単身 児童 扶養 者 年末 調整。 総務省|地方税制度|個人住民税の「給与所得者の扶養親族申告書」等について

総務省|地方税制度|個人住民税の「給与所得者の扶養親族申告書」等について

単身 児童 扶養 者 年末 調整

1180 扶養控除 [平成31年4月1日現在法令等] 1 扶養控除の概要 納税者に所得税法上の控除対象扶養親族となる人がいる場合には、一定の金額の所得控除が受けられます。 これを扶養控除といいます。 2 扶養親族に該当する人の範囲 扶養親族とは、その年の12月31日(納税者が年の中途で死亡し又は出国する場合は、その死亡又は出国の時)の現況で、次の四つの要件のすべてに当てはまる人です。 (注)出国とは、納税管理人の届出をしないで国内に住所及び居所を有しないこととなることをいいます。 1 配偶者以外の(6親等内の血族及び3親等内の姻族をいいます。 )又は都道府県知事から養育を委託された児童 いわゆる里子 や市町村長から養護を委託された老人であること。 2 納税者と生計を一にしていること。 3 年間のが38万円以下(令和2年分以降は48万円以下)であること。 給与のみの場合は給与収入が103万円以下 4 としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又はでないこと。 3 控除対象扶養親族に該当する人の範囲 控除対象扶養親族とは、扶養親族のうち、その年12月31日現在の年齢が16歳以上の人をいいます。 4 扶養控除額の金額 控除額は、扶養親族の年齢、同居の有無等により次の表のとおりです。 ただし、老人ホーム等へ入所している場合には、その老人ホームが居所となり、同居しているとはいえません。 所法2、79、84、85、措法41の16 参考: 関連コード 2075 1160 1182 Q1 Q2 Q3 Q4 Q5 Q6 Q7 Q8• 国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、をご覧になって、電話相談をご利用ください。

次の

「16歳未満の扶養親族」「単身児童扶養者」

単身 児童 扶養 者 年末 調整

単身児童扶養者とは、2019年の税制改正により新しくできた言葉• 単身児童扶養者の要件は、「児童扶養手当・ひとり親・対象児童の所得」の3つ• 前年所得が135万円までの単身児童扶養者は、住民税が非課税になる【令和2年分より】• 単身児童扶養者の適用を受けるには、扶養控除(異動)申告書への記載が必要 それでは、1つずつ説明していきます。 単身児童扶養者とは、2019年の税制改正により新しくできた言葉 2019年の地方税法等の一部を改正する法律により、 「個人住民税の非課税の範囲」 が次のように変更になりました。 【変更前】 (個人の都道府県民税・市町村民税の非課税の範囲) 第24条の5・第295条 2 障害者、未成年者、寡婦、寡夫(これらの者の前年の合計所得金額百三十五万円を超える場合を除く。 ) 【変更後】 (個人の都道府県民税・市町村民税の非課税の範囲) 第24条の5・第295条 2 障害者、未成年者、寡婦、寡夫 又は単身児童扶養者(これらの者の前年の合計所得金額百三十五万円を超える場合を除く。 ) 出典: 見てのとおり、個人住民税の非課税範囲に、「単身児童扶養者」が追加となっています。 この改正により、今まで、寡婦や寡夫に該当しなかった「婚姻していなかったひとり親(いわゆる、未婚の父・母)」においても、一定の条件を満たせば、住民税が非課税になるようになりました。 原則として、その年の12月31日現在の状況で判断します。 また、「2. 現に婚姻をしていない方または配偶者の生死の明らかでない方」の補足として、• 「婚姻」には、婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様にある場合を含む• 「配偶者」には、婚姻の届け出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある方を含む とされています。 ちなみに、「児童扶養手当」とは、子どもを養育している親に対し支給される「児童手当」とは別物ですので、注意してください。 【児童扶養手当を受けることができる人】 次のいずれかに該当する18歳に達する日以降の最初の3月31日までにある児童(一定以上の障害の状態にある場合は20歳未満)を監護している母又は監護しかつ生計を同じくする父、もしくは父母に代わってその児童を養育している方に支給されます。 父母が婚姻を解消(事実婚の解消含む)した後、父又は母と生計を同じくしていない児童• 父又は母が死亡した児童• 父又は母が政令で定める障害の状態にある児童(父障害の場合、受給資格者は母又は養育者、母障害の場合、受給資格者は父又は養育者)• 父又は母の生死が不明である児童• 父又は母が母又は父の申し立てにより保護命令を受けた児童• 父又は母から引き続き1年以上遺棄されている児童• 父又は母が法令により引き続き1年以上拘禁されている児童• 婚姻によらないで生まれた児童• 父母が不明な場合(棄児等) 出典: 前年所得が135万円までの単身児童扶養者は、住民税が非課税になる【令和2年分より】 上記で紹介した、地方税法等の一部を改正する法律(平成31年法律第2号)に記載されているとおり、 「単身児童扶養者のうち、前年の合計所得金額が135万円以下の人」 は、令和2年分(2020年分)の個人住民税(均等割・所得割)から非課税となります。 所得というと、ちょっとわかりづらいかもしれませんので、参考までに、収入の目安を載せておきます。 【合計所得金額の目安(令和2年分より)】 合計所得金額 給与収入のみの場合 公的年金収入のみの場合 64歳以下 65歳以下 135万円以下 2,043,999円以下 2,166,667円以下 2,450,000円以下 年間収入が、給与または公的年金だけの人の場合、上記の金額で、合計所得金額が135万円以下となります。 ちなみに、個人住民税の非課税範囲の所得金額は、現在、125万円以下となっていますが、2020年分(2021年度支払い分)から、135万円に変更になります。 これは、「給与所得控除・公的年金等控除・基礎控除等の改正」が行われるためです。 詳しくは、こちらの記事を。 単身児童扶養者の適用を受けるには、扶養控除(異動)申告書への記載が必要 給与の支払いを受ける人は、毎年最初の給与を受ける日の前日までに、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を、給与の支払い者(会社など)提出することとされています。 年末調整のときなど、忘れずに記載してください。 書き方は、次のとおりです。 出典: 【記載手順】• 単身児童扶養者に該当する場合に、「レ」チェックをつける• 児童扶養手当証書の番号を記載する• 生計を一にする児童の氏名を記載する• 生計を一にする児童の本年中の所得見積額を記載する まとめ 今回の改正された、個人住民税の非課税措置(単身児童扶養者の追加)は、子どもの貧困に対応することを目的に行われたものです。 なので、現在、「児童扶養手当」の支給を受けている人は、単身児童扶養者に該当する可能性が 高いと思います。 「もしかして、対象になるかも?」という人は、申告漏れがないように気をつけてください。 また、僕と同じように、仕事で年末調整を担当しているなら、単身児童扶養者について、職員さんに案内をする必要があるでしょうから、制度改正の内容を含め理解しておくことをオススメします。 (2018年の年末調整から税制改正が相次ぎ、理解するのが大変だと思いますが・・・) と、ちょっと偉そうに言いましたが、僕もわからなくて調べたんですけどね・・・(笑) 【関連記事】 最後までお読みいただき、ありがとうございます。 【あわせて読みたい】.

次の

No.1180 扶養控除|国税庁

単身 児童 扶養 者 年末 調整

まず、2019年の変更点ですが、下記、いずれの申告書も2018年の年末調整の書類と変更はありません。 2018年の年末調整を思い出して頂けば、大きな混乱なく2019年の年末調整を進めることができるのではないでしょうか。 なお、念のために補足しておきますと、年末調整は給与所得者の「所得税」を確定するための手続であり、「消費税」の増税は年末調整には何ら影響はありませんので、ご安心ください。 2020年の変更点 変更点の説明に入る前に、そもそも、なぜ2019年の年末調整を目前としたこの時期に、2020年の年末調整の話までするのかを説明しておきます。 2020年分の「 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」は、2020年の年末調整時に使われるだけでなく、2020年1月支払分以降の給与計算を行う際に、控除すべき源泉所得税の額を決定するための根拠資料ともなるため、2020年1月支払分の給与計算を行う前までに会社が回収をしておくことが法的義務です。 その法的義務を踏まえると、 2019年の年末調整のタイミングで、2020年分の「 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を回収してしまうのが、実務上はベストということになるのです。 それゆえ、2019年の年末調整の段階で、2020年の給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を記入できるよう、2020年の年末調整に関する知識が必要になります。 2019年分の「 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」についても、2019年の年末調整ではじめて提出するのではなく、2018年の年末調整時にいちど提出したという記憶はないでしょうか。 2019年の年末調整においては、2018年の年末調整時に「予測」に基づいていちど提出した内容から、扶養親族の増減や所得見込額など、年度途中に発生した変化点を修正して、年末調整を正確に行うために再提出するということです。 前置きが少し長くなりましたが、ここから先は、2020年の年末調整の変更点について、具体的に説明します。 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の変更点 1点目は、申告書右中央部の「(注)の欄」の標記内容の変化です。 出典: 注1の 「源泉控除対象配偶者」の所得が、2019年の書式では「85万円」と記載されていたところが、 2020年の書式では「95万円」に変更されています。 同様に、注2の 「同一生計配偶者」の所得が2019年の書式では「38万円」と記載されていたところが、2020年の書式では 「48万円」に変更されています。 変更となった理由は、2020年1月から所得税法が改正になり、基礎控除が48万円に引き上げられたこと、またその一方で、給与所得控除は65万円から55万円に縮小された影響です。 順番に見ていきますと、まず、注1の「源泉控除対象配偶者」とは、年末調整の対象となる本人(所得900万円以下)と生計を同じくする配偶者のうち、38万円満額の配偶者控除または配偶者特別控除が受けられるとともに、毎月の給与計算においても「甲欄」の被扶養者1名としてカウントできる配偶者を指します。 分かりやすく具体的に説明しましょう。 たとえば配偶者がパート勤務をしていて、給与収入(額面)が145万円の場合、2019年と2020年で源泉控除対象配偶者に該当するかどうかを判定するフローを比較すると次のようになります。 次に、注2の「同一生計配偶者」についてですが、「年末調整の対象となる本人(所得制限なし)と生計を同じくする配偶者であり、一定の所得水準以下である配偶者」と、まずは理解してください。 こちらも、具体例で説明をしますと、配偶者がパート勤務をしていて、給与収入(額面)が100万円の場合、2019年と2020年で同一生計配偶者に該当するかどうかを判定するフローを比較すると次のようになります。 「103万円の壁」の範囲内に入っていれば、配偶者本人の所得税が非課税となります(ただし、住民税も非課税にしたい場合は、所得の上限は100万円となる)。 ここまでの説明で既に気付いた方もいるかもしれませんが、結局のところ「給与所得控除の額」と「源泉控除対象配偶者ないし同一生計配偶者の範囲」が「行って来い」の関係になっています。 給与収入が同じであれば、判定フローの途中経過が違うだけで、「源泉控除対象配偶者」や「同一生計配偶者」に該当する配偶者の範囲は2019年と2020年では変わっていないのです(ただし、事業所得や雑所得など給与所得以外の所得がある配偶者の場合は結論が変わる場合があるので注意)。 すなわち、パート収入がある主婦(主夫)の方などに関しては、「源泉控除対象配偶者」や「同一生計配偶者」となることができる所得の上限が2020年はアップしたからといって、税法上の扶養親族になることができる要件が緩和されたということではありませんので、この点は間違えないように注意してください。 繰り返しになりますが、 判定のプロセスが変わっただけで、「源泉控除対象配偶者」や「同一生計配偶者」となることができる配偶者の範囲自体に変更は無いということです。 また、配偶者以外の扶養親族の範囲や、勤労学生控除に関しても、同様に「所得」の要件が10万円緩和されていますが、給与所得控除の縮小と「行って来い」なので、やはり「収入」ベースでは2019年の年末調整から変更はありません。 最後に、疑問に思う方も多いと思いますので補足しておきますと、実質的に意味が無いようにも見える、基礎控除と給与所得控除のバランスの変更が行われた理由は、一般的な所得者に影響がないように配慮しつつ、一定水準を超える高所得者には増税となるように工夫をしながら所得税法の改正を行った影響です。 「150万円の壁」の範囲内で「源泉控除対象配偶者」や「同一生計配偶者」に該当するかを考える際には関係の無い話ですので、ここでは割愛します。 「単身児童扶養者」の欄が追加 2点目は、2020年の「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」には、2019年の申告書には存在しなかった 「単身児童扶養者」の欄が設けられました。 「単身児童扶養者」とは、2020年1月から施行される地方税法の改正により新たに誕生した概念で、以下の条件を満たす者とされています。 そして、この非課税措置を受けるための申告書の役割を「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」に持たせることとなったので、2020年の申告書には、単身児童扶養者の欄が追加になったということです。 具体的には、単身児童扶養者に該当する場合、チェック欄にチェックをするとともに、児童扶養手当の対象となっている児童の氏名や所得等の情報を記入することとなっています。 チェックや記入をしなければ、要件に該当していても住民税の非課税措置は受けられませんので、対象者本人が留意することはもちろんですが、 2020年の「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を配布する際に、会社からアナウンスをするのが親切でしょう。 給与所得者の配偶者控除等申告書 配偶者控除等申告書については、2020年の年末調整時に提出する書類のため、2019年11月時点では、書式の変更に関する確定情報は出ていません。 しかし、「案」の段階としては、 大幅に変更となることが予定されています。 2019年は「給与所得者の配偶者控除等申告書」という単一書式であったものが、 「給与所得者の基礎控除申告書 兼 給与所得者の配偶者控除等申告書 兼 所得金額調整控除申告書」という3つの役割を兼ね備えた書式になります。 「給与所得者の配偶者控除等申告書」に該当する部分の記入内容に関しては、基礎控除と給与所得控除のバランスが変わる以外は、2019年と大きな変更点はなさそうです。 一方で新書式として追加になった「給与所得者の基礎控除申告書」「給与所得者の所得金額調整控除申告書」に関しては、「案」の段階で目を通すとともに、今後、正式な書式が発表されたら、2020年の年末調整時までに内容を詳しく確認する必要があるでしょう。 国税庁HP 「」(案) なお、補足説明しておきますと、「給与所得者の基礎控除申告書」は、2020年1月からの所得税法の改正により基礎控除が複雑化したため必要となった書式です。 従来は一律38万円だった基礎控除額が、原則としては48万円に引き上げられたものの、下図のように高所得者に関しては段階的に引き下げられることとなりました。 合計所得金額 控除額 2,400万円以下 48万円 2,400万円超2,450万円以下 32万円 2,450万円超2,500万円以下 16万円 2,500万円超 0円 年末調整においても、2019年は一律に38万円を控除すればよかったものが、2020年は対象者の給与所得以外を含めた総所得を「給与所得者の基礎控除申告書」で把握した上、該当する区分の基礎控除額を適用する形になります。 具体例を挙げると、Aさんという方が、2020年に勤務先の会社から給与所得を1,500万円得て、それとは別に、自身の営む副業による事業所得が800万円、親戚の会社の株を持っていて配当所得が200万円あったとします。 総所得は1,500万円+800万円+200万円=2,500万円であり、この旨を「給与所得者の基礎控除申告書」に記載すると、上表の「2,450万円超2,500万円以下」のレンジに該当するので、16万円の基礎控除が受けられるというイメージです。 「給与所得者の所得金額調整控除申告書」は、2020年1月から給与所得控除の仕組みの変化により、 給与収入(額面)が850万円を超えると所得税が増税となることを受け、介護や子育て世代の負担が増えないよう、新しく「所得金額調整控除」という控除が創設されたことによる新書式です。 ただし、計算上の給与等の収入金額(年収)の上限は1,000万円となっており、1,000万円を超える場合は、1,000万円とみなして計算します。 給与所得者の保険料控除等申告書 今回国税庁が目指している、年末調整電子化とは、従来の「電子申請」よりも一歩進んだ取組です。 2019年以前の年末調整においても、年末調整の結果である源泉徴収票や法定調書合計表をe-Taxを経由して税務署に提出したり、給与支払報告書をel-Taxを経由して各市区町村へ提出するということは可能でした。 従来は、このように、紙で提出していた書類を電子申請に置き換えることが「年末調整の電子化」であると認識されてきました。 これに対して、2020年の年末調整で実現しようとしている「年末調整の電子化」は、 年末調整のプロセス全体を電子化しようというものです。 具体的にまとめると下図のようなイメージです。 従来型の年末調整 年末調整電子化 保険料などの 各種控除証明書の入手 保険会社等からの郵送による マイナポータルや保険会社等のHPからデータで取得 各種申告書の作成 紙に記入 国税庁または民間企業が開発した年末調整システムのインターフェースに入力 各種申告書の提出 紙で提出 電子データで受領、またはクラウド上で共有 年末調整計算の実施 紙の申告書の記載内容を給与計算ソフトに手入力の上、計算を行う 電子データを給与計算ソフトにインポートないし、クラウド上でシームレスに連携されて自動計算 税務署や市区町村への 年末調整結果の提出 紙または電子申請 原則として電子申請 従業員への源泉徴収票の配布 紙で配布 データで送信かクラウド上からダウンロード 年末調整電子化のメリット 年末調整電子化は、従業員側および会社側双方にメリットがあります。 従業員側のメリットとしては、システム上のインターフェースで各種申告書を作成することで、 手書きの場合に対し、申告書の作成の手間が大幅に簡素化されます。 とくに、保険料や扶養関係の控除額の計算が自動化されるメリットは大きいでしょう。 また、紙で提供を受けた保険料などの控除証明書を紛失した場合、保険会社等に対し、再発行を依頼しなければなりませんが、電子的な方法で提供を受けた場合は紛失のリスク自体を回避することができます。 会社側のメリットとしては、 各種申告書を配布したり回収したりする手間が無くなること、記入の際の疑問点について 従業員からの質問が減ること、紙で回収した情報を 給与計算ソフトへ入力する手間が無くなること、紙の申告書や証明書の 保管コストが無くなることなど、年末調整電子化によって多くのメリットを享受することができます。 年末調整電子化に向けた準備 まずは、どのようなソフトウェアを使って年末調整を行うかですが、年末調整電子化のために用いるソフトウェアには2通りの選択肢があります。 1つは、国税庁が提供する「年末調整控除申告書等作成用ソフトウェア」をつかう方法、もう1つは、民間が開発したクラウド上で年末調整を行うことができる機能を持ったソフトウェアを利用する方法です。 国税庁のソフトウェアは無料で利用できることが大きなメリットです。 一方で、民間のソフトウェアを利用する場合は、既に自社で導入済の給与計算ソフトの機能の一部としてクラウド年末調整機能が利用できたり、自社のシステムと相性の良いサービスを選ぶことができるので、選択肢の幅が広がります。 国税庁のソフトウェアを利用する方針の場合には、2019年11月時点ではまだ詳細な仕様は発表されていませんが、発表され次第、自社の給与計算ソフトと連携が可能かを確認し、必要に応じて給与計算ソフトの改修や、国税庁のソフトウェアと相性の良い給与計算ソフトに乗り換えることも検討しても良いでしょう。 なお、ソフトウェアの選定だけでなく、ソフトウェアを利用した場合の年末調整業務全体のプロセスも、この段階で整理しておくことが望ましいでしょう。 STEP2 従業員への周知.

次の