ああ 言え ば こう 言う。 ことわざ「ああ言えばこう言う」の意味と使い方:例文付き

「ああ言えばこう言う人」と付き合うコツ【切り返しの考え方】|MINE(マイン)

ああ 言え ば こう 言う

ああ言えばこう言う人は、プライドが高く自尊心を傷つけられることが大嫌いです。 自分が人より優位になっていたいという願望が強く、素直に人を褒めることができません。 例えば、同僚が昇格する、友達にハイスペックな彼氏ができる、結婚や出産の報告を受けるなどしても素っ気なくその話題を切り上げ、人を認めません。 負けず嫌いなのは、知ったかぶりをすることにも通じています。 自分の知らないことがあると、何だか負けたような気がしてしまい「それ、知っているよ」と平気で言います。 少し経験がある程度のことでも、あたかも熟知しているかのように話してしまうこともあります。 とにかく、一歩リードしてます感を出したいのです。 【ああ言えばこう言う人の特徴3】空気が読めない どの程度の付き合いにもよりますが、だいたいああ言えばこう言う人が友達にいるとあれこれ小言を言ってくるかと思います。 「その彼氏微妙じゃない?」、「転職した方がいいよ」、「絶対髪切らない方がいいよ」などあなたのポジティブな行動や状態に文句や小言を言って自分が言っていることが正しいかもと思わせたいのです。 そのような場合は、相手の話を本気で真正面から聞くと「なんか言い過ぎ」とモヤモヤしてしまいます。 そこをグッとこらえて内心は、「またなんか言ってるな」くらいの程度に聞いているとイライラすることなく相手の攻撃をかわせるかと思います。 聞き流すくらいにしておくと、ああ言えばこう言う人は反応が悪いとへこみます。 とにかく聞き流すようにするとなると、やりすぎると相手の機嫌を損ねてしまうかもしれません。 友人関係を続けていきたいけどああ言えばこう言うのは直してほしいというときは加減してくださいね。 友達が自分で気づけるように諭してあげてください。 人に言われて直すより、自分から変わらなきゃと思った方が効果があります。 【ああ言えばこう言う人の対処法・親編】冷静になり感情的にならない ああ言えばこう言う人の中でも、身近な存在である親は「あなたのため」と言いながらも蓋を開けると自分のための場合もあります。 ただ、1番は親心による心配や過保護が多いです。 ああ言えばこう言う人は、自分が相手との会話をリードしたいと内心思っていますが親となると子供の人生そのものへの期待からくる発言をします。 もちろん、子供の頃から習い事だったり進学だったり就職だったり様々な場面で親はアドバイスして良い選択をしてほしいと思っていたのですがそれが大人になっても続きます。 子供を思うためではなく、自分の考えは絶対正しいからその通りにしなさいと、それ以外の選択は認めないと自分の欲求を子供の人生に押し付けてきます。 そのような場合は、冷静になるということです。 家族だからこそ、反論に反論を重ねるとそれがヒートアップして感情的になってしまいます。 アドバイスを聞いて冷静に受け止め、あなたの話を聞いたけれど私の考えは変わらないほど固い決意だということを伝えましょう。 ああ言えばこう言う人と感情的になり話しても平行線です。 【ああ言えばこう言う人の対処法・彼氏編】褒めて自己承認欲求を満たす 彼氏がああ言えばこう言う人だと、何だか口うるさく鬱陶しいと感じてしまうかもしれません。 ひねくれている人と一緒にいるとストレス溜まりますよね。 特にすぐ否定する人はモラハラになる傾向がありますので要注意です。 彼氏の場合は、自分が優位の立場だと示したい、支配したいという欲求からああ言えばこう言ってきます。 彼氏という存在こそ、自分を包み込み受け入れてくれる包容力を求めます。 それなのに、否定的で何かと私生活に干渉されると小さい男だなと思ってしまいそうですよね。 そのような場合は、彼氏のことを褒めましょう。 褒められると単純に嬉しいし、ちゃんと良いとこを見てくれていると安心します。 精神的に女性の方が大人です。 男性は、女性より自己承認欲求が強いです。 安心すると自分のことを評価してほしいという気持ちが落ち着きます。 彼氏の自分アピールしたくなる何か心の葛藤のようなものを取り除ければお互い幸せですよね。 そんなに気を張らなくてもいつもあなたを見てるし認めてるよというメッセージを送り続けましょう。 ああ言えばこう言う人の改善方法 もしかして自分のことだと思ったら.

次の

ああ言えばこう言う人の特徴と心理!セリフの具体例&5つの対処法

ああ 言え ば こう 言う

記事の目次• ああ言えばこう言う人の特徴 プライドが高い ああ言えばこう言うという状況は、何か指摘などをした際にかならず言い返してくるような状態です。 これには、言われっぱなしのままいたくないという感情が関わっているといえるでしょう。 つまり、言い負かされたくない、言い負かされた気分になりたくないというプライドの影響が予想できます。 断固とした意思表示があり、なおかつ言い返せるほどに口が回るため、自信が大きいのでしょう。 ああ言えばこう言うというよりは、ああ言われたままで終わらせない、といった感じかもしれません。 周りの人を下に見ている これもプライドが高いという特徴に通ずるものがあるでしょう。 会話が始まった以上、かならずどちらかが話の締めをおこない、どちらかが言い返さずに終わらなくてはなりません。 このとき、プライドの高い人からすれば、多少なりとも上下がつくと感じます。 そこへきて、プライドが高く自分は上であると思っている人の場合、自分の側が言われっぱなしで終わらされることを良しとできません。 周りのことを下に見ているので、かならずああ言われたあとにこう言い返してしまう、といった具合です。 「成功している人は運が良いだけ」と思っている 少し違った角度からの解釈になりますが、少しひがみめいたああ言えばこう言うの理由といえるでしょう。 そもそも、本当に成功している人というのはそこまでべらべらと口を回す必要がありません。 言葉によって自分を大きく見せたり守ったりしなくても、すでに実力や肩書きが備わっているためです。 ですが、成功していない口ばかり動かす人物には、そういったことが分からないのです。 言い合いや揚げ足取りで運よく勝ち続けさえすれば成功できる、そんな風にすら思っているかもしれません。 そんな勘違いから、必死になっているパターンです。 人のアドバイスを邪魔だと思っている ああ言えばこう言うの「ああ言えば」が、良かれと思っておこなったアドバイスの場合にかたくなに言い返してしまう人にあてはまります。 本当に良心からくるアドバイスであれば、聞いて損はありません。 ですが、自信過剰である、プライドが高い、そんな人には口うるさく聞こえてならないのです。 そのため、せっかくの良心に対し「こう言う」ことで聞き入れないようにしているのです。 頭の回転は速い ああ言えばこう言うというのは、決して簡単なことでもありません。 これは普通の言葉のキャッチボールでなく、ひとつの言い合いですらあるので、批判や指摘を即座に解釈したのち、さらにそれを上回る持論を用意して返さなければなりません。 この作業には、頭の回転の速さが必要になってきます。 ああ言えばこう言いえる人には、そんな頭の回転が速い人物が多いといえます。 何でも知ったかぶりをする プライドが高い人は、あまり他人からアドバイスを受けたり学んだりしたくありません。 そこに上下を感じて、負けたような気分になるためです。 そのため、アドバイスや教えに対して、それはすでに知っているから言われる筋合いはないともいわんばかりに、知ったかぶりをしているのです。 そういうタイプは、そのときだけでなく、きっと普段から知ったかぶりの性格なのでしょう。 空気が読めない そもそも、スムーズで円滑な会話において、ああ言えばこう言う必要はありません。 会話とは、お互いの思いやる気持ちや空気を読む心配りがあってこそ成立するものです。 ですがああ言えばこう言うタイプは、そのような客観視ができず、ただただ感情のままに言い返してしまいます。 つまり、空気が読めないのです。 友達が少ない 前述の通り、ああ言えばこう言うスタンスは円滑なコミュニケーションに適していません。 お互いが譲り合わなければ、融和的な関係は作れないためです。 にもかかわらず、かたくなにああ言えばこう言う人は、もしかすると友達が少なく、そもそも友好的なコミュニケーションというものを知らないのかもしれません。 仕事がデキる人やモテる人が嫌い ああ言えばこう言う人がターゲットに選ぶ相手として、仕事がデキる人、モテる人などが挙げられます。 これらターゲットとなるタイプは、基本的にああ言えばこう言わないでしょう。 なぜなら、仕事や魅力において十分な主張をおこなえており、充実しているためです。 ですが、そうした主張ができない満たされない人間は、そうした充実していそうな人に何とか一矢報いたくて仕方がありません。 そこで選ぶ最終手段が、とにかく口先で混乱させるというばかげた手法です。 憧れや嫉妬が、嫌いという感情に繋がり攻撃的になっているのです。 自分中心に物事を考えている ああ言えばこう言う話し方をする人は、他人の主張を受け入れられず、かならず最後は自分の主張を押し通さなければ気が済まないタイプといえます。 これはいい換えると、自分を中心に物事を考えているとも捉えられます。 人のこともしっかり思いやれる人は、主張だけでなく聞き入れられる度量というものも持ち合わせているものです。 不平や不満が口癖 会話内容うんぬんに限らず、ただただああ言えばこう言い返さなければ気が済まないというタイプもいます。 言い返すという作業は、発言に対しての不平不満であることが多いでしょう。 ですが、本当の意味での不平不満とは限りません。 ただただ、口癖としてこれらを言っているだけというケースも考えられます。 負けず嫌いだが努力も嫌い 言い負かされないために、ああ言えばこう言うというスタンスをとります。 つまり、負けず嫌いなのです。 ですが、本当の意味で負けたくないなら、口先だけで必至になって言い返す必要もありません。 実力や結果で見返せば良いのです。 ですがああ言えばこう言うタイプの人は、これらを実現するための努力を嫌いがちです。 ああ言えばこう言う人への上手な対応 話を聞き流す ああ言えばこう言うタイプの反論は、基本的に相手にする必要はありません。 なぜなら、話の内容うんぬんではなく、いかに自分がマウントをとれるかしかみていないためです。 また、言い合いをしている自分に酔っていることもわりと多いです。 そのため、まともに話を聞く必要すらありません。 会話をしている風にしつつ、聞き流すのがおすすめです。 最初から期待しない 会話の内容などそもそも気にしていないわけですから、期待を抱くだけ無駄でしょう。 何せ期待をこめたこちらからの話しかけを、そもそもまともに聞こうとすらしていないためです。 変に期待をもつと、それだけ落胆させられストレスがたまります。 自分を守るために、そしてああ言えばこう言うタイプを図に乗せないためにも、期待はかけないようにしましょう。 理屈で喧嘩して相手をへこませる ああ言えばこう言う人は、基本的に単純です。 仕事や恋愛面でうまくいっておらず、ひがみったらしい性格が形成されているのは、物事を正確に考えることの苦手な単純思考タイプであるためです。 そのため、こちらは知性的に理論で対応しましょう。 単純な人間は賢い人間に理論で敵わないので、圧倒的な差を見せつけることで黙らせられます。 褒めてコントロールする 人生が充実している人間をひがむ人間は、満たされていない状態ともいえるでしょう。 そのため、上のレベルから褒めてあげてみてはいかがでしょう。 ああ言えばこう言うのは、ある意味あなたに憧れを抱いているからでもあります。 知性的な褒め方をされると、心が少しばかり満たされて引いていくかもしれません。

次の

ああ言えばこう言う辞典

ああ 言え ば こう 言う

わたしは20代の女性です。 最近年上の男性と揉めました。 以前から揉め事が起こるたびに、「ああ言えばこう言う」「可愛げがない」「生意気」「素直じゃない」「年上のいうことは素直に聞け」と言われています。 素直に「わかりました。 すみません」と言えないわたしが悪いのですが、言われていることを理不尽だと感じたり意味がわからないと感じたりすると、我慢しなければいけないのはわかっていても、自分の考えを言ってしまいます。 何度も同じようなことを言われているので、今回やっと自分の性格に問題があると自覚し、本気で改善しようと思いました。 そのため、ああ言えばこう言う性格と素直じゃない性格を直すためには、どのようなことに気をつけたらいいでしょうか? アドバイスをいただきたいです。 また、おそらくわたしは、言い合いになると意識しないうちに、相手より自分が優位に立ちたいだとか、自分の方が正しいだとか思っているんだと思います。 この点も、どのように意識を変えたら良いのかヒントをいただきたいです。 アドバイスや指摘をしている人間からすると、その人がしてきた事では事足りないので物言わさるわけで。 を溜め込んでいたり、 行いたいけど我慢し続けていることがあったり・ 犠牲になっていると感じているようなことはないでしょうか。 あるとすれば、そうした負の感情エネルギーを全て紙に 書き出してみますと心的状況が変わってくるかもしれませんよ。 他、正論で責めたり、やり込めたりといったこと等が あるのであれば…たとえば、 【正しいことを言うときは 少しひかえめにするほうがいい 正しいことを言うときは 相手を傷つけやすいものだと 気付いているほうがいい 吉野 弘『祝婚歌』】 [相手によっては、デートDVや刃傷沙汰を誘発したり しますので、危ういですよ。 刺されて傷を負って、やっと 気づく…というタイプの女性もいますけどね] 【The joy of living is the joy of giving. 『Lover Come Back』】 【三つ子の魂 百まで】で、性格を変えるのは難しいのですが、 社会貢献・地域奉仕をつづけていれば、人生観や人生哲学が 変わってくるかもしれませんよ。 CiaoCiao. 言い包められたら勝ち、という思いは当然有るでしょう。 弁護士はこうでないとやっていけませんが、普段の生活では角が立ちます。 「ああ言えばこう言う」「可愛げがない」「生意気」「素直じゃない」「年上のいうことは素直に聞け」。 凡そ考え付く限りの言葉が勢揃い。 笑ってはいけませんが、良くここまで言わせた感、大有り。 裏を返すと、論理的には質問者が正論だった場合もかなり有ると推測します。 しかし立場上、「はいそうですか」は言い難い。 言いたくない。 居えない。 一番良いのは上司と部下という関係がない職に着くですが、これは難しそうだ。 難しいとなれば、こういう場面に遭遇したら一旦引っ込む癖を付ける。 性格はちょっとやそっとでは直りませんから、一呼吸おいて、一旦頭を通す癖を付ける。 聞いた事を頭で整理しなくても言葉がポンポンと出て来る程に頭は良いと考えますが、これも上司には癪の種です。 回転が速過ぎなのです。 謙虚さが足りないのではないですか、 結局は大人になりきれてない子供なのです。 大人になれば、どんなに自分が悪くなくても謝ることが出来ます。 それは、自分が引くことで周りがうまく回ることがあることを理解しているからです。 そして、そういう人を周りは逆に尊敬し、信頼するものです。 あなたのように、自分の考えは曲げない、通す、我慢出来ない、思ったことを口にする人のことは、誰も尊敬など出来ずに信頼もされません。 能ある鷹は爪を隠す、、 とは、能がある人だからこそ爪を隠すことが出来ると言うことです。 あなたのように何でも爪を出しっぱなしの人は誰も付き合いきれませんよ。 実るほど頭をたれる稲穂かなも、人望も能力もある人ほど謙虚でなくてはいけないのですよ。 自分が正しいとあなたが思っている時点で、あなたは相手に負けていると思ってくださいね。 世の中は、先に頭を下げたほうが勝ちなのですよ。 文章を読ませて頂きました。 やはり生きていく中で、理不尽だと思ったこと、意味が分からない事、誰でもやり難く、自分自身が納得した上で行動したいですね。 こういうことを解決したいのは誰でも当然だと思いますが、相手があることなので全て上手く解決できる事はないと思います。 例えば仕事などでワンマンな上司や経営者、お客さんと相対した時は、ほぼ不可能な場合もあると思うのです。 言い方を聞き方をどのようにしても「やれと言ったらやれ!!!」という罵声が帰ってくるだけです。 こういう時や相手には相手の要求に対して不承不承従うしかないですね。 そうではなく相手が対等に近い立場だったりする場合は、相手の言い分をある程度聞いて、まず相手の意見の長所を認めてはどうでしょうかね。 その上で対案を出すという形で、どちらのやり方が合理的であるかどうかを、冷静に議論をするように心がけるのです。 今の時代は競争意識が高い人が多いので、このようなやり方は人間関係を構築していく上で現代では適さないかもしれないです。 でも、相手が、相手の考えがどこにあるのかを議論できる人ならば、意見を沢山出し合って考えを摺り寄せていけば、 より強固な信頼関係を築くことが出来ると私は思います。 Q アドバイス求めて質問します。 こちらが1つ言うと4つ返さないと気がすまない。 自分が絶対的に正しいと思っているか、あるいは正しくない自覚があるから意地になって言うのか、どちらかな感じ。 「話し合えなきゃ解り合えない。 だから逃げるな。 話し合おう。 」ともっともらしいことを言うが、解り合おうというよりこちらが間違っていたと認めるまで、自分が論破しやすいようにこちらの話を都合の良く解釈し小理屈をこねまわす。 言葉の揚げ足を取るのが好き。 はじめからこちらの話は斜に構えて聞いている。 すごく面倒臭い粘着質。 こういう精神年齢が低い40代のおじさんがいます。 必要最低限のことだけ会話するようにしています。 このおじさんとお別れできる日まで、こちらが疲労困憊しないですむ扱い方をアドバイスしてください。 A ベストアンサー どうも。 >このおじさんとお別れできる日まで、、 このおじさんとは、どういった関係なんでしょうね? 会社の上司とかだと、それこそ転勤や退職になるまでつき合わざるを得ないと思いますが・・・ 同僚レベルですかね、それともプライベート?? >自分が絶対的に正しいと思っているか、あるいは正しくない自覚があるから意地に・・ そうですねー、そんな感じの人物かと思います。 「自分が絶対正しいと言う人には、2タイプがあります。 「他の意見を知っていて、比較検討の上で自信を持って正しい」と言っている人と、「はなから自分の意見しかない人」っていう人です。 これら両者には、天と地ほどの違いがあります。 他と比較の結果、自信をもって言われているのであれば参考にもなりますが・・・ ご質問の内容では、「はなから自分しかない」といった雰囲気ですね。 それは、下記の記述からも容易に想像できます。 >こちらが間違っていたと認めるまで、自分が論破しやすいようにこちらの話を都合の良く解釈し小理屈をこねまわす。 結果的に、「自分の意見しかない」から、違う意見を受け入れることが出来ないんです。 こういう人にとっては、自分が考えることが「世の中一般的であり、普通・正義」となっています。 それだけを拠り所に生きて(精神を維持して)ます。 よって、違う意見はまったくの想像外ですし、もちろん相手の都合や価値観などの考慮は無いに等しいです。 簡単に言えば、「幼児の精神」です。 幼児は自分の欲しいものがあれば、親の都合や場所など構わず泣き叫んでねだることがあります。 あれと一緒です。 単に「知識のついた幼児」だと思っていただくと分かり易いです。 幼児は「泣き叫び」ますが、知識が付いているので「屁理屈をこねくりまわし」ます。 そして「意見を通す」事で、自分が正しいこと・精神の安定を図っています。 >必要最低限のことだけ会話するようにしています。 正解ですね。 >こちらが疲労困憊しないですむ扱い方をアドバイスしてください。 どういった「お別れ」が出来るか(冒頭)によりますが。。 プライベートであればやはり「はなから相手にしない」とか、「はいはい」って同意したように見せかけておいて「実はスルー」が唯一の策でしょうか。 (これが仕事上では出来ないので辛い) 嫌われても良い関係の相手なら、一度「どんと逆らってみる」というのも手ですが・・・リスクを伴います。 *:向こうは自分の精神安定が掛かってますんで、必死にあらゆる手を使ってきますよ。 屁理屈・嘘・果ては暴力(DV)。 これを徹底的にやると、結果的には「あなたは自分にとって同意を得られない(自分の精神上役に立たない・マイナスの存在)相手だ」ということを相手が悟りますので、相手の方から付き合いを絶ってきます。 どうも。 >このおじさんとお別れできる日まで、、 このおじさんとは、どういった関係なんでしょうね? 会社の上司とかだと、それこそ転勤や退職になるまでつき合わざるを得ないと思いますが・・・ 同僚レベルですかね、それともプライベート?? >自分が絶対的に正しいと思っているか、あるいは正しくない自覚があるから意地に・・ そうですねー、そんな感じの人物かと思います。 「自分が絶対正しいと言う人には、2タイプがあります。 「他の意見を知っていて、比較検討の上で自信を持って正しい」と言っ... Q 職場の人の事なのですが、 ああ言えば、こう言う人の心理を教えてください。 とにかく、ああ言えば、こう言う人との付き合いで、悩んでいます。 「そうだね」の返しでいいような会話に いちいち言葉が返ってきます。 私としては、何かおかしなこと言った?と感じてしまいます。 他には、ちょっと冗談を言った時は、正論で返事が返ってきたこともありました。 「あはは」で笑って終わる話しだったのに、その人は冗談の通じない人でもないし、その冗談と言うのも、大切な話でも何でもない話しです。 逐一、必ず何か、こう言いたいのか、会話のたびにこんな調子だとすごく疲れます。 その人の性格だとは分かっているのですが、私の事が何か気に入らない のか?とか少し悲しいです。 あと何か怒りを抱えていて、こんな性格なのかなとも思ってしまうので、少しこういった人は怖いです。 こういう人の心理を教えてください。 理由(心理)が分かれば戸惑う事も少なくなるかとおもうので心理を知って納得した上で付き合いしたいと思いますので宜しくお願いします。 職場の人の事なのですが、 ああ言えば、こう言う人の心理を教えてください。 とにかく、ああ言えば、こう言う人との付き合いで、悩んでいます。 「そうだね」の返しでいいような会話に いちいち言葉が返ってきます。 私としては、何かおかしなこと言った?と感じてしまいます。 他には、ちょっと冗談を言った時は、正論で返事が返ってきたこともありました。 「あはは」で笑って終わる話しだったのに、その人は冗談の通じない人でもな... Q 上司から指示を受けて、やったことが指示と違うということが多くて悩んでいます。 メモしても、そのメモ事態がポイントがずれているから始末に置けません。 指示したことと違うと言われて、再度説明を受け、実施したことがまた違うということも良くあります。 お互い嫌ですよね・・・・ どなたか、このようなタイプの私にコツのようなものをアドバイスいただけないでしょうか? 実は、これは自分は一種の障害なのかな?とも思っています。 というのも、メールを見ても話し言葉でないと理解できないことがあるのです。 話し言葉でないと文章が理解できないのはなんとか(名前はわかりませんが)症というそうです。 簡単なことじゃないかといわれるたびに、気持ちがブルーになります。 A ベストアンサー 病気ではないです。 一言でいいますと、あなたには、思考能力が不足しています。 もっと自分で考えてみてください。 考えることによって改善されるはずです。 といきなり厳しいことを書きましたが、私も同じことで悩み続けています。 上司には毎日怒られっぱなしです。 私も自分のこと、ADHD(注意欠陥多動性障害 )なのかなどと悩んだほどです。 ただ、最近、何がいけないのかがなんとなく、わかってきました。 私自身の感じていることを下記に書きますね。 【主な原因】 相手の言行っていることを自分の中の知識の中で考え理解しようとして、結果的に自分の中で新しいことを作ってしまい、相手の指示内容と異なってしまう。 (これって自分では気がつかないんですよね。 これが正しい、あの人はこう言っているって思い込んじゃっているから・・・・・) 【私生活において】 私はそうなのですが、私生活において、結構流されてすごしていませんか?つまり、なぜ?なんで、って考えて自分で納得し、理解してから行動する。 とりあえず、よくわからないけどやってみますか?? ではないですか? 「お前の行動は私生活にもにじみ出ているんだよ」って私は言われました・・・ 【対策】 自分自身の主観的な思い込みはやめる。 相手が何をしてほしいのかを整理して考える。 何をしてほしいのか 何でそれをしてほしいのか? どういうOutPutを望んでいるのか? 私自身も半分くらいしか理解できていないので正確にかけなくてごめんなさい。 もし、相手の指示が悪ければ、相手に対して指示を明確にさせてあげるくらいのレベルになりたいですよ。 【読むべき本】 これは、考えることができない自分。 物事を順序だてて整理できない自分にいつも怒っている上司がアドバイスしてくれた本です。 私が今読み終わった本は、 考えるプロが明かす「思考の生活習慣病」克服法 船川 淳志 著 です。 この本を読んで、心が痛かったです。 なかなかお勧めですね。 ザゴール2は読み物(物語)みたいなので読みやすいそうです。 ただ、何も考えずに読んだら何にもならないぞ。 と言われました。。。。 masadayoさんと私を一緒にしては大変失礼かもしれませんが、私も相手の言っていることを正確に理解し、相手が望む以上のパフォーマンスを出したいと努力しております。 これは病気ではなく、今まで訓練していなかっただけですので、どんどん訓練してこんな状況から早く抜け出たいですね。 お互いがんばりましょう。 病気ではないです。 一言でいいますと、あなたには、思考能力が不足しています。 もっと自分で考えてみてください。 考えることによって改善されるはずです。 といきなり厳しいことを書きましたが、私も同じことで悩み続けています。 上司には毎日怒られっぱなしです。 私も自分のこと、ADHD(注意欠陥多動性障害 )なのかなどと悩んだほどです。 ただ、最近、何がいけないのかがなんとなく、わかってきました。 私自身の感じていることを下記に書きますね。 【主な原因】 相手の言行っていることを自分の... A ベストアンサー NO.7です。 私が今の彼と付き合っていてつくづく思うのは、人って自分の思うようにはならないということです。 私には私の理想の付き合い方があるように、彼には彼の理想の付き合い方があります。 例えば、私は毎日でも連絡したいし、少なくとも週1は会いたいし、二人の休みが合ったときは一緒に過ごしたいし…などなど理想は尽きませんが、 私の彼は、連絡は会う約束をするときぐらいでよくて、会うのも2週に1度程度でよくて、二人の休みが合ったからと言って別に一緒に過ごさなくてよい…というのが理想と思っているように感じます(実際に聞いたことはありませんが…) そんな二人がお互いの理想を押しつけるだけではうまくいくはずがないと思っています。 そんなに我慢してまで付き合う必要はあるのかと言われればないのかもしれませんが、私は彼が好きで必要なので別れるなんて考えられません。 だからがんばっています。 例えば、 ・連絡が来ないとき、文句を言いたい気持ちを言い換えて「連絡してくれたらうれしいな」という言葉にしてメールや電話で伝える ・連絡してくれたときに、連絡してきて当然という態度ではなく、感謝の気持ちをもつ …などなど、本当は文句を言いたかったり思いきりふてくされたりしたいところを我慢して、前向きな表現に変えるようにしています。 〉電話で別れを告げたところ、がちゃ切りされました これは質問者様のことを好きなら相当ショックだったと思いますよ。 逆の立場で考えてください。 私も相手から電話で別れを告げられたら同じことしますよ。 〉でもその次の日、何事も無かったかのようにいつもよりやさしいメールが来て、仲直りしました。 ここから質問者様への思いを感じます。 相手の方も、自分の気持ちを分かってもらいたいのに分かってもらえず、それでも質問者様とは別れたくないと思っているのでしょう。 相手だっていっぱいいっぱいの感じがします。 それなのに… 〉あそこまで言わなければ、わかってもらえないのかと悲しくなりました。 私から言わせてもらえば、別れを告げた質問者様の方に問題があると思うのに、メールをしてくれるなんてとても優しい方と思います。 ここで本当に別れていたとしたら、それこそ今頃質問者様は激しく後悔していたと思いますよ。 そうさせなかったのは相手の優しさ・質問者様への思いです。 自分の気持ちだけでなく、相手の気持ちを考えるということをがんばってほしいです。 疑う気持ちは痛いほど分かります。 でも、寂しいとか辛いとかそういうことばかり言っていたら、相手だって「自分とは一緒にいない方がいいのではないか」と思ってしまいますよ。 相手は十分質問者様のことが好きだと感じました。 だから、相手の気持ちをもう少し信じてあげてください。 NO.7です。 私が今の彼と付き合っていてつくづく思うのは、人って自分の思うようにはならないということです。 私には私の理想の付き合い方があるように、彼には彼の理想の付き合い方があります。 例えば、私は毎日でも連絡したいし、少なくとも週1は会いたいし、二人の休みが合ったときは一緒に過ごしたいし…などなど理想は尽きませんが、 私の彼は、連絡は会う約束をするときぐらいでよくて、会うのも2週に1度程度でよくて、二人の休みが合ったからと言って別に一緒に過ごさなくてよい…というの... A ベストアンサー いくつなのか、お歳が、どんな関係なのかわかりませんが、客観的に言えることは。 1.お互いに気兼ねをしない。 空気のような、隣にいても気にならない。 2.喧嘩の理由が、お互いにとって致命的でない。 浮気とか、価値観の違いじゃなく、単なる意見の違いとか、どちらかが機嫌が悪い時に、又は、機嫌が良すぎる時(調子に乗りすぎて)に喧嘩となる。 3.肉体関係があるとしたら、体の相性が良い。 4.喧嘩の後の仲直りが、すぐ出来る。 5.いないと、話せないと、顔を見ないと、寂しい。 とかの関係が続いていれば、大丈夫でしょう。 って事は、別れない様にすることは、 1.相手が謝れば、許す。 ひどい喧嘩の後でも、相手がキスを求めてきたり、体に触れてきたら、気持ちを察してあげることが出来る。 スキンシップが何よりも、仲直りの最高の手段。 2.仮にいい訳であっても、途中で反論したくとも、相手の話を最後まで聞く。 その上で、自分の意見を言う。 3.気まずくなったら、相手の気持ちを考えてあげるが、必要以上に構わない。 放っておけば、いずれ、話しかけてくるはず。 ってことでしょうかね? 取りあえず1項が出来れば、大丈夫でしょう。 経験豊富な、おじんの考えでした。 いくつなのか、お歳が、どんな関係なのかわかりませんが、客観的に言えることは。 1.お互いに気兼ねをしない。 空気のような、隣にいても気にならない。 2.喧嘩の理由が、お互いにとって致命的でない。 浮気とか、価値観の違いじゃなく、単なる意見の違いとか、どちらかが機嫌が悪い時に、又は、機嫌が良すぎる時(調子に乗りすぎて)に喧嘩となる。 3.肉体関係があるとしたら、体の相性が良い。 4.喧嘩の後の仲直りが、すぐ出来る。 5.いないと、話せないと、顔を見ないと、寂しい。 とかの関係... Q 結婚して、4年めの専業主婦です。 夫とは、見合い結婚です。 結婚適齢期も過ぎ、それまでの恋愛にも疲れていて、「結婚」がしたかったのです。 結婚が決まった時から、式のこと、金銭感覚の違いで、喧嘩が多くなり、泣いてばかりいました。 でも、馬鹿な私は、今度は世間体を気にして、婚約破棄をするのが怖くて、結婚してしまいました。 新居に移るときは、不安で泣きながら引っ越しました。 大きな原因は、「彼と上手くやっていけるのか?」と、彼がEDなことでした。 子どもが欲しく、性生活も嫌いでなかった私は、将来のことが不安で不安で、うつになり、互いの暴力も始まりました。 何とかしたいと思い、精神科に通って一年経った頃、本当に偶然に、子どもを授かりました。 でも、妊娠中も産後も、彼は変わらず、喧嘩ばかりで、現在に至ります。 子どもは可愛く、彼も子どもには優しいです。 だから、夫婦仲をどうにかしたくて、今は半年ほど、別の精神科のカウンセリングに通っています。 でも、いつもお互いのちょっとした言葉で喧嘩になり、正月休みの間中、喧嘩して、ほとほと疲れてしまいました。 まだ、離婚に向かって前向きに動くほど、エネルギーはありませんが、「毎日泣いて暮らすより、離婚したほうがいいかも」という気になりました。 夫は、「離婚したくない」と言っています。 私は専業主婦で、貯金もほとんどありません。 子どもはまだ小さいです。 私と同じような状態から、離婚を成立させ、「今は幸せ」という方、どういう過程を歩まれたか、教えていただけませんか? もう、十分に落ち込んでいるので、批判の文章はご遠慮ください。 よろしくお願いします。 結婚して、4年めの専業主婦です。 夫とは、見合い結婚です。 結婚適齢期も過ぎ、それまでの恋愛にも疲れていて、「結婚」がしたかったのです。 結婚が決まった時から、式のこと、金銭感覚の違いで、喧嘩が多くなり、泣いてばかりいました。 でも、馬鹿な私は、今度は世間体を気にして、婚約破棄をするのが怖くて、結婚してしまいました。 新居に移るときは、不安で泣きながら引っ越しました。 大きな原因は、「彼と上手くやっていけるのか?」と、彼がEDなことでした。 子どもが欲しく、性生活も嫌いでなか... A ベストアンサー >私も、そこがすごく気にかかります。 夫との暮らしでは、送り迎えや家事の手伝いなどのサポートは、もちろん全く期待できません。 両親は、他県に住んでいます。 そうですね。 実家でお世話になれる環境があるのなら、お子さんの為にもそちらを選ばれるほうが良いかも知れません。 私は実家に戻りました。 始めの仕事は月給12万 涙。 でも、就労したことが無い私にはその金額もありがたく感じました。 実家でお世話になっている2年間で、専門学校にも通い、コンピュータ CG&WEB の技術を身につけました。 専門とは芸術関係でしたので。 実家の近くのマンションで暮らすようになり、数年後には在宅での仕事となり、学校の送迎や家事が可能な環境も整いました。 nami5539さんの仰るとおり、離婚を悩まれているのでしたら、少しでもキャリアをつける為にパートから始められても良いのではないでしょうか? 気分転換にもなると思います。 >大学で専門知識が多くあったのも簡単に就職できた理由でもあると すごいですね!良かったら、どんな資格か教えてください。 私も大学を出ましたが、ただ卒業したという感じで、実践力になる資格も経験もありません。 それなのに、プライドだけ高くて、仕事を選り好みしそうです。 でも、子どもを食べさせていくのは私だけですものね。 強くならなきゃ 私は銀行での振込みも出来ない世間知らずでした 笑 ゆっくり、でも目的を持って進まれると、自信も付いて来ると思います。 色々な出会いも増え、楽しいと思いますよ。 離婚後になって「世間はこんなに広いんだ」という事を知りました。 お友達も増え、苦しいときに力になってくれた友人は宝物です。 >「子供と一緒にいれれば幸せ」と思えたら大丈夫ですよ 今、私が夫のことで、感情の浮き沈みが激しく、時には家事をする気力さえなくなり、ぼんやりしたり、泣いてたり、子どもを怒鳴ったりすることがあります。 夫は、子どもには明るく接し、遊んであげるので、子どもは夫と居る方が楽しそうに見えます。 「離婚しても、私より夫と暮らす方が、この子は幸せなのかも?」と自信がなくなります。 marine55さんも、良かったら、必要だと思われる月収、そして家賃や母子家庭手当てなど、現実的な金銭面を教えてください どちらと一緒が幸せだったのかは、結局私にもわからないですね。 しかし、私は娘と一緒だから頑張れました。 それは絶対だと思います。 娘とは喧嘩しながらも、良い関係が出来ました。 月収に関しては住む地域、市営県営住宅の有無等の情報がありませんのでなんともいえないですね。 市町村によって手当の額も多少変わってきていると思います。 ただ、市役所 区役所 に相談したら、かなり親身になって相談に乗ってくれましたよ。 金銭的な部分は、ある程度の収入と補助 保育料 でやりくりは出来ると思います。 母子家庭の友人が多数おりますが、みなさん習い事や旅行も行ったりとそれなりに過ごしています。 時期的にも落ち込む季節ですよね。 夫婦で具体的に話し合って、円満に解決できれば良いのですが。 夫婦って一緒にいるとどうしても相手に敵対心だけを向けてしまいがちです。 喧嘩のきっかけである『些細な事』の影に、何か本心である不満が隠れていると思います。 しかし、それって実は自分自身の問題であったり、相手への過剰な期待だったりする事も多いと思います。 boochanyoさん、精神科に通院中だそうですが、あまり思いつめ過ぎないで、少し距離を持って夫婦関係を見つめ直してみても良いかもしれませんね。 ご自愛下さい。 >私も、そこがすごく気にかかります。 夫との暮らしでは、送り迎えや家事の手伝いなどのサポートは、もちろん全く期待できません。 両親は、他県に住んでいます。 そうですね。 実家でお世話になれる環境があるのなら、お子さんの為にもそちらを選ばれるほうが良いかも知れません。 私は実家に戻りました。 始めの仕事は月給12万 涙。 でも、就労したことが無い私にはその金額もありがたく感じました。 実家でお世話になっている2年間で、専門学校にも通い、コンピュータ CG&WEB の技術を身につけました。 Q 揚げ足をとる人の心理を教えてください。 これまでに全ての会話が、「揚げ足とり」が為に全く会話の成り立たない人が2人いました。 必死であら探し、けんか腰になって言ってきます ごく普通の日常会話、雑談、「今日は天気がいいね」「おもしろいね」「おいしそう!」がまったく成り立ちません。 あら探しばかりなので、本人の言ってることにつじつまが合わないことがあると感じます。 このような人の心理はどうなっているのでしょうか? 私が個人的に感じた事は「バカにしている、見下している、小憎らしい」という印象を受けました。 が当事者なので定かではありません。 実際どうなんでしょうか? どうして無視しないのでしょうか? よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 揚げ足を取る人というのは、いつも揚げ足を取っているわけではないと思います。 人を選んで揚げ足を取ります。 それは質問者さまも書かれているような「バカにしている」「見下している」場合もあるでしょうが、そうでなく「苦手だ」「こいつには叶わない」などの心情からそうさせる場合もあります。 つまり、質問者さまがその人に「見下されている」という揚げ足の取り方をされたということは、やはり見下されていたのかもしれません。 見下す相手には見下すための揚げ足取りを、叶わないと思う相手には勝負を避けるための揚げ足取りを、相手によって選んでしているものです。 揚げ足取りの心理としては、相手との正面対決を避けるためでしょう。 つまりその元となる理由が「見下し」だったり「劣等感」だったりするのです。 Q 30後半の既婚男性です。 妻と2人の子供がいます。 不謹慎な相談なのは重々承知なのですが、 既婚でありながら会社の女性に恋をしてしまいました。 自分が制御できなくて大変困っています、、 妻は専業主婦なのですが、家事をあまりせず、 子供の朝の世話とかを私がやって、子供を学校に送り出したりすることもしばしばです。 家の整理も苦手のようで家は荒れ放題になってしまっています。 正直、気持ちが離れてしまっているのも事実です。 家庭がうまくいっていない事を理由にしてはいけないのでしょうが、 私の仕事も比較的激務に属する方で、一緒に働いたり悩みを相談できる会社の部下に、心が動いてしまいました。 完全に恋に落ちてしまった状態で、寝ても覚めても彼女の事を考えてしまいます。 仕事にも身が入りません。 このような状態が2年近く続いています。 何とか彼女への気持ちを紛らわせようと、本を読んだり音楽を聴いたり新しい趣味を初めて見たりいろいろするのですが、だめなのです。 どうしても、彼女の顔が頭から離れなくて、かといって、素直に恋をするわけにはいかなくて。 ものすごく苦しいのです。 誰しも聖人君子ではないでしょうから、既婚者でこういった悩みを感じるかたは、それなりにいらっしゃるかと思います。 どうやってこのような状態を乗り越えていくべきか、良い知恵があればご教示いただきけないでしょうか。 よろしくお願いします。 30後半の既婚男性です。 妻と2人の子供がいます。 不謹慎な相談なのは重々承知なのですが、 既婚でありながら会社の女性に恋をしてしまいました。 自分が制御できなくて大変困っています、、 妻は専業主婦なのですが、家事をあまりせず、 子供の朝の世話とかを私がやって、子供を学校に送り出したりすることもしばしばです。 家の整理も苦手のようで家は荒れ放題になってしまっています。 正直、気持ちが離れてしまっているのも事実です。 家庭がうまくいっていない事を理由にしてはいけないのでし... A ベストアンサー うちの旦那が投稿したのかと思いました・・・ 我が家も旦那が朝の支度、子供の朝ごはんまでしてました。 部屋はそんなに汚くないですが・・・ 当時の夫婦仲はよくなく、私も旦那が行く頃を見計らっておきていましたし、夜も先に子供と寝るようにして、あまり二人の時間を あえて作らないようにしていました。 正直、会話になっておらず、挨拶やおかえりもなしでした。 もちろんセックスレス。 変化があったのは、あなた同様、会社の年下の女の子と メールのやりとり、会社帰りに送ってあげるなど、 旦那が恋しているのを私が気付いてからでした。 私は衝撃を受けました。 そして夫婦としてどうだったか、 何度も話し合いました。 私の正して欲しい点もあげてもらい、それに対して努力しました。 それから私なりに色々考えて努力して、 会話も増え、夫婦関係もよくなっていましたが、 旦那の気持ちは彼女に対してトキメキを持ったままでした。 メールのやりとりも何度もいいましたが続けていました。 抑えられなかったんだと思います。 会社の行けばいますからね。 (その度に私は泣きました。 ) これは気持ちの問題ですから、 私としてはそこまで束縛できませんし諦めていましたが、 義理姉に相談したところ、一喝してくれました。 今は辛いかもしれない。 癒しの場所(彼女)かもしれないからね。 でも、今ここで改心して気持ちを切り捨てる努力をしてごらん。 子供が大きくなって一緒にお酒を飲んだり、 楽しく過ごす事ができるけど、それもないんだよ。 って、 子供に恥ずかしくない生き方、行動をしてごらん。 と 話してくれました。 その場で、彼女にメールをして、家族を傷つけてしまって後悔している。 もうメールなど一切しない。 ということを書いてました。 彼女もそれを理解してくれました。 あなたが気持ちがその子に向いていることも 相手はきづいているかもしれないですが、 そうなるとその子の人生にも大きく関わってくるし、 相手も良い人とめぐり合えるチャンスをつぶしてしまいます。 大変でしょうが、離婚するつもりが全くないのであれば、 絶対に発展するような言動、行動は、何が何でも止めておいてください。 しばらくして、旦那に結果的に、私がメールをさせてしまったことになったけれど、これでよかったのか・・・と言いました。 すると、 「これでよかったんだと思う。 」と言ってくれました。 自分でもいけないと思うと思いつつ、 踏ん切りがつかなかったかもしれないです。 とはいえ、会社に行けばいるので、気持ちはあるかもしれないですが、そこまでは縛れないので・・・ 今は夫婦間、会話も増えレスも解消しています。 旦那もこの状態をとても気に入ってるように見えます。 私は旦那の事を再び好きになったような気分です。 夫婦関係が改善できれば、あなたもこれでよかったと思うはずです。 ですから、逃げないで! 奥さんもこの状態を良く思っていないはずです。 夫婦上手く言ってないと他に向きやすくなるのは自然な事。 断ち切るためにもそこからですよ。 頑張って、あなたなら出来ると思う。 うちの旦那が投稿したのかと思いました・・・ 我が家も旦那が朝の支度、子供の朝ごはんまでしてました。 部屋はそんなに汚くないですが・・・ 当時の夫婦仲はよくなく、私も旦那が行く頃を見計らっておきていましたし、夜も先に子供と寝るようにして、あまり二人の時間を あえて作らないようにしていました。 正直、会話になっておらず、挨拶やおかえりもなしでした。 もちろんセックスレス。 変化があったのは、あなた同様、会社の年下の女の子と メールのやりとり、会社帰りに送ってあげるなど、 旦... Q 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。 まず、朝、起きることができません。 昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。 例えば、友達と約束をしていても外出することができません。 休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。 つまり、土日はまるまる2日、ほとんど寝ているんです。 熱はないし、食欲がない、いくらでも眠れる・・・という感じで、とにかく衰弱してるんです。 今日も20時間ほど、トイレもいかずに寝ていました。 月曜日になると、朝6時に起きて、始業時刻の1時間前には出勤し、12時間以上働いて帰宅します。 平日はこの調子で金曜まで元気いっぱいです。 でも、この土日になると、とたんに無気力になり何にもできないんです。 世間には、私のような人はいらっしゃらないでしょうか?ほんとに怖いくらい無気力になってしまうんですが、これって、病気ではないでしょうか? 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。 まず、朝、起きることができません。 昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。 例えば、友達と約束をしていても外出することができません。 休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。

次の