ウッウ。 ウッウ|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】無限うのミサイルが強力!ウッウの育成論まとめ【おすすめ】

ウッウ

こんにちは、ポケモットです。 ウッウは非常に面白い性能を持っており、自身が「なみのり」または「ダイビング」をした後に相手の攻撃を受けると、特性「うのミサイル」で反撃をします。 単体でも面白く使えますし、相手のポケモンをBダウンさせたり、麻痺にさせることで後続が戦いやすく場面を整えることも可能です。 「じしんかじょう」ギャラドスと非常に相性が良いのも面白い点です。 先に具体的な調整だけ知りたい人は、目次のリンクから飛んでみてください。 記事後半では、ウッウを逆に相手に使われた時の対策と弱点についても解説しています。 個体値については補足説明が書いてない限り、個体値最高として扱います。 C =元々の特攻種族値が低いため、Cに252振り。 S =「エアスラッシュ」のひるみや、「なみのり」を先に使用することで「うのミサイル」を先に装填したいため最速。 可能な限り多くの相手に対して、ウッウが先に、「エアスラッシュ」「なみのり」を使用するためにウッウを最速にしました。 Cに振らないで、Hに252振って「うのミサイル」の発動回数を増や「そうとする」ことも考えられます。 しかし、ウッウはそもそもの耐久力が高いとは言えないため、Hに252振っても「うのミサイル」の発動回数が変わらない可能性が高いです。 それであれば、 Cに振ることで相手にダメージを多く与える方が良いと考えました。 また持ち物で 「きあいのタスキ」、技で「こらえる」を採用することで「うのミサイル」を2回は発動できる様になっています。 相手から先に「10マンボルト」を受ける• ウッウが「きあいのタスキ」でHP1耐える• ウッウが「なみのり」で相手に攻撃しつつ、「うのミサイル」で相手を麻痺にさせるピカチュウを装填する。 相手が攻撃技を選択、ウッウは「こらえる」を選択• ウッウはHP1耐えつつ、「うのミサイル」で反撃する。 (HPが半分以下の時に装填したピカチュウは相手を麻痺にさせる効果がある)• 相手が麻痺になっているため、多くの場合、ウッウが先に動ける。 ウッウが先に「なみのり」で攻撃。 再度「うのミサイル」でピカチュウを装填。 相手が攻撃してくれば再度「うのミサイル」が発動(ウッウは気絶)。 相手が麻痺れば次ターンで「エアスラッシュ」で麻痺ひるみを狙えるのでなお良し。 これは相手が先に動き、ウッウが一撃で倒されるダメージを負うという最悪の場合を想定しています。 最悪の場合で想定しても「うのミサイル」が2回発動し、相手はウッウを突破しても麻痺且つHPも残り僅かのポケモンを場に残すことになります。 ギャラドスと組み合わせると最高! こちらの裏に「じしんかじょう」ギャラドスを控えさせておいて、起点にしてしまいましょう! 相手は麻痺になっていて、HPも極わずかのポケモンです。 「うのミサイル」の良さ 特性によって相手にダメージを与えつつ、Bダウンや麻痺にするなどの追加効果があるので、ウッウ単体で戦うこともできますし、後続のために場を整えることも可能です。 相手はウッウを突破することはできても、深傷を負った且つ麻痺のポケモンを残すことになるのが 「うのミサイル」そしてウッウの良さです。 ウッウだけの固有特性で非常に面白い特性になっています。 「うのミサイル」でピカチュウを発射 (HP半分以下時まるのみもすがた)して 相手を麻痺にすることができれば、エアスラッシュと絡ませて麻痺怯みで突破をすることもできます。 仮にウッウが突破されても、相手に場に残っているポケモンはHPも低く、麻痺になっているポケモンなので恐ることはありません。 上記で説明した様に ギャラドスで起点にさせてもらっても良いですし、他の積みポケモンの起点にしても良いです。 今回のウッウの立ち回り・役割 ウッウはどのポケモンを相手にしても安定して仕事ができるので、初手に出しましょう。 (倒せるとは言っていない 笑 麻痺させることや相手を弱らせるという意味で最低限の仕事ができます。 ) またウッウが安定して「うのミサイル」を2回以上発動させるためには、「きあいのタスキ」が必要不可欠です。 だから ステルスロックの影響を受けない初手で出す様にしてください。 ウッウで相手を麻痺らせつつ、エアスラッシュなどで倒せたら良いですし、仮にウッウが倒されても、後続のポケモンが楽に倒せる様にダメージを大きく負っています。 麻痺にもなってますしね。 なお、 ウッウで相手を倒せる場合でも「うのミサイル」は装填したまま倒す様にしてください。 「うのミサイル」が無い状態で相手の2体目と対面してもおそらくウッウは何も出来ずに突破されます。 そうなってしまうと、ただポケモンを「1対1で交換しただけ」になってしまうので、相手を倒す場合は「うのミサイル」を残したままで倒しましょう。 「うのミサイル」が無い状態で相手のポケモンを突破するくらいなら、そのままウッウが倒されて、相手のポケモンを後続の「じしんかじょう」ギャラドスなどの起点にする方が美味しいです。 2%~57. 3%~93. 2%~104. 8%~172. 4%~85. 2%~78. 7%~64. 9%~68. 2%)確定2発 相手にウッウを使われた時の対策としては、以下のことで対処可能です。 天候ダメージで相手の「きあいのタスキ」を貫通させる• 連続技で「きあいのタスキ」を貫通させる• 先にステルスロックを撒いておく ウッウは「きあいのタスキ」に強く依存しているため、連続技や天候ダメージで貫通させることが非常に有効です。 初手でドラパルトと対面したら、ウッウはなにもさせてもらえなく、無傷で突破される可能性があります。 「きあいのタスキ」型のウッウは、天候ダメージや連続技持ちのポケモンに対して弱いのです。 ウッウを相手に使用され、控えにギャラドスなどがいた場合、ウッウに対して何も考えずにポケモンを選出すると、ウッウにHPを削られたり、麻痺にされた後、ギャラドスに全抜きされてしまう可能性がありますのでご注意を。 相手の控えに積みポケモンがいた場合、相手のウッウには最低限の仕事しかさせない様に、パルシェンやドラパルトを選出しましょう。 ウッウの考察・まとめ 育成論と、相手に使われた際の対策方法(弱点)をお話ししました。 ウッウ単体では相手を突破できるかは半々ですが、後続の積みポケモンと組み合わせることで真の力を発揮します。 相手が連続技を持っている時以外は、ウッウ側がかなり分の良い勝負ができます。 どんなポケモンも「弱らせHPを削り、麻痺にさせる」ウッウを是非使用してみてください。 それではまた。

次の

ウッウの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ウッウ

かくとう 0. はがね 0. 5 効果なし• なみのり 技レコード04 タイプ 威力 命中率 効果 みず 90 100 自分以外が対象 【ウッウ】の特性 うのミサイルは「ダイビング」か 「なみのり」がないと発動しないので必須です• こらえる 技レコード26 必ず先に発動でき「ひんし」状態になる技を受けてもHPが1残る 連続で使うと失敗しやすくなる 必ずHPが1残ることで 特性「うのミサイル」が発動しやすくなる• エアスラッシュ 技マシン95 タイプ 威力 命中率 効果 ひこう 75 95 30%の確率で相手をひるませる ピカチュウを発射して相手が「まひ」状態に なったとき「まひ」とひるみを狙える• こごえるかぜ 技マシン27 タイプ 威力 命中率 効果 こおり 55 95 相手全員にダメージを与え100%の確率で「すばやさ」を1段階下げる 威力は弱いものの100%の確率で相手の 「すばやさ」を下げれる• 相手の技をタスキで1耐え「 なみのり」でダメージを与えつつピカチュウをくわえる• 「こらえる」 で1発耐え相手にピカチュウを吐き出しダメージを与え「 まひ」状態にする• 「 なみのり」で「サシカマス」をくわえ相手の技をタスキで1耐え「サシカマス」を吐き出しダメージと「ぼうぎょ」を下げる•

次の

【ウッウ育成論】ピカチュウ砲×きあいのたすき!相手を麻痺地獄に!対策と弱点も解説|ポケモット

ウッウ

技『のみこむ』『はきだす』の効果を上げる。 3回までたくわえることができる。 技『たくわえる』で上がった『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクは元に戻る。 技『たくわえる』を使っていない時は失敗する。 1つの時は100、2つの時は200、3つの時は300になる。 技『たくわえる』で上がった『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクは元に戻る。 技『たくわえる』を使っていない時は失敗する。 水中にいる間は『なみのり』『うずしお』以外の技を受けない。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けない。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 水中にいる間は『なみのり』『うずしお』以外の技を受けない。 ダイマックス技や第7世代のZワザもタイプが変わる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 威力は20〜200 レコ. そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 また、相手の『こおり』状態を治す。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 相手の場の『しろいきり』『ひかりのかべ』『リフレクター』『しんぴのまもり』『オーロラベール』、両方の場の『まきびし』『どくびし』『ステルスロック』『ねばねばネット』、さらに第8世代からは『エレキフィールド』『グラスフィールド』『サイコフィールド』『ミストフィールド』の効果を解除する。 相手が『みがわり』状態の場合、回避率を下げる効果のみ失敗する。

次の