ソード こおりタイプ。 【ポケモンGO】こおりタイプのおすすめポケモン一覧と弱点

すべて、こおりタイプの技一覧 (ソードシールド)|ポケモン徹底攻略

ソード こおりタイプ

効果なし 無効 タイプ相性とは? 技とポケモンが持つタイプの相性 タイプ相性とは、放った技と受けるポケモン自身が持つタイプの相性のことを言います。 放った技のタイプが、受けるポケモンの持つタイプと相性がいいとダメージが大きく、相性が悪いとダメージが少なくなります。 相性によるダメージの増減 相性によるダメージの増減は倍率で決まっています。 相性が良い技を放つとダメージの倍率は高くなり、多くのダメージが与えられます。 そのため、ポケモンバトルではポケモンと技のタイプを理解し、有利な技を放つことが非常に重要です。 そのため、どちらも効果が抜群だった場合には4倍のダメージに、どちらも効果が今ひとつだった場合には0. 25倍のダメージになります。 2つのタイプのどちらも効果はばつぐん 4倍 片方が効果はばつぐん、片方は普通 2倍 どちらも普通 or 片方が効果はばつぐん、片方は効果はいまひとつ 等倍 1倍 片方が効果はいまひとつ、片方は普通 0. 5倍 2つのタイプのどちらも効果はいまひとつ 0. 25倍 どちらか片方が効果がない 0倍 無効 関連記事 初心者向け記事一覧 タイプ相性表.

次の

【ソードシールド】タイプ相性の基礎知識まとめ!タイプ相性表・仕様など【ポケモン剣盾】

ソード こおりタイプ

「こおり」状態にならない。 「」で受けるダメージが倍になる。 天候「」のダメージを受けない。 技「」を受けない。 攻撃面ではメジャーな4タイプの弱点をつくことができる。 中でもドラゴンタイプ等多くのメジャーな4倍弱点をつくことができるのが非常に優秀であるが故にサブウェポンに採用されることが全タイプの中でも特に多い。 またみずタイプの殆どのポケモンが氷タイプの技を習得できるのもサブウェポンに採用されやすい理由の一つ。 限定的な特性や状況を除き無効化されることもなく、命中率の低い「ふぶき」、連続攻撃で威力が不安定な「つららばり」や「トリプルアクセル」、状況次第で威力倍増の「ゆきなだれ」や「ウェザーボール」といった、デメリットもあるが威力が100以上のわざも物理特殊で揃っている。 こおりタイプの代表的なわざは威力命中のバランスが良くデメリットもない「れいとうビーム」だろう。 しかし防御面では4タイプに弱点をつかれ、半減も氷のみなので非常に厳しいと言わざるをえない。 特に炎、岩、格闘は採用率も高いため弱点をつかれやすく、ステルスロックを撒かれると厳しい展開になりやすい。 かろうじて等が数値受けとして活躍できる。 氷タイプが恩恵を受ける天候として霰がある。 ここでは「吹雪」が必中になる、氷タイプ以外は毎ターンダメージを受けるといった氷に有利な状況となる。 しかし氷タイプは上記のように守りに回ると脆弱なので手持ちに氷タイプが増えすぎると難易度の高い構築となる。 なお、はじまりのうみやおわりのだいちなどでは天気は変えられない。 こおりタイプに関係する要素 技• もちもの• とけないこおり• つららのプレート• アイスメモリ• ゆきだま• ヤチェのみ• ナナシのみ• ザロクのみ• リュガのみ 状態•

次の

すべて、こおりタイプの技一覧 (ソードシールド)|ポケモン徹底攻略

ソード こおりタイプ

『ポケットモンスター ソード・シールド ポケモン剣盾 』のバトル知識「タイプ相性」についてのまとめです。 便利なタイプ相性表と、タイプ相性の特徴や仕様について掲載しています。 これを「タイプ相性」と呼び、ポケモンバトルの基礎となっています。 複合タイプの場合は両方の相性をかける タイプが2つある「複合タイプ」と呼ばれるポケモンの場合は、それぞれの相性判定をかけ合わせた倍率が反映されます。 25 ダメージが無効化されるタイプ相性も ノーマルタイプに対してのゴースト技、じめんタイプに対してのでんき技など、ダメージを一切与えられないタイプ相性もあります。 複合タイプの場合でもダメージ無効の相性があれば、無効が優先されます。 自分のタイプと一致する技は威力アップ ポケモンのタイプと同じタイプの技を使うと、ダメージが1. 5倍になります。 そのため、攻撃技はタイプが一致しているものを覚えさせるのが基本となります。 これを一般的に「タイプ一致」と呼びます。 ダメージ固定技はタイプ相性の影響なし 与えられるダメージ量が固定されている技の場合、タイプ相性に影響されずに攻撃できます。 ただし、相性がダメージ無効 効果がない の場合はダメージを与えられません。

次の