デアリングハート。 デアリングタクト

デアリングタクトとは (デアリングタクトとは) [単語記事]

デアリングハート

デアリングタクト g t とは、生のである。 大胆な戦法。 、名より連想」 ノディーより 概要 、ド、という血統。 デアリングタクトは初年度産駒である。 因みにドは元々社台のだったが、繁殖セールに出されてに購買された。 ノディーはに創設された新しめので、やを生産したスタッドを体とし、近年ではアナザーースやビなどドで活躍するを出している。 スタッド代表である牧雄と勝負がそっくりだが、ノディーは袖がの地にいとなっている。 競走年齢となったデアリングタクトは東の紀厩舎へ入厩した。 大胆な戦法 2歳~3歳春 の開催で。 を上に迎えると、中団好位から追走すると直線で一気の切れ脚で先頭に立ち快勝する。 明け3歳になり初戦に選んだでは、良血であるフォ の半 やライに次ぐ3番となったが、このは圧巻で、後方3番手に控え直線に入り外に回したところ、が軽く促せば後ろを突き放し続け4身差の圧勝劇を演出。 は1分336のでのを0. 1した。 その後が高くなる気性を鑑みて、一度外厩に出して調整し、へ直行するとなった。 2歳が前戦のを3着に敗れ、やが直行。 またに至るまでに混合含めた3歳重賞において全て1番が敗れているという混迷模様の2020戦線。 一時期賞が足りず出られないんじゃないか、と思われたが結果的には抽選対にもならず出られる事が出来た。 そして 本番。 単勝1番はに乗り替わったであり、差のい2番には何とデアリングタクト。 が前日のSを勝つなどに入り絶好調といった事もあったか。 からが降り続け、頃には重となった。 が始まると内のカナが押してに立ち、大外発走となったがじわじわを上げ2頭が競り合って群を引き連れる。 デアリングタクトは中団後方、大体1213番手を追走して直線を外に構える。 しかしあったとカナは止まらない。 それ以上に後ろが止まってしまっていたのである。 だがデアリングタクトは重をものともせず伸び続け、切り濃厚なを交わして尚1身半突き放し快勝。 のに戴冠した。 重のは以来、キャ3戦での制覇は以来と正に記録ずくめのとなった。 また、と2頭のはを2着, 3着に敗れており、このを「」、「」と称する者もいる。 そして以来 ! の敗の二冠がかかった は単勝1. 6倍の1番で出走。 の前週にが落に巻き込まれたものの幸い大事には至らず、騎乗する事が出来た。 入り前後で一気に発汗するなど怪しい所もあったが… ではと同じくカナがを切り、4番発走のデアリングタクトは非常にが厳しく中団後方、12番手を追走。 前半mこそ8とミも後半から一気に緩む前残り展開になり、直線に入って外に持ち出そうとするもされ進路を失う逆尽くし。 しかしは上手く切り返し、のん中からを割って進路を見つければ、手前で先頭に立っていたウを一気の脚で差し切り。 見事年ぶりの敗の 二冠を達成した。

次の

デアリングハートの孫がV 11月16

デアリングハート

想定1番人気 デアリングタクト(松山) 杉山厩舎 [戦績:3-0-0-0] 前走:桜花賞1着 史上7頭目の無敗の桜花賞馬・デアリングタクト。 その桜花賞は前を行くスマイルカナ、レシステンシアを外からただ1頭差して来ての勝利と、まさに 1強を感じさせるレース内容でした。 その桜花賞で2着に下したレシステンシアが牡馬相手のNHKマイルCで2着に好走した事が、このデアリングタクトのポテンシャルの高さをより一層引き立てたと言ってもいいでしょう。 父エピファネイアがオークスと同じ東京芝2400mのジャパンCを勝利し、ダービーでも2着に好走した事からも 距離延長はむしろ歓迎材料。 63年ぶりの"無敗の牝馬2冠"へ向け、死角らしい死角は見当たりません。 想定3番人気 ミヤマザクラ(武豊) 藤原厩舎 [戦績:2-1-0-2] 前走:桜花賞5着 武豊騎手との新コンビで逆襲を狙うミヤマザクラ。 デビューから3戦の中距離におけるパフォーマンスの高さと、ポポカテペトル 菊花賞3着 やボスジラ 4勝中3勝が2400m以上 といった兄の主戦場が長距離である事を突き合わせれば、 2400mへの距離延長はプラスに働く可能性が高いでしょう。 ほとんどの馬がマイナスにするであろう、3歳牝馬にとって過酷な800mの距離延長を武器にできる点は大きなアドバンテージ。 元々、京都2歳Sの結果次第では牡馬クラシック戦線を歩ませようとしていた程の素質馬が、距離延長を味方に巻き返しを狙います。 注目データ フローラS勝ち馬は、オークス過去10年で【1-2-1-6】で複勝率は40%。 いよいよ今週はオークス、来週は日本ダービーと春競馬の中で1番の盛り上がりを見せる2週間! 特に今年のクラシックは 無敗馬が2冠に挑戦するとあって例年以上に楽しみなレースになるのではないでしょうか。 その2冠に挑戦する無敗馬の一頭である デアリングタクトが出走した牝馬クラシック初戦のGI桜花賞では単勝オッズ10倍以下の馬が6頭と多くの予想家やファンが大混戦とみなしていました。 これを 過去10年に広げても【4-2-3-4】の安定感。 オークスというレースはとにかく直線での決め手を要求されるレースなので、桜花賞というハイレベルな舞台で上位の上がりを駆使し、好走した馬はまずここも走ってきます。 また同じ年の桜花賞で2番人気ながら12着に敗れたアドマイヤミヤビもオークスでは3着に好走しました。 今回と同じ東京2400mで行われたゆりかもめ賞では牡馬相手に1馬身半差の圧勝劇を見せており、舞台適性は申し分なし。 一発あるならこの馬でしょう。 オークス2020予想 俺に任せろ!ゲキ推し騎手 5月20日(水)更新 さあ今週はいよいよ 牝馬クラシック第二弾・オークスです! 3歳牝馬にとっては過酷な2400m戦。 そんな"最強ライン"を想定6番人気で買えるまたとない機会。 ここは押さえ必須です! 現役トラックマンの最終追い切り特注馬 5月21日(木)更新 今年のオークスのポイントは・・ 桜花賞が極度の道悪で行われた点。 これに尽きると思います。 若き3歳牝馬にとっては過酷であった桜花賞の疲労がどれだけ残っているのかを見極める事が勝利への近道である事は間違いないでしょう。 そんな各馬の状態は・・・ 毎週欠かさずトレセンに通うプロ中のプロ 元『1馬』TMの柴田卓哉にお任せ下さい! 想定5番人気 ウインマリリン(横山典) 手塚厩舎 [戦績:3-0-0-1] 前走:フローラS1着 別路線からではフローラステークス組。 特に、ウインマリリンが上昇一途。 メリハリの利いた体つきは一段レベルアップさせたトレーニングの効果で、最終追いに至っても3頭併せだったほど。 それも他2頭がオークスゼッケンという豪華版で縦列の真ん中に位置していた道中からして余裕綽々といった態勢。 内と外が仕掛け出した直線でもそれに続いたままゴールを迎えての 5F67. 9秒とピークに達した。 オークス2020予想 絶対に押さえたい爆上げ穴馬 5月22日(金)更新 昨年は10番人気のカレンブーケドールが 2着に食い込み波乱を演出したオークス。 3年前も6番人気のモズカッチャンが2着になっている様に、 イメージ程は堅く収まらないのがオークスというレースです。 今年もいます!とっておきの穴馬が! それが・・・ 想定7番人気 リアアメリア(川田) 中内田厩舎 [戦績:2-0-0-2] 前走:桜花賞10着 ついに人気が急落するリアアメリアが絶好の狙い目です。 衝撃の新馬戦、末脚一閃のアルテミスSの走りから、かつてはこの世代はリアアメリアの1強か?とも言われていた馬です。 ただ、断然の人気に推された阪神JFではレシステンシアが刻むハイペースに戸惑い6着に敗れ、休み明けで挑んだ桜花賞も11着に敗れた事から、世間の評価は "終わった馬"扱いに変わって来た頃ではないでしょうか。 ただ、その前走桜花賞の敗因は明白で、なんといっても 馬場状態に尽きると思います。 今年の桜花賞は極度の道悪で行われ、道悪で 持ち前の決め手が削がれてしまうディープインパクト産駒のリアアメリアにとっては苦しい馬場状態でした。 加えて、スマイルカナとレシステンシアの刻む阪神JF同様の、超前傾ラップで末脚を封じ込められてしまった感は否めません。 打って変わってのオークスは、リアアメリアにとっては"天敵"とも言えるハイペースメーカー・レシステンシアが不在というのは大きなプラス要素になっていきます。 例年各馬が距離不安を抱えながらの出走になる為、スローペースになりやすいレース質もリアアメリアにとっては願ってもない条件である事は間違いないでしょう。 事実、 オークスでは上がり最速を使った馬がほぼ毎年馬券に絡んでいます。 待ちに待った末脚を存分に活かせる舞台に替わるリアアメリア。

次の

【オークス2020】デアリングタクトが63年ぶりに無敗での2冠!瞬発力がすごすぎる

デアリングハート

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。 ラインクラフトやシーザリオ相手に0. 1秒差の3着に粘った母の桜花賞を思い出します…父はキングカメハメハで母デアリングハートの2017となる、 エターナルハートを紹介したいと思います。 馬名: エターナルハート 3歳・牝馬 馬主:DMMドリームクラブ 管理:友道師 父:キングカメハメハ 母:デアリングハート 母父:サンデーサイレンス デビュー予定日:未定 鞍上予定:未定 父はキングカメハメハと、昨年の11月23日のシーザリオの仔で新馬勝ちのファーストフォリオ以降は新馬勝ち馬が出ずじまいとなり、種牡馬リーディングも7年連続2位が途切れ、2019年は6位という順位を大きく落とした結果になりました。 2020年はデビュー2連勝中のミアマンテとファーストフォリオあたりがクラシック制覇に向け良い結果を出していけるといいですね。 そして母のデアリングハートですが、化け物種牡馬サンデーサイレンスの直子。 現役時はクイーンS G3 を勝ち、府中牝馬S G3 を2連覇で重賞3勝馬となりました。 そんな母のラストランはフェブラリーSで7着後に通算26戦4勝で引退、繁殖へと上がりました。 ただ、繁殖生活が…キングカメハメハ2頭にハービンジャー2頭の計4頭がデビューしておりますが、 何れも活躍どころかかなり厳しい状況…。 そんな中、再度キングカメハメハを配合した エターナルハートがデビューはまだ未定ですが、調整されてます。 預託先も友道師という事で期待をされてる!?のだろうが、やはりキングカメハメハ産駒の牝馬は手が出しにくく感じます。 馬体は430キロ近くとやや小柄な感じで母と同じくらいでしょうか。 また、地方ダートながら重賞で2、3着の実績もありますしダートでも走れそうなのはいいですね。 って、そろそろ母デアリングハートから走る仔が出ても…と思うのですが、こればかりは難しいものですね。

次の