全身 湿疹 かゆい。 全身のかゆみと湿疹の原因と症状 子どもや幼児・赤ちゃんは?

大病の予兆!?全身の湿疹によるかゆみはストレスだけじゃない?

全身 湿疹 かゆい

突然、 全身にかゆみの症状と発疹がでてきたら、すごく心配ですね。 単なるじんましんなら、まだ安心ですが、何か怖い病気だったりしないか不安になると思います。 全身に かゆみと発疹が出る場合に考えられることや、 子どもや幼児の場合は何の原因が多いのか、をまとめてみました。 ただし、自分でおおまかな判断も必要ですが、全身に出る場合は、アレルギー性や感染性の疑いも有りますので、 病院の診断も必ず受けることをおすすめします。 数時間以内から半日、一日以内に 症状はおさまりますので、掻かないようにすることが大事です。 湿疹との区別は、症状がその日のうちに治まってくるかどうかで、とりあえず判断できます。 湿疹は症状がすぐにおさまってきません。 原因は検査しないとわからないことが多いです。 じんま疹の原因は、 内的な要因として、食べ物、薬剤、細菌・ウイルス感染、血液疾患が考えられます。 外的な要因としては、物理的刺激や精神的なストレスなど、その他いろいろなことが考えられます。 食べ物や薬剤などによる蕁麻疹は、アレルギー性である場合が多く、特定の食べ物や薬剤を摂取すると、そのたびに症状が現れます。 物理的刺激は、軽度の圧迫が続いたり、機械的な刺激、温熱・寒冷、日光、発汗などが有ります。 また、その日におさまっても、発疹が4週間以上にわたり繰り返し出てくる場合は、慢性じんま疹と呼ばれます。 これまでは性行為による感染が主でしたが、最近は高齢者の介護を通じて感染し、施設内や家族内でも感染するので、注意が必要です。 ヒゼンダニは小さなダニで、肉眼では確認しにくい大きさです。 腋 わき の周囲、腹部、陰部などにぶつぶつが出て、強いかゆみを伴います。 夜により痒くなるのが特徴です。 手首や指に、疥癬トンネルと呼ばれる細くて灰白色で数mmの線状の皮疹 ひしん というものがみられます。 足で言うところの水虫ですね。 水虫の方に発症することが多いです。 かゆみは強いことが多いようです。 かゆみも伴います。 昔は子どもの病気という認識でしたが、最近は大人の方にも非常に増えています。 刺激によるものは、急性の毒性皮膚炎と、弱い刺激の繰り返しが原因による慢性の皮膚炎に分かれます。 アレルギー性は、ある物質にアレルギーをもつ人の皮膚に、その物質が接触すると起こる皮膚炎です。 触れるだけでは大丈夫なのに、そこに光が当たると発症する光アレルギー性皮膚炎もあります。 ・急性毒性皮膚炎: 酸、アルカリなどの家庭用・業務用化学物質、灯油やガソリン、有機溶剤。 使用法を誤ると皮膚炎を起こしやすくなります。 ・慢性刺激性皮膚炎: 肌着との摩擦 まさつ 、洗剤・リンスなどの弱い刺激の繰り返し。 ・アレルギー性接触皮膚炎: 化粧品、毛染め料、香水、アクセサリーの金属、ゴム製品や皮革の加工に使われる化学物質、植物、果実、外用薬・消毒薬・点眼薬など。 原因は、皮膚の乾燥によるものが多く、秋から冬にかけての空気の乾燥や、暖房によって症状が悪化します。 金属アレルギーや扁桃腺炎、歯周病からの細菌感染が原因で起こることもあります。 小さな丘疹 きゅうしん が少しずつ大きくなって、10円硬貨〜鶏卵くらいの大きさになり、形は円や楕円、色は茶褐色の湿疹が現れます。 最初は足などの下肢、すねの部分が顕著で、やがて腕や体幹に広まります。 強いかゆみを伴うため、睡眠不足になるくらいの人もいます。 表面がじくじくしたり、かさぶたになることを繰り返しますが、乾燥によるものは、春から夏にかけて症状は軽減します。 下肢や体幹、上肢などの皮膚に起こります。 乾皮症に、丘疹やぶつぶつなどの皮膚炎とかゆみが加わると、 皮脂減少性皮膚炎といいます。 年齢とともに皮膚の皮脂が減っていくことが大きな原因ですが、30歳ころから増えてきます。 皮膚の角質にあるセラミドや皮脂などの油成分が減少して、皮膚の水分が蒸発して肌が乾燥しやすくなります。 皮膚が乾燥すると、表面にできた細かいひび割れに汗などがしみ込み、かゆみや皮膚炎を起こします。 夕方から夜、暖房やお風呂、布団や電気毛布などの使用によって血液循環が良くなると、痒みが悪化してきます。 季節で言えば、空気の乾燥する秋から冬〜春先までかゆみが続きますが、夏にはかゆみもおさまります。 体のどこにでも現れ、水ぶくれが破れると、ただれていたのが治ってきます。 気がつくとカラダじゅうに水疱が出来ていて、数が増え続けます。 水疱が小さくて赤いものは湿疹と区別がつきにくいです。 エンドウ豆大の大きさで、表面はロウのような光沢になって、手の背や手足全般に多く現れます。 原因はよくわかっていませんが、リンパ球の一種が皮膚の細胞を攻撃するためと考えられています。 消滅後は色素沈着が残ります。 カラーフィルムの現像液に触れることで発症するのが有名でしたが、最近では、C型肝炎、エイズなどの感染症の合併症として知られています。 子どもと幼児・赤ちゃんの全身の湿疹は? スポンサーリンク 子どもや幼児・赤ちゃんで全身に湿疹が出た場合は、大きく分けて、 乾燥による 湿疹、 あせも・とびひ、 アトピー性皮膚炎が考えられます。 (湿疹と違って、 全身のじんましんの場合は、数時間〜半日、一日以内におさまります。 ページ上記の「じんましん」の欄、参照してください) 乾燥による湿疹と、汗が原因になるあせもとは、原因が対称的ですが、対処法がはっきりしています。 秋冬〜春先の暖房などによる乾燥は要注意ですね。 それ以外でも、常に乾燥には注意が必要です。 赤ちゃん用のスキンクリームや、紫外線の強い5月以降の夏場は紫外線対策も必要ですね。 昔と違って、日焼けしている子どもが健康的という概念はすっかり無くなってしまいましたね。 夏場に起こりやすので、こちらも紫外線対策には気をつけてください。 かき続けると伝染性のため全身に広がります。 伝染性膿痂疹と呼ばれます。 治療法も確立はされてはいますが、治りにくい子どもさんが多いのも事実ですね。 民間の療法もいろいろ有りますが、まずは専門医に診てもらうことが大切です。 原因が特定できると、対処はしやすくなります。 子どもと幼児・赤ちゃんの、かゆみが無い全身の湿疹は? 発熱を伴う場合、下記のような病気が疑われます。 口内に白い発疹(コプリック班)。 熱は40度前後まで上がるが、1週間程度で治まってきます。 肺炎や脳症に至ることも有りますので、ワクチン接種は大事です。 4~5日経つとカサカサに乾いてきて、黒いかさぶた状のものが増え、感染力は落ちてきます。 全ての発疹がかさぶたに変わるのに、一週間近くかかります。 2日くらいで、イチゴ舌と呼ばれる赤いブツブツができます。 首や耳の後ろのリンパが腫れます。 発熱や軽いせきが出ることもありますが、症状は軽いことが多く、3~4日くらいで発疹が消えます。 熱が下がり始めると、点~小豆ぐらいの赤い発疹が全身に出てきます。 発疹は3日くらいで消えますが、熱性けいれんを起こしやすいので注意してください。 1~2日経つと、腕や太ももにまだらなレース状の赤い発疹ができてきます。 熱は微熱です。 3~4日で発疹は消えていきます。 html"].

次の

全身がかゆいとき、確かめたいことと試したいこと

全身 湿疹 かゆい

目次 Contents• そもそもかゆみとは? 「痒み」とは我慢するに難しく、掻き傷は残るし・・、あまりメリットはないように感じますが、実は「痒み」とは大切な皮膚感覚なのです。 昔は「痛みの神経が感じる弱い痛みがかゆみである」と考えられていたとのこと d  ̄  ̄ 確かに「痒み」と「痛み」は同一線状にあると感じることができますよね。 学者さん、お医者さんの研究により、かゆみといたみを脳に伝える神経は別であることがわかりましたが・・。 かゆみを刺激として感じているのは皮膚ですが、かゆみを「痒い」と感じているのは脳なんですよね。 外からの刺激やアレルギー反応で「かゆみ」を引き起こす物質が放出されると、神経繊維の末端がこの刺激を受け取り「脳」へ伝えます。 脳がかゆみを認識することで「かゆみ」が起こるシステムになっています。 どんな時にかゆみを感じるの? *肌に外部から何らかの刺激(害のあるもの)が触れる *ヒスタミンが過剰に分泌されてしまう ヒスタミンとは 動物の組織内に広く存在する化学物質。 普通は不活性状態にあるが、けがや薬により活性型となり、血管拡張を起こし(発赤)、不随意筋を収縮する。 またかゆみや痛みの原因となるともいわれる。 過剰に活性化されるとアレルギー症状の原因となる。 関連記事: かゆみが止まらない 自分のように体のあちこちが原因不明のかゆみに襲われるということは、このヒスタミンが関係していそうです。 では、ヒスタミンを分泌させることってどんなことなのでしょうか? *接触 肌に刺激のあるものに触れてしまうと痒くなることがあります。 植物、金属、化粧品、薬などがそうですね。 *食べ物 食物アレルギーがあると、蕁麻疹が出ることがあります。 卵、青魚、えび、カニ、乳製品、アルコールなどがそうですね。 *虫刺され これはみなさんがご経験あるかと思います。 (蚊も虫刺されになりますよ) 毒成分にヒスタミンなどが含まれているため、かゆみ、炎症を起こします。 *温度差 寒冷蕁麻疹などがそうです。 入浴、暖房機器などが原因となります。 *ストレス 仕事、勉強、人間関係などで強いストレスが生じるとかゆみを強めることがあります。 かゆみが止まらない時の原因はこのようなことが多いですね。 関連記事: スポンサーリンク 自分でもここまではわかっていたのですが、なぜこの時期が一番かゆみが強いのか?が不明だったんです。 かゆみが続くと、気が狂いそうになることもあり、地味に辛いんですよね。 私たちの体はストレスを感じると「ヒスタミン」を分泌されやすくなるんですね。 ストレス社会において、免れることのできないかゆみなのかも知れませんね。 ストレス原因として自分で理解できていること *仕事に関するストレスを強く感じている 大なり小なり、みなさんにあるストレスだと感じます。 *湿度によるストレスを感じる 花粉が舞う季節よりも、自分は梅雨時期のかゆみの方が強いんです。 湿度に対する「鬱陶しさ」を人以上に感じる性格なんですね。 家にいても、外に出ても、服を着ても、布団に入っても「全て気持ち悪い」と感じる、この性格。 「あー、気持ち悪い!」と感じた途端に、あちこちが痒くなり始めます。 一瞬で痒くなるだよ。 「気持ち悪い+かゆい+イライラする+多数のかゆみ発症」の悪循環でさらにかゆみが増し、全身あちらこちらを掻いてしまうんですね。 さらに掻くことで、かゆみの悪循環を起こしてしまいます。 肌を掻くことで、皮膚症状を悪化させ、その刺激でまたかゆみを引き起こすヒスタミンの分泌を促してしまうのです。 結果、かゆみが増してしまう・・・。 自分の「体のあちらこちらがかゆい」原因は、どう考えてもこれなんですよね。 梅雨から夏にかけての湿度による不快感は、日本に住む以上、どうにもならなくて毎年同じ症状が現れてしまいます。 「気持ち悪い」という感覚も脳が感じているため、かゆみを引き起こしてしまうんですよね。。。 ストレスを感じないためには、原因を取り除くしかないわけですが、環境上、なかなかそれができずにいます。 正直、辛いですね・・・。 かゆみの対処として行なっていること 「気持ち悪い」という感覚は脳が感じていることなので、飲み薬は処方しないことにしています。 最近、ヒットしたもの1 韓国発祥「 」 美意識の高い国なので、有名なスキンケア商品がたくさんあるのですが試しに使ってみたところ、痒みが治まっています。 魔法のオールインワン石鹸ですので、顔、髪、全身使える石鹸なんです。 乾燥肌、アトピーなどの敏感肌に推しアイテムなので試してみる価値あり!! 推しポイント ・セリポリアラクセラタ 魔法のオールインワン石鹸が特許取得された「セリポリアラクセラタ」という成分が含まれています。 この成分は、保湿力があり、かつ肌の水分量を一定に保つ手助けをしてくれるので、乾燥で痒みを伴う肌には適していると考えられます。 セリポリアラクセラタ アボガド種子オイル ブドウ種子オイル ヨモギエキス ココナッツ繊維分 石菖(せきしょう)抽出物 カガミグサの根エキス トウゴマ種子オイル クララエキス サネカズラオイル 杏仁種子オイル カイコエキス 銀杏葉エキス ペパーミントの葉エキス 全て、肌を改善させる成分が含まれています。 ・使い方が簡単 手を濡らして、石鹸を泡立てる 泡立てたきめ細かい泡で洗う 20秒ほど放置する 泡を洗い流す 簡単なのに、肌弾力としっとり感が持続するんですよね。 乾いた肌ももっちりしていて乾燥感がないんです。 このしっとり感が、かゆみを抑えてくれている気がしています。 興味のある方は、ぜひ使ってみてください。 最近、ヒットしたもの2 背中のかゆみを抑えるための方法を探していたときに出会ったのが テレビ番組やファッション誌 VOCEなどでも紹介されているもので怪しいものではありませんよ、いわゆる入浴剤です。 以前、入浴剤について詳しく調べたことがあり、肌が乾燥しやすい季節はスキンケア系の入浴剤が効果的ということを知っていたのですが cosme ベストアワード 2016「ベスト入浴剤第 1位受賞」されていることも信頼要素となり試してみることにしました。 スキンケア系の入浴剤とは、主成分がセラミド、米胚芽油、エステル油、スクワラン、ホホバ油、ミネラルオイル、植物エキス、米発酵エキスなどで構成されている入浴剤のことです。 着目したのは「 保湿効果とエモリエント効果を同時に満たす 2層タイプ」だということです。 エモリエント効果とは? 端的にいうと保水のことです。 肌の水分蒸発を抑え、皮膚を柔らかくしてくれます。 似たような効果に「モイスチャー効果」がありますが、モイスチャー効果は保湿をしてくれます。 モイスチャー効果に対し、エモリエント効果は油分で肌を保護してくれる感じです。 肌に潤いを与えてくれ、尚且つ潤いを逃さないということですね! 乾燥肌の自分には最高のキャッチコピーが目に飛び込んできたのです。 さらにハーブ成分がたっぷり含まれていることにも魅力を感じました。 ・ローズウッド 疲労回復、免疫活性作用が期待できるハーブです。 ・ラベンダー みなさんご存知のように心身に万能なハーブです。 ・ローズマリー 手足に冷え、筋肉痛やコリに期待できるハーブです。 ・カモミール 頭痛、腹痛、歯痛などの痛みを和らげ、胃腸の不調にも期待できるハーブです。 ハンドメイドソープを作っていたこともあり、ハーブについては多少知識がありますが美容と健康に良いハーブが使われています。 エッセンシャルオイルを持っているので、直接バスタブに入れることも可能ですが、毎日のこととなると面倒なのです。 良い香りに包まれながら、肌に潤いを与えてくれ、尚且つ潤いを逃さない効果は乾燥肌にとっては欠かせないバスアイテムです。

次の

大病の予兆!?全身の湿疹によるかゆみはストレスだけじゃない?

全身 湿疹 かゆい

この記事の目次• 体がかゆい原因はなに? かゆみにともなって、ぶつぶつ 発疹 が出る場合と出ない場合とで分けて、考えられる原因を見てみましょう。 ぶつぶつ 発疹 があって体がかゆいとき ぶつぶつが出て、体がかゆい原因には次のようなものがあります。 ヒゼンダニ 疥癬虫 やダニ、シラミなどの寄生虫• 虫刺され• 皮膚表面のむくみの一種である蕁麻疹 じんましん• アレルギー性皮膚炎• アレルギー疾患のひとつで、慢性的に強いかゆみをともなうアトピー性皮膚炎• 肌に直接何かが触れて発症する接触皮膚炎 せっしょくひふえん• 皮膚が乾燥し、うろこ状になる魚鱗癬 ぎょりんせん• 水虫などの皮膚真菌症 ひふしんきんしょう• ウイルスによる感染が原因の、単純ヘルぺスや帯状疱疹 たいじょうほうしん• 細菌による感染の丹毒 たんどく や、蜂窩織炎 ほうかしきえん• ニキビ• 金属が原因の金属アレルギー などです。 ぶつぶつ 発疹 なしで体がかゆいとき 体にぶつぶつがないけどかゆい、という場合には次のような原因があります。 機能が低下すると老廃物がたまりやすくなる肝臓の病気• 腎臓の機能が低下する腎不全 じんふぜん• リンパ管やリンパ節がはれるリンパ腫 しゅ• 血液のがんと言われる白血病 はっけつびょう• 喉にある小さな臓器、甲状腺 こうじょせん の病気• 血液中の糖の割合が高くなる糖尿病• 遺伝子が傷つくことで細胞が突然変異を起こすがん• 薬の服用• ウール製の衣類や化学物質、化粧品などとの接触• 乾燥が原因のドライスキン 乾皮症• ストレス などです。 それぞれの原因について、もう少し詳しく症状などを解説していきます。 Sponsored Links ぶつぶつが出て体がかゆい原因 一般的にぶつぶつが出てかゆい、と言われているものには以下のようなものがあります。 ヒゼンダニ 疥癬虫:かいせんちゅう やダニ、シラミなどの寄生虫 ヒゼンダニが原因の症状は? ヒゼンダニが皮膚に入り込むと、強いかゆみやぶつぶつがでて、 皮膚 疥癬 トンネルと呼ばれる横長の小さなトンネルを肌表面に作ります。 症状が出る場所は、指の間や男性性器、おしり、胴体部分、手足が多いと言われています。 ダニに刺されると? ツツガムシとも呼ばれるダニに刺されると、はれて強いかゆみが出ます。 ツツガムシ病を発症すると、発熱することもあります。 大人でも頭シラミになるの? 子供が保育園などで、ほかの子供と一緒に寝た際にうつされることが多い頭じらみですが、子供から親にシラミが移ることもあります。 強いかゆみがあり、かいたことにより、 湿疹が出ることがあります。 皮膚表面のむくみの一種である蕁麻疹 じんましん 蕁麻疹をおこす原因物質は人によってまちまちですが、蕁麻疹を起こしやすい人は、免疫機能が乱れやすい状態にあるので、かゆみの元となるヒスタミンが出やすくなっていると言われています。 蕁麻疹についてはこちらで詳しく解説していますので、参考にしていただければと思います。 アレルギー性皮膚炎 体を守る目的である免疫機能が、通常以上に反応してしまうことで、皮膚にかゆみや発疹などをもたらしてしまうのが、アレルギー性皮膚炎です。 アレルギー性皮膚炎を起こす原因には、食べ物や薬剤、ほこりやダニなど、様々なものがあります。 アトピー性皮膚炎 アレルギー性皮膚炎のひとつで、強いかゆみやぶつぶつが繰り返しおこるのがアトピー性皮膚炎です。 子供に多くみられていましたが、最近では、小中学生や大人にも発症する人が増えてきたと言われています。 アトピー性皮膚炎を発症するのは、 セラミドが不足しているために、肌のバリア機能が低下しているのが原因と考えられています。 接触皮膚炎 せっしょくひふえん 肌に直接何かが触れて発症する接触皮膚炎は、アレルギー性のものと一時刺激性のものがあります。 原因となるものが触れた部分に、ぶつぶつができたり、赤くなったり、かゆみが出たりします。 接触皮膚炎に関しては、こちらで詳しく解説していますので、参考にしていただければと思います。 皮膚が乾燥し、うろこ状になる魚鱗癬 ぎょりんせん 全身の皮膚が乾燥し、特にひざやひじなどの皮膚が 乾燥のためにはがれ落ち、魚の鱗 うろこ のような状態になってかゆみが出るのが魚鱗癬 ぎょりんせん です。 空気が乾燥する冬に症状が悪化し、アトピー性皮膚炎と合併することが多いと言われています。 水虫などの皮膚真菌症 真菌とはカビのことで、足に感染する水虫をはじめ、爪や股間、頭、顔、手、口、背中、胸などあらゆるところに症状がでます。 高温多湿の 夏では、汗をよくかく部分に「マラセチア感染症」という真菌症が出ることが多いと言われています。 単純ぺルぺスや帯状疱疹 たいじょうほうしん ウイルスによる感染が原因で、体がかゆくなるのが単純ぺルぺスや帯状疱疹 たいじょうほうしん です。 単純ヘルペスでは、口の周りや外性器に、真ん中がややへこんだ水ぶくれができると言われています。 帯状疱疹 たいじょうほうしん の特徴は、刺すような痛みが体に起こることから始まると言われています。 その後にかゆみをともなう赤いぶつぶつができて、小さな水ぶくれが帯状に広がります。 丹毒 たんどく や、蜂窩織炎 ほうかしきえん 細菌による感染が原因で、ぶつぶつができて体がかゆくなるものに、丹毒 たんどく や、蜂窩織炎 ほうかしきえん などがあります。 丹毒は、顔面、足、おへその周りなどに症状が出ることが多く、発熱や寒気、頭痛、嘔吐をともなう場合が多い、と言われています。 蜂窩織炎 ほうかしきえん は、発熱、全身の倦怠感、頭痛など、様々な症状をともなうと言われています。 ニキビ 毛穴が脂肪などでつまったり、皮脂が多く出たり、アクネ菌が増加したりするのが原因で発症すると言われているのが、ニキビです。 金属が原因の金属アレルギー 金属がアレルギーを引き起こし、皮膚にかゆみやぶつぶつを引き起こしていることも少なくないと言われています。 金属アレルギーには 2種類あって、金属が触れた部分にアレルギー症状が出る場合と、食べ物や飲み物に含まれている金属が体に入ったり、歯の治療や、外科的治療で用いられた金属が体内に溶け出したものが血液にのって、離れた様々な場所に症状をもたらす場合です。 Sponsored Links ぶつぶつなしで体がかゆい原因 「内臓の鏡」とも言われる皮膚は、かゆみが内臓の病気からきていることがあります。 肝臓の病気 肝臓の機能が低下すると老廃物がたまりやすくなり、かゆみを感じやすくなると言われています。 肝硬変では、手のひらが真っ赤になったりします。 腎不全 じんふぜん 腎臓の機能が低下すると、尿毒素が体内にたまりやすくなるので、体がかゆくなると言われています。 リンパ腫 しゅ や白血病 はっけつびょう リンパ腫や白血病などの、血液系の病気の初期症状として、皮膚にかゆみが出ることが知られています。 甲状腺 こうじょせん の病気 喉にある小さな臓器である甲状腺から、ホルモンが出すぎて新陳代謝が活発になりすぎると、体にかゆみがもたらされることがあります。 糖尿病 血液中の糖の割合が高くなる糖尿病になると、体が水分不足におちいりやすく、乾燥するために、肌がかゆくなると言われています。 がん 遺伝子が傷つくことで細胞が突然変異を起こすがんも、皮膚のかゆみを起こすことがあると言われています。

次の