ハイドロ プレーニング 現象。 自動車用語集(27) ハイドロプレーニング現象とは

人生いろいろ ~男もいろいろ~(オレはエロエロ)

ハイドロ プレーニング 現象

【予防策】クルマの状態チェック• 【走行対策】ハイドロプレーニング現象を理解した運転方法 とはいえ、ハイドロプレーニング現象のメカニズムを知らないと対策が腑に落ちないかもしれないので、ハイドロプレーニング現象の原理から解説していきます。 ハイドロプレーニング現象とは? クルマが水のたまった路面などを走行しているときに、タイヤと路面の間に水が入り込み、その結果、クルマが水の上を滑るよう状態になってしまう現象です。 ハイドロプレーニング現象が起きてしまうと、 ハンドルもブレーキも操作が利かなくなるので危険な状態となります。 ハイドロプレーニング現象が起きる3つの原因 そんな、ハイドロプレーニング現象が起きてしまう主な原因は下記の3つです。 タイヤの縦溝はなんであるの? タイヤの縦溝は、排水性能を上げるためにあります。 そのためタイヤの溝が少なくなると、排水できる容量が減るのでハイドロプレーニング現象が起きやすくなってしまいます。 ハイドロプレーニング現象が起こる速度 目安 タイヤや道路の状況によって一概に言えないところはあるのですが、近年のタイヤ性能の向上・道路の水はけの良さが向上していることから、 適正な状況で乗っていれば、 80km~100kmでもハイドロプレーニング現象が起きる可能性は少なく なっています。 しかし、タイヤの残量不足、道路の水たまりの量がタイヤの排水性能を超えると、 時速30kmでもハイドロが起きてしまう事例も ! そのため、過信は禁物であることに変わりはないといえます。 スポンサードサーチ ハイドロプレーニング現象の対策と予防【実践編】 以上の知識を踏まえたうえで、対策と予防の実践編をお届けします。 ハイドロプレーニング現象の予防策 予防策は以下の3点を行いましょう。 溝の残量のチェック• 5分山以下になると注意が必要です。 出来れば新品タイヤに取り替えることをオススメします。 しかし、タイヤは高価なものですし、なんらかの理由で交換できない方もいるかもしれません。 そんなときは、 走行速度を落とせばOKです。 とはいえ、タイヤの状態が良くても、空気圧が少ないとタイヤ本来の性能は発揮できません。 クルマには適正空気圧があります。 なので、 月1回は空気圧のチェックを行いましょう。 適正な空気圧がわからない方、空気圧チェックの方法を知りたい方は下記の記事も参考にしてみてください。 高速道路でも左車線は使用頻度が高いことから、深い 轍 わだちになってることがあります。 そういった場所は、少し走行ラインを外して走るだけで安定して走れます。 とはいえ、過剰に速度を落とす必要はなく、正常なタイヤを履いていれば制限速度を守ってさえいれば問題ありません。 交通ルールを普通に守るだけでいいといえるでしょう。 スポンサードサーチ ハイドロプレーニング現象が起きてしまった時の対処方法 では、万が一ハイドロプレーニング現象に見舞われたらどうすればいいでしょうか? それだけ?と思うかもしれませんが対処方法は1つになります。 なにもしないと言ってもハンドルはまっすぐにして、しっかりと握ることを忘れずに^^ スポンサードサーチ ハイドロプレーニング現象の対策と予防-まとめ 本記事は「ハイドロプレーニング現象の対策と予防方法【速度とタイヤが重要】」について書きました。 ハイドロプレーニング現象は、ひとたび起きるとクルマの操作が効かなくなり危険な現象ですが、日頃のタイヤ点検などを行い、速度を出しすぎなければ起きる可能性はほぼ無くすことができます。 たとえ、ハイドロプレーニング現象が起きたとしても慌てずに対処することが大切。 本記事が参考になり皆さんのカーライフが豊かになると嬉しいです。 以上、ドラプレ君 がお送りしました。

次の

ハイドロプレーニング現象とは?発生する原因と対策を簡単に解説!

ハイドロ プレーニング 現象

車の運転歴が長いドライバーでしたら、ハイドロプレーニング現象の意味を理屈ではなく、身をもって経験しているのではないでしょうか。 高速道路の直線区間でハイドロプレーニング現象に出くわした瞬間、ドキッとするのは当然。 もし、カーブの途中でハイドロが発生したら、運を天に任せるしかありません。 車のステアリングホイールを握るドライバーは予備知識として、ハイドロプレーニング現象について知っていた方が身のため。 と言うのも、ハイドロプレーニング現象は主に高速道路で発生します。 しかも、予期せず意表をついて発生します。 そこで、運転免許証を取得後、長いカーライフの中で1度や2度は経験するかもしれないハイドロプレーニング現象について情報をまとめてみたいと思います。 以下、管理人の運転経験の中で「ドキッ」とした経験を踏まえたノンフィクションです。 Contents• ハイドロプレーニング現象とは? ハイドロプレーニング現象について、ググれば情報がいろいろと表示されます。 このハイドロプレーニングという日本語は英語をカタカナ英語に置き換えた言葉。 ハイドロプレーニングとは、英語でhydroplaning。 同意で、Aquaplaning:アクアプレーニングとも言われます。 「hydro」とはwater、つまり「水」。 そして、「planing」には、船体の滑走という意味があります。 英語のplaneは飛行機を意味します。 語尾にingが付くことで、滑走する、浮くように疾走するという意味になります。 ここで、3つのキーワードが出てきました。 ・水 ・船体 ・滑走 この3つの言葉を一目で理解できるものは、この動画。 このレースに出場するハイドロプレーンボートの中にはヘリコプター用のタービンエンジン(ターボシャフトエンジン)を搭載し、出力は3,000馬力とも言われます。 エンジンパワーをスクリューに伝え、船体が水面を滑るように滑走して競うのがハイドロプレーン・ボートレース。 ハイドロプレーン・ボートは停止中、かろうじて水面に浮いている状態。 日本では馴染みが無いボートレースながら、アメリカでは人気を博しているハイドロプレーン・ボートレース。 YouTube動画でハイドロプレーニング(滑走)の意味が理解できます。 ドライバーはほとんど無意識ながら、ステアリングを通して「タイヤが小石を踏んだ」「マンホールの蓋を踏んだ」「水溜りを通過した」等々の情報を感じ取っています。 ステアリングにいつもと違う微振動が伝わってきて、フロントタイヤをチェックしたら溝に小石が挟まっている事もあります。 ステアリングホイールには、テニスラケットや野球のバットのように、微妙なインフォメーションが伝わってきます。 ハイドロプレーニング現象が発生した瞬間、ステアリングホイールの重さが変化します。 タイヤと路面の間に水が入り込むことで、ステアリングが軽くなります。 FF車の場合、走行中にエンジン回転だけが上昇することもあります。 ドライバーがステアリングの感触が軽くなったと思った瞬間、フロントタイヤが水の膜に浮いています。 ステアリングからタイヤの接地感が薄くなってきたら、すでにハイドロが始まっている可能性があります。 これが、ハイドロプレーニング現象。 ハイドロプレーニング現象が発生した瞬間の対処方法 小雨交じりの高速道路では、ハイドロプレーニング現象の心配は少ないと思います。 日本の高速道路は概ね水はけがいいこともあり、パラパラの雨で路面が濡れている程度であればハイドロの心配はほとんどありません。 もちろん、タイヤが摩耗して残り溝が少ないほど、低い速度域でハイドロプレーニング現象が発生しやすくなります。 また、低偏平&ワイドタイヤのトレンドが長く続いているため、タイヤの路面に対するコンタクトパッチが左右方向に広がっている傾向があります。 このようなタイヤはハイドロが発生しやすくなります。 そこで、ドライバーが高速道路を走行中、ステアリングを通してハイドロプレーニング現象を感じた瞬間どうすればいいのでしょうか? 対処方法1 これは万国共通でアクセルペダルを緩めるしかありません。 対処方法2 そして、待つしかありません。 禁忌操作 ブレーキペダルを踏んではいけませんし、ステアリング操作も厳禁。 シフトダウンもNG。 もし、急ブレーキを踏んだら、タイヤが路面に接触した瞬間、車体が不安定になる危険性があります。 同時に、ESPなどの横滑り防止装置がどのように反応するか未知数。 もし、ステアリング操作したら、タイヤが路面に接触した瞬間、車体が左右方向へ進路を変えてしまいます。 タイヤが水の膜の上に浮いてしまったら、初心者マークのドライバーからプロレーサーまでどうすることもできません。 管理人のハイドロプレーニング現象経験 ハイドロ経験1 管理人が超エコタイヤを履くプリウスで雨の高速道路を走行中、何故かエンジンの回転が上がり始めました。 もしかしてと思い、アクセルペダルから足を離した瞬間、タイヤが路面を掴む感触が軽いショックと共に伝わってきたのです。 そうです。 エンジン回転が上がった瞬間、フロントタイヤが空転し、ハイドロプレーニング現象が発生していたのです。 ハイドロ経験2 FR車で雨の高速道路を走行中、加速しようとアクセルペダルペダルを踏みこむと、何故か不自然にエンジン回転が上昇を始めました。 その車はATのターボ車。 AT車でアクセルペダルを一定以上、踏み込むと、当然キックダウンしてギヤが落ちます。 そして、エンジンの回転数が上昇しますけど、いつもより不自然にエンジン回転が上昇したのです。 おやっ?と感じて、その瞬間、アクセルペダルを緩めることで、エンジンも車体も平穏無事な状態に戻ったのです。 リヤタイヤと路面の間に水の膜が入り込んでホイールスピンしたのでしょう。 ハイドロ経験3 日本のRR車で雨の高速道路を走行中、前方の路面に横方向の水の流れが視界に入ってきました。 その時の雨量は多め。 しかも、道路がわずかに左へカーブしていました。 その瞬間、フロントタイヤが微妙に右方向へ持っていかれました。 横風の影響も受けたかもしれません。 フロントタイヤが水の膜に乗り、浮いてしまったのです。 アクセルペダルから右足を緩めることで、車体は走行車線に戻ったのです。 その時、走行車線(左側車線)を走っていたため、事なきを得ました。 ステアリング操作はそのままで。 もし、経験不足なドライバーであれば、その瞬間、慌ててステアリングを左に切ってしまったかもしれません。 車が左に曲がらないから、ステアリングを切り増しするのは人の本能。 ハイドロプレーニング現象の予防策 雨天時の高速道路におけるハイドロプレーニング対策として、いくつか考えられます。 ・タイヤの空気圧を指定空気圧より20~30kPa以上、高めに設定(トレッドの面圧を上げる) ・交通の流れを見ながら、車速を抑えて走行 ・雨量が多い時、クルーズコントロールの使用は慎重に ・排水性能の高いタイヤを選ぶ 高速道路を走行時、クルーズコントロールは便利な機能。 しかし、雨量が多い日にクルコンをセットしての走行は慎重に考えた方がいいかもしれません。 と言うのも、クルコンのセットを解除するには、クルコンのレバー(スイッチ)をOFF方向に動かすか、ブレーキペダルを踏むかどちらかのアクションが必要。 メルセデスのクルコンレバーは伝統的にウインカーレバーの上に位置しています。 新型モデルはスイッチの場所が変更されているようですが。 ここで、ハイドロが発生した瞬間、左手が一瞬で動いてくれるかどうかが問題。 さすがに、ブレーキを踏むことはできません。 メルセデスオーナーの中で、クルコンレバーが「左手の恋人」であれば、雨量が多い高速でもクルコンを使用できるでしょう。 左手が瞬時に反応するので。 しかし、予期できない事が起きるのが一般公道。 摩耗しているタイヤが深い水溜りに差し掛かると、車速が落ちやすくなるため、クルコンのコンピュータが瞬時に反応して燃料を増量します。 車速を維持するために、車が水溜りの中で加速しようとするのです。 この瞬間とハイドロプレーニング現象が重なった場合、やはり危険だと思うのです。 車はハイドロに気付いてくれません。 ハイドロが発生する条件は複数。 このあたりは、その時の路面状況とタイヤ、ドライバーの判断次第ではないでしょうか。 あと、ワイドな低偏平タイヤほど雨に弱くなる一面が顔を出します。 タイヤの溝が半分以上でも水深と車速によっては、ハイドロプレーニング現象が発生する場合があります。 特に、フロントの重量が軽く、ワイド低偏平タイヤを履くスーパーなRRやMRスポーツカーはハイドロプレーニング現象が発生しやすくなります。 雨の高速道路では、ハイドロプレーニング現象を頭の片隅に入れておいて、ハイドロに遭遇しないように安全速度で走行するしかありません。 [関連記事] 人気の記事• 68,558件のビュー• 54,085件のビュー• 40,377件のビュー• 33,868件のビュー• 31,732件のビュー• 28,067件のビュー• 27,952件のビュー• 15,419件のビュー• 15,400件のビュー• 15,080件のビュー• 14,601件のビュー• 14,456件のビュー• 14,404件のビュー• 14,087件のビュー• 13,028件のビュー 最近の投稿• カテゴリー• 1 ポチっとお願いします。

次の

ハイドロプレーニング現象とは?雨の高速道路で注意!速度など原因と対処方法

ハイドロ プレーニング 現象

雨が降ると高速道路の事故は増えます。 その理由は視界が悪くなることも原因ですが、ほとんどが路面とタイヤの間で発生する摩擦力(グリップ力)が低下するためです。 水はまるで潤滑油のように路面を滑りやすい状態に変えてしまいます。 さらに高速走行ではタイヤが水の上に浮いてしまうこともあり、その場合はもっと滑りやすい状態になります。 こうした現象をハイドロプレーニング現象と呼んでいます。 ハイドロとは水という意味で、プレーニングとは飛行機という意味があります。 つまる水上飛行機のように水の上に浮いて滑走するイメージなのです。 ハイドロプレーニング現象が恐れられているのは、まるでブラックホールに落ち込んだように一瞬にしてグリップ力を失うことです。 轍(ワダチ)のある路面では特に水深が深くハイドロプレーニング現象が発生しやすいのです。 ハイドロプレーニング現象は速度が高く、クルマが軽く、タイヤが太いほど生じやすいので、高速道路ではトラックのタイヤのほうがはるかに安全です。 ハイドロプレーニング現象で事故に遭遇しないためにも、日頃からタイヤの空気圧やタイヤの溝がどのくらい残っているのか知っておくといいでしょう。 合法的には1. 6ミリ(約3分山)まで使えますが5分山くらいから極端にハイドロプレーニング現象が発生しやすくなります。 株式会社テクノメディア.

次の