イソフラボン 女性 ホルモン。 エストロゲン様作用│イソフラボン

葛の花イソフラボンには副作用や女性ホルモン作用がある?

イソフラボン 女性 ホルモン

私も納豆や豆乳、豆腐をよく食べていますよ。 そんなイソフラボンは、大豆以外の植物にも含まれます。 イソフラボンには違いないので、女性の悩みに役立つ一方、どの植物に含まれているのかで変わる効果もあるようす。 全てのイソフラボンが同じ効果しか持っていないわけではないんです。 ゆえにサプリなど見た目にわからない加工がされている場合は、どこから採ったイソフラボンなのかを事前に確認しましょう。 今回はイソフラボンが多い植物の中でも、サプリなどで採用されることの多い葛の花をチェック、大豆イソフラボンと比較し、効果の違いなどを探ってみました。 葛の花イソフラボンの成分が何がメインで特徴? 葛の花イソフラボンは、 痩身に関わる効果と持っているのが特徴です。 お腹に溜まった脂肪を減らすサポートをすることが可能で、ダイエットサプリなどに含まれています。 また体重の減少だけでなく、BMI値や体型(主にウエスト周径)の変化にも期待の声が見られました。 葛の花イソフラボンは、イソフラボンの中でもテクトリゲニン類の成分。 私たちが普段生活する中で使われる 基礎代謝をアップしやすくするという効果を持っており、それが脂肪を燃焼させて痩身に繋がる仕組みです。 加えて新たに摂取した糖や脂が、中性脂肪に変わってしまうのを防ぐことも可能。 現在ある脂肪の燃焼に加え、新たに脂肪を増やすことへの予防にも役立ちます。 ちなみに葛の花イソフラボンは、サプリなどの健康食品で1日あたり35mgの摂取を目安としています。 私も下腹部ダイエットの為に葛の花イソフラボン青汁を飲んでいますが、良い感じです。 植物性エストロゲンや、エストロゲン様物質などと呼ばれることもあります。 エストロゲンは女性らしい体つきや、生理周期のサポートなどに関わっており、バストアップや生理周期の乱れ対策を行いたい人におすすめです。 またエストロゲンは年齢、特に閉経に近づくにつれて激減する傾向にあるため、大豆イソフラボンを得ることで更年期の悩み解消にも役立ちます。 コレステロールや骨、自律神経の悩みにも役立つことから、女性だけでなく男性にも便利な成分です。 ちなみに大豆イソフラボンは、消化・吸収にあたってアグリコン体と呼ばれる成分に変化します。 大豆イソフラボン自体は配糖体に属しますが、人の体内に取り入れられる際、糖が分離されて非配糖体のアグリコンに変わり、効果を発揮します。 1日の摂取目安は成人でおよそ75mg。 食事である程度得ていることを前提とする健康食品の利用に関しては、1日あたり30mgの摂取を目安としています。 葛の花イソフラボンのメリットとデメリット対策 葛の花イソフラボンは、大豆イソフラボンと異なり、植物性エストロゲンとしての側面はあまりありません。 0ではありませんが大豆イソフラボンに比べて強くはないので、 過剰摂取でホルモンバランスが乱れる悩みがないのはメリットでしょう。 反面大豆製品に比べると、葛の花や葛の花を使った食品は得にくいため、サプリで摂取する方法に限られているのがデメリット。 また主な効果である 脂肪燃焼は、あくまでサポートの範囲です。 積極的なダイエットを考えるなら食事制限で摂取カロリーを抑えたり、運動で消費カロリーを高めるなどの工夫は必要です。 加えて効果は即効ではありません。 サプリ全般に言えることですが、変化が出るまでの期間は個人差があり、 平均して3か月は継続が求められます。 仮に、1日の摂取量を増やせば脂肪の燃焼も加速するということもありません。 サプリなどでは臨床試験として、目安量の2~3倍で飲み続けてもらったなどの報告も聞きますが、特別な変化はないようす。 3倍以下という条件付きとはいえ、過剰摂取で体調不良はない代わりに、劇的なダイエットもあり得ないということです。 しかし私の場合ですが、葛の花イソフラボン青汁を飲み続けているとお肌の調子は良くなってきて、お腹周りもスッキリするのは体感中です。 青汁のみに頼りすぎずに適度に運動もして続けると効果があると思います。 加工食品からもイソフラボンは得られるため、大豆そのものが苦手な方でも、 豆乳や納豆、豆腐など様々な大豆製品で補うことができます。 多くが1食分で目安量の大半を得られるのも魅力。 納豆なら1パックで65mg、豆腐なら半丁で55mgほどの大豆イソフラボンを摂取できます。 もちろん大豆そのままの方がイソフラボンの含有量も高いですが、好みの食品で続けることで無理ない悩みケアが可能です。 大豆イソフラボンのデメリットは 過剰摂取による副作用でしょうか。 基本的に大豆イソフラボンは、必要以上に摂った場合は体外に排泄されます。 だからと言って、毎日たくさん摂って常に目安量を満たすという考え方もおすすめしません。 女性の悩みに役立つ大豆イソフラボンは、反対に過剰摂取でその悩みをより加速・重くさせる可能性が高いです。 また大豆食品として大豆イソフラボンを得た場合、 下痢などお腹のトラブルが起こりやすくなったり、食べすぎゆえに太るといったデメリットもあります。 毎日の目安量をしっかり守る、目安量の把握がしにくいようならサプリを取り入れるなど、適量で続けて対策しましょう。 豆乳なら1日200cc以下にしましょう。 飲みすぎ注意です。 葛の花イソフラボンが向く人と向かない人 葛の花イソフラボンはダイエットに役立ちますが、上でも触れたように即効性を求めることはできません。 ゆえに明日着たいドレスの為に痩せたいとか、数日で減量したいという方には当然ですが不向きです。 無論、葛の花イソフラボン自体はダイエットのサポート程度ですから、食事制限や運動をハードなものにすれば、即日でのダイエットも不可能ではないかもしれません。 そう考えると、葛の花イソフラボンだけで何とかしようと思っている人にも向かないと言えるでしょう。 反対に、時間をかけてゆっくり体重を減らしたい、毎日しっかり続けられるという人なら、葛の花イソフラボンの効果も活かしやすいです。 今、ちょうど葛の花イソフラボン青汁で人気のきょうの青汁を飲んでいますが、お肌の調子が良い感じです。 やはり時間はかかりそうですね。 ただお腹スッキリなので、期待できそうです。 葛の花イソフラボンにも、微量ですが女性ホルモン様物質は含まれているため、該当者が得ることによって悪影響がでる可能性があります。 確実に出るとは限らないので、どうしても続けたい場合はかかりつけ医に相談するのも手。 もちろんかかりつけ医の許可が出なければ、出産・卒乳を終えるか、お子さんの場合は成長しきるまで待ちましょう。 普段の食事で得てしまう程度なら問題ないでしょうが、葛の花の場合はサプリなど健康食品から得ることが多いので、必然的に利用しなくなるケースが多いです。 大豆イソフラボンが向く人と向かない人 一方 大豆イソフラボンは、大豆アレルギーの方には向きません。 イソフラボンのみ抽出したサプリなどであっても、アレルギー反応がでる可能性があるためです。 大豆以外の食物アレルギーを抱えている方も念のため、利用する食品やサプリなどに、該当する食材が含まれていないかを確認しましょう。 そして 大豆イソフラボンもまた、幼いお子さんや妊娠中・授乳中の方には向きません。 口にするのがNGというわけではなく、普段の生活にプラスしてサプリや薬などで大豆イソフラボンを得ることは推奨されていないという程度。 身体の器官が未発達な部分も多いお子さんや、過敏になりがちな妊娠前後は、普段の生活以上の摂取をすると過剰になる可能性もあります。 明確にこうなるという研究はないのですが、一方で完全に問題なしとも言えないのが現状です。 お子さんは成長すれば、妊娠中はもちろん出産・卒乳すれば健康食品として大豆イソフラボンを追加できるようになるので、それまでは普段の生活の範囲に留めておきましょう。 個人的には、納豆、豆乳、豆腐を食べていると十分なのかなとは思います。 だから大豆製品は苦手で食べれない人は、卒乳後にサプリを考えると良いですね。 更年期対策には、どちらが効果? 先ほどもちょっと触れましたが、女性ホルモンに近い効果を持っている 大豆イソフラボンは更年期対策としてもおすすめです。 大豆イソフラボンを得ることで女性ホルモンを補う形になって、更年期の悩みを抑えたり軽くすることが可能。 身体面では暑さに関係ない火照りや、肩こり・首こり。 コレステロール対策にもなりますから、女性ホルモンの減少でお腹がぽっこり出てしまった方が、女性らしい体型に戻すサポートも期待できます。 また自律神経のケアも可能ですから、精神的な悩み、イライラや不安なども対処しやすくなります。 ダイエットには、どちらが効果? 対して ダイエットであれば、葛の花イソフラボンの方がおすすめです。 体内の脂肪燃焼及び、新たに脂肪となりうる糖や脂の吸収を抑えてくれるので、普段の生活を続けるだけでも効果は期待できます。 ただ上でも触れたように、 しっかり体重を減らしたいのであれば、運動や食事制限などの併用は必要です。 普段の生活に葛の花イソフラボンを取り入れるだけの場合、現在の体重キープか、より時間をかけて減量していくことになるでしょう。 葛の花イソフラボンでダイエット自体は可能ですが、日頃の食事や運動もして意識してダイエットする事で効果が増えます。 美肌などエイジングケアに良いのはどちら? エイジングケアは、大豆イソフラボンの方がおすすめです。 女性ホルモンであるエストロゲンは、肌をきれいにすることも働きの1つ。 もちろん普段のスキンケアも必須ですが、内側から女性ホルモンを増やして上げることで、女性らしいきめ細やかな肌を作りやすくなります。 肌の荒れは紫外線などの外的な要因、加齢、間違ったスキンケアなど色々な原因がありますが、女性ホルモンの減少もその1つ。 女性ホルモンが減少してしまうと、シワが作られやすくなる、ハリを保ちにくいなどのデメリットが生じます。 大豆イソフラボンで女性ホルモンが増えた状態に近づけ、シワのできにくい、ハリが維持しやすい状況を取り戻すことで、ヒアルロン酸などの美容成分も肌になじみやすく、効果を感じられるようにしましょう。 そして 大豆イソフラボンの美肌効果は、当然ですが顔だけでなくボディにも影響。 手足のシミやシワから、柔らかい肌質も取り戻す手伝いをしてくれます。 葛の花イソフラボンのダイエットとは少し違いますが、胸とお尻が大きく柔らかい、女性特有の体型に近づけるにも役立つ成分です。 普通~ぽっちゃり体型であっても、お腹がデンと出ている体型より、ある程度くびれ、胸とお尻が出ている体型を好むならおすすめします。 葛の花と大豆イソフラボンは併用するとまずい? 葛の花イソフラボンでただ痩せるのではなく、大豆イソフラボンで女性らしいスタイルをキープしたままダイエットしたい、という方もいると思います。 特に更年期など、女性ホルモンが減少しやすい時期は、痩せた場合に胸もお尻も小さくなる話が少なくありません。 現状、 葛の花と大豆、それぞれのイソフラボンの併用は特に禁止されていません。 それぞれイソフラボンと名前が付いてはいますが、 アグリコン型とテクトリゲニン類で別の物質ですから、 併用しても過剰摂取になったり、互いに悪影響を与えるということもないのでしょう。 ただ個々に利用目的が異なるので、毎日の摂取タイミングまで一緒にするよりも、それぞれに適したタイミングで利用するのがベストです。 葛の花なら脂肪の燃焼を期待して食事や運動の前後。 大豆なら女性ホルモンへの働きから就寝前などがおすすめ。 同時期に利用するのは構いませんが、 摂取タイミングはそれぞれに適した場面が良いでしょう。 葛の花と大豆イソフラボンの効果の違い比較!選び方まとめ 葛の花と大豆にはいずれもイソフラボンという成分が含まれていますが、その特徴は違っています。 まず 葛の花は主に痩身に適した効果で、ダイエット中の方や、これからしようと思っている方に向いています。 ただし脂肪燃焼はあくまでサポートなので、ダイエット効率を高めるぐらいに考え、運動や食事も注意しましょう。 一方大豆イソフラボンは、女性ホルモンに近い効果があることから、そのまま女性ホルモンの代わりとして役立っています。 生理周期や更年期の悩みから、女性らしい肌や体型を求める人に大豆イソフラボンはおすすめです。 しかし 大豆イソフラボンは摂取しすぎると、かえって女性ホルモンのバランスを乱してしまうので注意しましょう。 得られる効果やデメリットなどを理解し、自分に適したイソフラボンで、快適ライフを楽しみましょう。

次の

葛由来イソフラボンについて

イソフラボン 女性 ホルモン

ポリフェノールには、大豆などのマメ科植物に含まれるイソフラボンのほか、やなどの青紫色の植物色素である、や紅茶の苦み成分であるなどがあります。 また、イソフラボンにも様々な分類や種類があり、大豆に含まれるイソフラボンは「ダイゼイン」「」と呼ばれています。 その中でも糖部分が分離したものはアグリコン型といい、伝統的な大豆発酵食品中に含まれます。 エストロゲンは、美しい肌やふくよかな体つきをつくる上で欠かせない女性ホルモンです。 また、イソフラボンは不足しているエストロゲンを補うだけではなく、エストロゲンが過剰に分泌されたときにはその分泌量を抑える抗エストロゲン作用という働きがあります。 つまり、イソフラボンはエストロゲンの過不足を調整する効果があるのです。 食品で補う場合は、豆腐なら150g(半丁)、納豆なら60g(1パック)が目安となります。 サプリメントでイソフラボンを補う場合は、一日の上限値がアグリコン型として30mgと定められています。 イソフラボンは女性ホルモンと似た働きを持つため、ホルモン剤や抗ガン剤を服用している場合、摂取する際には医師への相談が必要です。 また、大豆アレルギーを持つ方の場合、大豆由来のイソフラボンを摂取するとアレルギーを起こす可能性があることや、妊娠中や授乳中の方がイソフラボンを摂取すると、ホルモンバランスに影響を与える可能性があるため、こういった方々はイソフラボンが配合されているサプリメントの摂取に注意が必要です。 大豆そのものを食べることはもちろんですが、大豆の加工食品からイソフラボンを摂取することもできます。 大豆の加工食品には、豆腐・しょうゆ・みそなど多くの種類がありますが、大豆を加工する間にイソフラボンが流出・分解するため、食品によってイソフラボンの量に差があります。 その中で、最もイソフラボンの含有量が多いのは、きな粉だといわれています。 きな粉は、大豆を炒ってから皮をむき、ひいた状態のものです。 製造工程の中でイソフラボンの流出が少なく、イソフラボンを効率良く摂取することができる食品です。 紫外線やストレスなどにより体内で過剰に発生すると、脂質やたんぱく質、DNAなどに影響し、老化などの原因になるとされます。 生物界に広く分布し、植物色素であるアントシアニンやフラボン類などがあげられます。 平均的な閉経年齢は50歳前後といわれているため、40~60歳前後の期間が更年期にあたります。 主な症状として、顔のほてりやのぼせ、発汗、肩こり、頭痛などの身体的なものに加えて、イライラ、不安、憂鬱など、精神的な症状も見られます。 これらの症状は、更年期障害と呼ばれています。 また、年齢だけではなく、無理なダイエットやストレス、喫煙、睡眠不足などの生活習慣が原因でエストロゲンの分泌が減少し、更年期障害に似た症状が現れ、月経周期が乱れてしまいます。 このような症状が、不規則な生活習慣を送る女性の間で増加しているといわれています。 イソフラボンは、エストロゲンの分泌を促し、更年期障害の症状を改善する効果があります。 また、イソフラボンがもつ、エストロゲンの過不足を整える作用は、エストロゲンの過剰分泌が原因で引き起こされる乳ガンの予防につながると考えられます。 欧米に比べて大豆の消費量が多いアジア諸国の女性は、乳ガンの発症率が低いという調査結果も報告されており、この理由としてイソフラボンの摂取量が多いことが考えられています。 しかし、エストロゲンの分泌が減少すると、骨にカルシウムを蓄えておく力が低下してしまいます。 これが、骨粗しょう症です。 更年期障害と同様、若い世代の女性でも、不規則な生活習慣が原因でエストロゲンの分泌が減少すると骨粗しょう症が引き起こされる可能性があります。 イソフラボンは、エストロゲンの分泌を促し、骨の中にカルシウムを蓄えることで、骨粗しょう症を予防します。 また、イソフラボンには骨量を増やす働きがあるため、イソフラボンの摂取量が多い人は骨密度が高いという研究結果も報告されています。 年齢や生活習慣によってエストロゲンの分泌が減少すると、肌の弾力を保つや、肌に潤いを与えるをつくる力が低下し、しわやたるみなどの肌の老化現象が引き起こされます。 イソフラボンには、肌の弾力性を保ち、しわを改善する効果があります。 このようなイソフラボンの美肌効果は、化粧品や美容のサプリメントにも応用されています。 しかし、ラード(豚の脂)やバターなどの動物性脂肪を多く含む食品を摂りすぎることによって、血液中のコレステロールが増加してしまいます。 特に、更年期の女性は年齢とともにエネルギーの代謝が悪くなるため、コレステロールが増加しやすいといわれています。 イソフラボンは、血液中に増えすぎたコレステロールを減少させる効果があり、生活習慣病や動脈硬化の予防に役立ちます。 実際の調査結果で、イソフラボンを多く摂取している地域ほど心筋梗塞の患者数が少ないというデータが得られています。 前立腺ガンは、男性ホルモンの過剰な分泌が原因で引き起こされます。 女性ホルモンであるエストロゲンの働きに近いイソフラボンを摂取することで男性ホルモンを抑え、前立腺ガンの予防効果が期待できます。 一定の面積あたり骨に存在するカルシウムなどのミネラルがどの程度あるかを示し、骨の強度を表します。 血液がうまく流れなくなることで心臓や血管などの様々な病気の原因となります。 【2】閉経後女性203名が、大豆イソフラボンを1日80mg とカルシウムを1日500mg を1年間摂取したところ、股関節などの骨ミネラル量の減少が緩和されたことから、大豆イソフラボンに骨粗しょう症予防効果が示唆されました。 閉経後4年以上経過した、やせ型の女性、及びカルシウム摂取量が少ない方で、大豆イソフラボンの骨粗しょう症予防効果に有益であると考えられています。 【3】卵巣摘出更年期障害ラットにおいて、大豆イソフラボンを28日間摂取させたところ、更年期障害症状の1つ、血中総コレステロール、トリグリセリド値の上昇を抑制した。 また日本人女性40名 20-60歳 において、大豆イソフラボンを1日40mg 、6ヵ月間摂取させたところ、内臓脂肪、血中脂質の改善が見られたことから、大豆イソフラボンの更年期障害予防効果が示唆されています。 イソフラボンの研究情報 ・原山建朗 最新・最強のサプリメント大事典 昭文社 ・中屋豊 よくわかる栄養学の基本としくみ 秀和システム ・蒲原聖可 サプリメント事典 平凡社•

次の

イソフラボンからエクオールを作れる人の特徴と作れない人は?更年期に影響する

イソフラボン 女性 ホルモン

女性ホルモンとイソフラボンの関係 イソフラボンが持つ効果は女性ホルモンの働きがもたらしているものとよく似ています。 イソフラボンと女性ホルモンとはどんな関係があるのでしょうか。 女性ホルモンのエストロゲンには、女性らしさを司る働きがあります。 女性らしい丸みを帯びた身体のラインを生み出すのも、乳房や女性性器を発達、生理などもエストロゲンの働きによる物です。 ホルモンバランスが乱れるなどしエストロゲンが減少すると、身体に様々な不調が現れます。 血中のコレステロール値が上昇し血行を阻害、動脈硬化などに伴う疾患のリスクが上昇するのと同時に、代謝機能が低下、お肌からハリや潤いが失われていき、老化が加速します。 さらに月経周期が乱れ、更年期障害の原因につながります。 骨からのカルシウム流出が始まり、骨粗鬆症になってしまいます。 つまり、女性ホルモン・エストロゲンは身体のあらゆる機能を支えており、不足してしまうと多くの不調が現れてしまうのです。 では、これら女性ホルモンの不足により起こる症状に対して、イソフラボンはどの様な関係が有るのでしょうか。 実は、イソフラボンの化学構造は女性ホルモン・エストロゲンと酷似しており、体内で同じ働きをするのです。 つまりイソフラボンは女性ホルモンの代役になることが可能なのです。 エストロゲンと結びつく事で細胞の発達を促す、エストロゲン受容体がエストロゲンとイソフラボンを勘違いするともいえますね。 そのため、イソフラボンを摂取する事で多くの女性の悩みや不調に改善効果が期待できるのです。 女性ホルモンは体内で分泌され、年齢と共にその量は減少していきます。 生涯で分泌される量自体がそれほど多くないといわれており、減った分泌量を元に戻すのは難しいといわれています。 一方、イソフラボンは大豆などのマメ科植物に含まれており、味噌や豆腐、納豆や醤油といった大豆加工品を組み込んだ食事メニューやイソフラボン配合サプリメントにより経口摂取が可能です。 他にもこんなサプリが人気• イソラコン• レディーズプエラリア99%• ベルタプエラリア イソフラボンについて• 安全性• 似ているもの• 女性ホルモン• アンチエイジング• ニキビ• ダイエット• メタボ• バストアップ• 女性らしさ• PMS• 更年期• 動脈硬化• ムダ毛• 効果を期待するために控えた方が良いこと• 摂取方法• 食事から摂取• サプリメントから摂取• 合わせて摂りたい成分• 摂取量• 気を付けた方が良いこと• 副作用•

次の