唐 澤 貴洋 の ゲーム 実況。 上達の兆し スーパーマリオメーカー2に挑戦【唐澤貴洋のゲーム実況】

【寺田心専】プレミア12実況スレ [転載禁止]©api.rethinkrobotics.com

唐 澤 貴洋 の ゲーム 実況

ネット上で苛烈な嫌がらせを受け続けていることで知られる、唐澤貴洋が2020年1月1日、自身のチャンネルに突如として「ゲーム実況」動画を投稿した。 掲示板やツイッターなどでは、笑いと戸惑いが広がっている。 「今日はですね、私もちょっと、息抜きをしようかと思いまして...... 「ゲーム、不慣れなので、恥ずかしいプレーだと」 唐澤弁護士といえば、2ちゃんねる(5ちゃんねる)である投稿者の削除依頼に関わったことをきっかけに、一部ネット民のターゲットにされてしまい、以来「100万回の殺害予告」をはじめとする嫌がらせを受け続けていることで知られる。 近年では著書『炎上弁護士』(2018年、日本実業出版社)を刊行し、メディアにも積極的に出演するなど、積極的な情報発信を展開中だ。 そんな唐澤弁護士は2019年8月に公式YouTubeチャンネルを立ち上げ、主に法律知識に関する動画を投稿してきた。 10月を最後に、2カ月ほど更新は途絶えていたのだが、2020年の年明けとほぼ同時に公開されたのが、なぜか上記のような「ゲーム実況」だった。 動画は20分。 「スーパーマリオブラザーズ」のステージを作成・挑戦できる人気ゲーム「マリオメーカー2」に唐澤弁護士が「息抜き」として挑むもの。 笑顔の唐澤弁護士に、「唐澤貴洋のゲーム実況」のロゴが重なる、凝ったタイトル画面まで用意されている。 「ゲーム、不慣れなので、恥ずかしいプレーだと思うんですけど、はい」 本人もそう語るとおり、必ずしもその操作はうまいとは言えない。 近づくと落下する「つらら」や、滑りやすい床などが配置されたステージであるとはいえ、唐澤弁護士、何度も同じ個所で敵に突っ込んだり、崖に落ちたり、つららに当たったりして、あっさり絶命してしまう。 「実況なのに全く喋らんのくそ面白い」 また、「実況」の方も不慣れなようで、プレーが始まると集中してしまうのか、ほぼ無言に。 こうした実況動画では、プレーヤーのリアクションも大切な見せ場なのだが、聞こえるのは「よしっ」「あー...... 」「おっとっと」といった、小声でのつぶやきばかりだ。 ミスしても、ほとんど表情も変えず、首をかしげて「数十年ぶりだな...... 」「飛びすぎたな...... 」といった微妙なコメントが。 突然の「ゲーム実況」挑戦に、ネット上ではざわめきが広がった。 再生回数は16時までに約8万回に達したほか、ツイッターなどでは、 「今年の初笑いは唐澤弁護士のゲーム実況でしたね。 残念ながら」 「唐澤貴洋で初笑いしてしまった」 「実況なのに全く喋らんのくそ面白い」 「マジで面白すぎるからやめろ」 といった書き込みが相次いでいる。 外部サイト.

次の

【寺田心専】プレミア12実況スレ [転載禁止]©api.rethinkrobotics.com

唐 澤 貴洋 の ゲーム 実況

、、\! 麗子は用意していたバッグを持って車に乗り込むと、駐車場を出た。 隣町へ車を走らせる。 麗子は今日の舞台に、隣町を選んだ。 さすがに自分の生活圏は避けなければならない。 もっとも、そのほうがよりスリリングだという魅力もあったが、とにかく『ばれてはいけない』のである。 明かりが消え、静まり返った商店街。 麗子はその、とっくに明かりが消え、店主も寝静まっているだろう酒屋の前に無造作に車を止めた。 夜中の二時。 歩いている人はおろか、車の音さえも聞こえず、静まり返りながらも定間隔で設置された街灯に照らされた商店街は、いかにも寂しげで彩が無い。 麗子は車のルームミラーを見ながら、化粧を直し始めた。 水色のアイシャドー、ピンクの頬紅、そして口紅・・・。 まるでそれが仕事であるかのように手際よく作業を進める。 みるみる変わっていく自分の表情に、麗子は心臓が尻上がりに高鳴っていくのを感じた。 服を脱ぐ。 街灯の光がわずかに差し込んで麗子の透き通るほどの白い肌を青白く照らす。 派手な化粧をした美女が、裸体をくねらせながら狭い車内で蠢くそのさまは、エロティックなことこの上なかった。 が、それを見ているものはいなかった。

次の

唐澤貴洋 無能弁護士

唐 澤 貴洋 の ゲーム 実況

、、\! 麗子は用意していたバッグを持って車に乗り込むと、駐車場を出た。 隣町へ車を走らせる。 麗子は今日の舞台に、隣町を選んだ。 さすがに自分の生活圏は避けなければならない。 もっとも、そのほうがよりスリリングだという魅力もあったが、とにかく『ばれてはいけない』のである。 明かりが消え、静まり返った商店街。 麗子はその、とっくに明かりが消え、店主も寝静まっているだろう酒屋の前に無造作に車を止めた。 夜中の二時。 歩いている人はおろか、車の音さえも聞こえず、静まり返りながらも定間隔で設置された街灯に照らされた商店街は、いかにも寂しげで彩が無い。 麗子は車のルームミラーを見ながら、化粧を直し始めた。 水色のアイシャドー、ピンクの頬紅、そして口紅・・・。 まるでそれが仕事であるかのように手際よく作業を進める。 みるみる変わっていく自分の表情に、麗子は心臓が尻上がりに高鳴っていくのを感じた。 服を脱ぐ。 街灯の光がわずかに差し込んで麗子の透き通るほどの白い肌を青白く照らす。 派手な化粧をした美女が、裸体をくねらせながら狭い車内で蠢くそのさまは、エロティックなことこの上なかった。 が、それを見ているものはいなかった。

次の