その 画像 もらって いく ね あと いらない と 思う けど。 あっても問題ないけど、無くても別に困らないな~と思うものは?

既婚の方に。「子供いらない→ほしい」に変わるきっかけって 【OKWAVE】

その 画像 もらって いく ね あと いらない と 思う けど

クリスマスプレゼントを彼氏にいらないと言われた! 「クリスマスプレゼントはいらない」と言う人に対する悩みは、毎年のおきまり。 去年だけでも、いくつかツイートされているものがありますね。 彼氏に全力で『クリスマス・プレゼントいらないから』って言われたら…どーしたらいいねんやろー — YUMENO yumex0107 彼氏へのクリスマスプレゼントが決まらなさすぎて困ってる。 欲しい物は全て持ってるしそもそも物欲がないし、趣味嗜好が物凄く変わってるから好きそうな物を選ぶのも難しい。 ただ、いろんなサイトの情報だと「モノではなくて時間を大切にしたい」なんてことも書かれています。 一体なにを信じれば良いのやら。 正直なことを書いてしまうと、「プレゼントいらない」と言う人の心境は、 人それぞれの問題。 それでも、個人的には 3つの思いに分けられるのではないか?と考えたんです。 それぞれ、項目ごとに紹介していきます。 彼女に負担をかけさせたくない まず最初にあげられるのは、彼女に負担をかけさせたくないと思って、彼氏が遠慮しているパターン。 日本人に一番多いと言っても、過言ではありません。 いろんなサイトでも書かれている項目ですが、これについては僕も同意しています。 少し話はそれますが、Twitterで「初デートはどっちが払えば良いのか?」みたいな話題が出てきたことがありました。 その時の統計データは残ってないのですが、似たようなものを掲載しているサイトがあったので紹介。 こちらによると、約半数の女性が 『男性が全額払うべき』と答えているのが分かります。 この結果から、男性側からの批判が出ていたようにも記憶していますが……それはひとまず置いといて。 僕が注目したいのは、 果たして本当にプレゼントをもらっちゃって良いのだろうか?と考えている男性が、このような話題によって増えてきていることなんです。 逆に考えれば、相手のことをめっちゃ思いやっているってことだから、大切にしてあげてね スポンサーリンク 別に欲しいものが無い また、率直に「今は欲しいものが無いなぁ」と考えている人もいます。 まわりを見渡してみると、意外と存在するパターンです。 物欲がない人の典型的な例なんですけど、特に 長男なんかは、その傾向が強いような気がします。 兄弟で一番上の人って、基本的に新しいものを与えられて育ってきた人が多いので、モノに対する執着心が無いんですよ。 たしかにプレゼントをもらったら嬉しい!って感じるかもしれませんが、実はそこまで……って考えを持っている人も、残念ながら少なからずいます。 また、これはあまり考えたくないですが、過去にプレゼントしたものがイマイチだった……というパターンも存在するんだとか。 クリスマスプレゼントともなれば流石に文句は言えませんから、(これもらってもなぁ……)と頭では考えていても、表面的には「ありがとう!」と喋らざるを得ません。 ですから、こういった彼氏に対しては、モノとして贈るより触れ合う時間を作ってあげるのがいいのかもしれません。 無欲なのに彼女ができている時点でスゴイって思うけど そもそもクリスマスプレゼントを贈り合う風習がイヤ さらには、プレゼントを贈り合うのが面倒くさい……と思っている人も。 これは彼氏に限らず、彼女側からも意見されているみたいですね。 「孤高の存在」チックな彼氏なら、まわりの状況に流されないでイベントを過ごしたい!って思う人もいるかもしれませんからね。 クリスマスにイヤな思い出があったとか、人混みがキライとか、プレゼントを考えるのが精神衛生上ムリだとか……考えられる理由は様々あります。 そういった性格を持った人であれば、なおのこと普段より触れ合う時間をとれるようにしないといけません。

次の

一筆書き旅行記2020春(その4):飛騨金山でねんがんの筋骨めぐりをしてきたぞ!奥飛騨酒造も行ったぞ!

その 画像 もらって いく ね あと いらない と 思う けど

誕生日プレゼントや、ちょっとしたお祝いで友達に何を贈るか悩んだことがある人もきっと少なくないと思います。 できる限り相手に喜んでもらいたい、と思ったら、適当なものは贈れませんからね。 今回はそんな友達へのプレゼント選びで失敗しないために、18歳から35歳の女性116名に、こんな質問をしてみました。 友達からのプレゼントで「いらないかも……」と思ったことがありますか? 「ある」……64% 「ない」……36% 半数以上の女性が「経験がある」と答えていますから、きっと自分にも心当たりがある、という人は多いことでしょう。 では、一体どんなものが「いらないかも……」と思ってしまうプレゼントなのでしょうか? 詳しく聞いてみました。 『ずっとつけてるよ』と……怖すぎて笑う。 どんな意味かと怖かった」(25歳・会社員) 「好きでもない人から指輪。 重いのはいりません」(35歳・会社員) 恋人からのプレゼントならばアクセサリーのプレゼントはとっても嬉しいものでしょうが、友達となるとちょっと考え物ですね……。 特に、指輪ともなると思いは複雑でしょう。 結局、同じようなのが家にあるので使い切らない」(22歳・フリーランス) 「においのキツいハンドクリーム。 持っているもの」(27歳・会社員) 乾燥の時期になると人気のハンドクリームですが、人によって、微妙に好みが異なるものでもあります。 匂いや、テクスチャーの感じなど、細かいことにこだわりがありそうな相手には避けたほうが無難でしょうね。 誕生日が冬なのでブランケットやルームソックスなど、毎年5つくらいもらった。 増えすぎて使わないし、かさばって置き場に困っていとこにあげた」(19歳・学生) 「もこもこのスリッパ、ハンドクリーム。 あとは、花に興味がないから花は個人的には迷惑」(32歳・会社員) 部屋でリラックスタイムをすごすときの必需品といえば、ルームウェアやルームシューズですが、こちらも好みがありますし、外に着ていく服とは違い、いくつも持つものかというとそうでもありませんよね。 かさばるものなら、やめておいたほうがいいかもしれません。 たくさんあるからもういらない」(25歳・会社員) 「趣味じゃない食器」(27歳・会社員) 自分では「素敵!」と思っても、相手もそう思ってくれるかはわかりませんからね。 食器は日常的に使うものですし、気に入ってもらえないものを贈って、食器棚のスペースを取らせるくらいならば、こちらも選択肢から外したほうがいいでしょうね。 アロマや香水類は苦手なにおいが多いので使わず、ほこりかぶってます……。 捨てるにも申し訳ないです」(24歳・専門職) 「香水。 正直好みの香りじゃなかったし、そもそも香水をあまり使わない」(22歳・学生) アロマや香水など、日常的に愛用している人にとっては嬉しいプレゼントでしょうが、そうじゃない人にとっては、非常に使いづらいアイテム。 香りの好みも難しいですし、よっぽど相手の趣味を熟知していないと渡しづらいですね。 実家のお風呂だし、追いだきして2日とか使うからなかなか使えない」(26歳・会社員) 「入浴剤。 子供とお風呂に入るので香りの強い入浴剤はいらないかも。 むしろ置いておくだけでもかなりのにおいを発するのでちょっと困ります」(30歳・アルバイト) 「入浴剤。 追いだきするときに風呂アダプターに詰まるから」(28歳・会社員) かわいい入浴剤はプチギフトの定番アイテムと言って良いでしょう。 しかし、こちらも、バスタブの種類によって使えないものもありますし、事前情報がまったくない状態では避けたほうがいいかもしれません。 まとめると「重いもの」「ハンドクリーム、ルームソックス、マグカップ、入浴剤などの手軽なプレゼント常連組」「趣味と異なりすぎるもの」あたりにあてはまるものは避けておくと良さそうです。 喜んでもらおうと思って贈ったプレゼントが、相手にとって「え、こんなものもらっても……」というものだったら悲しいですよね。 そんな失敗をおかさないためにも、友達へプレゼントを贈るときは慎重に! 事前にその人がどんなものを求めているか、できるだけ情報を集めておくと、心から喜んでもらえるものを選べるかもしれませんよ! 次回は「喜ばれるプレゼント」をご紹介します!(柴田美香) 【あわせて読みたい】 2017. 5 作成.

次の

【捨てたい】実家で「それ、いらない」と思うベスト10【放っとけ】

その 画像 もらって いく ね あと いらない と 思う けど

一筆書きで征く!名古屋~高山本線~富山ツアートラベル旅行記2020春(その4) 飛騨金山~!飛騨金山~!久しぶりの飛騨金山~! 飛騨金山は高山線に乗って一番最初に出会う飛騨である。 『飛騨』と言ってもほとんどの人はピンと来ないと思うけど、大まかに飛騨(地域)というのは飛騨市と下呂市を合わせた範囲が大体それと思ってもらっていいかな?たぶん。 飛騨というと『飛騨市』『飛騨(地域)』2種類の意味を持っているが、それは話の流れで理解してくださいませ~! ところで、前回来たときは『筋骨めぐり』のことを知らなかったから、そのあとで友人に「筋骨めぐりやった?」って聞かれて「え?何それ知らん!」みたいな感じでモヤモヤが溜まっとったんよね。 と、い・う・わ・け・で! やっとこさのリベンジ! 筋骨めぐりin飛騨金山はっじまっるよ~!ワーワー!ヒューヒュー! 飛騨金山駅で降りた者は何人たりともWELCOMEの洗礼を受けなければならない。 WELCOMEとあるが飛騨金山とは書いてないのはちょっとアレだし、もっと言えばWELCOME下にある写真も関連写真なのかどうかよく分からない。 そう、これが俺たちの飛騨金山! 飛騨特有の奥ゆかしさがあるのです! 誰でもWELCOME!飛騨金山! そして少々歩くと飛騨川にかかる金山橋がある。 これを渡るといよいよ飛騨金山の本領発揮となるわけですよ奥さん! 本日はあいにくの空模様ではあるが、金山橋からの眺めはとても良いものだ。 橋を渡りきると、ちょっと懐かしい感じの街並みが現れる。 ここを通り抜け右に曲がって少々のところに奥飛騨酒造がある。 飛騨入りして初の酒造なのである。 創業300年の蔵は、丁寧に住まれてきたんだなという美観を保っておりますね。 住みたさすらある。 奥飛騨酒造ではいくつか試飲ができるので色々試させてもらった。 この初緑の生酛がなかなかよろしい。 何と言うかワインによく見られるキュッとした収斂味があるのだ。 これは日本酒ではほとんど見られないタイプだと思う。 うまい。 それ以外の酒も割と外向き(海外に向いてそう)な感じがする。 ウォッカなども造っていてなかなか面白い。 原材料は米だと思ってたけど雑穀って書いてあるな。 奥飛騨の大吟醸酒粕を使ったクリームチーズがめっさ旨いんですが、これはもう買わざるを得ないですね! ディスプレイされていた初緑の1合瓶がものすごく欲しかったが、これはデッドストックらしいので残念ながら買えず。 『中山七里 初緑』とありますね。 中山七里はこの近くにある景勝地で、飛騨川の渓谷のことっすな。 そこに春が来たことをめでたく思う気持ちが銘柄として付いたのかな?とてもいいよね。 色々話を聞いていると、女将さんが年代もののオルガンで曲を弾いてくれた。 このゆったりした時間。 とても良い。 これだけで飛騨金山に来て良かったなぁと思えるものである。 みなさまも是非、奥飛騨酒造にお越しくださいまし。 国道41号線沿いにもう一店舗ある奥飛騨酒造の販売所に立ち寄る。 こっちは主に下呂温泉から帰るお客さんを狙い撃ちしようと国道沿いに販売所としてのオープンしたとのことで。 とても良い施策。 ちなみに「置いてある商品は同じ」だと言ってたけど、本店の方にはカップ酒を置いてなかったのでこっちで買った。 初緑のラベルはキラキラしていて写真に収めにくいですねw これはオススメなので買うといいぞ! さて、そろそろ街歩きしつつ本格的に筋骨めぐりをしようと思う。 前回来た時はこの立体的なくねくねした通りを歩いて満足して帰ったのだが、帰った後で筋骨めぐりを知って悔しい思いをしたのだ。 だから…今日という今日は! 筋骨めぐりを俺はやる! 筋骨めぐりに俺はなる! 俺が筋骨めぐりだ! これより、とりとめもなく写真をだらだら流すので、何が筋骨なのかよくわからないかもしれないけど、とにかく見て欲しい。 筋骨めぐりの『筋骨』とは要するに路地裏なんだけど、何も聞かされていなかったら路地裏群を通ろうと考える者は殆どいないだろう。 路地裏って割と私道みたいなところが多くて、勝手に入ると怒られる時もあるんだけど、飛騨金山ではそれを観光資材としているので非常に興味深く面白い。 というわけで、飛騨金山の街並み&筋骨めぐり! どうぞご覧くださいませ! かつてこの地にあった一軒の銭湯が一般公開されている。 すごく良いがもったいないという気持ちもちょっとある。 うまく観光資材にできればいいのになあと思うけど。 こんぐらい古いと逆に復活させても面白いのではないかと思ったりするが、まあ、俺みたいな外野の言うことは当てにならんけども。 さてそろそろ列車の時間だ…戻るか。 あと15分くらいあるな…ダッシュで回るか! この喫茶店、時間があったら入ろうと思ったけど、残念ながらタイムリミット!次回こそは! そして、見えてきたのはSEE YOU AGAIN 飛騨金山…筋骨めぐりは楽しい。 楽しいのだが、いかんせんマネタイズできてないので、リピート客が来るかというとちょっと謎なところがある。 とはいえ、これは飛騨なのだ! とにかく町の人たちがとても親切だ。 立ち止まっていると声をかけてくれる。 ちょっぴり奥ゆかしさもある、紛れもない飛騨なのだ! 寂しい感じもあるし、廃れた感じもあるけど、優しい空気が流れている。 そんな飛騨金山がcongiroさんは大好きです。 一介の旅行者しにしかすぎない俺だけど、何か起死回生の策でもあれば面白いんだけどなーと思い巡らせながら歩いていた。 むしろ観光資材のない飛騨萩原の方が、若干安泰のような気もしている。 飛騨金山はこのまま朽ちてしまうにはとても惜しい。 とにかく飛騨金山は行ったことない人は一回行ってみるといいと思う。 名古屋・岐阜から最も近い飛騨なので、高山に行くのもいいけど、飛騨金山はユニークかつオンリーワンの要素を持っているから行ってみて損をすることはないはずだ。 次来た時は、飲食視点で見る飛騨金山をテーマにちょっと歩いてみたいと思う。 特に川の横にあった喫茶レインボーがすげー気になってるし、奥飛騨酒造も良かったし、また必ず来ることでしょう。 では、飛騨金山しばしの間お別れです。 また会う日まで。 ~つづく~ congiro.

次の