尿酸サポート。 「尿酸サポート」(機能性表示食品)2 月18日新発売|株式会社ファンケルのプレスリリース

ファンケル尿酸サポート高め尿酸値が実際に下がったサプリ驚きの効果!

尿酸サポート

尿酸値が高くなる原因、プリン体。 実は食品から摂取するのは3割程度。 残り7割は体内で合成されています。 だから、 プリン体だけに着目した製品だけでは足りないのです。 尿酸は「抗酸化成分」のため、 体に必要な成分です。 しかし多すぎると様々な病気の原因になります。 美味しい食品に多く含まれるプリン体。 ヘルシーだとされている和食が高めです。 食品中に含まれるプリン体含有量は下記のように分類されます。 一見、プリン体量が食品より少なく見えますが、ビールなどのアルコールは一度に沢山飲まれることが多いので、 注意が必要です。 また、アルコールはそれ自体の分解の際に尿酸を産出し、排泄を阻害する働きもあるため、 飲み過ぎは禁物です。 出典:高尿酸血症・痛風の治療ガイドラインより• 商品番号 5245 約30日分 120粒 通常価格 3,888円(税込)• 食物アレルギーをお持ちの方はお召し上がりにならないでください。 その場合は摂取を中止してください。 機能性表示食品についてのご注意• 薬と併用しても大丈夫ですか? 薬によっては稀に飲み合わせが問題になる場合もありますので、までお問い合わせください。 尿酸値が7. 0より高い人が摂っても大丈夫ですか? 血清尿酸値が7. 「尿酸サポート」は、血清尿酸値が7. アンペロプシンとは何ですか? 中国で古くからお茶として飲用されている藤茶(とうちゃ)に多く含まれているフラボノイドのひとつです。 高い抗酸化作用を持ち、尿酸が作られることを抑え、尿酸の排出にアプローチすると考えられます。 藤茶(とうちゃ)とは何ですか? 中国の山地に自生しているブドウ科の植物で、お茶として古くから飲用されています。 中国では中国版の特定保健用食品 特保 と言われる保健食品として認可されています。 尿酸とは何ですか? 尿酸とは、体の中でプリン体から作られる抗酸化成分のことです。 尿酸は食品に含まれるプリン体や新陳代謝で生じるプリン体、運動で消費されるエネルギー成分 ATP から作られます。 尿酸値とは何ですか? 尿酸値とは、血液中の尿酸の濃度のことです。 血清尿酸値または血中尿酸値と言われています。 血液1dL(100mL)の中に尿酸が何mg含まれているかを表したものが、「尿酸値」です。 添加物は使用していますか? ファンケルのサプリメントは安心・安全にこだわり、合成着色料・保存料は一切使用しておりません。 内容成分が酸化しやすいものには酸化防止剤や、錠剤を固めるために最低限必要な成分を使用していますが、すべて食品として安全を確認されたものです。 機能性表示食品とは何ですか? 機能性表示食品とは、事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。 販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届けられたものです。 ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。 サプリメントと薬はどう違うのですか? サプリメントと薬は混同されがちですが、サプリメントは薬のように即効性があったり、病気の治療を目的としたものではなく、「食品」です。 毎日の食生活の中で不足しがちな栄養素を手軽に補うことができますので、生活習慣のサポートや美容など、健康でいきいきとした毎日を過ごすためにお役立てください。

次の

「尿酸サポート」(機能性表示食品)2 月18日新発売|株式会社ファンケルのプレスリリース

尿酸サポート

尿酸値が高いことで起こりうる病気とは?適正な尿酸値はどれくらい? 尿酸とは、 プリン体が体内で分解されてできた老廃物です。 プリン体は食事による摂取や体内でも生合成されるエネルギー物質で、人が生命活動する上で必要なものになります。 尿酸値は、健康を測る指標として大切な値になります。 適正を超えた尿酸は、結晶化する危険があり、身体に様々な悪影響を及ぼします。 関節に炎症と激痛を伴う痛風 足の親指付け根などの関節に強烈な痛みと炎症を伴う症状で、高尿酸血症による初期症状で最も多い症状になります。 尿酸の結晶が最も蓄積しやすいのが関節で、特に血流の悪い足の親指付け根に発症しやすくなっています。 歩けないほどの痛みで、生活に支障をきたします。 初めは数日で痛みが引くことが多いですが、放置すると、痛みの度合い・頻度共に増え、慢性化や関節の変形などに至る場合もあります。 腎機能の低下 尿酸の結晶が関節の次に蓄積しやすいのが腎臓になります。 蓄積した結晶が原因で、腎機能が低下し、尿によって体外に排出されるはずの尿酸が、さらに蓄積しやすくなる悪循環に陥ってしまいます。 放置すると、腎不全などになる危険もあり、透析や移植などが必要になる場合もあります。 他の生活習慣病との合併のリスク 尿酸値が高くなることにより、またその原因となる環境などにより、 高血圧・脂質異常症・糖尿病になるリスクが高まります。 進行すると、のリスクが高まり、さらに悪化すれば梗塞・心筋梗塞などを引き起こすこともあり、尿酸値の管理は積極的に行う必要があります。 尿酸値が高くなってしまう理由は?気をつけるべき食べ物があります! 尿酸は体内で生成し、尿として体外に排出します。 機能やバランスが正常な場合は尿酸値も正常ですが、それらが何らかの原因で異常な場合、高尿酸血症になります。 尿酸値が上がってしまうタイプには大きく分けて尿酸産生過剰型と尿酸排出低下型の2つが存在します。 尿酸産生過剰型は、体内で作られる尿酸が多すぎて、産生量が排出量を上回ってしまうケースです。 レバーや干物、白子などプリン体を多く含む食材の過剰摂取、過度な飲酒、激しい運動、などが原因になります。 尿酸排出低下型は、尿酸が尿として排出される機能が低下してしまい、排出量が生産量を下回ってしまうケースになります。 肥満・腎疾患・薬の・遺伝などが原因になり、高尿酸血症患者のほとんどが、この排出低下型です。 尿酸値を下げるための生活習慣や食べ物を解説! 尿酸値を下げる、または上げないためには、尿酸の生産を抑え、排出を促す必要があります。 生活習慣や食生活による対策を解説していきましょう。 生活習慣で対策 肥満は尿酸値を上げる大きな要因になります。 規則正しい生活、その中で適度な運動も必要になってきます。 運動と言っても激しい筋力トレーニングなどは必要ありません。 激しい運動は、新陳代謝が活発になりすぎて、逆に尿酸値を上げてしまう可能性があります。 ウォーキングやジョギングなどを定期的に行い、継続していきましょう。 また、ストレスも尿酸値を上げる要因です。 十分な栄養摂取・生活サイクル・などが大切で、ストレス発散も心がけましょう。 食事で対策 まずは、 レバーや干物などプリン体を多く含む食材を控えることが大切です。 なお、食事には少なからずプリン体は含まれています。 肥満などを避けるためにも、食べ過ぎないことがまず大切です。 また、アルコールは尿酸の排出を阻害する働きがあります。 過度な飲酒は避けるようにしましょう。 中には、尿酸値を下げる作用がある食べ物・飲み物もあります。 海藻類・野菜・乳製品・酢の物などは、尿酸の排出を促す効果があるため、普段の食事の中で意識して摂取を心がけましょう。 尿酸値対策になる食べ物 尿酸値対策の食事で大切なのは、 肥満や食べ過ぎを防ぐことです。 そのため、肥満予防に効果がある食品は尿酸値対策にもつながります。 また、アルカリ性の食品を摂ることも重要です。 人間の体そのものが変化するわけではありませんが、食事の摂り方は尿の性質を尿酸が溶け込みやすいアルカリ性や中性に変えてくれます。 以下は、尿酸値対策になる食べ物です。 参考にしつつ、毎日の食事に取り入れていきましょう。 海藻類:わかめ、昆布など• 野菜:白菜、トマト、にんじん、じゃがいも、さつまいも、キャベツなど• 乳製品:牛乳、バター、チーズ また調味料の面でいうと、の合併症としてよく知られる予防のために、食塩を適切に減らす必要があります。 食塩の摂りすぎは水分をため込み、の原因にもなることから、料理は基本的に薄味にすることがポイントです。 薄味にしやすくする方法として、お酢を活用してみましょう。 お酢も食材から水分を抜く効果があり、味を自然と濃くしてくれます。 尿酸値対策になる飲み物 尿酸値対策の上で、 尿量を増やすことは大切です。 また脱水状態になると、血清尿酸値の上昇を招きます。 そのため肥満のリスクを増やす炭酸飲料やより、水分は水やお茶、ウーロン茶、ほうじ茶がおすすめです。 水は腎臓への負担が最も少なく、またウーロン茶やほうじ茶はカフェインが少なく、夜間でも飲めます。 また2007年に行われたの疫学調査からは、1日4~5杯のコーヒーの摂取が尿酸値の低下や痛風リスクを下げてくれる可能性がある、という結果も報告されています。 しかし効果がある可能性までは分かったものの、具体的にどんな成分がどう効果を示したかは不明です。 同じ研究において、紅茶では効果がみられなかったことから、少なくともカフェインには効果がないことが分かっています。 また乳製品の中でも、PA-3株を含むヨーグルトを続けて摂ることで、乳酸菌がプリン体を吸収されにくい形にしてくれることが分かっています。 乳酸菌PA-3株は明治の「プロビオヨーグルト PA-3」に使用されており、タイプも発売されています。 尿酸値が気になる方にサプリメントの選び方を解説! 高尿酸血症は、生活習慣病です。 予防や対策も習慣的に行う必要があります。 品質・安全性が高いものに加え、継続できるサプリメントを選ぶことが大切です。 また、尿酸値を下げる効果のある成分を知っておきましょう。 効果が表示されているわけでもなく、聞きなれない成分もあるため、把握しておく必要があります。 毎日の食事では不足しがちで、サプリメントでの摂取の方が効率の良い成分を紹介していきます。 産生を抑え排出を促す、アンセリン アンセリンは、動物の筋肉中に含まれる成分で、 尿酸の産生を抑え、さらに排出を促進させる効果があります。 様々な研究や試験により、現在高尿酸血症予防に最も効果のある栄養素として注目されています。 尿酸値に対するアンセリンの効果を示す研究結果を一部ご紹介します。 18~36歳までの14名に対し、1日当たりアンセリン60mgを摂取させ、インスリン感受性の亢進 こうしん などの作用を持つアディポネクチンを検討した研究において、血液検査にて尿酸値の測定も行った。 その結果、有意な血液検査値の増減を示した項目はなく、尿酸値も同様に有意な差は認められなかった アンセリンは、カツオやマグロ、鶏などに多く含まれています。 痛風にアンセリンは効く? 痛風は完全に治る病気ではありませんが、 尿酸値を適切にコントロールすることで症状を抑えることができ、安定すれば薬が不要になる場合もあります。 このことから、尿酸値を下げる効果を持つ可能性があるアンセリンは、痛風で悩む人にもおすすめの成分といえます。 ただし、すでに痛風で通院治療中の方は必ず主治医や薬剤師へ相談したうえで利用を検討しましょう。 アンセリンは血圧にも有効? アンセリンの効果の1つに、 自律神経の活動に影響を与え、副交感神経活動が優位になる可能性があるとされます。 副交感神経は眠る時やリラックスした時、食事の際に活発になる神経であり、心拍数を下げ血管を拡張する働きがあります。 反対に交感神経は、心拍数を高め血管を収縮することで血圧を上昇させる働きを持っています。 通常であれば交感神経の働きは体を動かすのに大切な反応ですが、高血圧の人にとっては血圧を上昇させる要因にもなります。 したがって副交感神経を優位にさせる可能性があるアンセリンは、血圧にも有効と言われているのです。 排出を助ける、サポニン 植物の根や葉に含まれる苦み成分です。 抗酸化作用・血行改善作用があり、肥満や生活習慣病予防にも効果的です。 腎機能を向上させる効果もあり、尿酸の排出を助ける効果があります。 大豆・人参・ごぼう・アスパラガス・ウーロン茶などに多く含まれています。 排出を促す、DHA、EPA 言わずと知れた成分です。 血液がサラサラになることで、尿酸の排出を促す効果があるとされています。 血圧やコレステロールの改善にも効果があり、生活習慣病全体の予防や健康維持に効果的です。 青魚に多く含まれています。 核酸は尿酸値を下げてくれる? とは、私たちの体の中で新たな細胞を生み出す際に欠かせない、遺伝子情報の本体であるDNAと、その情報からを作るRNAの2種類からなる物質です。 やアスパラギン酸、など様々な材料が用いられ、で合成されます。 核酸は体内では必須の存在ですが、核酸は代謝された後、最終的に尿酸となって排出される物質です。 核酸が大量に増えすぎてしまうと、その分だけ尿酸も増えてしまい、高尿酸血症や痛風になる可能性もあります。 現に核酸が多い食材である白子は、高尿酸血症を予防するなら適切に控えるべき食品の1つです。 また体内で新しい細胞が次々と作られる過程で分解されたDNAや、エネルギー消費で使用されたATP(アデノシン3リン酸)も尿酸となります。 体内で作られる核酸は、食事から摂取される量より遥かに多いからこそ、食事での核酸摂取を適切に抑える必要があるのです。 したがって、核酸をサプリメントで補うことに、 尿酸値を下げる効果はありません。 クエン酸、葉酸、ビタミンCは効果があるの? や葉酸、摂取の尿酸値低下効果について、聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。 この3つの成分のうち、実際に 尿酸値低下効果や痛風予防効果がある可能性が示唆されているのが、ビタミンCと葉酸です。 ビタミンCは1日当たり500mgを毎日摂取した人は、血清尿酸値の低下がみられたことが報告されています。 また葉酸については、高血圧患者が葉酸を補給することで、血清尿酸値が低下する可能性が示唆されています。 クエン酸は尿のアルカリ化を進め、尿路結石を予防することが目的で処方されることがありますが、血清尿酸値を直接下げる効果はありません。 しかしあくまで痛風予防であって、すでに腎臓の機能が低下している人やの人、血液をさらさらにする治療をしている人は治療や腎臓の機能へ影響を与える恐れがあります。 安易にサプリメントを使用せず、まずは医師へ相談しましょう。 DHCの尿酸値を下げるサプリメントは? でも、尿酸値を下げる効果があるとされる成分を含むサプリメントが販売されています。 コスパも求める人に、 DHA アンセリン 1日3粒で、アンセリン60mgが補えるサプリメントです。 30日分で2,000円前後で購入できるため、1日当たり66円ほどで継続できます。 アンセリン以外の成分はを作るゼラチンや、調整剤のみであるため、他のサプリメントとの成分重複が起きにくいサプリメントです。

次の

【健康食品・サプリメント】尿酸サポート│ファンケルオンライン

尿酸サポート

新成分「アンペロプシン」に尿酸値を下げる効果を見出す 高めの尿酸値に悩んでいる人が多くいるにもかかわらず、市場には高めの尿酸値を下げるための対策商品がなかったので、同社は2018年に『尿酸サポート』を企画し、開発をスタートした。 『尿酸サポート』は機能性関与成分として、「アンペロプシン」と「キトサン」を配合することにした。 「アンペロプシン」は、中国で古くから親しまれている藤茶(とうちゃ)に多く含まれているフラボノイド。 高い抗酸化作用を持つほか、尿酸がつくられるのを抑え尿酸を体外に出す機能を持つ。 一方の「キトサン」は、カニやエビなどの甲殻類の殻に含まれるキチンを加工してつくられる食物繊維で、尿酸の素になるプリン体の吸収を抑える。 乾燥させた藤茶の茶葉 高い抗酸化力を持つ藤茶に注目し研究を開始したのは2015年頃。 藤茶に多く含まれている抗酸化成分「アンペロプシン」の開発を進める中で、さらに尿酸値の低下が期待できることを発見した。 尿酸値を下げることが期待されるいくつかの候補成分と比較したところ、「アンペロプシン」が最も高い効果があることがわかった。 だが、「アンペロプシン」は尿酸の素になるプリン体の吸収を抑制する働きがないことから、プリン体の吸収を抑制する効果が高い「キトサン」を追加。 これにより、「尿酸をつくらない」「尿酸を溜めない」「尿酸を外に出す」という処方の設計を可能にした。 高めの尿酸値を下げる『尿酸サポート』の働き サプリメントの開発は有効成分を配合して終わりではない。 例えば、「アンペロプシン」は水に溶けにくい性質を持っているため、体の中で分散しやすいように工夫した。 ターゲットユーザーのインサイトを浮き彫りにする 臨床試験で「アンペロプシン」と「キトサン」を使った処方に高めの尿酸値を下げる効果が確認されたこと受け、同社は『尿酸サポート』を臨床試験済みの機能性表示食品として発売することにした。 臨床試験の結果。 『尿酸サポート』の有効成分である「アンペロプシン」と「キトサン」を含まない食品を摂取しない群は12週間後、尿酸値が0. とはいえ、血圧や血糖値などの悩みに比べると、高めの尿酸値はコアな悩みでもある。 そこで、最適な戦略を導き出すためにターゲットの調査を行なうことにした。 ユーザーは、高めの尿酸値に問題を抱えるようになる30代から中高年以降の男性と明確。 深く刺さる訴求を探るべく、ターゲットユーザーのインサイトを浮き彫りにする「ソーシャルリスニング」を実施することにした。 SNSの投稿から[尿酸値]という言葉を抽出し、どのようなキーワードと親和性が高いのかを分析した結果、[尿酸値]は[健康診断]や[食事]と親和性が高いことが判明。 「ソーシャルリスニング」から浮き彫りになったターゲットユーザーのインサイトは、「食べたり飲んだりすることを我慢してしまう」という現実であった。

次の