオープン・リレーが可能な状態になっていることがある。 もともと内部LAN上で使うことを想定しているため、このようになっているのだが、適切な設定を施すことによりオープン・リレーを禁止することができる。 オープン・リレーとは? オープン・リレーとは、どのようなあて先にでも自由に送信することができる、インターネット上に公開されたメール・サーバのことである。 スパム・メールを送信しようとする悪意のあるユーザーがオープン・リレーのメール・サーバに対して1通メールを送ると、いとも簡単に数百とか数千、場合によってはそれ以上のユーザーにメールを送ることができる。 スパムを送信するユーザー(スパマー)は、このような管理の甘いメール・サーバを狙って利用している。 スパムを送信するオープン・リレーのサーバであることが確認されると、さまざまな団体が管理しているオープン・リレー・ホスト情報を集めたブラック・リスト(が著名)に登録され、そのホストからのメールの着信が拒否されることがある。 その結果、ほかのドメインへのメールの送信ができなくなったりする。 このように、スパムの送信に使われると、他人に迷惑がかかるだけでなく、自分でもメールの送受信ができなくなる、ネットワーク帯域が消費されるなどの問題が生じる。 オープン・リレーとは実際にはどのような状態なのかを次の図に示しておく。 オープン・リレー・メール・サーバ あるメール・サーバを経由して、さらに別のメール・サーバへとメールを中継することをリレーするといい( もしくは )、インターネット側から着信して、そのままインターネットへと何の認証もなく中継することを特に「オープン・リレー」という。 オープン・リレーが可能になっていると、スパムの送信用サーバとして利用されることがある。 と は中継ではなく、このSBS 2003マシンがメールの最終的なあて先となっている(着信するのみということ)。 ローカル・ユーザーからローカル・ユーザーへの送信。 メールはSBS 2003内で処理され、外部へは送信されない。 インターネットから送信され、SBS 2003マシン上のユーザーへ着信するメール。 ローカル・ユーザーからインターネットへ送信されるメール。 SBS 2003マシンはメールを中継し、あて先のメール・サーバへ送信する。 インターネットから着信し、そのままインターネット上のサーバへと送信されるメール。 SBS 2003マシンは中継をするのみであり、ローカルのユーザーへは配信されない。 無許可でこれができると、オープン・リレー・サーバとして機能する。 メール・サーバを経由してメールを送信するという場合、この図のように全部で4つのパターンが考えられる。 ここで「ローカルのユーザー」とは「〜 d-advantage. jp」というメール・アドレス(SBS 2003上のメール・ボックス)を持つユーザーであるとする。 ローカルのドメインとは何の関係もないメールの送信に利用される。 と と は一般的なメール送受信のケースであり、何ら問題はない。 だが のパターン(インターネットからインターネットへの送信)において、何の認証もなくこのような送信方法が許可されている状態をオープン・リレーといい、本来許可してはいけないものである。 これを禁止することにより、スパム・メールの送信に利用されることを防止できる。 もともとSBS 2003のExchange Serverでは、ドメイン名に基づいたオープン・リレーの禁止は行っているのだが、スパム・メールでは送信者メール・アドレスを詐称するのが普通であり、ドメイン名だけに基づいて禁止することは現在ではあまり意味はない。 必ずIPアドレスやSMTP認証なども組み合わせて中継を制御するようにしておきたい。 なおExchange Server 2003では、 と のように、メールの最終的なあて先(送信先)がSBS 2003マシンではなく、さらにほかのメール・サーバとなっているものをまとめて「中継(リレー)」と呼んでいる。 ローカルからインターネットへの中継はまったく問題ないので(これを禁止すると、インターネットへメールを送信することができなくなってしまう)、インターネットからインターネットへの中継だけを禁止する必要がある。 SBS 2003における不正中継の禁止 SBS 2003に限らず、メールの送信は一般的にはSMTPプロトコルを使用する。 だがSMTPプロトコルではユーザー認証などを利用しないのが普通であり、設定を間違えると、容易にオープン・リレーが可能な状態になってしまう可能性がある。 これを防ぐためには、ネットワークの構成をよく考え、無用なメールの中継を禁止するようにしておかなければならない。 [HOW TO] Windows 2000 で Exchange 2000 がメール リレーとして使用されるのを防ぐ方法• [HOWTO] Exchange Server 2003 で匿名 SMTP 接続に対する中継の制限を調査する方法、および不要な電子メール メッセージにフィルタを適用する方法• [HOW TO] Exchange 2000 Server で匿名 SMTP 接続に対する中継の制限を調査する方法と、一方的に送られてくる電子メール メッセージにフィルタを適用する方法• Exchange 2003 で SMTP クライアントのメッセージ配信をセキュリティ保護する方法• [HOW TO] SBS 2000 のオープン SMTP リレーのブロックと Exchange Server SMTP キューのクリーンアップ• [XCON] Windows 2000 を SMTP 中継サーバーまたはスマート ホストに設定する方法• [HOWTO] Windows Server 2003 の IIS SMTP 仮想サーバーでメールの中継を防ぐ方法 SBS 2003のExchange Server 2003においてSMTPにおける不正な中継を制限するには、以下のような方法をはじめとしてさまざまな手段が提供されているので、ユーザーの環境に応じて適切な手段を(必要ならば複数組み合わせて)採用してほしい。 ただし現在の一般的なスパム・メールの送信システムでは、送信者アドレスのドメインを詐称しているのが普通なので、あまり効果は望めないことが多い。 これが最も望ましい方法であるが、メール・クライアント・ソフトウェアによってはSMTP認証機能をサポートしていない場合もある。 その場合に備えて、SMTP認証を必須とするのではなく、次の方法3と併用するのがよい。 またシステムにネットワーク・インターフェイスを複数装着し、インターネット側のインターフェイスでは中継を拒否し、ローカルのインターフェイスでは中継を許可するという設定を行ってもよいだろう。 インターネット・メールでは「」という手法を使って中継を制御する方法もよく使われているが、SBS 2003(Exchange Server)では利用することはできない。 SBS 2003では、メールにアクセスする手段はPOP3だけではないし、SMTP認証に基づく中継制御が望ましいと考えられているからだ。 INDEX [運用]実例で学ぶSBS 2003ネットワーク構築と運用 第2回 SBS 2003のメール設定 3.メールのオープン・リレー対策(1) Windows Server Insider フォーラム 新着記事• いざというときに使えるよう、事前にセットアップしておこう• 英語キーボードが日本語配列として認識された場合などは、正しいキー配列に設定し直そう•

次の

オープン・リレーションシップとは

オープン リレーション シップ

オープンリレーションシップに関する調査が、ニューヨーク大学の公衆衛生に取り組むセンターに勤めるスタルス氏よって行われた。 調査結果によると、オープンリレーションシップの関係にあるカップルの方が、そうでないカップルよりも深い絆で結ばれているそうだ。 調査は、10組のゲイカップルを対象に行われ、調査結果は一人につき45分のインタビューを行い得たものである。 インタビューを受けたのは19歳から43歳までのゲイ男性たち。 「オープンリレーションシップが、どのように築かれ、時間とともに変化していくか、社会からどのように見られているか、カップルの満足度、性感染症のリスクなどあらゆることを調べたかったんだ」とスタルス氏は言う。 オープンリレーションシップの関係にあるカップルは 他のカップルよりも幸せで、満足度がより高いことが明らかとなった。 「調査を行ってみて、オープンリレーションシップの関係にあるカップルの満足度が低いという印象はないし、オープンリレーションシップの関係にあるカップルは性的な関係について話し合うことが多いため、そうでないカップルよりもコミュニケーション能力が高いかもしれないという印象すら受けるよ」とスタルス氏は述べている。 また、スタルス氏曰く、オープンリレーションシップの関係にあるからといって、性感染症のリスクが高いようではないそうだ。 「僕の知る限りでは、インタビュー対象者にHIV感染者はいなかったよ。 一組だけ性感染症に罹っていたけど」 しかし社会のオープンリレーションシップに対する見方はやや冷ややかだ。 オープンリレーションシップの関係にあるゲイ男性によると、彼と彼の彼氏はオープンリレーションシップの関係にあるがために、不快な思いをしたことがあるそうだ。 「僕たちの恋愛関係が一対一でないことを理由に、僕たちの関係が価値の低いものとしてみる人たちがいるんだ」 またオープンリレーションシップの効果について疑う人もいる。 コロンビア大学の心理療法士のノートン氏は、そのうちの一人だ。 「セックスには、どうしても感情が伴う。 オープンリレーションシップと割り切っていても、性行為の相手に惹かれてしまうことがないとは言い切れない」 あなたはオープンリレーションシップをどう思うだろうか?.

次の

DBのリレーション

オープン リレーション シップ

この記事のもくじ• リレーションシップ・マーケティング(関係性マーケティング)とは リレーションシップ・マーケティングはそのままカタカナで使われることがほとんどですが、時には日本語で関係性マーケティングと訳されることもあります。 リレーションシップ・マーケティングは、長期に渡ってお客さまとの良好な取引を継続し、企業の利益を最大化することを目的としたマーケティング手法です。 お客さまからの一時的な売上を重ねるよりも、満足していただいたお客さまからの継続した取引きを通じて、お客さまのロイヤリティや企業や製品のブランドを創りだします。 長期に渡ってお客さまとの良好な関係を構築するリレーションシップ・マーケティングの概念の根底には、があります。 市場における競争や淘汰が進み、今では製品志向の販売やマーケティングでは、長期的に差別化したり、継続して安定した利益を確保することが年々難しくなっています。 企業では、お客さまの視点をより重視し、ニーズにあった製品やサービスを提供すると同時に、購入後もお客さまの満足度を高め長期的かつ良好な関係(リレーション)を築くアプローチを取るようになりました。 インターネットがリレーションシップ・マーケティングを加速する 最近では、見込み客の獲得やマーケティングデータの取得など、マーケティングのアプローチも急速にデジタル化やインターネットの利用へとシフトしています。 ソーシャルメディアの登場により、その流れはさらに加速しています。 Web、ブログ、メール、ソーシャルメディア、データベースなどのインターネットを活用したマーケティングツールはもはや企業のマーケティングには欠かせません。 企業がインターネットを活用すれば、お客さま一人ひとりに直接コンタクトできたり、ログや発言などから行動やフィードバックの取得が素早く可能になりました。 インターネットのこのような特徴を活かせば、実施したキャンペーンの結果の様子を1時間単位で把握することも難しくありません。 必要に応じてマーケティング予算を変更するなどの素早くアクションができるようになりました。 それと同時に顧客獲得コストや顧客の収益性、キャンペーンのROI(対投資効果)も把握でき、企業経営の観点からも素早い意思決定が可能になりました。 このようなインターネットの特性を活かした手法やアプローチは、お客さまとの長期にわたる関係を重視するリレーションシップ・マーケティングには欠かすことができません。 インターネットがリレーションシップに与える試練 インターネットは、マーケティング担当者に新しい機会も提供してきました。 Web解析やソーシャルメディアの専門家、データベース・マーケティングやメールマーケティングまで、幅広いインターネット活用ができる一方で、インターネットの活用方法やそれに伴う専門知識と経験が要求されるようになりました。 リレーションシップ・マーケティングでは、ブランディングやマーケティング戦略、製品管理といった従来のマーケティングの専門性に加えて、展示会、セミナーといったオフラインのキャンペーンの運用管理までの全てが横断的に求められています。 当然この全てをこなせるスーパー・マーケターは、なかなか存在しません。 企業では通常、Web担当、メール担当、企画担当、製品担当、展示会担当など、マーケティング部門内の組織をそれぞれの専門担当に分けて業務を行います。 このように機能別・チャネル別にマーケティング部門内の担当者の役割分担をすると、例えばある特定業種のお客さまを対象としているにもかかわらず、オンラインとオフラインで独立したキャンペーンを実施してしまうなど、キャンペーン間の連携やシナジー効果が出せないという課題に直面します。 このような独立した機能別・チャネル別の組織構成は、新規顧客の獲得は従来通り可能です。 しかし長期で良好な関係を重視するリレーションシップ・マーケティングでは、お客さまへのブランドの浸透が弱くなり、お客さまのとの長期にわたるリレーションはなかなか勝ち取れず、長期に渡る良好な関係の構築や、継続的な取引きは期待できません。 リレーションシップ・マーケティング実現のためのマーケティング組織とは リレーションシップ・マーケティングを実現するためには、新規顧客の獲得だけではなく、他の製品やサービスの購買など、継続的な取引が必要不可欠です。 そのためには、顧客のライフサイクルに着目したマーケティング体制を構築しなくてはなりません。 顧客のライフサイクルを意識したアプローチでは、Webやメール、製品や展示会などのマーケティングの機能をミックスして、あるチームは新規顧客の獲得に注力し、またあるチームは顧客の維持と深堀りに集中するような組織が必要です。 そのためには、まずはお客さまと自社の関係が、お客さまのライフサイクルのどの段階にあるかを見極め分類し、それぞれの段階の特定ニーズを絞ったマーケティング活動を展開します。 購買後のお客さまのうち、自社の製品やサービスで利益率が高いものを推奨したり誘導しながら、継続的な取引きが続くような活動をします。 リレーションシップ・マーケテイングが十分に機能している企業のマーケティング部門では、新規顧客獲得、既存顧客の維持や深堀りのそれぞれのチームを形成し、各チームにはWeb、メール、ブランディング、ダイレクト・マーケティング、製品管理などの各分野のエキスパートから構成しています。 まとめ|リレーションシップ・マーケティングはお客さま志向で柔軟に ある分野で成功している企業では、リレーションシップ・マーケティングが十分に組織に定着しています。 製品別やマーケティング機能別ではなく、お客さまのライフサイクルに着目した顧客志向のアプローチを取り入れた組織構造をしています。 また、インターネットを活用して、変化に素早く反応しながら、必要に応じて組織やスタッフに新しいスキルの獲得やその活用を目指しながら、順調に事業を伸ばしています。

次の