猫 マーキング しつけ。 猫がマーキングをする3つの方法と対処法。スプレーや爪とぎの対策も

猫や犬のマーキングの意味・しつけ方・防止対策!スプレー行為と粗相の見分け方は?

猫 マーキング しつけ

【目次】• 猫のマーキングの意味は? 猫は、マーキングといって、自分の匂いをつける行動をします。 その中でも、おしっこをスプレーのようにシャーっとかける行為をスプレーと呼んでいます。 猫は自分の匂いをつけることで、縄張りの主張をしたり、自分が安心できる場所にしたりしています。 また、物や飼い主にもマーキングをすることがありますが、独占しているよと周りにアピールしていることになります。 他にも、不安になったときに自分を落ち着かせようとする時、そしてリラックスしている時。 猫の、その時の気持ちや、状態、環境によって色々なマーキングをすることがあります。 マーキングの行動にはいくつかの種類があります。 ・爪を研ぐ ・頬や、頭を摺り寄せてくる ・壁や物におしっこをかける この中で、おしっこをかけてマーキングする行為をスプレーと言い、これが飼い主を困らせる原因になります。 この時は、爪の間からフェロモンと呼ばれる匂い成分を発しています。 また、飼い主の足に顔やあごを擦り付けてくる時、この時は、これは私のものだよ、という意味で匂いをつけますが、この時も頬や顎にある分泌腺から匂いを出しています。 この2つの行為では、臭いの問題はありませんが、おしっこをかけるマーキングである「スプレー」の時には、とてもきつい臭いがします。 多くは去勢することでおさまりますが、猫によって、時には去勢したオスやメスでもスプレーをすることがあります。 また、不安や不満を感じている猫がスプレー行為で飼い主にアピールすることもあるようです。 本能でしていることなので、叱ってもおさまるものではありませんし、余計にストレスを感じさせるかもしれません。 とにかく臭いを消すことが大切です。 猫がスプレーした場所は、早めに濡れた雑巾やキッチンペーパーなどで拭き取りましょう。 その後、アルコールや消臭スプレーなどで消毒できれば安心です。 臭いがつくと、またその場所にスプレーすることが多いようです。 スプレーして欲しくない場所には特に気をつけ、入れる部屋を制限する、猫が嫌う匂いのものを置くなど、猫が自分から近づかないようにしたほうが良いでしょう。 メス猫も、避妊することでオス猫へのアピールがなくなります。 その猫たちの子供は望めなくなりますし、手術という行為を人間の都合でするわけですから、飼い猫の健康に対してしっかりと理解しましょう。 多くのスプレー行為は、去勢や避妊をすることでおさまります。 ただ、すでにスプレー行為を覚えてしまった猫が去勢をしても、なおらない場合もあるようです。

次の

猫のトイレのしつけ・大人の猫~子猫までトレーニング方法を解説!

猫 マーキング しつけ

「 尿失禁」(にょうしっきん)とはトイレに行こうとしたけれども我慢できずに途中で漏らしてしまうことです。 下腹部や股間の被毛が濡れていたり、ベッドや床の上に水たまりができているような場合は尿失禁が疑われます。 尿失禁は泌尿器(ひにょうき)における何らかの病気によって引き起こされます。 「泌尿器」の具体的な構成は膀胱、腎臓、尿管、尿道、末梢神経(下腹神経・陰部神経・骨盤神経)、脊髄などです。 どこか1つにでも障害が発生すると、膀胱の中におしっこをためておくことができなくなり体の外に出てしまいます。 尿失禁は多くの場合、病院における治療を必要とするような重い病気や怪我が前提となっていますので、まず真っ先に考えなければなりません。 よくあるパターンは以下です。 若すぎる 子猫が生後半年未満で体がまだ完全に成熟していないような場合、神経や筋肉の発達が未熟でおしっこを漏らしてしまうことがあります。 神経による排尿反射や膀胱による尿のホールドは体の成熟とともに完成していきますので放っておいても構いません。 ただし先天的な奇形により、本来膀胱につながるべき尿管が骨盤(オスの場合)、尿道、子宮(メスの場合)などにつながっている場合は「異所性尿管」とよばれます。 こちらは放置しても改善することはありませんので、生後3ヶ月齢を過ぎても一向にトイレを覚えようとしない場合は動物病院に相談してみましょう。 なお猫がトイレの場所を知らずに漏らしてしまった場合は、まずトイレのしつけから始めてください。 尿道や膀胱の病気 高齢猫に多いという内分泌の病気を発症すると、食事の量や飲み水の量が増え、結果として粗相の回数が増えてしまうことがあります。 血液検査などで甲状腺ホルモン濃度の増加が確認された場合は、内科的な治療が必要となるでしょう。 猫が高齢になり足腰が弱っているにもかかわらず、トイレまでの距離があまりにも遠いと、たどり着くまでの間に我慢できなくなり漏らしてしまうことがあります。 また膀胱の中におしっこをせき止めておく外尿道括約筋が弱くなり、水圧に負けて漏らしてしまうということもあります。 これらは病気と言うよりは自然な老化現象ですので、トイレをアクセスしやすい場所に移動し、敷居が低いものに切り替えてあげましょう。 それでもうまくいかない場合はペット用のオムツなども利用します。 猫に好かれる工夫• トイレを清潔にするトイレの側面が汚れているとそれだけで排泄を拒否することがあります。 トイレをこまめに水洗いして臭いと汚れを完全に取り除きましょう。 ただし洗剤を用いると今度はその匂いを嫌うことがありますので、水洗いにとどめておいた方が無難です。 トイレ本体を変えるトイレそのものに対する嫌悪感を解消するため、大きさ、縁の高さ、デザイン、色などを細かく変更し、猫が抵抗感を示さないものを気長に見つけていきましょう。 ドーム型にした途端、急に安心して使用率が高まるということはよくあります。 トイレの数を増やす多頭飼いの家庭においては、トイレを他の猫と共有することに嫌悪感を示す個体がいます。 その場合、トイレを最低でも頭数分、できれば頭数+スペア1個をそろえることが解決策です。 トイレの周辺環境 猫に好かれる工夫• 環境の変化を元に戻す模様替えや家具の移動など部屋の中の変化と猫の粗相が連動している場合は、その変更した部分を元に戻してみます。 特にトイレ周辺のレイアウト変更が、猫に違和感を与えることがあります。 トイレの場所を変えるトイレの場所があまりにも遠いと、それだけで猫が嫌がることがあります。 また人の往来が多い通路の脇や、洗濯機・乾燥機の近くも、落ち着かないという理由で嫌われます。 静かで食事場からは遠く、寝床からは比較的近い場所に移してみます。 最適な環境を整える近くに鏡がある(視覚)、空気清浄機の音がする(聴覚)、観葉植物が臭い(嗅覚)、エアコンの風が当たる(触覚)など、ほんのささいなことが忌避の原因になることがあります。 また特に冬においては、トイレ周辺が寒いためおしっこに行きたがらなくなることがあります。 猫の五感にはたらきかける様々なノイズをすべて取り去り、最適な環境を整えてあげます。 猫砂 抜爪(ばっそう, declaw)とは猫の指先を第一関節から切断してしまう手術のことです。 「家具を引っかかれたくない」という単純な理由から、こうしたおぞましい手術を断行してしまう飼い主が一部にはいます。 しかしこの痛々しい手術が、猫の粗相(おしっことうんち両方)リスクを高めている可能性が示されました。 調査チームが動物病院を受診した猫や動物保護施設に遺棄された猫を対象とし、全237頭分のデータを統計的に計算したところ、抜爪術を受けている猫は受けていない猫より10倍近く粗相をしてしまう可能性が高いことが判明したと言います。 さらに指先の骨(末節骨)が部分的に残っている猫に関しては、手術を受けていない猫の10倍、手術は受けたけれども骨が残っていない猫の2倍も粗相のリスクが高かったとも。 指先に骨の欠片が残っていると切断面が皮膚に食い込んで痛みの原因となり、おしっこするときの姿勢を保持できなくなったり、猫砂をシャカシャカできなくなるものと推測されます。 また「痛み」と「トイレ」とを結びつけ「トイレに行くと指先が痛い!」と記憶してしまい、積極的にトイレを嫌うようになったとも考えられます。 病気にかかっているわけでもなく、トイレが嫌いなわけでもないのに、なぜかトイレの外でおしっこをしてしまう猫がいます。 その場合「分離不安やストレス」という可能性を考慮しなければなりません。 「分離不安」とは猫が飼い主から離れること病的に嫌がり、まるでストーカーのように絶えずまとわりつこうとする状態のことです。 猫の分離不安について2002年に行われた調査によると、1~3歳のうち26. そして分離不安の症状を見せる猫のうち、 70. 飼い主が外出しているときに限って猫がトイレの失敗をするような場合、分離不安にかかっている可能性が大です。 これは病院に行って解決する問題ではありませんので、飼い主が生活スタイルを見直すことによって改善していくしかありません。 反応性スプレー対策• 家の外にいる猫家の外にいる猫の存在が原因である場合は、環境操作を行います。 すなわち、家の外が見えないような環境に変えてしまうということです。 具体的には、窓の一部を遮ったり、曇りガラスに変えたりするなどの方法があります。 家の外に猫が近づかないよう、忌避剤を用いたり、好意による野良猫へのエサやりを自粛してもらうことも効果的でしょう。 窓の外を一心不乱に警戒する様子はときに「ニャルソック」などと呼ばれますが、ガラス越しとはいえ見知らぬ猫と遭遇した場合は以外なストレス源になりますので要注意です。 同居している猫同居猫との折り合いが原因である場合は、猫同士がなるべく接触しないような住空間を設けるようにします。 例えば、猫1匹に対して専用の部屋を1つ与えるなどです。 そうしたスペースがない場合は去勢・避妊手術を行うことで、縄張り意識や同性猫への対抗意識を弱めることも効果的です。 放し飼い2018年に行われたにより、制限なしの放し飼い状態の猫においては室内におけるスプレー(マーキング)のリスクが3倍に高まるとの結果になっています。 猫の放し飼いがストレスの解消につながり、家の中でのスプレー頻度が減るということはありませんので、責任をもって完全室内飼いを徹底するようにします。 新しい物体・環境の変化家の中に持ち込んだ新しい家具や家電、あるいは住環境の変化が原因の場合は、「猫が慣れるのを待つ」というのが第一の選択肢になるでしょう。 どんな新奇なものでも、動物は次第に慣れていき、恐怖や不安を抱かなくなるものです(馴化現象)。 もし、なかなかスプレーが収まらないようなときは、次善策として、物体自体を猫の目が届かない場所に片付けるようにします。 同居人同士のケンカ猫は突発的な刺激を恐れます。 家人が大きな声で怒鳴りあっていると、その声がストレスとなり、スプレーを引き起こすことがあります。 猫のストレスの原因ついては以下のページにまとめましたのでご参照ください。 飼い主の無関心や愛情不足猫は孤独を好むと思われがちですが、実は触れ合いを求める動物です。 人と猫とが触れ合うと双方にとって良い効果を産むことが確認されていますので、1日最低15分程度は、猫と親密に接する「甘えんぼタイム」を持ちたいものです。 具体的なふれあい方については以下のページにまとめましたのでご参照ください。 上では原因別の対策を述べましたが、原因に関わらず効果的と思われる予防策があります。 それは「フェロモンスプレー」と「スプレー部屋の設置」です。 フェロモンスプレーとは、猫の顔から分泌されるフェイシャルフェロモンF3を人工的に合成した市販品のことで「」が有名です。 F3には鎮静効果があることが確認されており、1998年にHunthausenが行った調査では「33. フェロモンスプレー使用する場合は、尿マーキングが頻繁にされる場所に直接噴霧します。 このときの注意点は、以前使用した洗浄剤とフェロモン成分が交じり合ってしまわないようにすることです。 洗浄剤を使用した後は、よく水洗いして成分が残らないようにしておきます。 一方、 スプレー部屋の設置とは、猫がスプレーしてもよい部屋を設けるということです。 言うまでもなく、この方法は万人向けではありません。 また「スプレーを放置する」という観点からすると、妥協以外の何物でもありません。 汚れや着色を取る際は重曹、セスキ炭酸ソーダ、クエン酸などを用います。 重曹スプレーやシミ抜きスプレーなどが市販されていますので活用しましょう。 またペット用の消臭スプレーには多くの場合、塩素系漂白剤の主成分である次亜塩素酸が含まれていますので、除菌とともに多少の漂白効果が期待できます。 色落ちが心配な場合は酸素系漂白剤である過酸化水素や過炭酸ナトリウムのほうが適していることもあります。 シミ取り剤は自分で作ることもできます。 使う材料はお湯(200cc)、食塩(スプーン1杯程度)、食器用洗剤(スプーン1杯程度)、消毒用アルコール(スプーン2杯程度)、ホワイトビネガー(50cc程度)です。 上記材料をよくかき混ぜたらカーペットのシミ部分に染み込ませます。 汚れが浮き上がったらきれいなタオルやスポンジでゴシゴシこすりましょう。 ある程度汚れが落ちたら「重曹」(ベーキングソーダ)を軽くふりかけて水分を吸収させます。 この間猫が近づかないようカバーなどをかけておいて下さい。 水分が飛んだら重曹を掃除機で吸い取って完了です。 ビネガーの匂いが残ってしまいますので、面倒でも重曹を使って水気と臭いを飛ばしたほうがよいと思います。 ベッドであればシーツ、ソファーであればクッションや座布団、布団であれば布団カバー、こたつであればこたつカバーなどです。 捨てるのがもったいないという場合は、臭いが完全に消えるまで洗濯を繰り返します。 一旦つけ置き洗いをして汚れや臭いがある程度取れてから洗濯機に入れるという手順でも良いでしょう。 交換できない部分の繊維に染み込んだ水分は、タオルなどでおしっこを吸い取った後、重曹の粉末をかけて吸い取らせましょう。 水分が取れたらペット用消臭スプレーで除菌・消臭します。 寝具は総入れ替えするのが難しい場所ですので予防が大事です。 寝室を立ち入り禁止にしたり、あらかじめ防水シートを敷くなどの対策が効果的です。

次の

猫のトイレのしつけ・大人の猫~子猫までトレーニング方法を解説!

猫 マーキング しつけ

【目次】• 猫のマーキングの意味は? 猫は、マーキングといって、自分の匂いをつける行動をします。 その中でも、おしっこをスプレーのようにシャーっとかける行為をスプレーと呼んでいます。 猫は自分の匂いをつけることで、縄張りの主張をしたり、自分が安心できる場所にしたりしています。 また、物や飼い主にもマーキングをすることがありますが、独占しているよと周りにアピールしていることになります。 他にも、不安になったときに自分を落ち着かせようとする時、そしてリラックスしている時。 猫の、その時の気持ちや、状態、環境によって色々なマーキングをすることがあります。 マーキングの行動にはいくつかの種類があります。 ・爪を研ぐ ・頬や、頭を摺り寄せてくる ・壁や物におしっこをかける この中で、おしっこをかけてマーキングする行為をスプレーと言い、これが飼い主を困らせる原因になります。 この時は、爪の間からフェロモンと呼ばれる匂い成分を発しています。 また、飼い主の足に顔やあごを擦り付けてくる時、この時は、これは私のものだよ、という意味で匂いをつけますが、この時も頬や顎にある分泌腺から匂いを出しています。 この2つの行為では、臭いの問題はありませんが、おしっこをかけるマーキングである「スプレー」の時には、とてもきつい臭いがします。 多くは去勢することでおさまりますが、猫によって、時には去勢したオスやメスでもスプレーをすることがあります。 また、不安や不満を感じている猫がスプレー行為で飼い主にアピールすることもあるようです。 本能でしていることなので、叱ってもおさまるものではありませんし、余計にストレスを感じさせるかもしれません。 とにかく臭いを消すことが大切です。 猫がスプレーした場所は、早めに濡れた雑巾やキッチンペーパーなどで拭き取りましょう。 その後、アルコールや消臭スプレーなどで消毒できれば安心です。 臭いがつくと、またその場所にスプレーすることが多いようです。 スプレーして欲しくない場所には特に気をつけ、入れる部屋を制限する、猫が嫌う匂いのものを置くなど、猫が自分から近づかないようにしたほうが良いでしょう。 メス猫も、避妊することでオス猫へのアピールがなくなります。 その猫たちの子供は望めなくなりますし、手術という行為を人間の都合でするわけですから、飼い猫の健康に対してしっかりと理解しましょう。 多くのスプレー行為は、去勢や避妊をすることでおさまります。 ただ、すでにスプレー行為を覚えてしまった猫が去勢をしても、なおらない場合もあるようです。

次の