ご 都合 の よろしい 日時。 目上の人と話す時には敬語をよく使いますね。例えは、次の打ち合わせを話す時に「ご都合のいい日を教えていただきませんか。」というと敬語ではないでしょうか。どんな表現を使って方がいいですか。 そして、自分の都合について話して「どんな日でも都合がいいです」はあまり丁寧ではないでしょう。基本的な表現は何ですか。 よろしくお願いします!

ご都合いかがでしょうかの使い方!敬語・英語やメールの返信・返事も

ご 都合 の よろしい 日時

Asking for someone's availability is a great way to see all your options compared to their schedule to arrange a meeting. This is a polite and professional way to arrange a meeting, that also sounds very accommodating. To "look into" something means that you will spend time to find out information. It also tells them that you need to look at two schedules, yours and theirs. So if someone is demanding a time that you are not available for, this language politely informs them that you need to consider when you are available as well. "Could you kindly tell me as soon as possible when you would be available for a meeting? " This is a great formal phrase to use every day, during business and other situations. The addition of "could you kindly" makes this a very polite and respectful sentence. "Kindly" asking someone to do something is always a wonderful way to add politeness to a sentence, especially in business. This phrase, however, does not specify directly that you are asking for a date and time for the meeting, but it is implied. Adding "as soon as possible" lets the person you are speaking to know that it is important that they get back to you quickly. Example: You: "Could you kindly tell me as soon as possible when you would be available for a meeting? " Branch Manager: "Absolutely. I will have my secretary check my schedule and contact you within the hour. " "Will you kindly give me the date and time you are available for a meeting? " This is also a great formal phrase to use, and it is similar to the last one. The biggest difference here is that you are explicitly asking for a date and time, and leaving no room for misinterpretation. Again, the addition of "will you kindly" makes this a very polite sentence appropriate for business. Example: You: "Will you kindly give me the date and time you are available for a meeting? " Business Partner: "Gladly. Give me a moment to check my schedule. I have an opening on Tuesday at 4 o'clock. Will that work for you, Sir? " "Would you possibly be able to tell me a convenient time for us to meet? " This is a slightly less formal phrase you can use to ask someone about what time would be good to meet. You could still use this in business, but this would be something you would use with a business partner or other business associate you are more familiar with. "Would you possibly" implies some degree of familiarity, and doesn't express the utmost politeness. However, it is still considered polite. If you are speaking this phrase instead of using it in an email, be sure to use a cheerful tone of voice. If used in an annoyed or upset tone, this sentence can be considered rude in some cases. Example: You: "Would you possibly be able to tell me a convenient time for us to meet? " Business Associate: "Yes, of course! Hold on one moment and I'll check my schedule. " "Could you kindly tell me as soon as possible when you would be available for a meeting? " (打ち合わせはいつが都合がいいか教えて頂けますか?) これはビジネスシーンなどで日常的によく使われる素晴らしくフォーマルな表現になります。 この"could you kindly"を付け足すことによって丁寧でしかも尊敬する表現になります。 特にビジネス上では,誰かに何かをお願いする時にこの"Kindly"を使うと素晴らしく丁寧なで尊敬する表現になります。 しかし、このフレーズは打ち合わせの日時を明確には尋ねていません。 ただ、少しほのめかしているだけです。 "as soon as possible"を付ける事によって、できるだけ迅速な回答が重要だという事を伝えることが出来ます。 【例】 You: "Could you kindly tell me as soon as possible when you would be available for a meeting? " (あなた:打ち合わせにご都合がいいはいつか教えて頂けますか? Branch Manager: "Absolutely. I will have my secretary check my schedule and contact you within the hour. " (支店長:もちろろん!秘書に確認させて正時までには知らせるよ) "Will you kindly give me the date and time you are available for a meeting? " (打ち合わせに都合がいい日時を教えて頂けますか?) これもまた、素晴らしくフォーマルに使う表現です。 そして、先の表現とよく似ています。 一番大きな違いは、 ここでは間違って誤解することなく、日時をはっきりと尋ねているところです。 この場合も先と同様に "will you kindly"を付けてビジネスにふさわしいようにてても丁寧な表現にしましょう。 【例】 You: "Will you kindly give me the date and time you are available for a meeting? " (あなた:打ち合わせに都合がいい日時を教えて頂けますか?) Business Partner: "Gladly. Give me a moment to check my schedule. I have an opening on Tuesday at 4 o'clock. Will that work for you, Sir? " (仕事のパートナー:喜んで!ちょっと予定を確認するので時間を少しください。 火曜日の4時が空いています、そちらのご都合はどうでしょうか?) "Would you possibly be able to tell me a convenient time for us to meet? " (打ち合わせに都合のいい時を教えてもらえますか?) これはそれほどフォーマルではない表現です。 会合するのにいつが都合がいいか尋ねる表現になります。 ビジネス上でも使うことは出来ますが、仕事のパートナーや仕事関係者などの親しい間柄に使う方がいいでしょう。 "Would you possibly"とはある程度の親密さを 示し、最高の丁寧さは表現されていません。 ですが、比較的丁寧だと考えられます。 このフレーズをメールなどで使用する代わりに話す場合は、声に愉快なトーンで話しましょう。 もし、怒ったような、むっとしたような声のトーンで話すと、失礼に値することがあります。 【例】 You: "Would you possibly be able to tell me a convenient time for us to meet? " (あなた:打ち合わせに都合のいい時を教えてもらえますか?) Business Associate: "Yes, of course! Hold on one moment and I'll check my schedule. " (仕事仲間:もちろん!ちょっと待って、予定を確認するから) Most business men keep a strict diary or appointment book... There are slots and times that are marked as " available"... IE free to be filled. So when we need to gather information on potential dates... We just need to ask: "what is your availability? "We really need to finalise the contract details, what is your availability for a buiness meeting? " 多くのビジネスマンは、きちんと予定を管理していて、人と会う約束があります。 " available"(空いている)と書かれている時間枠や時間があります。 ですから、会う可能性のある日の情報を集める必要がある時は、"what is your availability? (予定はどうですか)とだけ聞く必要があります。 例文 "We really need to finalise the contract details, what is your availability for a buiness meeting? " 契約の詳細を決定しなければいけません、ミーティングをしたいと思うのですが、予定はいかがですか? This question is common nowadays emailing between companies around the globe. In a formal email where the email is to a client or your superior I would say "please advise times and dates that best fit your schedule for this meeting".

次の

【日程調整・打ち合わせの変更】状況別のメール例文から見る正しい書き方とマナーとは

ご 都合 の よろしい 日時

「都合が悪い」の敬語に要注意! ビジネスシーンでは敬語を使うのが常識ではありますが、普段使い慣れないために、実は敬語ではない表現を敬語として用いてしまっていることがあります。 その中でも特に間違いが多いもののひとつが 「都合が悪い」という言葉の敬語表現です。 「都合が悪い」をそのまま敬語表現やビジネスに適した表現だと思って使っている人は少なくありませんが、実はこれは正しい敬語ではありません。 「都合が悪い」とはどういう意味? 類似の表現についてもイメージがしやすいよう、「都合が悪い」の敬語表現について触れる前に、まずは「都合が悪い」の意味を確認しましょう。 「都合が悪い」というのは 「条件や状態が悪い」という意味となります。 元々「都合」という言葉には「条件・状態」というような意味があり、それが良くないことが転じて 「予定が合わない」「条件が合わない」という意味でよく用いられます。 オフィシャルな場面においても「都合が悪い」という表現を使う機会は多いものですが、主に以下のようなケースで使われるのが一般的です。 「都合が悪い」の敬語表現は「ご都合が悪い」ではない 「都合が悪い」の敬語表現と言われたときに、多くの人がまず考えるのは「ご都合が悪い」という表現でしょう。 「ご都合が悪いようでしたら別の日時とさせていただきますが」といったフレーズはよく聞くものですし、丁寧に表現しており尊敬語であると思われがちですが、これは 間違いです。 「ご都合」は「都合」の敬語表現として適切です。 実際、取引先などとスケジュールを合わせる際に、「ご都合はいかがでしょうか?」などの表現は常套句として使われています。 「ご都合が悪い」の問題は「悪い」の方で、「悪い」は尊敬表現ではないですし、そもそも敬意を表す言葉にはマイナスの印象を与える「悪い」という表現は不適切です。 また、「ご都合が悪くいらっしゃる」という表現も二重敬語となり間違った表現となります。 「ご都合がよろしくないようでしたら別の日時とさせていただきますが」というように、 都合が「悪い」ではなく「よろしくない」を使うのが適切です。 都合が悪いの敬語「ご都合がよろしい」を使いこなそう 「ご都合」という言葉を使う場合には、その後に続くのは「悪い」ではなく 「よろしい(よろしくない)」が適切です。 しかし、「よろしければ」の形で許可をされた方が少なくとも好意的に受け取れます。 仮に都合が悪くないとしても、その場合はイヤイヤである可能性もあるため、受け取る側の印象も違ってきます。 「都合が悪い」時にビジネスシーンで使える表現4パターン 「都合が悪い」を普段使うシーンというのは、「忙しい」というようなことが言いたいシーンであると思われますが、 ビジネスシーンで「忙しい」という理由で何かを断るのはご法度です。 それは相手の面子を潰すことになってしまいます。 ビジネスマナーは相手を立て、良好な関係を築くためのものですから、知恵のある表現で印象よく対応しましょう。 また、相手の都合を問う際も表現に注意が必要です。 ただし、選択肢が不明瞭な場合には使えないので注意してください。 都合を問われた時の返事にも配慮できれば完璧 都合が悪いにしても都合がいい場合にしても、注意したいのは 自分が都合を尋ねられたときの返事の仕方です。 あくまで自分の都合に対しては「ご都合」は使いません。 「次回の面接ですが、いつならご都合がよろしいでしょうか?」と聞かれた時に、相手の質問に釣られて「はい、明日ならご都合がよろしいです」などと答えてしまう人も多く見られます。 また、都合を尋ねられ、都合がいい場合だとしても「はい、それなら都合がいいです」というようには答えません。 こういった回答は、「何かのついでで丁度良い」という印象を与えかねず、相手に失礼な場合もあります。 「はい、結構です(問題ありません)」「申し訳ありません。 都合がつかないため、別の日程でご検討いただけないでしょうか?」などと返しましょう。 都合が悪い場合に大事にしたいクッション言葉 どんなに注意をしていても、どうしても都合が悪い場合というのは出てくるものです。 その時には、様々な形でお断りをしたり、調整を依頼することになりますが、その際には クッション言葉を上手に入れることができるとより丁寧に聞こえます。 クッション言葉とは、本題の前に挟むことによって言葉を丁寧にしたり、敬意や謝意などを表現するための言葉です。 以下にいくつか紹介しますので、うまく活用してください。 1 「大変申し訳ございませんが」• 「その日は都合をつけるのが難しいそうです」• 「大変申し訳ございませんが、その日は都合をつけるのが難しそうです」 1文目のままでも意味は通るのですが、例文のように 「大変申し訳ございませんが」を一言添えるだけでも、相手の受け取る印象は大きく変わります。 より誠意を伝えたいときに活用したいクッション言葉です。 2 「あいにくですが」• 「その時期は取り込んでおりまして」• 「あいにくではございますが、その時期は取り込んでおりまして」 「あいにくですが」は「残念ながら」という意味の表現で、相手の意に沿えず申し訳ないという意味で使う言葉です。 相手の依頼や提案に対して、自分の都合が悪い時に用います。 上記の例ではさらに丁寧な表現として「あいにくでございますが」としています。 前置きとして「ご提案ありがとうございます」などの感謝の言葉が一言あると、より丁寧に聞こえます。 3 「やむなく」• 「その日は不参加とさせていただきます」• 「やむなく、その日は不参加とさせていただきます」 「やむなく」は「仕方なく」という意味ですが、「仕方がない」は諦めの気持ちを感じさせるのでビジネスシーンではあまり使いません。 「やむなく」は「気持ちはあるが適切な方法などがない」という意味ですので、「残念ながら…」というニュアンスを伝えることができます。 「都合が悪い」は正しく使わないとイメージダウンにつながる 都合が悪い状況はビジネスの中でどうしても発生しますが、その際にいかにスマートにお断りや調整依頼ができるかは、ビジネスパーソンとしての信頼度に大きく関係してきます。 もともと都合が悪いとは言え、相手の提案などに対してお断りをするというのは、相手に対して失礼となる可能性も高いです。 加えてマナーのない受け答えをしようものならイメージダウンは避けられませんので注意してください。 都合が悪い場合でも、正しい表現でスマートに返すことができてこそ、調整上手として様々な場面で活躍することができるでしょう。 慣れるまでは難しいものですが、正しい表現を身に着けられるように繰り返し練習しましょう。

次の

打ち合わせの日時を決めたいので、ご都合のよいお時間をいくつかくださいって英語でなんて言うの?

ご 都合 の よろしい 日時

Asking for someone's availability is a great way to see all your options compared to their schedule to arrange a meeting. This is a polite and professional way to arrange a meeting, that also sounds very accommodating. To "look into" something means that you will spend time to find out information. It also tells them that you need to look at two schedules, yours and theirs. So if someone is demanding a time that you are not available for, this language politely informs them that you need to consider when you are available as well. "Could you kindly tell me as soon as possible when you would be available for a meeting? " This is a great formal phrase to use every day, during business and other situations. The addition of "could you kindly" makes this a very polite and respectful sentence. "Kindly" asking someone to do something is always a wonderful way to add politeness to a sentence, especially in business. This phrase, however, does not specify directly that you are asking for a date and time for the meeting, but it is implied. Adding "as soon as possible" lets the person you are speaking to know that it is important that they get back to you quickly. Example: You: "Could you kindly tell me as soon as possible when you would be available for a meeting? " Branch Manager: "Absolutely. I will have my secretary check my schedule and contact you within the hour. " "Will you kindly give me the date and time you are available for a meeting? " This is also a great formal phrase to use, and it is similar to the last one. The biggest difference here is that you are explicitly asking for a date and time, and leaving no room for misinterpretation. Again, the addition of "will you kindly" makes this a very polite sentence appropriate for business. Example: You: "Will you kindly give me the date and time you are available for a meeting? " Business Partner: "Gladly. Give me a moment to check my schedule. I have an opening on Tuesday at 4 o'clock. Will that work for you, Sir? " "Would you possibly be able to tell me a convenient time for us to meet? " This is a slightly less formal phrase you can use to ask someone about what time would be good to meet. You could still use this in business, but this would be something you would use with a business partner or other business associate you are more familiar with. "Would you possibly" implies some degree of familiarity, and doesn't express the utmost politeness. However, it is still considered polite. If you are speaking this phrase instead of using it in an email, be sure to use a cheerful tone of voice. If used in an annoyed or upset tone, this sentence can be considered rude in some cases. Example: You: "Would you possibly be able to tell me a convenient time for us to meet? " Business Associate: "Yes, of course! Hold on one moment and I'll check my schedule. " "Could you kindly tell me as soon as possible when you would be available for a meeting? " (打ち合わせはいつが都合がいいか教えて頂けますか?) これはビジネスシーンなどで日常的によく使われる素晴らしくフォーマルな表現になります。 この"could you kindly"を付け足すことによって丁寧でしかも尊敬する表現になります。 特にビジネス上では,誰かに何かをお願いする時にこの"Kindly"を使うと素晴らしく丁寧なで尊敬する表現になります。 しかし、このフレーズは打ち合わせの日時を明確には尋ねていません。 ただ、少しほのめかしているだけです。 "as soon as possible"を付ける事によって、できるだけ迅速な回答が重要だという事を伝えることが出来ます。 【例】 You: "Could you kindly tell me as soon as possible when you would be available for a meeting? " (あなた:打ち合わせにご都合がいいはいつか教えて頂けますか? Branch Manager: "Absolutely. I will have my secretary check my schedule and contact you within the hour. " (支店長:もちろろん!秘書に確認させて正時までには知らせるよ) "Will you kindly give me the date and time you are available for a meeting? " (打ち合わせに都合がいい日時を教えて頂けますか?) これもまた、素晴らしくフォーマルに使う表現です。 そして、先の表現とよく似ています。 一番大きな違いは、 ここでは間違って誤解することなく、日時をはっきりと尋ねているところです。 この場合も先と同様に "will you kindly"を付けてビジネスにふさわしいようにてても丁寧な表現にしましょう。 【例】 You: "Will you kindly give me the date and time you are available for a meeting? " (あなた:打ち合わせに都合がいい日時を教えて頂けますか?) Business Partner: "Gladly. Give me a moment to check my schedule. I have an opening on Tuesday at 4 o'clock. Will that work for you, Sir? " (仕事のパートナー:喜んで!ちょっと予定を確認するので時間を少しください。 火曜日の4時が空いています、そちらのご都合はどうでしょうか?) "Would you possibly be able to tell me a convenient time for us to meet? " (打ち合わせに都合のいい時を教えてもらえますか?) これはそれほどフォーマルではない表現です。 会合するのにいつが都合がいいか尋ねる表現になります。 ビジネス上でも使うことは出来ますが、仕事のパートナーや仕事関係者などの親しい間柄に使う方がいいでしょう。 "Would you possibly"とはある程度の親密さを 示し、最高の丁寧さは表現されていません。 ですが、比較的丁寧だと考えられます。 このフレーズをメールなどで使用する代わりに話す場合は、声に愉快なトーンで話しましょう。 もし、怒ったような、むっとしたような声のトーンで話すと、失礼に値することがあります。 【例】 You: "Would you possibly be able to tell me a convenient time for us to meet? " (あなた:打ち合わせに都合のいい時を教えてもらえますか?) Business Associate: "Yes, of course! Hold on one moment and I'll check my schedule. " (仕事仲間:もちろん!ちょっと待って、予定を確認するから) Most business men keep a strict diary or appointment book... There are slots and times that are marked as " available"... IE free to be filled. So when we need to gather information on potential dates... We just need to ask: "what is your availability? "We really need to finalise the contract details, what is your availability for a buiness meeting? " 多くのビジネスマンは、きちんと予定を管理していて、人と会う約束があります。 " available"(空いている)と書かれている時間枠や時間があります。 ですから、会う可能性のある日の情報を集める必要がある時は、"what is your availability? (予定はどうですか)とだけ聞く必要があります。 例文 "We really need to finalise the contract details, what is your availability for a buiness meeting? " 契約の詳細を決定しなければいけません、ミーティングをしたいと思うのですが、予定はいかがですか? This question is common nowadays emailing between companies around the globe. In a formal email where the email is to a client or your superior I would say "please advise times and dates that best fit your schedule for this meeting".

次の