福島 看護師 求人。 福島県の看護師求人・転職・募集おすすめ一覧【マイナビ看護師】 1ページ目/18ページ

福島県の看護師求人・募集|看護roo!転職サポート

福島 看護師 求人

福島県の 看護師求人のいろは 福島県の看護師募集状況を見ると、介護施設の求人が多いことが分かります。 福島県の医療体制の状況は青森県と似ており、看護師・病床数共に充足傾向にある一方で医師の不足が不足気味となっています。 福島県の看護師求人における配属先は病棟が全体の4割を占めているため、病棟配属の求人の多くが介護施設のものであると推測されます。 福島県では、今後も介護施設からの看護師需要が高まるため、高齢者に対する看護に興味がある人にとっては働きやすい職場が多いエリアといえるでしょう。 福島県の働きやすい職場 まずは福島県で働きやすい職場を見てみよう。 日勤のみ・土日祝休み・休日多め・託児所・クリニックの おすすめポイントがある求人は、比較的働きやすいです。 福島県の魅力 東北地方の南部に位置する福島県は、47都道府県の中で全国第3位の面積を擁し、約188万人の人々が生活しています。 日本海側内陸の地域は会津と呼ばれ、白虎隊で知られる会津若松、日本三大ラーメンのひとつの発祥地である喜多方が主な都市で、太平洋側の中通り地区は県庁所在地の福島と県内第2の人口を擁する郡山市が位置しています。 浜通りの西は阿武隈山地の山々が聳え、海側は太平洋沿岸に面し県内最大の都市であるいわき市があります。 全国的に有名な喜多方ラーメンをはじめ、メヒコのカニピラフやウニの貝焼き、鯉の甘露煮やほっき飯といった福島県の山海の旬の食材を使ったものが多いのが特徴です。 主な見どころは、江戸時代には地元では下野街道の名前で親しまれている会津西街道の宿場町だった大内宿の町並みで、農業をしながら宿泊者のために宿を経営していた半農半宿の家々が立ち並び、福島県の人たちの温かさを感じる事ができます。 福島県の看護師に対する取り組み 福島県は東日本大震災や福島第一原子力発電所の事故により、地域医療においても多大な影響を受けました。 特に、相双地域は人口が減少しただけではなく、医師や看護師が多く離職してしまったことで、在宅医療体制の整備に困難があります。 しかし、県全体でみると、看護師の需要予測の98%が供給できているという状況であるため、地域による看護師偏在の改善に力を入れています。 福島県の看護師の年齢構成をみると、東日本大震災以前は45歳から49歳がピークであったのに対し、震災後は50歳から54歳にピークが移動しています。 また、18歳人口の減少により、県内の看護学生の数も減りつつあるため、看護職員の高齢化にも対策を打たなければなりません。 福島県では看護師等養成所の新卒者の県内就業率が良いこともあり、高校生など若い世代に看護職に興味を持ってもらえるよう、広報活動を通し看護職員の供給力向上に努めています。 福島県の看護師の給与や年収のデータ.

次の

福島県の看護師求人・転職・募集おすすめ一覧【マイナビ看護師】 1ページ目/18ページ

福島 看護師 求人

福島県の看護師さん事情 福島県は人口190万あまりを有しており、総面積は北海道、岩手県に次いで全国第3位です。 そして、福島県内の主要都市である福島市、郡山市、いわき市はそれぞれ特色ある地域として発展しています。 福島市は、県庁所在地として行政機能が集中している一方で全国でも有数の果物果樹地帯となっており、郡山市は商業・工業地帯、いわき市は沿岸工業に特化しています。 また、会津若松市・白河市は歴史都市として有名な観光スポットです。 福島県は全県にわたって人口当たりの病床数や看護師の数が全国平均を上回っています。 また、福島市、郡山市、いわき市、会津市という4つの医療拠点があるあため、全国3位の面積であるにも関わらず、医療機関へのアクセスも良好です。 看護師の求人もその4都市に分散集中する傾向にありますので、通勤しやすい地域でお仕事を探してみてください。 月10時間を実現!! もともと勤務時間が~17時のため、アフター5を有効活用して、ワークライフバランスを良好なものにすることが可能です! ~「福島第一病院の魅力」というアンケート結果~第一位:同僚との関係第二位:上司との関係第三位:多職種との関係第四位:シフトの調整第五位:残業時間が少ないと、人間関係に関する項目がTOP3に! その次に、プライベートとの両立をはかれる項目が続いているため、長く無理なく勤務jできる環境があることが現場スタッフ... お仕事内容 病棟での看護業務全般です。 夜勤手当が1回8,500円となっています。 さらに、賞与も3. 3ヶ月と多くなっているので、年収も高くなります。 初めはプリセプターもつくので、安心して働くことが出来ます。 残業時間もほとんど無く働きやすい環境です。 ママさんナースの方々も多くいらっしゃるので、子育てとの両立もしやすい環境になっています。 また、AEDの講習会なども開催されています。 病院内には院内保育室を設置しています。 広々とした院内託児室で専任の保育士が保育をしてくれるため、お子様を預けている間、安心して勤務することができます。 また、急な時間外勤務があっても、連絡一つでお迎えの時間を心配せずに勤務できるシステムとなっています。 24時間保育の導入も行い、子育てと仕事が両立できる職場環境づくりに積極的に取り組んでいます。 いわき市はフラガール発祥の地ということもあり、大勢の職員や職員の子供たちも一緒に参加し、楽しくフラダンスの稽古に励んでいます。 また医療だけでなく疾病予防のための健康診断にも力を入れており、がんの早期... 感染管理認定看護師、がん化学療法認定看護師、皮膚・排泄ケア看護認定看護師、がん看護専門看護師、がん放射線療法看護認定看護師 スペシャリストから直接の指導も頂けます! また年間計画を立案し、各個人の目標達成に向け看護専門職としての成長ができるよう支援しています! お仕事内容 病棟での看護業務全般を行って頂きます。 お仕事内容 病棟における一般看護業務を行って頂きます。 関東、東海、東北、北海道に、7つの病院を中心に老人保健施設、グループホーム、有料老人ホーム等様々な施設を運営して医療、介護サービスを提供しています。 517件• 316件 雇用形態• 290件• 11件 働きかた• 127件• 72件• 198件 施設形態• 131件• 36件• 13件• 35件• 26件• 16件 休日・休暇• 60件• 26件 福利厚生• 182件• 293件• 287件• 70件• 63件• 68件• 284件• 20件• 214件• 236件• 238件 特徴• 108件• 122件• 161件• 162件• 104件• 228件• 81件• 68件• 19件• 40件• 30件• 32件• 22件 診療科目• 6件 福島県の看護師統計情報 福島県に住んでいる看護師さんの統計データをまとめました。 正看護師 15431人 797. 准看護師 7405人 382. 准看護師 正規職員 5878 79. 5年 15. 3年 12. 7年 平均年齢 42歳 44. 8歳 42. 9歳 平成26年賃金構造基本統計調査 都道府県別第2表 職種・性別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額より(男女計)。 小数点以下は四捨五入) 離職率 常勤看護職員 6.

次の

福島県の看護師求人・転職【ナース人材バンク】

福島 看護師 求人

こちらでは、福島県の看護師不足の問題について現況を説明したいと思います。 福島の看護師不足ってどれくらい大変なの? 2012年の8月末、看護師・保健師の求職者は174人でした。 震災前の2011年2月末、看護師・保健師の求職者は216人いました。 それに対する求人は366人。 当時から看護師不足ではありましたが、それでも今よりは真っ当な状況だったといえるでしょう。 この原因には原発事故で子どものいる看護師が流出したことが挙げられますが、それだけではありません。 避難生活が長引いたことで患者はどんどん増え、看護師の勤務時間は延びる一方…。 労働条件が悪化してしまったせいで、福島から出て行くわけでもないのに離職する看護師まで増えているのです。 これでは看護師不足が解消するはずもありませんね…。 だというのに、避難先から地元・福島に帰って看護師に復職しようとしても住宅不足でマンション・アパートが見つからず、復職を諦めてしまう方も多いのだとか。 慢性的な看護師不足は、解決の端緒さえ見つからない状況になってしまっているのです。 福島復興には看護師が不可欠! そもそも、福島の看護師不足が問題になっているのは放射線被曝による健康被害を 懸念する人が多いからです。 しかし、もしも将来的に放射線被曝による健康問題が表面化した場合、福島県内に医療従事者がいないのでは大問題になってしまいます。 むしろ、福島を復興させるためにこそ医療関係者の確保が大切ではないでしょうか? もちろん、原子力発電所の近辺に勤務するのが不安なのは人間として当たり前。 「可能なら他の場所へ…」と考える方々を非難することはできません。 ここで自分の健康を第一に考えて行動している個人を責めるわけにはいかないでしょう。 でも、もし出来るなら県外にまでは出て行かず、 福島県内の内陸エリアなど原発から離れた地域で看護師の仕事を続けてほしい。 それが、震災後の福島に生きる全ての人にとって何よりも有益なのです。 1人でも多くの看護師さんが、福島復興のために県内に残ってくれたら…。 そう願ってやみません。 ただ、小さな子どものいる看護師さんの気持ちも分かりますので、強く要請するのもはばかられ…本当に難しい問題だと思います。

次の