人事 転職 大手。 人事経験者が大手企業への転職を実現するためのポイントは?

大手企業の人事(採用・労務・教育など)の転職・求人一覧|エン ミドルの転職

人事 転職 大手

人事の業務は大手企業と中小企業・ベンチャー企業でどう違う? 人事の仕事といっても大手企業とベンチャー企業では、仕事内容が違っていくものです。 大手で働く場合は、一つの業務に特化した人事管理の仕事を進めていくのが普通です。 中途採用を専門に扱う人事部署に配属された場合には、数年間に渡り中途採用への応募者に対して、面談や選考などの採用業務を営んでいくことになります。 ルーティンワークになりがちな大手企業の人事業務ですが、一部の業務に特化していく形になりますので、高い専門性を身につけることができるメリットもあります。 ベンチャー企業で働く場合には、大手企業とは違い中途採用などの一部業務に限定されるのではなく、経営に関係する広範な業務に携わることを可能にします。 面接での採用業務だけではなく、採用後の社員の就業管理などの人事に関する業務全般に関わることを可能にするのがベンチャー企業で人事として働くことのメリットになります。 ベンチャー企業の場合は、将来的に規模が拡大して大きな企業へと変貌する可能性もあります。 立ち上げ当初に人事職として入社しておけば、自社が規模拡大して大企業になった際には要職につける可能性もあります。 人事経験者で大手企業に向いている人の特徴はこの3つ! 人事経験がある方で大手企業への転職を考える方も、自分のキャリアが大手企業で通用するかが気になる方も多いでしょう。 大手企業での人事業務が向いている人の特徴は、主に以下の3つになっていきます。 ルーティンワークに飽きずかつ臨機応変に対応できる人 大手企業の場合は、人事部の仕事も細分化され、1つの業務を長きに渡り続ける必要があるものです。 新卒採用の仕事に従事した場合には、数年間に渡り就活者に対する内定業務に携わっていく形になるでしょう。 同じ業務内容を継続する傾向がありますので、慣れてしまうと楽な面もありますが、変化の無い単調さを感じる方がいるのも事実ではあります。 大手企業で人事業務を営む方は、ルーティンワークに飽きないタイプの方が良いでしょう。 同じ業務の連続とはいっても、人を相手にする業務ですから、相手によって対応は変わっていきます。 気遣いができ、臨機応変な対処ができることも大切です。 企業が求める成果を求めていける人 大手企業で働く場合には、自分がやりたくないことにも関わる場合があるものです。 経営状況などの要因により、社員へ対して異動などの辞令を下すための人事考課など、自分が望まない業務に携わる場合もあるのです。 自分なりに思い描く人事のキャリアではなく、会社が求める人事の仕事を進めていかなくてはいけないのも、大企業で働く際には注意しておくべき点です。 チームワークを乱さずに再現性の高いパフォーマンスができる人 大手企業で人事として働く際には、チームワークを守ることも忘れてはいけません。 企業の一員として働く以上は、周りの動きを意識し、和を乱すことの無い働きが重要になります。 チームの目標を達成するために協調性を持って働くことができる人材を採用側は求めています。 人事経験者が大手企業に転職するために持っておくと有利になる資格はこの3つ! 人事経験者が大手企業に転職するには、キャリアだけではなく、人事関係の資格を持っておいたほうが良いものです。 人事関係の資格で大手企業への転職活動に有利になるものには、以下の3つが挙げられます。 人事総務検定 人事総務検定は、一般社団法人人事総務スキルアップ検定協会が主催する人事業務に関する全般の知識の証明を行う試験になります。 人事に関する業務を法律的な観点から把握できる試験として、多くの方が受験しています。 試験の出題内容は、レベルにより3級から1級にまで分かれています。 人事に関する知識を証明する資格の登竜門的な位置付けの資格です。 社会保険労務士 社会保険労務士の仕事は、社会保険に関する書類の作成から給与計算など多岐に渡ります。 社会保険労務士の試験の内容は、労働保険と社会保険の2ジャンルから合計8科目出題されます。 社会保険労務士の資格を取得することで、大手企業への就職が有利になるだけではなく、将来は独立を視野に入れることも可能になります。 中小企業診断士 中小企業診断士の資格は、経営全般に関わることを目的にした資格です。 ただ、試験科目の中には労務に関する分野も出題されているため、中小企業診断士の資格を持っていることで、事に関する知識を保有していることが証明できます。 大手企業への人事部門への転職だけではなく、コンサルティングファームへの転職や独立を視野に入れた将来への道も選んでいくことが可能になります。 大手企業への転職を狙う人事経験者が過去の経験をアピールするには?例がこちら! 人事経験者の方が大手企業へ転職を考える際に、面接の席で過去のキャリアをアピールするにも事前の検討を済ませておかなくては相手に上手く伝えることが難しいのも実情です。 大手企業の中途採用を行う部署への就業を希望する方は、中小企業での人事のキャリアを活かしていくことを考えるかと思います。 求人広告の掲載から応募者を集い採用するまでの一連の流れを、大企業のなかでも実現できることを相手に上手くアピールすることが重要になります。 面接に挑む際には、自分の知識や能力面のポートフォリオを作成しておくことは勿論のこと、過去の人事業務の中で特筆すべき事項を事前にプレゼンテーション資料としてまとめておくのも良いでしょう。 短い面談時間のなかで、自分のアピールポイントを効率よく説明することが重要になります。 大手企業の人事の年収をチェック!平均より高い? 大手企業の人事部で働く場合には、規模や業種にもよりますが平均年収が高くなっている傾向が見られます。 大手企業の場合には、組織も複雑で多岐に渡る場合が珍しくなく、人事部が統括する範囲も広くなっていきがちです。 海外に支店があったりする場合には、英語などの外国語を使ったコミュニケーション能力を求められる場合も多いです。 大手企業の人事職は、高い責任や能力を求められる分、高い給与をもらうことができるようになっています。 人事経験者が大手企業への転職を実現するためには資格を取得し過去の経験をアピールしよう! 人事経験者が大手で就業を考える際には、過去のキャリアを分かりやすく伝えるのは勿論、資格取得を事前に行っておくのも良いでしょう。 社会保険労務士などの人事系資格を取得することで、携わってきた人事業務のキャリアを自信を持ってアピールできるようになります。 大手企業側も、資格があることで労務に関する知識がある人材だと判断でき、採用しやすくなるからです。

次の

中小企業から、大手企業への転職は可能?

人事 転職 大手

人事として働く人の中には、大手企業に転職し、キャリアアップしていきたいという方も多くいるでしょう。 大手企業の人事業務は、採用・育成、労務管理、人材評価と処遇の実行、人事評価制度の企画・立案などがあり、最近では、ハラスメントに関する担当者や専属の窓口を設けている企業も多くあります。 このように大手企業の人事業務は多岐にわたりますが、どうすれば大手企業に転職しキャリアアップできるのでしょうか。 今回は、人事経験者が大手企業に転職するためのポイントをお伝えします。 大手企業が求めている人事担当者とは 大手企業の人事業務は多岐にわたりますが、盤石な組織体制と人数の多さから業務が細分化されている場合が多いです。 もし、新卒採用担当として採用された場合、新卒採用担当として一定年数のキャリアを積むことになります。 その後管理職候補として考えられるようになると、他の業務にも視野を広げる目的でジョブローテーションが行われる可能性もありますが、基本的には一定の分野に特化した経験が積んでいくというのが大手企業で働く特徴といえます。 大手企業の人事職はルーティンワークがほとんどといった訳ではなく、採用一つとっても、新卒・中途それぞれの対策は必要ですし、人事のすべての業務は「人」に関わるため、その都度業務のアレンジが必要になってきます。 そのため、人事担当者には、誰とも分け隔てなく接することができるコミュニケーション力や対外的に企業をアピールするプレゼン力はもちろん、再現性の高い人材を集め、育成する制度を構築できる人が、大手企業に転職する際高く評価されるでしょう。 【関連記事】 ・人事の転職 大手とベンチャーで働き方はどう違う? 大手企業に転職する際、有利な志望動機・自己PRとは? 労務・採用・教育は、本来それぞれが別個に分けられてもいいジャンルであり、その意味で人事部に求められるスキルは多岐にわたるため、転職する際はこれまで経験した業務と志望動機を関連づけると有利になります。 人事職経験があり、採用・労務に関する業務に携わりたい方が大手企業に転職する際、評価をあげる志望動機や自己PRのポイントをまとめました。 採用担当希望なら採用に関わった経験を志望動機でアピール 転職先として採用関連業務を志望している場合、採用に携わってきた経験をアピールし、かつて勤めていた会社で任せてもらえなかった仕事がしたくて転職を希望しているというニュアンスを志望動機に記載しましょう。 採用担当と一口に言っても、新卒・中途採用、アルバイト・パート・派遣採用など、幅広い人材採用の枠があります。 当然、求められるスキルや経験なども異なってくるため、自分が過去に担当したことがある業務の範囲をしっかりと確認し、そのうえで「次はこういったことをやっていきたい!」といった前向きな志望動機を心がけましょう。 直接、面接自体を担当したことは無くても、過去に経営陣・各部門統括者などから必要な人材をヒアリングしたことや、部門ごとの年間採用目標を策定したといった経験は十分アピールできるでしょう。 採用関連業務に関わらなかった場合でも、業務の関連性を志望動機でアピール 人事職自体は経験していても、採用関連業務には関わっていなかったという方は、前職において採用関連業務に少しでも関わっていた実績を志望動機に書きましょう。 求人メディアや人材紹介会社の選定とまではいかなくとも、求人要件・求人票の作成などに携わった経験のある方は多いのではないでしょうか。 人事職である以上、人材募集してから入社に至るまでのプロセスの中には、必ずどこかで携わった機会があるはずです。 携わる中で、採用担当者として働きたい思いが強くなったことをアピールしつつ、実績を絡めた説得力のある志望動機を作成してみましょう。 労務担当希望なら、他部門とやり取りした経験をアピール 大手企業など会社の規模が大きくなればなるほど、分業化が進んでいく傾向は否めませんが、そんな中でも他部門と密にやり取りしなければならないのが労務担当です。 給与計算を例に取ると、データ作成までは労務で行ったとしても、実際に振り込む段階になると経理からのダブルチェックが入ることが多いです。 会社によっては、経理が仕事をしやすいように業務の段取りを決めるなど、人事の本業ではない業務でもコミュニケーションを求められる場面が多くあります。 また、各支店や営業所から、給与のことで質問を受けたりした場合、その窓口の多くは労務担当です。 このような他部門とのやり取りがある場合は、その経験をアピール要素として志望動機に書くことで高い評価につながるでしょう。 自己PRで資格取得に向けた動きをアピール 人事職はコミュニケーション能力などといった実践的な能力が問われるため、実務経験が評価されますが、取得していると転職に有利になる資格もあります。 人事部に求められる幅広いスキルをまんべんなく身につけられる資格として、中央職業能力開発協会が主催する「ビジネスキャリア検定」があります。 人事以外の知識も身に付くため、他の部署とのコミュニケーションも円滑にできるようになりますし、他業種の企業への転職にも有利となるでしょう。 より、人事に絞った資格としては、一般社団法人人事総務スキルアップ検定協会が主催する「人事総務検定」があります。 1級から3級まであるので、現時点で目指すべきレベルに合わせて試験に挑戦することができます。 また、取得難度は上がりますが、健康保険や年金、企業労務に関するアドバイザーとしての国家資格である「社会保険労務士」や、民間企業に対する経営コンサルティング能力を証明する国家資格である「中小企業診断士」も、転職などでのアピール材料としては大変有利です。 独立開業して、自分の事務所を持てるほどの資格でもあるので、人事部全体を支えて、一定の方針のもとに牽引できる、貴重な即戦力人材として重宝される可能性は高いです.

次の

大手企業の人事(採用・労務・教育など)の転職・求人一覧|エン ミドルの転職

人事 転職 大手

ページコンテンツ• 人事の年収アップ転職におすすめの転職エージェント 人事が年収アップするための転職先の選び方 人事として年収アップ転職するなら、例えば製造業からコンサルティング業界など、 年収レンジの高い業界への転職がおすすめです。 それだけで100万円以上年収アップすることも可能です。 また、外資系企業や大企業など、 業界内でも平均年収が高い企業に転職することでも年収アップできます。 人事での年収アップ転職はハイクラス転職エージェントがおすすめ 人事の仕事でキャリアを積み今後も人事の仕事を続けることで年収アップ・キャリアアップを考えている人は、 JACリクルートメントや ビズリーチなど ハイクラス専門の転職エージェントに登録しましょう。 高いスキルが求められる 人事の求人はほとんどが非公開で、条件を満たした転職希望者に声をかけるスタイルで採用活動が行われるからです。 ハイクラス専門の転職エージェントなら 管理職ポストや外資系の求人もみつかりやすくおすすめです。 JACリクルートメント JACリクルートメントは、外資系企業やハイクラス層、 人事や経理といった専門分野の職種の転職に強い転職エージェントです。 抱えている 求人の質の高さに定評があり、全体の求人のうち約60%は非公開求人です。 JACリクルートメントでは転職フォローに力を入れており、各業界や職種に精通しているコンサルタントが担当につきます。 コンサルタントは求人を出す企業に足を運び、応募企業の社風や採用の傾向を踏まえた転職アドバイスをおこないます。 人事から異業種転職におすすめの転職エージェント 人事から異業種転職しやすい転職先 人事の仕事を通して対人コミュニケーションや経営スキルのほか、新人教育など多岐にわたる経験が身についています。 幅広い業種でその経験を活かせるので、 人事経験者は異業種への転職はしやすいといえます。 自分の経験を活かせる業種を探して転職活動することで大幅な年収ダウンを避けられます。 営業の仕事は自分の実力が明確に数字で表れ、収入に反映されやすい仕事です。 そのため成果が見えにくい人事からの転職先として希望者が多い職種です。 新卒採用経験があれば、企業宣伝の経験を 広報の仕事にいかすことができます。 会社全体を見渡す力、 トラブルに対応するスキルも広報の仕事に役立ちます。 人事は社内に目を向けることの多い仕事ですが、社外に向けて企業の良さを発信したい人におすすめです。 人事からの異業種転職は大手エージェントがおすすめ 人事の仕事から別の業種に移ることを考えているなら、転職実績の高い 大手の転職エージェントを選んで登録しましょう。 異業種転職で年収を下げないためには、 今までの経験やスキルと、求人をマッチングさせることが必須です。 リクルートエージェントや パソナなど、多くの業界の求人を扱っている総合型のエージェントの転職ノウハウを活用しましょう。 リクルートエージェント リクルートエージェントは 国内で転職成功実績ナンバーワンの転職エージェントです。 非公開求人の数は業界トップクラスの約20万件で、全体の90%が非公開求人です。 広い業種・業界の転職をカバーしていて、 人事・労務など管理部門の求人も充実しています。 異業界や異職種への転職実績が高く、キャリアアドバイザーから社内に蓄積されている転職ノウハウを教えてもらえます。 忙しい転職希望者に対応するため、土日も面談を受け付けており、希望すれば電話面談も可能です。 人事への未経験転職におすすめの転職エージェント 人事に未経験転職しやすい求人の選び方 近年は人事未経験の人の採用も増えています。 人事への未経験転職を狙うなら、例えばIT業界など、 人手不足の業界が転職しやすいといえます。 また、人事の仕事は大きく分けて労務、人材採用、教育研修、評価制度の設計であり、この中で 労務と人材採用業務は未経験転職しやすいとされています。 人事への未経験転職はサポートが充実したエージェントがおすすめ 不利になりがちな未経験転職を上手に進めるには、キャリアコンサルタントのサポートが欠かせません。 大手だけでなく、 転職サポートの手厚い中堅エージェントを利用することがおすすめです。 マイナビエージェントや パソナキャリアは、良質な求人が揃っており、担当のコンサルタントから丁寧な転職サポートをもらえるので未経験からの転職におすすめできます。 マイナビエージェント 就職情報サイト「マイナビ」、転職情報サイト「マイナビ転職」などを運営する抜群の知名度のマイナビ人事の転職エージェント。 他社では知り得ない独占求人も多数あります。 キャリア相談が手厚く、業界選任のキャリアアドバイザーが一人ひとりの求職者の転職活動をサポートしてくれるので未経験転職にも最適です。 業界別のキャリアアドバイザーと企業営業リクルーティングアドバイザーがチームで担当し、 親身なサポートで利用満足度96. 20〜30代の求人に強みがあり、いろいろな業界・専門領域別にエージェントチームがあるので、 異業種間の転職にも向いています。 首都圏・関西圏の若手の転職におすすめのエージェントです。 人事向け転職エージェントおすすめランキング【10社比較】 人事向け転職エージェントおすすめランキング• リクルートエージェント 人事の転職に強い転職エージェント。 キャリア相談が手厚く、業界選任のキャリアアドバイザーが一人ひとりの求職者の転職活動をサポートしてくれるので未経験転職にも最適です。 他社では知り得ない独占求人も多数あります。 業界別のキャリアアドバイザーと企業営業リクルーティングアドバイザーがチームで担当し、 親身なサポートで利用満足度96. 20〜30代の求人に強みがあり、いろいろな業界・専門領域別にエージェントチームがあるので、 異業種間の転職にも向いています。 首都圏・関西圏の若手の転職におすすめのエージェントです。 doda パソナキャリアは、 交渉力とサポート力が高いと評判のエージェントです。 常時全国40,000件以上の幅広い業界・職種の求人には、人事向け案件も豊富に保有しています履歴書や職務経歴書の添削を始め、面接対策などのサポートも充実しているため時間のない方の転職活動も安心です。 67%以上の人が年収アップに成功しているという実績もあり、キャリアアドバイザーの支援サービスの質や交渉力の高さがうかがえます。 キャリアが浅い人に対しても親身にサポートしてもらえ 2019-20年と利用者の満足度は連続No. 1です。 人事向け転職エージェント・転職サイト10社の比較表 転職サイト・エージェント レビュー 国内最大の転職エージェント。 求人数・転職実績ナンバーワン。 非公開求人率9割。 大手・優良企業の求人が見つかる。 管理・専門職・外資系に強い転職エージェント。 35歳以上の転職やハイクラス層に力を入れている。 業界職種別のスペシャリストが在籍している。 業界2位の大手転職エージェント。 求人情報の多さに定評がある。 幅広い年代・職種の転職の実績がある。 中堅転職エージェント。 良質な求人と手厚い転職フォローがセールスポイント。 20~30代の転職支援に強い。 専門職の求人が豊富な総合型転職エージェント。 独占求人が多く、求人の質の高さとサポートの手厚さに定評がある。 ハイクラス層向けの転職サイト。 専門職の転職に強い。 ヘッドハントからのスカウトを待つシステム。 一部有料機能あり。 総合型の転職エージェント。 企業担当と求職者担当が同一でミスマッチがおこりにくい。 管理系専門職コンサルタントが在籍している。 外資系の転職に強い。 経理・財務・人事・法務などの 管理部門特化型転職エージェント。 セミナー・相談会などイベントも実施。 非公開求人率約9割。 人事・労務職の専門の転職サイト。 JACリクルートメントが運営。 国内最大の転職サイト。 業種・職種の範囲が広い。 スカウト機能あり。

次の