スマホ 写真 sdカード。 スマホ本体の内部ストレージからデータをSDカードに移動する方法

Androidスマホ向け「SDカードの選び方と使い方」 を解説!

スマホ 写真 sdカード

スマホで写真をたくさん撮ったりネットから携帯にダウンロードしたりしているなら、容量不足になって、スマホの動作を遅くさせます。 その場合、一部の写真をほかの場所に移動して容量の空きをするほうがいいです。 でも、撮った写真をパソコンなどのところに移せば、自由に閲覧することには不便ですので、Androidスマホを利用している時、スマホの写真を搭載したSDカードに転送することはお勧めです。 大容量のSDカードならば何千枚の写真が保存できて、スマホの間に写真を移動することにはとても便利なため、アプリやソフトで定期的にスマホ本体とSDカードの写真を整理・移動してみましょう。 本記事は二つの方法でスマホ本体とSDカードの間に移す方法を紹介します。 スマホだけ手元にある場合、「File Commander」で写真を移すやり方と、パソコンを利用して、「」でスマホとSDカードの写真を移動する方法です。 スマホのみで本体からSDカードに写真を保存する仕方 「File Commander」はスマホのファイルを管理する専門的なアプリです。 スマホ内部ストレージとSDカードの写真保存にも対応しています。 本アプリのほかに、「アストロファイルマネージャー」、「Yahoo! ファイルマネージャー」などのツールも携帯のファイル管理には役に立てます。 「File Commander」を起動すれば、スマホ本体とSDカードの容量を確認できます。 システムメモリ(つまりスマホ本体)からSDカードに写真を移す場合、「システムメモリ(本体)」を開いてから、移動したい写真の右側のマークをタップして、「切り取って」(または「コピー」)を選択しましょう。 続けて、「外部SDカード」を選んで、写真の保存先を決めてから、画面上部の「貼り付け」をタップしてください。 貼り付けた写真は指定したところに保存されます。 SDカードの写真を内部ストレージに移動する際、SDカードの写真を選択してから、内部ストレージをプレビューして、決めたところに張り付けます。 ファイルではなくてフォルダの形式で写真を移動してもいいです。 PC経由でスマホからSDカードへ写真を移動するやり方 PCで写真をスマホ本体からSDカードに写真を移動する方法は簡単です。 USBケーブルでスマホをパソコンと接続すれば、SDカードとスマホのファイルは普段分けて表示されます。 自分の移動したい写真を選択してから、目標先へペーストすればいいです。 でも、大量のファイル中目標の写真を探すことは少々面倒くださいです。 その時、便利な「スマホ管理」ソフトを使ってみてはどうですか?これからは本ソフトで内部ストレージとSDカードの間に写真を移すやり方を説明します。 ステップ1 AndroidスマホをPCと接続 「スマホ管理」をPCにインストールしてから、AndroidスマホをUSBケーブルでパソコンとつないでください。 ステップ2 写真をSDカードへ移動 スマホが識別されてから、左メニューの「写真」をクリックすれば、スマホの本体とSDカードの写真を確認できます。 次には、SDカードで作られた写真のアルバムを探して移しましょう。 一般的にはDCIM、Photo、Albumなどのところに保存されます。 移動したい写真を追加ボタンで追加します。 もちろん、フォルダの形式で中の写真を移すことも可能です。

次の

スマホ本体の内部ストレージからデータをSDカードに移動する方法

スマホ 写真 sdカード

Android:各種データをSDカードに移すメリット Androidの内部ストレージにあるデータをSDカードに移すことで、大きく3つのメリットが得られます。 メリット1:内部ストレージの容量を増やすことができる SDカードを使う最大のメリットは、内部ストレージを圧迫しなくても済むことです。 というのも、内部ストレージが一杯になるといくつかのデメリットが発生します。 内部ストレージにはOS android を動かす為のシステムがあります。 しかし、内部ストレージの容量が満杯だとスマホの動きが遅くなり、下手をすれば再起動ループに陥ることもあります。 このことから、スマホを快適に動かすにはある程度の空き容量が必要になります。 メリット2:バックアップを作ることができる 友達と一緒に行った旅行の思い出や、彼女と撮った写真など、スマホには消したくない大切なデータがあると思います。 スマホの内部ストレージに大切なデータを保管しておくと、スマホが壊れてしまった時に写真や動画が消えてしまう恐れがあります。 そんな時、SDカードにデータを残しておくと、データを失わずに済みます。 メリット3:他の端末に繋げることができる SDカードはスマホ以外にも、デジタルカメラ、タブレット、パソコンなどでも使用されています。 スマホ本体から取り出し、他の端末に繋げることでデータの移動をスムーズに行えます。 大前提!SDカードが認識されているかをまずは確認 データ移動の方法を紹介する前に、Androidのストレージを確認しましょう。 外部ストレージが認識されていない場合、SDカードにデータを移動させることはできません。 内部ストレージをタップすると、ストレージ内のデータが種類別に分けられ、どのデータが幅を取っているのは分かりやすくなっています。 今回は「 写真と動画」を例に、データをSDカードに移動させます。 端末:SONY Xperia SO-4J• OS:Android 8. 0 SDカードへのデータ移行に使うのは「 ファイル管理」と呼ばれるアプリです。 このアプリはAndroidであれば標準で搭載されているのがほとんどかと思います。 アプリを開いて左上にあるメニューアイコンを開くと、このように画像・動画・音声が分類され表示されます。 動画をタップすると、動画を保存しているフォルダが表示されます。 ここから目的のデータを探します。 目的のデータを見つけたらファイルを長押しします。 すると選択画面へと切り替わります。 この際、他のデータに触れると、複数のデータを一括で移動することができます。 移動させたいデータを指定したら、右上のメニューアイコンをタップ、表示された項目にある移動をタップします。 すると、今度は移動先を決定する画面に切り替わります。 左上のメニューバーに触れると、SDカードが移動先として表示されるのでタップして下さい。 あとはSDカードのどこに画像・動画ファイルを移動させるか決めて、移動をタップします。 これでSDカードへの移動は完了です。 写真データの移動方法も同じです。 ちなみに内部ストレージのフォルダを移動することはできません。 その代わり、内部ストレージのフォルダをコピーして貼り付けることは可能です。 Android:写真や動画がSDカードに移動できない原因 SDカードに写真や動画を移動させようとして、エラーが出ることもあります。 その時の原因として、以下のことが考えられます。 SDカードがスマホ用ではない SDカードは規格さえ合えば、どんな端末でも使うことができます。 しかし、SDカードの中には、スマホで使用することを想定しないSDカードもあります。 そんな時はSDカードの中身をフォーマットして、スマホ用に調整します。 その際にSDカードのデータが消去されます。 例えば、パソコンにデータを入れてから、スマホに移動させようとすると消去されるため注意が必要です。 耐用年数は短い 公式のメーカーはSDカードの使用年数は5年から10年と発表しています。 しかし、それは丁寧に扱った場合で、ユーザーの使い方次第では2年から3年で保存したデータが消失したり、SDカード自体を認識できなくなります。 SDカードは短期保存用記録メディアと割り切って使ったほうが良いのかもしれません。 SDカードが破損している 上述の通り、SDカードには耐用年数があります。 それを過ぎると、スマホがSDカードを認識しなくなる恐れがあります。 古いSDカードはいざという時に使えなくなるリスクがあるため、利用するのは控えたほうが良いです。 移動するデータ量がSDカードの容量を超えている 最もあり得る可能性が、SDカードの残量が少ない場合です。 その時はSDカード内のデータを整理するか、新しいSDカードを用意しましょう。 移動するデータ量が大きい SDカードに移そうとするデータが、一度に大量だと失敗する原因になります。 何回かに分けて移動すると成功します。 Androidの不具合 上にある三つが原因でない場合、考えられるのはAndroidの不具合です。 端末を再起動したり、システムアップデートを確認してみてください。 それでもダメなら、お近くのケータイショップに持ち込んでみましょう。

次の

SDカードからスマホ本体へのデータ移行

スマホ 写真 sdカード

ステップ2 デジカメやスマホからSDカードにデータを移す スマホのOSがAndroidであれは、写真の保存先を本体からSDカードに変更することができます。 カメラアプリなどの設定から、保存先をSDカードに変更したあとは、SDカードに写真が保存されます。 また、すでに撮影した写真の場合は、データファイルの移動やコピーが簡単に行えるファイルマネージャー系のアプリを使うと、比較的簡単にデータの移動やコピーができます。 写真データは「DCIM」フォルダや「Picture」フォルダに保存されている場合が多いので、それらフォルダの中から必要な写真データを選択し、SDカードにコピー、または移動します。 デジカメやスマホからSDカードに写真データなどを移したりコピーしたりする具体的な操作方法は、機種などによって異なります。 取扱説明書や操作説明書などで確認して操作してください。 ステップ3 SDカードをパソコンにセットする SDカードに必要なデータを保存したら、パソコンにセットしデータを移行していきます。 SDカードをパソコンにセットする方法には2種類あります。 パソコンにSDカードを直接セットすることができる「ダイレクトメモリスロット」が搭載されている場合は、そのスロットにSDカードを直接セットします。 「ダイレクトメモリスロット」の位置は本体により異なります。 ダイレクトメモリスロットが搭載されていないパソコンの場合は、USBポートなどを通してSDカードを接続する「SDカードリーダー」を別途用意する必要があります。 SDカードリーダーをパソコンに接続し、それにSDカードをセットします。 microSDカードを使っている場合、SDカードリーダーもmicroSDに対応している物を選ぶといいでしょう。 ステップ4 SDカードのデータをパソコンに取り込む Windowsの場合、SDカードからパソコンへのデータ取り込みは、「エクスプローラー」を使います。 SDカードをセットすると、通常は「メモリカードに対して行う操作を選んでください」というメッセージとともに、メモリカードに対して行う操作を選択できる画面(自動再生画面)が表示されますので、その中から「フォルダを開いてファイルを表示」を選択します。 SDカードをセットしても自動再生画面が表示されない場合は、手動でエクスプローラーを起動して、SDカードを選択します。 デジカメやスマホから移した際に写真データを保管したフォルダや、写真アプリの保存先として設定したSDカード内のフォルダ(DCIMなど)を開き、その中にある必要な写真データを選択します。 そして、写真データを移したいパソコン側のフォルダを開き、そこにコピーすればパソコンへの取り込みは完了です。 なお、Macの場合は、SDカードをセットし「写真」アプリの「ファイル」から「読み込む」を選択します。 読み込む写真を選択すると、指定した写真が読み込まれます。

次の