漫画レンタ。 漫画レンタルサービス9選!ツタヤ・ゲオの店舗・宅配系~電子コミックまで

漫画レンタルサービスのおすすめ人気ランキング6選

漫画レンタ

-目次-• 電子書籍のレンタルは漫画が中心 後ほど詳しくご紹介しますが、電子書籍をレンタルできるサービス(ストア)はRenta! (レンタ)やシーモアレンタルなど限られています。 どちらかと言うと、電子書籍の場合はレンタルよりも買い切り型や月額課金型が主流となっているので、現状としてはレンタルできるのは漫画・コミックが中心と限られています。 なのでレンタルできる主な電子書籍のジャンルは下記になります。 少年漫画• 青年漫画• 少女漫画• 女性漫画• ハーレクイン• BL漫画• TL漫画• 漫画雑誌• アダルト漫画 レンタル型が注目されて様々な企業が参入してサービスが多様化すれば、小説やビジネス書、実用書、雑誌、写真集など色々なジャンルの電子書籍がレンタルで楽しむことができるようになると思いますが、現状はレンタルできるのは漫画・コミックが中心となるので覚えておきましょう。 漫画以外の電子書籍を読みたい方はやを検討してみましょう。 電子書籍にこだわらない人はコミックがレンタルできるや、などのレンタルサービスを利用するのも一つの方法ですので、電子書籍をレンタルできるストアと比べながら検討するのも良いと思います。 関連情報: 電子書籍・漫画をレンタルできるストア 電子書籍・漫画をレンタルできるストアをまとめました。 漫画のレンタル専門ストアやレンタルのように閲覧期間が設定されている商品を購入できるサービスまで幅広くご紹介していきます。 電子貸本 Renta! レンタ CMでもお馴染みのRenta! レンタ は株式会社パピレスが運営するレンタル専用の電子書籍ストアです。 レンタルといっても無期限レンタルの作品も多いため、買い切りの電子書籍ストアのような使い方ができるのも特徴です。 48時間レンタルで100円からレンタルできる作品も多いほか、お得な作品は70円からレンタルして読むことができます。 閲覧期間がない「無期限レンタル」ならいつでもどこでも読むことができるので、作品によって48時間レンタルと使い分けることでお得に電子書籍が楽しめます。 レンタはポイント制なのであらかじめポイントを購入して付与されたポイントを使って電子書籍をレンタルし、スマートフォンやタブレット、PCなどのデバイスで読むことができます。 無料で読める本も充実しているので、とりあえず無料登録しておくだけでもある程度は楽しめるのも魅力です。 会員登録は無料でメールアドレスやYahooのID、SNSアカウントを使って簡単に登録できます。 メールで登録する場合は空メールを送信して送られてくるURLから会員登録に必要なアカウント情報を入力して登録すればすぐに利用開始できます。 関連情報: 公式ストア: シーモアレンタル シーモアレンタルはコミックシーモアの姉妹サイトで、5万冊以上のレンタル作品を取り扱っています。 レンタル期間は2泊3日で1冊あたり50円など100円以下で購入すできる作品も用意されています。 取り扱う本のジャンルは漫画が中心ですが、最大83%OFFで電子漫画を読むことができるので非常にお得。 しかもコミックシーモアで貯まったポイントをシーモアレンタルで使うこともできるため、普段からコミックシーモアを利用している方にはオススメです。 レンタルした作品は通常価格の差額分を支払えばそのまま購入して閲覧期限なしで読むことができる「差額購入」も可能なので、試し読みして気に入った作品はそのまま無駄なく購入できます。 また、購入した作品は本棚アプリにダウンロードできるので、オフラインでいつでも楽しめます。 シーモアレンタルでも無料で読める作品は充実しているので、まずは試しに会員登録してみるのもオススメ。 公式ストア: ロマンスライブラリ ロマンスライブラリはハーレクイン専門の電子書籍ストアでコミックや小説など8,000冊以上取り揃えています。 基本的には買い切りや月額プランに加入して読み放題できるタイプのサービスですが、作品によっては30日間と90日間の閲覧期間付きで読むことができるのでレンタル感覚で楽しむことができるストアです。 30日間の閲覧期間付きであれば無期限で購入するよりも安く読めるので「気になる作品をしっかり読みたい」という人にはおすすめです。 月額300円のプレミアム会員になると閲覧期間のアップグレードができるようになるほか、プレミアム会員限定のキャンペーンもあるので、よりじっくり読みたい人は加入しておくのも良さそうです。 公式ストア: COMIC FUZ コミックファズ COMIC FUZ コミックファズ は『まんがタイムきらら』『週刊漫画TIMES』などに掲載されている作品やオリジナル連載作品が読める芳文社公式の電子コミックサービス。 無料で手に入るメダルを使って漫画を読んだり、メダルを購入してストアでコミックや雑誌を購入することも可能。 作品のレンタルは無料で獲得することもできるBlackメダルやSilverメダルのほか、Goldメダルを使って閲覧することができます。 公式ストア: 電子書籍をレンタルするメリット 電子書籍をレンタルして読むメリットは購入するよりも安く読める手軽さと返却が不要な点でしょうか。 TSUTAYAなどでコミックをレンタルすると必ず返却する手間が発生します。 借りたことがある方なら一度は思ったことがあると思いますが期限内に返却するには面倒ですよね。 電子書籍のレンタルならこういった返却の手間や延滞金の心配は不要となります。 また、長編作品を一気に借りようと思っても一部の巻が貸出中でまとめてレンタルできないということも多いですが、電子漫画のレンタルならそういった心配もなく、24時間いつでもどこでもレンタルできるというメリットもあります。 レンタルなら購入するよりも安く読める 作品によっては48時間のレンタルで1冊100円でレンタルすることができます。 漫画であれば購入すると400~600円ほどはするので買い切りよりも安く読むことができます。 価格が安いので「ちょっと気になる」程度の作品でも気軽に読むことができるので、読んだことのない作品や新しい漫画のジャンルの開拓にも向いています。 電子書籍ストアによってはレンタルして気に入った作品は追加料金を支払ってそのまま無期限レンタルに切り替えることもできるので無駄なく購入することもできます。 電子書籍のレンタルなら返却不要!延滞金の心配もいらない 最近はネットで注文してポストで返却したり、自宅まで来て集荷してもらえるサービスもあるのでコミックのレンタルも便利ですが、どうしても返却するという手続きは発生してしまいます。 ついつい返し忘れて延滞金が発生。 最悪の場合は「購入したほうが良かったかも」と思うこともあります。 一方で電子書籍のレンタルの場合は閲覧期間が設定されており、その閲覧期間が過ぎると自動的に閲覧できなくなるため返却が不要です。 自動的に読めなくなるので、返却する必要がないので当然ながら延滞金は発生することがないので安心して利用できるのも電子書籍をレンタルするメリットの一つとなります。 貸し出し中で借りられないことがない!読みたいときにすぐレンタルできる 筆者も経験ありますが、店舗やネットでコミックをレンタルする場合は貸し出し中で借りられないことも多いです。 同じ作品を複数もしくは全巻レンタルしたい場合でも、歯抜け状態でレンタルできないこともありますが、電子書籍であれば配信さえしていれば人気作品でも貸し出し中の心配がないので読みたいときに好きなだけレンタルすることが可能です。 利便性でも電子漫画・電子書籍のレンタルのほうが優れていると思います。 デメリットはレンタルできる作品数が少ないこと 電子書籍のレンタルで一番残念なのはレンタルできる作品数が少ないことです。 Renta! では取り扱う電子書籍は非常に多いものの、閲覧期限があるレンタル作品は全体の作品数から考えると少ないように感じます。 超人気作品もレンタルできないこともあるので、結果的に購入するしかなくなってしまうのは非常に残念なところ。 なので、漫画のレンタルは電子と紙の両方を考えておいたほうが良いと思います。 電車移動中などでスマートフォンで読みたいという理由ではなく、「とにかく安く読んでみたい」という方は電子漫画のレンタルとネットレンタルの両方を使い分けると便利です。 人気作品や話題作であれば貸し出し中で借りられない場合もありますが、読みたい電子書籍作品が配信されていない場合はネットでレンタルできるサービスを利用するようにしましょう。

次の

電子書籍・漫画をレンタルできるストアを比較!レンタルして読むメリットとデメリット

漫画レンタ

スポンサーリンク 漫画・コミックを読むのが趣味で小遣いから定期的に出費するという人、結構多いのではないでしょうか。 どうにか安価に解消する方法がないかと思案していると、見つけたのが 電子書籍・コミックのレンタルサービス。 レンタルなので手元には残りませんが、 安価に読むことが可能。 後から読み返すということをあまりしないけど、私のように継続的にコミックを読み続けており、新刊等が気になる人には嬉しいサービス。 また、友人や同僚との会話で名前が挙がったので試しに読んでみたい、そんな時にも買わずに済むので重宝します。 今市中で利用できる電子書籍のレンタル、紙の本のレンタルは主要な提供会社だけでもこんなにもあり、少々迷う所です。 TSUTAYA DISCAS TSUTAYA• DMM. comコミックレンタル DMM• Renta! パピレス• コミックシーモア NTTソルマーレ そこで、改めてコミックをレンタルで使用するメリット・デメリットを洗い出し、借りるなら紙ベースなのか?電子なのか?を確認した上で各社の特徴をまとめてみました。 Contents• コミックをレンタルで利用するメリット 漫画・コミックをネットでレンタルするメリットとはなんでしょうか?当たり前のことですが、改めて文字に起こすと以下の点が挙げれるかと思います。 購入するよりも安価に読むことができる• 気軽に新しいタイトルにトライできる• 1冊分だけなら勿論そこまで大した金額ではありませんが、大半の漫画・コミックは大抵続き物ですので10冊で 4,000円、30冊で 12,000円とそれなりの金額を要します。 しかし、レンタルで利用した場合、読める期限は限定されますが消費されるお金は 確実に少なくなります。 実際に購入した場合とレンタル利用した場合の料金を比較した表は下記の通り。 jp TSUTAYA DISCAS Renta! Renta! は必要なチケット枚数を一番有利な組み合わせで一括購入した場合の金額 上記の表でご覧になれば分かる通り、冊数によっては宅配レンタルが優位になる場合と電子レンタルが優位になる場合が変わりますが、 いずれにおいてもレンタル利用に優位性があります。 漫画・コミックを取りあえず沢山読みたい、そんな時にはレンタルを活用しない手はないでしょう。 気軽に新しいタイトルにトライできる これは料金面の優位性があるからこそのメリットですが、気軽に新しいタイトルに挑戦できるという点もあります。 人から「この漫画面白いからおすすめ」なんて言われ読むように勧められた• 話題の作品が映画化されたので、見に行く前に原作をチェックしたい• 電子書籍サイトのクチコミ評価は高いが、値段が気になる 買うほどでもないけど、読んでみたいなんてケースも日常生活では多いですが、このようなケースもレンタルコミックなら解決できます。 値段が安価なので、例えばネットでリサーチし、 気になる複数のコミックの1-3巻を借りて気に入ったら次号を借りてみる等というような形で、新しいタイトルを開拓していくこともレンタルコミックなら容易ですね。 定額読み放題サービスよりも最新・人気コミックのラインナップが充実 漫画・コミックをお金をかけずに好きなだけ読む方法の1つには、 定額読み放題サービスを利用する方法があります。 ちなみに、当ブログでも漫画・コミックの定額読み放題サービスについては、以下の記事で取り上げました。 一応簡単に紹介すると、電子書籍全般に対応した読み放題サービスでは、KDDIのとAmazonのが使えます。 権利関係や販売への悪影響に対する懸念が背景にあるのでしょうが、新しい作品や人気の作品は殆ど読み放題に含まれておらず。 メジャータイトルであっても、古いものが多かったりします。 例えば、コミックの読み放題サービスとレンタルサービスの主要提供会社のラインナップを比較すると以下の感じ。 「漫画・コミックをひたすら読みたい!」なんて人には読み放題サービスはうってつけですが、特定の人気タイトルを読みたい場合は、 多少の費用を支払ってでもレンタルを利用した方が良いでしょう。 スポンサーリンク 電子書籍レンタル・宅配レンタルの違い 同じコミックが宅配レンタル・電子書籍レンタルどちらにも存在する時、どちらを選べば良いのでしょうか? レンタルサービスを使って行けば自ずとご自身に合うタイプが掴めるかと思いますが、それぞれのレンタル方式の違いを端的に表すと以下のような違いがあります。 全ての会社が完全にこの例通りに該当するわけではありませんが、概ねそれぞれの方式の傾向を表しているかと。 レンタル料金 宅配レンタルの場合送料が必要になりますのでレンタルする数量が少ない場合、大抵 電子書籍レンタルよりも高くなります。 一方、一気に頼む場合は、送料が占める割合が小さくなるので宅配レンタルの方が圧倒的にお得。 但しあまりに大量に借りてしまい、2、3週間で読めると思っていても途中で忙しくなり借りた分が読めなくなるリスクもありますね。 一方、電子書籍レンタルは即日借りて見ることが可能ですが、貸出期間が結構短いです。 そのため、コミックの読み方は読んだら借りる、読んだら借りるを繰り返します。 その都度借りる手間は面倒ですが、自分の時間に合わせて必要な分だけ借りることが可能です。 ラインナップ コミックのラインナップ充実度は、 宅配レンタルに分があります。 電子書籍配信の場合、参加していない出版社が多く、例えば少年ジャンプの集英社等は読めません。 一方、宅配レンタルの場合は、そういった出版社の制限はあまりなく、大半の人気コミックが読めます。 少し待てば新刊も貸出対象になるので、この点は宅配レンタルを選ぶポイントの1つですね。 さて、次項以降ではレンタル各社の特徴を見ていきます。 貸出は3冊からで送料は 648円 税込。 料金体系は冊数比例となっており、一括で借りる漫画・コミックの数が多いほどお得になる仕組み。 1件は最大30冊までですが、最も安くなるのは 25冊以上を一気に借りる場合です。 具体的には下表の通り。 返却し忘れには要注意。 の最大の強みは、その 取扱ラインナップ。 タイトル数は 21,000以上、在庫数は 380,000冊以上でコミックの宅配レンタル業界最大手。 大抵のコミックは取り扱っています。 他社の場合、人気の作品は在庫切れになっていることも多いのですが、TSUTAYA DISCASはそこまで頻繁に在庫切れになっていることは少ないです(勿論最新刊等はどこの会社でも良くありますが)。 配送・返却については、ヤマト運輸へ集荷依頼を行うか、 コンビニ(セブンイレブン、ファミリーマート、デイリーヤマザキ、スリーエフ、ポプラ等のヤマト運輸取扱店)への持ち込み返却ができます。 ただ、コンビニへの持ち込みは重いので、集荷が主要な手段でしょうか。 ちなみに、TSUTAYA DISCASを「さぁ早速試そう!」と思って登録する時に注意したいのが、TSUTAYA DISCASの登録コースの多さ。 コミックレンタルを行うには、 何らかのコースの会員に登録する必要がありますが、コース数はこんなにも。 現在はお試し登録キャンペーンをやっているので、最大限それを活用したおすすめの方法は以下の通り。 に登録する• 「動画見放題」&「定額レンタル8」コースを選択• 上記期間中であれば、無料で CD・DVDが借りられて動画も見られる• ぜひお試しあれ。 DMMコミックレンタル サービス名 DMMコミックレンタル 運営会社 DMM. comが運営するコミックレンタルサービスがです。 DMMもレンタル方式は宅配の形式を採用しており、コミックの現物が届きます。 コミックのレンタルは、基本的に 14泊15日の貸出となっており、25冊以上一括して借りると20泊21日と 最大3週間借りられます。 新旧で昔は価格差があったものの、現在は 全作品50円と非常に安く、TSUTAYA とは異なり1冊からでもOK。 月額料金等も一切なし。 送料は1件につき50冊までなら全国一律で 840円なので、50冊一括で借りると最も1冊当たりのコストが安くなります。 安く見えますが、大量に借りたときにはかなり痛いので、必ず返送手続きを忘れないようにしましょう。 返送方法は、最寄りの郵便局に電話をかけて集荷してもらうか、ローソン、ミニストップ、セイコーマートへの持ち込みになります。 主要都市であれば郵便局の集荷は土日でも大抵行われているので、平日忙しい会社員でもそこまで難しくはありません。 肝心のコミックのラインナップは大よそ 13,000 タイトルを扱っており、人気の作品・話題の作品も中々多いですね。 執筆当時の映画化作品や往年の名作等は大体揃っており、読みたくなるような作品のラインナップには事欠きません。 TSUTAYA DISACASよりも取扱は少ないと言っても、漫画・コミックの無料アプリや読み放題サービスでは扱うタイトルが限定的となっている 少年ジャンプ、サンデー、マガジンなど主要誌の人気作品も勿論あります。 また、はTSUTAYA等と比較すると複雑なコース等がなく料金体系等がシンプルに出来ているため、煩わしい手続きは殆どありません。 無料会員登録からすぐ注文できます。 20冊くらい借りれば、 1冊当たり100円を割る 1冊92円 ので割高感も無いですしね。 試験的に宅配レンタルを始めてみるなら、最も使いやすい先かと思います。 余談ですが、同じDVD・CDレンタルサービスを行う「ぽすれん」は「ゲオ宅配レンタル」と共同在庫でレンタルを行っています。 ゲオもTSUTAYA DISCAS同様に、メインはCD・DVDのレンタル(しかも、所蔵タイトル数は国内第1位)ですが、コミックのレンタルも行っています。 ちなみにコミックの取り扱い冊数は開示なし。 貸出はゲオの料金体系が最もシンプルです。 1冊あたり 124円 税別 で送料は一切なし。 そのため、TSUTAYA DISCASやDMMコミックレンタルと異なり、ゲオは少ない冊数ほど他社と比較して割安であり、多くなるほど割高になります。 同じコミックがTSUTAYA、DMM、ゲオにあり、 レンタル数量が少ない場合にはゲオから借りるのが賢明な選択肢となりますね。 ちなみに、延滞料金は1日につき1冊あたり 24円と業界の中では良心的な水準。 つまり、競合会社が3週間の期間を設けるなか、ゲオは2週間しか読めないので、期間の観点からもゲオは大量一括のレンタルには向いていないことが分かるかと思います。 返送方法もコンビニ持ち込みは対応しておらず、佐川急便による集荷のみです の ラインナップは、主要コミックの取扱は問題なし。 ただ、しいて挙げるとすれば、貸出中で在庫のないタイトルに遭遇する確率がやや高い印象。 あと、 新刊が貸出対象になる のが遅い。 例えば、ONE PIECE等を例に取ると、他社が82巻までレンタルしているなか、ゲオは78巻までだったり。 こういった点を踏まえると、連載中の作品は外す可能性がありますが、 完結作品を探すには良いかもしれません。 ゲオ宅配レンタルもTSUTAYA同様月額制のサービスを提供している会社ですが、無料会員でレンタル可能です。 キャンペーンも同じようにやっているため、レンタルを試す場合のおススメの方法は、以下の通り。 のページから新規登録を行う• 宅配レンタルのサービス登録で「スタンダード8コース」を選択• 上記期間中であれば、無料で CD・DVDが借りられる• 期限前にマイページで「無料会員」に変更する 取りあえずごく少数から借りたいなんて場合は、レンタル料に送料分が含まれているゲオもありかもしれません。 スポンサーリンク 電子書籍レンタル Renta! サービス名 Renta! テレビCMもかなりの頻度で流れているため、「電子書籍のレンタル」と言えば、Renta! とサービス認知度は高いのではないかと思います。 レンタルのシステムはチケット制を採用しており、1チケットは税込で 108円 税込 から。 利用期限は即時開始で 48時間が基本的な利用時間となっているものの、例えばチケット5枚といった割増で無期限レンタル 実質的には購入 も可能です。 チケットの支払方法はクレジットカード、携帯払い docomo、au、softbank に加え、各種電子マネー suica、webmoney、BitCash、楽天Edy 等を完備しており、支払の煩わしさはありません。 コミックの取扱ラインナップは検索表示数で大よそ 50,000冊。 漫画のジャンルはかなり幅広く扱っているものの、全体的な印象としては、少年・少女コミックよりも青年・女性コミックが豊富な印象ですね。 また、コミックに限らず、ライトノベルや写真集などメディアの幅も広いです。 Renta! の良い所は、話題の作品やランキング上位の作品でも時々 普通に無料で読める対象になる所。 多くのチケット数が必要になり、気になっていたけども中々借りるまで踏ん切りつかない、そんなコミックでも待てば読めるようになっている可能性も。 下のリンクで各ジャンルのコミックランキングをチェックすることができます。 主要ジャンルの取扱ラインナップ• 業界大手らしくラインナップはそれなりに豊富。 色んな特集も頻繁に行っており、飽きさせない仕組みが施されています。 1冊 100円台から読めるので、気になるものがあれば気軽に試してみましょう。 コミックシーモアってしばしばネット上で広告を見かけるんですが、雰囲気的にもっとエンターテイメイント系の会社が運営していると思っていました。 しかし、実はNTTということで、案外お堅いのです。 シーモアレンタルのシステムも、上記Renta! 同様に事前にポイントを購入して レンタル対象ごとにポイントを消費して利用する方式。 シーモアレンタルのメリットとしては、まず貸出期間が最大 72時間と長いことが挙げられます。 業界競合のRenta! が 48時間なのに比べると1日分長いわけですから、同じコミックが同額で借りれるならの方が得します。 つまり、23時にレンタルを開始すると、ほぼ48時間しか借りれないので注意です。 気になるラインナップは取扱数がRenta! 並みということもあり、それなりにあります。 但し、レンタル人気コミックのランキングを見てみると、同じ電子書籍レンタルサービスでも結構異なります。 でもRenta! 同様上記画像のように定期的に無料コミックを開放しているので、暇つぶしや新規開拓に訪れてみても良いかもしれませんね。 スポンサーリンク まとめ 宅配レンタルと電子書籍レンタルの違いと共に、主要な5つのサービスについて簡単に確認してみました。 私自身は電子書籍・紙媒体いずれにも拘りがないため、漫画・コミックを読む時は 提供されているコンテンツを重視しています。 少年ジャンプやマガジンの漫画・コミックもよく読むのですが、そういった雑誌を提供する集英社や講談社等の大手出版社は自社のプラットフォーム等で電子書籍を提供している場合も多く、電子書籍レンタルにはあまり取扱がありません。 一方、コンテンツで圧倒的に強いのがや等の 宅配レンタル。 上記出版社のコミックでも問題なく取扱があり、多少届くまで時間を要するものの、自宅で漫画喫茶のようにゆっくり読むことができる上、ある程度の冊数を借りれば 買うより全然安価です。 最近はこれらのコミックレンタルのおかげで出費を押さえつつ、快適な休日を自宅で過ごしています。 まだトライしたことがないなら、是非電子書籍・宅配どっちでも良いので試してみてはいかがでしょうか? 大手金融機関で資産運用ビジネスに従事。 大企業ならではの「年功序列・働かないおじさん問題」に嫌気がさし、徹底的な合理化と超速の業務遂行で早帰りを徹底。 家族とプライベートを最重要視。 特に興味のある以下の分野の記事多め。 ・副業 ・インデックス投資 ・米国株式 ・不動産投資 ・海外個人輸出入 ・金融サービス ・健康、筋トレ ・節税 カテゴリー• 20 人気の記事• 12月 29, 2015 に投稿された• 9月 29, 2016 に投稿された• 7月 7, 2018 に投稿された• 4月 27, 2017 に投稿された• 6月 21, 2017 に投稿された• 3月 26, 2018 に投稿された• 7月 7, 2018 に投稿された• 1月 3, 2019 に投稿された• 9月 15, 2016 に投稿された• 7月 13, 2018 に投稿された.

次の

スマホ漫画レンタル3社を実際使って比較レビュー、オススメはRenta!

漫画レンタ

-目次-• 電子書籍のレンタルは漫画が中心 後ほど詳しくご紹介しますが、電子書籍をレンタルできるサービス(ストア)はRenta! (レンタ)やシーモアレンタルなど限られています。 どちらかと言うと、電子書籍の場合はレンタルよりも買い切り型や月額課金型が主流となっているので、現状としてはレンタルできるのは漫画・コミックが中心と限られています。 なのでレンタルできる主な電子書籍のジャンルは下記になります。 少年漫画• 青年漫画• 少女漫画• 女性漫画• ハーレクイン• BL漫画• TL漫画• 漫画雑誌• アダルト漫画 レンタル型が注目されて様々な企業が参入してサービスが多様化すれば、小説やビジネス書、実用書、雑誌、写真集など色々なジャンルの電子書籍がレンタルで楽しむことができるようになると思いますが、現状はレンタルできるのは漫画・コミックが中心となるので覚えておきましょう。 漫画以外の電子書籍を読みたい方はやを検討してみましょう。 電子書籍にこだわらない人はコミックがレンタルできるや、などのレンタルサービスを利用するのも一つの方法ですので、電子書籍をレンタルできるストアと比べながら検討するのも良いと思います。 関連情報: 電子書籍・漫画をレンタルできるストア 電子書籍・漫画をレンタルできるストアをまとめました。 漫画のレンタル専門ストアやレンタルのように閲覧期間が設定されている商品を購入できるサービスまで幅広くご紹介していきます。 電子貸本 Renta! レンタ CMでもお馴染みのRenta! レンタ は株式会社パピレスが運営するレンタル専用の電子書籍ストアです。 レンタルといっても無期限レンタルの作品も多いため、買い切りの電子書籍ストアのような使い方ができるのも特徴です。 48時間レンタルで100円からレンタルできる作品も多いほか、お得な作品は70円からレンタルして読むことができます。 閲覧期間がない「無期限レンタル」ならいつでもどこでも読むことができるので、作品によって48時間レンタルと使い分けることでお得に電子書籍が楽しめます。 レンタはポイント制なのであらかじめポイントを購入して付与されたポイントを使って電子書籍をレンタルし、スマートフォンやタブレット、PCなどのデバイスで読むことができます。 無料で読める本も充実しているので、とりあえず無料登録しておくだけでもある程度は楽しめるのも魅力です。 会員登録は無料でメールアドレスやYahooのID、SNSアカウントを使って簡単に登録できます。 メールで登録する場合は空メールを送信して送られてくるURLから会員登録に必要なアカウント情報を入力して登録すればすぐに利用開始できます。 関連情報: 公式ストア: シーモアレンタル シーモアレンタルはコミックシーモアの姉妹サイトで、5万冊以上のレンタル作品を取り扱っています。 レンタル期間は2泊3日で1冊あたり50円など100円以下で購入すできる作品も用意されています。 取り扱う本のジャンルは漫画が中心ですが、最大83%OFFで電子漫画を読むことができるので非常にお得。 しかもコミックシーモアで貯まったポイントをシーモアレンタルで使うこともできるため、普段からコミックシーモアを利用している方にはオススメです。 レンタルした作品は通常価格の差額分を支払えばそのまま購入して閲覧期限なしで読むことができる「差額購入」も可能なので、試し読みして気に入った作品はそのまま無駄なく購入できます。 また、購入した作品は本棚アプリにダウンロードできるので、オフラインでいつでも楽しめます。 シーモアレンタルでも無料で読める作品は充実しているので、まずは試しに会員登録してみるのもオススメ。 公式ストア: ロマンスライブラリ ロマンスライブラリはハーレクイン専門の電子書籍ストアでコミックや小説など8,000冊以上取り揃えています。 基本的には買い切りや月額プランに加入して読み放題できるタイプのサービスですが、作品によっては30日間と90日間の閲覧期間付きで読むことができるのでレンタル感覚で楽しむことができるストアです。 30日間の閲覧期間付きであれば無期限で購入するよりも安く読めるので「気になる作品をしっかり読みたい」という人にはおすすめです。 月額300円のプレミアム会員になると閲覧期間のアップグレードができるようになるほか、プレミアム会員限定のキャンペーンもあるので、よりじっくり読みたい人は加入しておくのも良さそうです。 公式ストア: COMIC FUZ コミックファズ COMIC FUZ コミックファズ は『まんがタイムきらら』『週刊漫画TIMES』などに掲載されている作品やオリジナル連載作品が読める芳文社公式の電子コミックサービス。 無料で手に入るメダルを使って漫画を読んだり、メダルを購入してストアでコミックや雑誌を購入することも可能。 作品のレンタルは無料で獲得することもできるBlackメダルやSilverメダルのほか、Goldメダルを使って閲覧することができます。 公式ストア: 電子書籍をレンタルするメリット 電子書籍をレンタルして読むメリットは購入するよりも安く読める手軽さと返却が不要な点でしょうか。 TSUTAYAなどでコミックをレンタルすると必ず返却する手間が発生します。 借りたことがある方なら一度は思ったことがあると思いますが期限内に返却するには面倒ですよね。 電子書籍のレンタルならこういった返却の手間や延滞金の心配は不要となります。 また、長編作品を一気に借りようと思っても一部の巻が貸出中でまとめてレンタルできないということも多いですが、電子漫画のレンタルならそういった心配もなく、24時間いつでもどこでもレンタルできるというメリットもあります。 レンタルなら購入するよりも安く読める 作品によっては48時間のレンタルで1冊100円でレンタルすることができます。 漫画であれば購入すると400~600円ほどはするので買い切りよりも安く読むことができます。 価格が安いので「ちょっと気になる」程度の作品でも気軽に読むことができるので、読んだことのない作品や新しい漫画のジャンルの開拓にも向いています。 電子書籍ストアによってはレンタルして気に入った作品は追加料金を支払ってそのまま無期限レンタルに切り替えることもできるので無駄なく購入することもできます。 電子書籍のレンタルなら返却不要!延滞金の心配もいらない 最近はネットで注文してポストで返却したり、自宅まで来て集荷してもらえるサービスもあるのでコミックのレンタルも便利ですが、どうしても返却するという手続きは発生してしまいます。 ついつい返し忘れて延滞金が発生。 最悪の場合は「購入したほうが良かったかも」と思うこともあります。 一方で電子書籍のレンタルの場合は閲覧期間が設定されており、その閲覧期間が過ぎると自動的に閲覧できなくなるため返却が不要です。 自動的に読めなくなるので、返却する必要がないので当然ながら延滞金は発生することがないので安心して利用できるのも電子書籍をレンタルするメリットの一つとなります。 貸し出し中で借りられないことがない!読みたいときにすぐレンタルできる 筆者も経験ありますが、店舗やネットでコミックをレンタルする場合は貸し出し中で借りられないことも多いです。 同じ作品を複数もしくは全巻レンタルしたい場合でも、歯抜け状態でレンタルできないこともありますが、電子書籍であれば配信さえしていれば人気作品でも貸し出し中の心配がないので読みたいときに好きなだけレンタルすることが可能です。 利便性でも電子漫画・電子書籍のレンタルのほうが優れていると思います。 デメリットはレンタルできる作品数が少ないこと 電子書籍のレンタルで一番残念なのはレンタルできる作品数が少ないことです。 Renta! では取り扱う電子書籍は非常に多いものの、閲覧期限があるレンタル作品は全体の作品数から考えると少ないように感じます。 超人気作品もレンタルできないこともあるので、結果的に購入するしかなくなってしまうのは非常に残念なところ。 なので、漫画のレンタルは電子と紙の両方を考えておいたほうが良いと思います。 電車移動中などでスマートフォンで読みたいという理由ではなく、「とにかく安く読んでみたい」という方は電子漫画のレンタルとネットレンタルの両方を使い分けると便利です。 人気作品や話題作であれば貸し出し中で借りられない場合もありますが、読みたい電子書籍作品が配信されていない場合はネットでレンタルできるサービスを利用するようにしましょう。

次の