出鼻 を くじ かれ た。 義理の両親と初旅行、出鼻をくじかれた(愚痴です)

「出鼻をくじかれる」の意味とは?使い方や例文をまとめ!

出鼻 を くじ かれ た

出鼻をくじかれたら 出鼻をくじかれたら、どうしますか? どうするって、まず出鼻をくじかれたら 「がっかり~~!」 「むしゃくしゃ!イライラ!」 「あの人のせいだ!!」 と思いたくなっちゃうかもしれません。 私の場合、出鼻をくじかれたら そう思うときあります。 でも、すぐに思い直します。 「お!今日は慎重にいきなされ という意味だなぁ」 「今日はちょっと、心を引き戻して ゆっくり波動を整えていきましょう という意味だなぁ」 「今日は寛大な気持ちで ゆるすというサインかな」 というふうに受け取ります。 出鼻をくじかれて 「あ~~」となったときに なっちゃいけない と思わないでください。 自然な感情は、受け容れて 大事なのは、そこで やけくそにならないことです。 やけくその波動が続いて そのあとのお時間、悪循環なことがおこる。 それを引き寄せていくからです。 ですからそこを 「しょうがない やりなおし、やりなおし」 根気強くやりました、元に戻りました 困ったところではありませんでした~! というふうに、 くじかれた出鼻を 元に戻すようにしています。 乱れた波動のままいない ということです。 ポイントは、一瞬そう思ってもいい。

次の

出鼻をくじかれたら

出鼻 を くじ かれ た

私はすぐと起き上がりましたが、わざと槍を横にして、道をふさいだのです。 つまり仲間の兵士が追い駆けようとする 出鼻 でばなをくじいたわけなのです。 それから私は駆けだしました。 … メリメ/江口清訳『カルメン』 より引用• 出鼻をくじいて、そのまま足早に暗い廊下をふりむかず部屋へ戻って来た。 障子をしめるなり、そのまま畳の上へ仰向けに寝転んだ。 … 藤原晋爾『秋津温泉』 より引用• 恋を止めるにはその出鼻をくじくほか、まず方法があるまい。 突然旅行に出るとか、カレンベルク伯爵夫人の場合のようにむりに上流社交界の気晴らしに加わるという手段もあるが、恋をいやしてやろうとする友人が用いるちょっとした策略は、ほかにもいろいろある。 … スタンダール/白井浩司訳『恋愛論』 より引用• 美香の偉そうな口調に対抗して、出鼻をくじくようなことを言ってやると予想通り 絡んできた。 むぅ『「未来に向かって」』 より引用• イタリアの参戦に対し、フランス海軍はイタリア海軍の出鼻をくじくために大胆にもイタリア本土への艦砲射撃を企画した。 フランス海軍は5隻の超弩級戦艦を有していたが、フランス海軍総司令官フランソワ・ダルラン大将は攻撃に必要なのはスピードだと考え、艦砲射撃に用いるのは高速の重巡洋艦を中心に戦力を編成した。 断固としたところを示して、出鼻をくじいてやりたかった。 安部公房『方舟さくら丸』 より引用• 当然、川島の口から綸太郎を呼んだ理由も聞き及んでいるはずだ。 出鼻をくじくような態度を示したのは、部外者の口出しを煙たがっているせいだろうか? そういえば二日前に電話で話した時、川島はずいぶん口が重かったが、宇佐見彰甚の思惑がからんでいることが、事情を込み入ったものにしているのかもしれない。 … 法月綸太郎『生首に聞いてみろ』 より引用• 本多平八郎忠勝は千人の兵を上手に使った。 鉄砲隊を退かせると、隊を分散させて、各所で河を渡って来る武田軍の出鼻をくじいた。 そしていよいよ武田軍の本隊が河を渡り終えたころは本多隊の大部分は戦場を退いていた。 … 新田次郎『武田勝頼(一)』 より引用• 美女の前に十本の魔剣を降らせて出鼻をくじく。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』 より引用• 彼は首をうなだれて考えこみ、アンドレアが岩の角からブレンを突きだしてぶっぱなしても、顔をあげようともしない。 アンドレアは斜面の下にむかって短い掃射をくわえたのだが、それは特定のものを狙ったというよりも、敵の出鼻をくじくために射っただけであった。 さらに十秒が過ぎ去ると、ルーキがかろうじて聞きとれるほどの細々とした声でまたしゃべりはじめた。 … マクリーン『ナヴァロンの要塞』 より引用• そこには、父に対する復讐めいた考えもあった。 父が、悠子の計画の 出鼻 でばなをくじいたから、それなら、あなたの妻から、あなたの娘である私は、一歩も二歩も 離 はなれてやるぞ。 美咲に対するすまない気持ちも、すぐに合理化された。 … 堀田あけみ『愛をする人』 より引用• しかもこのマーチンというやつは、電報代をもってる何の太郎兵衛さんなら、だれでも彼の時間を思いどおりにできると思っているのか? いんぎん無礼な返事で出鼻をくじいてやりたい気分だったが、そこで電報の発信が中西部のある空港なのに気がついた。 よろしい、勝手に来さしてやれ。 … ハインライン『デリラと宇宙野郎たち』 より引用• そういうつもりなら、非のうちどころのない経歴の持ち主らしくみせかけるために、即刻、口座を開くべきだ。 時間旅行業にのりだすまえに手を打っておけば、資金の隠匿をあばきたてようとする者の出鼻をくじくことができる。 … C・D・シマック『マストドニア』 より引用• 彼女の希望としては、秀夫に高校から大学を出てもらいたかったが、母の細腕にたよって学業を続けることは彼の気持が許さぬらしかった。 それと、海で働くということに若干の 危惧 きぐを感じぬでもなかったが、そうなにから何まで反対では、折角新しい希望を見出した秀夫の出鼻をくじくことになると思い、有里は息子の計画に賛成した。 ところが、その秀夫から、突然、尾鷲の啓子との結婚の相談を持ちかけられた時、有里はまったく狼狽した。 … 平岩弓枝『旅路(下)』 より引用• 出鼻をくじくタイミングで、ウェイトレスがトレイに四つのカップを 載 のせてテーブルに近づいてきた。 俺は発言を一時中断し、そろって黙り込む他の連中の輪に加わった。 … 谷川流『涼宮ハルヒの分裂』 より引用• 「排気ガスを暖房に送り込むと、このひとのいうのがどういうことだか、よく聞いてみようじゃないか」 「そうやって火事にならないのなら、たいしたことじゃないんです」と、かの女は、いいのがれするように、相手の出鼻をくじくようにいった。 弁護士は、気をつけろという目つきを、ちらっと探偵に向けてから、重々しくうなずいて、いった。 … ガードナー/能島武文訳『管理人の飼い猫』 より引用• たしかに、とジョウは答えた。 いわゆる出鼻をくじくというやつだ。 いかに慎重であろうとしても、門をでたとたんに一撃をくらうとまでは、まず予想しない。 … 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ10 ダイロンの聖少女』 より引用• そのためのデータが不足しているのが、このリック・ディアスの欠点であった。 今回のグリーン・オアシスヘの強襲は、ティターンズの出鼻をくじくことであるが、同時にティターンズの主カモビル・スーツとなるであろうニュー・ガンダムのデータ収集が主目的であった。 敵の情報をインプットすることによって、コンピューターに敵味方の識別能力がつくからだ。 … 富野由悠季『Zガンダム 星を継ぐ者』 より引用• ルナツーとサイド7との間は、ペガサスの戦闘速度なら十時間あまりでたどりつける。 このペガサスの 出鼻 でばなをくじくために、ムサイは二門のメガ 粒子 りゅうし砲を発射して、ペガサスの 針路 しんろをルナツーのコースにのせないように 牽制 けんせいした。 結局、二艦はジグザグのコースをとりながら、シャアの作戦にはまっていた。 ただやみくもにやって来たものの、やはり、そろそろ帰る心積もりをしなければならない。 と、その出鼻をくじくように猛吹雪がやって来た。 番頭に相談すると、彼はこの吹雪がおさまったら麓のA町から人夫を呼んでくれることを約束した。 … 島尾敏雄『出孤島記』 より引用.

次の

【出端を挫く/出鼻をくじく】の意味と使い方の例文(慣用句)

出鼻 を くじ かれ た

僕は、保育者研修の中で、「脳」にダイレクトに届く 「ことばがけ」を伝えています。 それは あなたの「ことば」が、 すんなりと相手に届くようにする。 相手の「脳」に入る 「ことばがけ」です。 今日は、その逆を お伝えします。 あなたの「ことば」が、 全く 相手に入らなくなる。 受け入れてくれなくなる 「ことばがけ」です。 「それは、悪口ですか???」 「嫌な事ですか??」 「馬鹿にした言葉でしょ??」 よく、そうした質問を受けるのですが、、 違います。 そうした「悪口」のような「ことば」も 一度、受け入れると、「気持ち」として いつも嫌な気分にはなります。 でも、「脳」が拒絶することは 少ないのです。 「脳」がもっとも 拒絶すること。 それは 「出鼻をくじかれること」 です。 これから 楽しく出かけようとする、その直前に、嫌なことを言われる。 こどもが、保育所に行く前に、 ガミガミ言う。 配偶者が、仕事に出かける直前に、 文句を言う。 誰かのために気に入ったプレゼントを買おうとした時に、それをけなされる。 今から「プレゼン」する直前に、お客様からのクレームを伝える。 その本人は、特に悪気なく 伝えています。 だから、わかってはいませんが、 実は、相手の「脳」は、「次回から拒絶する」という命令を出しているのです。 「脳」は、今からスタートしようと 「行動」をはじめる際に、 あらゆる神経回路を集中させます。 もちろん、そこには やる気や意欲だけでなく、 結果や夢を想像し、快を得るなど あらゆるものです。 市民マラソンで、大勢のランナーが スタートを待ち構えて 今か今かと スタートを待っている状態です。 そして、いざ スタートのピストルが鳴って、 一斉にスタートとした時、 「ごめん、ちょっと待って。 」と言われるようなものです。 ランナーは、まるで将棋倒しのように倒れていきます。 まるで、「吉本新喜劇」で、全員が ひっくりかえるようなものです。 まさに、「出鼻をくじく言葉」も 同じなのです。 「ことばがけ」とは すべて 「タイミング」 です。 相手にとって、必要だと思ったことでも、 「タイミング」を間違えば、その次から、相手に伝えることばの一つ一つに 「ガード」がかかってしまうのです。 「出鼻をくじいた人」の「ことば」は、 まだ聞いてもいない段階から、脳は「スタンバイ」して、身構えるのです。 相手が、話す前から 「いったい、この人は何を話すんだろう」と警戒したことはないですか? それは、あなたの「出鼻をくじかれた」からです。 (げんき).

次の