スポット コンサル。 はたらく:増えるスポットコンサル

スポットコンサルのメリットを、企業側と人材側から検証

スポット コンサル

元 ソニー 取締役副会長 中興の祖大賀氏の参謀として活躍。 8ミリビデオ開発の陣頭指揮を執る。 元 トヨタ自動車 取締役副社長 海外マーケティングのスペシャリスト。 トヨタ海外販売部門を統括。 元 みずほフィナンシャル・グループ 代表取締役副社長 グループ企業の連携強化、他社との提携を推進。 元 日本マクドナルド 最高経営責任者 バリュー戦略の見直しを推進し、8期連続の成長を実現。 元 NTTドコモ 代表取締役社長 『i-mode』商用化の立役者。 在任6年で売上を1. 5兆円から5兆円に。 元 三井物産 代表取締役副社長 経理財務のスペシャリスト。 連結資産10兆円の資産管理を統括。 元 日立製作所 専務取締役 マイクロプロセッサ「SHシリーズ」開発・製品化を実現。 世界1位の出荷数を記録。 元 富士フイルム 研究室長 機能性化粧品事業立上げの第一人者。 同社看板商品「アスタリフト」の前進商品開発に携わる。 元 YKK 海外現地法人社長 ブラジル、ベトナム、トルコ、韓国の現地法人社長を歴任。 立上げから黒字化まで経験多数。 元 戸田建設 執行役員本社人事部長 新卒採用体制を抜本から改善。 年間150名の採用を安定して実現。 元 日本アイ・ビー・エム 常務執行役員 同社初の長期契約スキームを開発し、契約額倍増を実現。 既存取引深耕に強み。 元 外務省 駐欧特命全権大使 日本企業のヨーロッパ進出を多数支援。 海外政府関係者との豊富な人脈を持つ。 元 東レ 代表取締役副社長 繊維製品の出口戦略を策定。 「ヒートテック」等納入を実現。 元 三越 代表取締役専務 百貨店運営のスペシャリスト。 広島、大阪、銀座店長を歴任。 元 NTTデータ 常務取締役 外販ビジネスを拡大し、親会社依存率を50%以下に。 元 ローソン 取締役専務執行役員 店舗開発・店舗運営の専門家。 全国5,000店舗出店を牽引。 元 カルビー 代表取締役社長 「じゃがポックル」「じゃがビー」ヒットの立役者。 米ペプシコとの資本業務提携も実現。 元 三井住友建設 代表取締役執行役員副社長 支店の赤字体質改善実績多数。 受注前~竣工後の全工程で管理体制を構築。 元 オリエンタルランド 執行役員エンターテイメント本部長 同社のキャスト教育を全て担当。 スキル、モチベーション向上のスペシャリスト。 元 日本通運 海外法人取締役副社長 現地での物流網整備に尽力。 顧客層を大幅に拡大。 元 旭化成 代表取締役社長 徹底的な選択と集中により、売上5,000億円、利益600億円伸長。 元 花王 取締役常務執行役員 グローバル化推進。 20カ国で企業理念「花王ウェイ」を浸透させる。 元 博報堂 取締役上級執行役員 日本企業の海外進出を支援。 アジアで現地法人16社の立上げを主導。 元 アップルコンピュータジャパン 代表取締役社長 一般ユーザーへのMac展開を促進。 売上5,000億円を実現。 元 良品計画 取締役無印良品事業部長 『無印良品』ブランド立上げメンバー。 商品開発から販売まで一貫したSPA体制を確立。 Brains よくある質問 Q スポットプロとはどのような方々ですか? A 2020年1月現在16,000名強の方にご参画いただいており、多くは上場企業役員・部長として、業界の第一線 でご活躍されていた方々です。 ご出身業界・職種経験も様々で、500分野以上に渡る支援が可能です。 Q スポットプロへの事前相談にはお金がかかりますか? A 基本的には無料で、第一人者への課題の共有、及び事前メッセージのやりとりが可能です。 正式依頼後は決済が必要となりますので、事前メッセージにて、自社の課題に適する候補者か、見極めをお願いいたします。 Q 機密保持契約書の締結は可能ですか? A 本サービスにおいてやり取りされた情報(依頼企業の情報、相談内容等)は、利用規約に基づき厳重に管理し、外部に漏らすことはありません。 また、別途、機密保持契約書の締結も可能ですので、ご相談ください。

次の

スポットコンサルのメリットを、企業側と人材側から検証

スポット コンサル

独立起業を目指すコンサルタントの場合、副業なら 低リスクで新しいビジネスにチャレンジできます。 フリーランスにとっても、副業は 仕事の幅を広げる機会になるはず。 でも本業があるため、どうしても規模の大きい案件には関われません。 そこで注目されているのが、 短期間でコンサルティングを行なう「スポットコンサル」。 短期間で完結するコンサル案件なら、忙しいコンサルタントでもなんとか副業として始められるのではないでしょうか?実は今、企業側のコンサルニーズが多様化していて、スポットコンサル案件の人気は高まっています。 そこでスポットコンサルについて、メリットや注意点、企業が外部人材に対してどんな支援を求めているかについてまとめました。 年単位、数か月単位で契約するのではなく、スポットコンサルは 単発で契約するのが基本。 中には1時間単位でアドバイスを行なう、なんてサービスもあります。 空いた時間を有効活用できるのがポイントで、会社員の副業にも向いていますし、フリーランスが本業の合間に取り組む副業としても向いていると言えるでしょう。 また、通常のコンサルティングサービスは対面で行なうのが基本です。 しかし、スポットコンサルの場合実際に会うこともあれば、電話やオンラインのみでアドバイスするというケースも。 例えば 週末自宅にいながらでも、コンサルティングサービスを提供できるというわけです。 ここも副業としてやりやすいポイントではないでしょうか。 スポットコンサルといえば、「中小企業の経営コンサル」というイメージが強いかもしれません。 経営コンサル関連も多いのですが、最近では 専門性の高い分野のスポットコンサルが増えているようです。 ある企業が2018年にどんなジャンルのスポットコンサルが成立したかを調査したところ、 1位は自動車や自動運転関連、2位は医療やヘルスケア関連、3位はマーケティングという結果となっています。 こうした 専門家に軽い相談ができるのが、スポットコンサルの特徴。 例えば会社が新しいビジネスを立ち上げる前段階で 「社外の専門家に意見を聞いてみたい」という時に有効です。 新規事業や海外進出などを検討している企業が、スポットコンサルを利用するケースも増えているようです。 ただ営業や小売といった分野のアドバイザーも、スポットコンサルの実績はあるとのこと。 スポットコンサルのニーズが多様化していることがよくわかります。 独立起業を目指すコンサルタントやフリーランスのコンサルタントにとって、さまざまなメリットがあります。 (1)コンサルタントとしての実績を増やすことができる 独立起業を目指す人も、フリーランスとして活動を始めたばかりの人も、まず個人でのコンサルティング経験を積むことが課題ではないでしょうか?スポットコンサルはアドバイザー的なものが多く、規模としては小さい案件。 その分、 数をこなすことができるので実績として積み上げやすいのがメリットです。 いつもの仕事相手とは違うクライアント、ジャンルの異なる案件を多く経験することで、コンサルタントやアドバイザーとしてのスキルアップにつながるはずです。 またスポットコンサルは 「短い期間で成果を出す」という経験を積む機会にもなります。 (2)スキマ時間の活用につながる 短期間でできるスポットコンサルは、 働く時間を融通しやすいというメリットもあります。 「本業が忙しくて起業準備ができない」「子育てで休職中だけど、ちょっとだけ働きたい」といった場合、大規模な案件を抱えるのは厳しいですよね。 でも短期間でアドバイザーとしての立場なら対応できる、というケースも多いのではないでしょうか。 スポットコンサルの中には、「1時間電話でアドバイスする」というものもあります。 こうした短時間のアドバイザー案件をうまく組み合わせることで、自分の時間を有効活用することができます。 (3)スキルアップや仕事へのモチベーションがアップする スポットコンサルに取り組むことで、スキルアップや仕事へのモチベーションがアップする、というデータもあります。 自分のスキルを生かしたアドバイザー活動をすることで、もっとスキルアップしたい!と考えるきっかけになるようです。 また会社員の場合、通常は他の社内メンバーと業務を分担します。 でもスポットコンサルは個人事業主としてひとりで対応することが基本。 そこで自分に不足しているスキルや情報を再認識する機会になっているのかもしれません。 また同じ調査結果を見ると、スポットコンサルを実践したことによって仕事のモチベーションについても変化があるという結果が出ています。 「現在の仕事への意欲が高まった」「転職の意欲が高まった」「独立(早期退職)の意欲が高まった」という回答の合計は 約7割もあります。 アドバイザーとしてのニーズがあることで「自分の仕事は市場価値が高い」と気づき、モチベーションアップにつながるのではないでしょうか。 また 「自分の知見が他社の新規事業や新たなマーケット創出になる」という点にやりがいを感じる方もいるそうです。 発注サイドの心理を紐解いてみましょう。 (1)低コストで専門家のアドバイスがもらえる 短期間で利用できるスポットコンサルは、企業から見れば 長期のコンサルティング契約よりコストがおさえられるというメリットがあります。 まだ 新規事業の検討段階であまり予算をかけづらい場合でも、外部の専門家にちょっと相談できるというわけです。 例えばある会社が新たにヘルスケア関連の新規事業を検討していたとしましょう。 本来のジャンルとは違うため、社内に医療やヘルスケアに詳しい人を見つけるのは難しいでしょう。 でもスポットコンサルを使えば、 社外の専門家にアドバイザーとして気軽に相談できるというわけです。 また、すでに経営コンサルティングを外部に委託している会社が、 セカンドオピニオンとしてスポットコンサルで経営相談をするというケースもあるそうです。 (2)人材不足の一時的な補充としても使える すでに 進行中のプロジェクトでどうしても リソースが不足している場合、スポットコンサルに 途中参加してもらうという方法もあります。 「欲しい人材を欲しい期間だけ依頼できる」という点が、企業から見たスポットコンサル最大のメリットです。 (3)長期契約前のトライアルとして利用することもできる コンサルティングを依頼した実績の少ない企業では、長期でコンサルティング契約するか慎重になっているところもあります。 そこで スポットコンサルをトライアルとして利用するケースもあります。 例えば「経営コンサルタントに経営相談をしたいけれど、長期で契約すべきか悩んでいる」という場合、スポットコンサルが有効。 短期なので他のコンサルタントにスイッチしやすい、という一面もあります。 (4)コンサルタントにコンサル以外の業務を依頼しやすい スポットコンサルで依頼できる仕事は、経営相談などのアドバイス業務だけとは限りません。 例えば社内研修の講師や、業務マニュアルの作成などの業務も登録されています。 短期間や単発でコンサルタントに幅広い業務を依頼できるものとして、スポットコンサルを利用する企業が増えています。 スポットコンサルは手軽に始められるものの、注意点もある ち ょっとしたアドバイスや情報が欲しいという企業のニーズに伴い、スポットコンサル市場も広がりを見せています。 これからスポットコンサルにチャレンジしたいコンサルタントにとって、始めるにはいいタイミングとも言えそうです。 手軽に始めやすいスポットコンサルですが、一方で 従来のコンサルティングとは異なる注意点があることを知っておきましょう。 (1)コンサルティングフィーの設定は慎重に 短期間のスポットコンサルの場合、どうしても 単価が低くなりがちです。 副業と割り切って安くても受けるという考え方もありますが、 フリーランスとして将来活動することも考えると単価設定は慎重に考えたいところ。 もちろん相場も意識する必要はありますが、あまり低い価格になりすぎないよう、 自分の強みや 専門性を整理して付加価値を高めていきましょう。 また短期間の案件でも、個人事業主として相手企業との契約は必須です。 小さな案件ばかりになると、どうしても事務作業が面倒になりがち。 でもアドバイザーとしての立場なのかそれ以外のミッションがあるのかなど、 事前に契約の段階でクリアにしておきましょう。 また情報の取り扱いについても、もちろん取り決めをしておく必要があります。 スポットコンサルを仲介するエージェントに登録すれば、価格設定や契約などのフォローをして貰えたり、スポットコンサルの相場や進め方に関するアドバイスや情報を提供される場合もあります。 (2)スポットコンサルとしてニーズの少ないジャンルもある 幅広いジャンルの会社でスポットコンサルの利用は増えていますが、 経営相談や短期プロジェクトの PMOなどの案件が中心です。 コンサルタントの業種や職種によっては、スポットコンサルの案件にマッチしづらい場合もあります。 スポットコンサルとして登録されている案件をチェックするなど、事前に情報収集してニーズがある分野か把握しておきましょう。 (3)スポットコンサル登録者の多くは、経験豊富なシニア層 先ほど紹介したビザスク調べによる調査では、 アドバイスを提供した経験のある人の最も多い年代が60代(30%)、次に多いのが50代(29%)となっています。 一方で 20代は1%と、非常に少ない状況。 つまり現状スポットコンサルを提供している人は、時間に余裕のあるシニア層が中心ということ。 つまりスポットコンサルを利用する企業側も、「ビジネス経験の多いシニアに相談する」という前提でサービスを利用している可能性があります。 例えば経営コンサルタントに相談する場合、なるべく多くの企業へアドバイス経験のある人材に経営相談したい、と考えるのが自然ですよね。 若手コンサルタントの場合、 経験値のあるシニア層とどう差別化するか、考えておきたいところです。 (4)コミュニケーションミスが起こりやすい スポットコンサルは基本的に単発なので、初対面のクライアントとのやり取りが増えます。 お互いのことをよく知らない上、短期間のつきあいですから、アドバイスがうまく伝わらないなどスムーズにいかないこともあります。 またスポットコンサルではオンラインで完結するケースもありますが、この場合も対面でのコンサルティングと比較するとコミュニケーションミスが増えやすくなります。 信頼できるエージェントやマッチングサービスに登録する、 コミュニケーションツールを活用してこまめに連絡を取るようにする、などの対策を講じてリスクを回避しておきましょう。 短期間で行なうスポットコンサル。 起業を目指す会社員にとっても、フリーランスのコンサルタントにとっても、個人事業主としての実績を増やせるチャンスではないでしょうか?利用する会社にとってもメリットは多く、低コストで外部の専門家やアドバイザーに気軽に相談できるサービスとして、人気上昇中。 経営コンサルのほか、新規事業や海外進出など新たなビジネス戦略を検討するなど幅広いジャンルで利用され始めています。 もちろん短期間のスポットコンサルならではの課題も。 相場も考えた上での価格設定など、従来の長期コンサルティング業務と勝手が違うところもあります。 とはいえ日本でも、コンサルタントの新たなビジネススタイルとして広がりつつあるスポットコンサル。 ニーズの高まりをうまく生かして、活用していきましょう! (株式会社みらいワークス Freeconsultant. 予めご了承ください。 募集中の案件•

次の

「ビザスク」で単発コンサルやってみた

スポット コンサル

サイト:• 1回の案件単価は高く感じる• 提案が受け入れられると受注のような形になるので準備コストが高い• 面談以外はWebで完結する(メッセージのやりとりも)ので楽ちん あるテーマについてのインタビューを1回受けたことがあり、そこから仕事が広がる部分もあるので今後にとても期待。 まとめ 世の中的に副業が話題だけど、僕の肌感だと、スポットや副業案件に関するユーザからの問い合わせは多いそう。 ただし、どのサービスも案件の獲得に苦労しているふうに見えてます。 この原因として思いつくのは、 企業がフリーランスを活用する経験がほとんどないし、 サービス側もその価値を十分に伝えられてないからじゃないかなぁ。 そうすると、「活用する」までにいたらず「成功体験」もできず悪循環も起きちゃうかも。 さらに、面談で課題を聞いてみると、当初の課題とぜんぜん違う根本原因がみつかったりして、自分たちの課題なので自分たちで解決をしていきますとかも。 これは多分、その道のプロを活用してもっと効率的に課題を解決する・・・みたいなマインドセットがないのかもしれません。 提供される価値に報酬を払う文化が弱いとか? 今の時代、なんでもゼロからやろうとするのは本当によくないと思うけれども。 逆に考えると、問題が何なのかを理解するのは、会社の外にいるほうが気がつけるように思うので、潜在ニーズはすごくありそう。 みんな大好き働き方改革も流行ってますからね。 そのためにはきっと、こういったサービスと利用する企業を育てていく時間とアクションが必要なのかも知れません。 なんにせよ、サービスの力を活用して、仕事と時間を自分で選んで生きていける時代はもうちょっと先かな。 おまけ。 以下、調べきれていないジョブマッチング系サービス。 : 複業したい人と企業をつなぐサービス• : フルタイムで働けない人のための仕事紹介サービス• : 非エンジニア向けのフリーランス向け仕事紹介サービス• : コンサルや顧問向けサービス• :女性向けフリーランス向け仕事紹介サービス• : 週末だけスタートアップ参画したい人向けサービス• : コンサル向け、稼働100%じゃなくてもいい案件もある• : その名の通り顧問向けサービス.

次の