川崎 市 中原 区 避難 勧告。 気象庁 | 気象警報・注意報 | 川崎市

川崎市:指定避難所・指定緊急避難場所が知りたい。

川崎 市 中原 区 避難 勧告

令和元年10月12日午前10時00分、次の地域の「土砂災害警戒区域」に【警戒レベル4】避難勧告を発令しました。 ・土砂災害警戒区域の外の方は、対象ではありません。 ・対象地域の周辺では、同報無線のサイレンが鳴ります。 避難場所のスペースが限られておりますので飲み水や食料など最低限必要なものを持参し、外出の際には、ガスの元栓の閉鎖、窓等の施錠を行ってください。 避難場所に駐車スペースはありませんので、自家用車等での避難はご遠慮ください。 ペットを同伴させる場合はゲージに入れて避難場所職員の指示に従ってください。 なお、自宅周辺の道路の冠水や暴風などにより、 外への移動に危険を伴う場合は、自宅の中で崖とは反対側のより高い階などに避難してください。 9382• 144• 4032• 520• 836• 574• 145• 2200• 293• 159• 243• 114• 266• 435• 261• 246• 387• 468• 150• 294• 150• 222• 308• 182• 137• 112• 155• 140• 281• 267• 150• 184• 203• 399• 131• 146• 175• 173• 118• 143• 3907• 137• 107• 191• 317• 129• 422• 116• 363• 130• 104• 266• 171• 240• 240• 338• 212• 208• 155• 135• 246• 128• 245• 316• 122• 277• 156• 171• 167• 158• 152• 329• 326• 100• 163• 224• 111• 101• 109• 111• 135• 130• 113• 141• 125• 429• 242• 131• 125• 141• 138• 187• 925• 3432• 170• 136•

次の

神奈川県

川崎 市 中原 区 避難 勧告

警戒区域… 設定した区域への立ち入りを制限、禁止またはその区域から退去を命ずるものです。 従わない場合、罰金または拘留の罰則が科せられます。 避難指示… 避難指示(緊急)。 人的被害の危険性が非常に高い状況です。 直ちに避難しましょう。 外出することでかえって命に危険が及ぶ状況では、自宅内のより安全な場所に避難しましょう。 避難勧告… 避難場所などの安全なところへ速やかに避難しましょう。 避難準備… 避難準備・高齢者等避難開始。 いつでも避難できるよう、非常用持ち出し品を用意し家族や近所の人と連絡を取るなどの準備をしましょう。 避難に時間を要する人(ご高齢の方、障害のある方、乳幼児をお連れの方など)は避難を開始しましょう。

次の

気象庁 | 気象警報・注意報 | 川崎市

川崎 市 中原 区 避難 勧告

秋雨前線のために、ここ2週間ほどずっと雨続きのはるひ野でしたが・・・。 台風18号の影響で、全国の広い範囲で昨日から暴風雨になっています。 これまで降った雨量のために土砂災害の危険が高まっているらしく、本日夕方5時には、川崎市から避難勧告が出るという事態になっています。 その概要はこちら。 川崎市、28万世帯に避難勧告 台風18号による大雨の影響で土砂災害警戒情報が発表されたのを受け、川崎市は9日午後5時、幸、中原、高津、宮前、多摩、麻生の6区で土砂災害警戒区域に指定されている28万4464世帯62万6105人に対し避難勧告を発令した。 (カナロコby神奈川新聞) そしてこちらの記事では、地域別にもう少し詳しい数字が掲載されていました。 麻生区に関しては全域が対象かと思われます。 はるひ野も1丁目から5丁目までもれなく入っています。 自分が住んでいる場所で避難勧告が出たのは初めてだなぁ。 川崎市 28万世帯に避難勧告 川崎市は大雨による土砂災害のおそれがあるとして、午後5時、6つの区の一部、あわせて28万4464世帯、62万6105人に避難勧告を出しました。 避難勧告が出ているのは次の通りです。 幸区の7081世帯、1万5408人。 中原区の5971世帯、1万1925人。 高津区の5万6373世帯、11万9383人。 宮前区の9万3883世帯、21万3941人。 多摩区の4万8903世帯、10万2017人。 麻生区の7万2253世帯、16万3431人となっています。 28万世帯余りに避難勧告を出している川崎市は、市内の学校やスポーツ施設など79の施設に避難所を開設しました。 それぞれの避難所に職員を待機させ、毛布や飲み水などを用意して住民の受け入れにあたることにしています。 (NHK首都圏NEWS WEB) 今日この辺りの雨がいちばんものすごかったのは、午後2時ぐらいだったでしょうかね。 滝のような雨が横なぐりに吹きつけるので、ほんの数秒のことでシャワーを浴びたようにずぶぬれになってしまいました。 それが午後4時ぐらいには、西の方から太陽がのぞき晴れ間が出てきたんです。 黒い雨雲が去っていく東の空には、大きく見事な虹が二重にかかっていて、とってもキレイだったんですよ!! 黒い雲が遠のいていくと、太陽が輝きすっかり青空になりました。 しかしその後、午後5時に避難勧告が発令されたんですねー。 ちなみに避難勧告というのは文字通り住民に「避難を勧める」という意味なんですが、何も避難所に行くだけが避難じゃないそうです。 特に水災に関しては、無理に外へ逃げるより、屋内にとどまったり、建物の高い階へ上がったりする方が安全な場合があります。 そういった「屋内待避」や「垂直避難」という行動も、避難の際には重要な考え方になるみたいですね。 今回のように市内の広い範囲に避難勧告が出てしまっていたら、「一体どこに避難したらいいの?」って思いますけど、慌てずに一軒一軒が、個別の事情に応じた適切な対応をするというのが大切だそうです。 今現在、はるひ野では雨は止んでいて平穏そのものなんですが、ニュースを見ていると、こんどは多摩川が氾濫注意水位を超えたとか、状況も刻々と変化していきますね。 どうか大事に至りませんようにと祈っています。 関連記事.

次の