れんこん あく 抜き。 れんこんの下処理、時間は何分?皮の泥や穴の洗い方は?見分け方もご紹介!

野菜の灰汁(あく)を抜かないと毒になって危険?灰汁の抜き方はこうだ!

れんこん あく 抜き

繊維の向きだけでなく、厚さや調理時間、あく抜きの仕方でも食感は変わります。 たとえば、同じ輪切りでも、厚く切って水にさらしたものを煮ればホクホクに、薄くスライスして酢水につけたものはサラダなどでシャキシャキとした食感を楽しむことができます。 代表的な切り方と、おすすめの調理法をご紹介します。 左が水にさらしたもの、右が水にさらさずにおいたもの。 買うときは、両端の節の部分がカットされずに残っているものを選ぶのが理想的。 節がカットされ、断面が見える状態で売られているものは褐変が進んでいるので、白い色味を生かした料理に使う場合は避けましょう。 あく抜き方法は料理に合わせて使い分け! あく抜きには、水につける方法と、酢水につける方法があります。 酢水につけると、でんぷん質の働きが止まり、よりシャキシャキとした食感に。 水につけると、ホックリとした食感を残せます。 用途に合わせて使い分けると良いでしょう。 サラダやちらし寿司のトッピングなど、白さと食感を生かすときには、酢水であく抜きするのがおすすめ。 煮ものに使うときは、調味料がしみ込んで色づくので、水につけるだけでOKです。 これまで、どんな料理に使うときにも、同じ下処理をしていませんでしたか?これらのコツを知っておけば、いつもの料理がひと味違った仕上がりになるかもしれません。 旬のれんこんをおいしく味わい尽くしましょう!.

次の

[れんこんの下ごしらえ]おいしく食べるための切り方&あく抜き

れんこん あく 抜き

れんこんの切り方・下ごしらえの方法 れんこんの黒ずみ(アク)の正体はポリフェノールの一種であるタンニンです。 下ごしらえでアク抜きすれば、きれいな白色のまま料理できます。 下ごしらえですが、切ったら水か酢水に漬けて、アクを抜きをします。 ただし酢水に漬けたれんこんを煮るとホクホクにならないので、煮物にするときは水に漬けるだけにしておきましょう。 また、ゆでるときに少量の酢を加えると、白くきれいにゆであがります。 ゆでるときの注意点ですが、鉄鍋で調理すると黒くなるので気をつけましょう。 また、ゆですぎると栄養分が流出してしまうので、サッとゆでるだけで十分です。 れんこんの切り方 輪切り: れんこんの切り方では最も多く使われる切り方です。 細い輪切りならサラダやマリネに。 太い輪切りなら炒め煮、はさみ揚げ、煮物にぴったりです。

次の

レンコン(蓮根)の下ごしらえ!あく抜きの方法も紹介!酢がない場合はどうする?

れんこん あく 抜き

もくじ• jpg れんこんの皮は、むいてもOK、むかなくてもOKです! インターネットや料理の本でれんこんのレシピを探したことのある方は多いのではないでしょうか?! 冬になると特に、煮物が美味しくなる季節なので、レシピにもれんこんが多々登場しています。 しかし、その際、皮をむいているレシピと、むいていないレシピに遭遇したことがある方は少なくないはずです。 テレビなどでも、「皮の近くに栄養があるから、皮をタワシでこすって、皮も一緒に食べましょう!」なんて耳にしますよね。 そうです、根菜類は皮に栄養が詰まっていることが多く、栄養素で壁を作ることで、外に水分を逃がさないようにしているのです。 しかし皮をむいたからといって、栄養が半減する訳ではなく、皮にも栄養があるので、食べた方がいいですよ、という程度です^^ 日本料理である「和食」は、ビジュアルを楽しむのも料理の一つ!とまで言われており、料亭での食事は職人技による「アート」の世界と言っても過言ではないくらい、見た目にも拘りを持っているのです。 和食界で重要視される「見た目」について、れんこんの場合は皮をつけたまま調理をすると、 美しい白色を持つれんこんが茶色になってしまい、茶色のれんこんは美味しくなさそう、という理由から皮をむく習慣が定着したのです。 jpg れんこんの皮には ポリフェノールが含まれており、「 アンチエイジング効果」があるのです!この「ポリフェノール」の一種である「 タンニン」こそが、調理した際に茶色くなる原因なのです。 しかしれんこんの皮も一緒に食することで、 体の中からキレイになれて健康的に若返ることが出来るのです。 生ごみの袋にいつも処分していたれんこんの皮は、 生活習慣病を防ぐ効果もあるので、これからは皮も一緒に調理することをお勧めします^^ 皮は洗うだけでOKですよ。 youtube. 包丁でむく際は、 むきやすい長さに切ってから、りんごの皮をむくようにむいていきます。 また、れんこんは皮をむいた直後、空気に触れることで黒く変色してしまいますので、 酢を少量加えた水にすぐに浸してあげると、変色を防ぐことが出来ますよ。 更に、酢に漬けることでアク抜きにも繋がるのです^^ くれぐれも、酢水に漬ける時間は「10分程度」にしてくださいね。 jpg 必要以上に皮を厚くむいてしまわない為、この方法もトライしてみてはいかがでしょうか。 1週間以上も使わない場合は、「 冷凍保存」をお勧めします! 但し、冷凍保存の際は 皮をむいて使いやすい大きさに切ってからジップロックなどに入れて冷凍庫で保存しましょうね。 この時、茹でたり下味までつけておいてもOKです。 調理時間の短縮にも繋がりますので、時間がないときにでもすぐに調理に取り掛かることが出来ますね。 ただし、 茹でた場合はしっかり水切りをして冷ましてから、冷凍するようにしてください。 また、冷凍保存したれんこんを調理に使う際は、解凍せずそのまま使用することで、水っぽくなりませんので、くれぐれも使う直前に冷凍庫から出してくださいね。 冷凍保存による保存可能期間は「 およそ1~2ヶ月」です。 ジップロックに冷凍した日付を書いておけば、期限内に美味しく調理することが出来ますよ^^ れんこんを冷凍する際はポイントが以下に4つあります。 以下の処理をすることで、変色を防ぐことが出来るだけでなく、白いれんこんをシャキシャキの食感まで残すことができるのです! 準備するのは、「ザル・お酢・電子レンジ・耐熱容器・保存容器(又は袋)」の5つです。 それではやり方を紹介していきましょう。 切ったれんこんは冷水に浸してお酢を少量加えて 5分弱放置します。 5分が経過したら、ザルで酢水を切って、れんこんを耐熱容器に移します。 電子レンジで 5分チンして加熱します。 れんこんを完全に冷ましてから冷凍保存できる容器や袋に入れて冷凍庫で保存します。 冷凍れんこん(輪切り、半月切り、お好みの形でOK)• 冷蔵庫&冷凍庫に余っている食材たち• 米5カップ• 醤油150cc• みりん100cc• かつおだし5カップ程度• 料理酒大さじ1• 米を洗って釜に入れ、余った食材たちを加えます。 醤油、みりん、料理酒を加えて混ぜてから、かつおだしを5カップの目盛りまで入れましょう。 混ぜたらスイッチを押して炊き始めます。 入れる食材によって見た目も味も変わってくるので、冷蔵庫&冷凍庫に余っている食材で色々試してみてくださいね。 youtube. ごぼう1本• 白炒りごま小さじ2• 炒め用の油大さじ1• 鷹の爪1本(又は七味唐辛子でもOKです) 「合わせ調味料」• みりん20cc• 砂糖大さじ1• 料理酒20cc• 醤油20cc• ごぼうと人参は細めの拍子切りにして、ごぼうは 数十秒水にさらします。 れんこんの皮はよく洗って、薄めのいちょう切りにします。 (又は細切りでもOKです)水に少量のお酢を入れて、そこにれんこんを 3分浸します。 大きめのフライパンに炒め油を熱して、中火で鷹の爪・人参・ごぼう・れんこんを入れて全体に油が回るように炒めます。 汁気がなくなってきたら、 残りの半量の「合わせ調味料」を淵から入れて絡めていきます。 最後に残りの「合わせ調味料」全てを入れて絡め、水分がなくなったら火を止めます。 html 最後に『れんこんベーコンサンド』の作り方について紹介します。 れんこん• ベーコン• 片栗粉• サラダ油• れんこんは5mm厚さに輪切りにします。 ベーコンはレンコンと同じ大きさに切りましょう。 片栗粉をレンコンの片面に薄く振りかけます。 片栗粉を振った面を内側にして、ベーコンをもう一枚のれんこんで挟みます。 サラダ油をフライパンに熱して、れんこんを並べます。 蓋をして弱めの中火で両面を焼きましょう。 醤油又は塩で頂きます^^.

次の