ジャック・ジョーンズ。 企業変革の2つのモード(その8)レグ・ジョーンズの長い影

企業変革の2つのモード(その8)レグ・ジョーンズの長い影

ジャック・ジョーンズ

カウアイの玄関口、リフェ空港から10分足らずのビーチフロントには「マリオット」、南へ約20分のサウスショア、ポイプには「ハイアット」、北へ60分のノースショアには「プリンスヴィル」があり、それぞれのリゾートには、全米でも屈指の美しさとレイアウトを持つゴルフコースが併設されます。 カウアイのゴルフ場は近年、大がかりな改造が相次ぎ、芝の種類もシーショアパスパラム、ティフイーグルといった最新種が主流になった。 葉の密度が高く、ボールが沈み込まずに打ちやすい。 グリーン上もバミューダと違って芝目がないのが特徴。 見た目の美しさも楽しめる。 ここでは、リフェ空港に近い「マリオットリゾート」に併設する「オーシャンコース・アット・ホクアラ」と、サウスショアの「ハイアットリゾート」にある「ポイプベイゴルフコース」の今にフォーカスしていきます。 【オーシャンコース・アット・ホクアラ by ジャック・ニクラス】 クキイ岬灯台を見ながらプレーする16番 リフェ空港から3キロの海洋リゾートにある「オーシャンコース・アット・ホクアラ」は、30年ほど前の1988年開場後まもなく、全米トップ100コースに名を連ねた。 その後、ジャック・ニクラスがバックナインを大幅に改造、「キエレ・モアナ・ナイン」として2011年にリニューアルオープン。 さらに2015年、ジャック・ニクラス・シグネチャー・デザイン社が、全27ホールからベストな18ホールを選んだうえで、さらに改造を加え、「オーシャン・アット・ホクアラ」と改称して今に至る。 グリーン、フェアウェイを最新の芝種に張り替え、バンカーの砂の入れ替えも行い、クラブハウスも新しくなった。 2012年に大幅改修を行い全室がオーシャンビュー。 そこに隣接するのが「ポイプベイ ゴルフコース」。 設計はロバート・トレント・ジョーンズJr。 太平洋の海岸線と5つの池、85のバンカーが配される。 1994年から2006年まで、シーズンの4大メジャーチャンピオンが戦うPGAグランドスラムの舞台となり、ノーマン、ファルドの時代から始まり、エルス、タイガー、ミケルソンらが毎年、このコースに集結して競い合ったイベントは、ベテランゴルファーなら記憶に残っているはず。 15、16、17番はポイプのアーメンコーナーだ 「ポイプベイ」は2010年にシーショアパスパラムへの張り替えなど大規模リノベーションを行い、緑の絨毯のようなフェアウェイがいっそう際立つコースとなった。 崖の上に展開する15番パー4から17番パー3までの3ホールは、海風が難度を高めると同時に太平洋の海が楽しめる名物コーナーだ。

次の

ジャック・ジョーンズ (外野手)とは

ジャック・ジョーンズ

クインシー・ジョーンズ自身が歌っており、ソウル・ミュージック・サウンドにアレンジされています。 2.風にまかせて(キャスト・ユア・フェイント・トゥ・ザ・ウィンド) Cast Your Fate to the Wind エリック・ゲイルのギターがフィーチャーされています。 3.アイアンサイド Ironside 何と言ってもよく知られているクインシーの作品が、この「アイアンサイド」で、 これはテレビ・ドラマ『鬼警部アイアンサイド』のテーマ曲で、今もテレビなどで頻繁に聴かれます。 フィーチャーされているソロイストは、ソプラノ・サックスがジェローム・リチャードソン、 フリューゲルホーンがフレディー・ハバード、フルートがヒューバート・ローズです。 4.愛のゆくえ(ホワッツ・ゴーイング・オン) What's Going On マービン・ゲイの代表曲で、ソウル・ミュージックから曲の途中でジャズ的なアレンジがされています。 ヒューバート・ロウズのフルート、ヴァレリー・シンプソンのささやくようなヴォイスに続いて、 クインシー自身のヴォーカルが聴けます。 そして再びヒューバート・ロウズのフルート、フレディー・ハバードのフリューゲルホーン、 トゥーツ・シールマンスは口笛とギターのユニゾンのホイッスル・ギターというものとハーモニカと大忙しで、 ミルト・ジャクソンのヴァイブにかぶせて再びクインシーのヴォーカル、そしてジム・ホールのギターへと続き、 ラストはトゥーツ・シールマンスのハーモニカと、ハリー・ルツコフスキーのヴァイオリンがフィーチャーされます。 この曲は、ソロの間を同じ形のリフでつないでいく進行で、 かつてクインシーがグラミー賞をとった「ウォーキング・イン・スペース」と同じようなアレンジになっています。 エド・カレホフのシンセサイザーに始まり、ミルト・ジャクソンのヴァイブとボビー・スコットのピアノのデュオ、 フレディー・ハバードのフリューゲルホーンに、ブラス・アンサンブル、シンセサイザーのテーマから、 トゥーツ・シールマンスのハーモニカがでてきます。 6.ブラウン・バラッド Brown Ballad ベーシストのレイ・ブラウンの曲で、トゥーツ・シールマンスのハーモニカ・ソロが印象的なバラード・ナンバーです。 7.ヒッキー・バール(ビル・コスビー・ショーのテーマ) Hikky-Burr 黒人人気コメディアン=司会者のビル・コスビーのテレビ番組のテーマ曲で、クインシーの手による曲です。 ビル・コスビー自身が歌っています。 8.ギター・ブルース・オデッセイ:フロム・ルーツ・トゥ・フルーツ Guitar Blues Odyssey: From Roots to Fruits 「フロム・ルーツ・トゥ・フルーツ(根元から果実)」という副題がつけられています。 この曲は、伝説のブルースマン、ロバート・ジョンソンからチャーリー・クリスチャンを経て、 ジミ・ヘンドリックスに至るギターの変歴が、 エリック・ゲイル、ジム・ホール、トゥーツ・シールマンスという3人のギタリストによって次々と演じられているものです。

次の

ジャック・ジョーンズ (歌手)とは

ジャック・ジョーンズ

ディスク1はカヴァースペシャル、ディスク2は豊富なユニバーサル音源からオリジナル楽曲を集大成で収録。 レンタルの際はそれぞれのディスクごとにご注文ください。 1 世界は愛を求めている / ジャック・ジョーンズ• 2 ドント・メイク・ミー・オーヴァー / パティ・ラベル• 4 ジス・ガイ / フランキー・ヴァリ• 6 ウィッシン・アンド・ホーピン MONO / ザ・マージービーツ• 8 悲しみは鐘の音とともに / マッコイ・タイナー• 9 恋よ、さようなら / ジミー・ロジャース• 10 サン・ホセへの道 / ボサ・リオ• 11 恋するハート / ダスティ・スプリングフィールド• 12 マジック・モーメンツ / ロニー・アルドリッチ• 13 ストーリー・オブ・マイ・ライフ MONO / コニー・フランシス• 14 タワー・オブ・ストレンクス MONO / フランキー・ヴォーン• 15 遥かなる影 MONO / リチャード・チェンバレン• 16 フォー・ザ・チルドレン / バート・バカラック• 17 フォーリング・アウト・オブ・ラヴ / バート・バカラック• 18 フール・スピーク・フォー・ラヴ / バート・バカラック• 19 愛の面影 / クリス・モンテス• 20 ニューヨーク・シティ・セレナーデ / マイケル・ボール• 21 何かいいことないか子猫ちゃん / ガス・バッカス.

次の