ぽ る の ハブ。 ハブとは

ハブ (動物)

ぽ る の ハブ

クレジットカード ご購入された商品が初期不良と認定された際は、新品良品との交換 をさせて頂きます。 またその際は、送料等のお客様への負担はござい ません。 また、万が一在庫・メーカー生産完了等の兼ね合いで交換商 品がご用意出来ない場合は返金にて対応させて頂きます。 銀行振込 新品良品と交換後も不具合が継続する際は、返金にて対応させて頂 きます。 初期不良後の不具合につきましては、メーカーサポートにて保証期間 代金引換 ヤマト運輸 宅急便コレクト 対応となります。 基本的にお客様都合での返品・交換はお受け致しておりません。 送料はサイズ及び地域により変更となります。 詳細は送料詳細ページをご 配送途中の破損などの事故がございましたら、 弊社までご連絡下さ 確認下さい。 購入商品の中に1点でも「送料無料」の商品が御座いましたら い。 送料・手数料ともに弊社負担で早急に新品をご送付致します。 全国一律送料無料となっております。 代金引換の場合は商品到着時に代金を運送会社にお支払い下さい。 ご返送頂く前に必ず当社へご連絡下さい。 運送会社は佐川急便を利用いたします。 ただし、一部のエリアではヤマト ご連絡の頂けていないご返送分に関しましては、お受け取りさせて頂 運輸を利用いたします。 く事が出来かかねる場合が御座います。 プレゼント用の梱包(ラッピングや特別な梱包)のサービスはお受け致して おりません。

次の

(株)ハブ【3030】:株式/株価

ぽ る の ハブ

クレジットカード ご購入された商品が初期不良と認定された際は、新品良品との交換 をさせて頂きます。 またその際は、送料等のお客様への負担はござい ません。 また、万が一在庫・メーカー生産完了等の兼ね合いで交換商 品がご用意出来ない場合は返金にて対応させて頂きます。 銀行振込 新品良品と交換後も不具合が継続する際は、返金にて対応させて頂 きます。 初期不良後の不具合につきましては、メーカーサポートにて保証期間 代金引換 ヤマト運輸 宅急便コレクト 対応となります。 基本的にお客様都合での返品・交換はお受け致しておりません。 送料はサイズ及び地域により変更となります。 詳細は送料詳細ページをご 配送途中の破損などの事故がございましたら、 弊社までご連絡下さ 確認下さい。 購入商品の中に1点でも「送料無料」の商品が御座いましたら い。 送料・手数料ともに弊社負担で早急に新品をご送付致します。 全国一律送料無料となっております。 代金引換の場合は商品到着時に代金を運送会社にお支払い下さい。 ご返送頂く前に必ず当社へご連絡下さい。 運送会社は佐川急便を利用いたします。 ただし、一部のエリアではヤマト ご連絡の頂けていないご返送分に関しましては、お受け取りさせて頂 運輸を利用いたします。 く事が出来かかねる場合が御座います。 プレゼント用の梱包(ラッピングや特別な梱包)のサービスはお受け致して おりません。

次の

ハブ (動物)

ぽ る の ハブ

ルーターとハブの違い 家庭用ルーター(ブロードバンドルーター)とハブ(スイッチングハブ)の違い、使い分けなどについて説明します。 このページの内容は、ADSL・光・CATVなどのブロードバンド回線で家庭からインターネットに接続している場合を想定しています。 このページで「ルーター」とは家庭用のルーター(ブロードバンドルーター)のことです。 業務用ルーターのことが知りたい方、「ブロードバンドルータをルータと略すな!」と思った方は他のページを探してください。 ルーターは口を増やしたり電波を出したりする装置? いいえ。 ルーターは口を増やしたり電波を出したりする装置ではありません。 ルーターとハブの違いがわからないという方はこのあたりを誤解されている場合が多いのではないでしょうか? 口を増やすのはハブ、電波を出すのはアクセスポイントです。 ルーターはどちらもしません。 回線の種類によってはVDSL装置など別の名前の場合があります。 光マンションタイプなどで家に来ている回線がLAN端子の場合は使いません。 ルーター ひとつの回線に複数台の機器をつないで同時にネットするための交通整理をする装置です。 口を増やしたり電波を出したりして複数台の機器をインターネットにつなぐ場合に必要な装置ですが、ルーター自体が口を増やしたり電波を出したりするわけではありません。 同時にネットできるようにするためには、すべての機器がひとつのルーターを通って外とつながるように配線します。 ハブ (スイッチングハブ) 口を増やす装置です。 口が足りなければ複数個のハブをタコ足にしてもかまいません。 ルーターの内側ならどこでもつなげられます。 無線LANアクセスポイント Wi-Fiの電波に変換する装置です。 無線親機です。 ルーターの内側であればどこでもつなげられます。 無線LANを使わないならいりません。 ややこしいのはひとつの製品に複数の機能が入っていることです。 このことがいろいろな誤解を引き起こす原因だと思われます。 有線ルーター ルーター+ハブ 家庭用の有線ルーターはたいていルーターの背中にハブがくっついたものです。 ハブの口がいくつも並んでいるのでルーター=口を増やす装置と誤解されがちですが、口を増やしているのは背中にくっついているハブです。 無線ルーター ルーター+ハブ+アクセスポイント 「無線LANルーター」というのは、「 無線LANアクセスポイントが内蔵されている ルーター」ということです。 ルーター機能自体は有線ルーターと同じものです。 「ルーターという名前のついた製品が口を増やしたり電波を出したりするのだから、ルーターが口を増やしたり電波を出したりすると考えてもいいのでは?」と思われますか? いいえ。 それだとやっぱりつなぎ方を間違えると思います。 ルーター、ハブ、アクセスポイントの機能をはっきり区別した上で、どの製品にどの機能が入っているのかを意識しないと、直ハブや二重ルーターをやってしまったときに、なぜうまくいかないのかわからないのではないかと思います。 単にルーターと呼ぶ場合があります。 ホームゲートウェイ(HGW)と呼ぶ場合があります。 ルーターを2つつなぐと、余計な交通整理のせいで、• 設定がややこしくなる• 性能低下• 別のルーターにつないだパソコンやプリンタなどが見えなくなったりする ことがありますので、必要もないのにやるのはおすすめしません。 市販のたいていの無線ルーターには、 ルーターをOFFにするモードがついています(ブリッジモード、アクセスポイントモード等メーカーにより呼び名はいろいろ)。 すでにルーターがあるところにつなぐ場合は、このモードを使えば、2重ルーターを回避して 口を増やす機能と 電波を出す機能だけを使うことができます。 (海外メーカーの製品にはルーターOFF機能がないものがありますのでこれから買う方はご注意ください。 ) 無線ルーター (ルーターモード) ルーター+ハブ+アクセスポイント ルーター機能ON ルーターがないところにつなぐ場合はこのモードを使います。 ONUのLAN端子がひとつだけで、その端子にUNIと書いてあればルーターなしです。 ふつうは自分で買ってきて付けるものではなく、回線を引いたときに工事の人が回線に合った機種を置いていくのでそれをそのまま使います。 あなたの家の回線の種類によっては「モデム」「ONU」以外の名前かもしれません(「VDSL装置」など)。 「ルーター」にLAN端子ではない回線が直接つながっている場合は、このケースです。 この場合、• 回線・プロバイダの契約なしで使えるインターネットをマンションなどで提供していて、それを利用している場合は、このページで説明している「家庭内LAN」とは別の、もっと大きなLANです。 その場合はこのページの説明は参考にならないと思います。 マンションLANは物件により異なりますのでググるより直接管理会社等にお問い合せになったほうがよろしいかと思います。 UNIポートって何? 家の回線に2台以上の機器を有線でつなぐには、交通整理役の「ルーター」と、口を増やす「ハブ」が必要です。 家庭用の有線ルーターはたいてい「ルーター」と「ハブ」がくっついた製品です。 ただし、モデムのLANポートがひとつだけであってもルーターが内蔵されている場合があるので注意が必要です。 古めのADSLモデムなどにこのタイプが多いようです。 この場合は二重ルーターを避けるため、有線ルーターではなくハブをつなぎます。 線をつなぐだけでいいの? 有線ルーターはプロバイダとつなぐための設定が要ります。 具体的な設定方法は機種により違います。 ルーター付属の説明書を見てプロバイダ接続設定をしてください。 設定がすんだ有線ルーターに有線で機器をつなぐ場合は設定は特にありません。 IPアドレス自動取得になっている機器(たいていの機器はデフォでそうなっていると思います)なら線をつなぐだけです。 プロバイダにつなぐ設定などがされている場合は削除して(IPアドレス自動取得に戻して)からつないでください。 ふつうの家庭用ハブには設定はありません。 ハブのつなぎ方はこの下にある「」をご覧ください。 有線ルーターはどんな製品を選べばいい? 100Mとギガビットがあります。 家の回線の速さに応じて選ぶとよいでしょう。 家の回線にWi-Fiの機器をつなぐには、交通整理役の「ルーター」と、口を増やす「ハブ」と、電波に変換する「アクセスポイント」が必要です。 家庭用の無線ルーターは、「ルーター」と「ハブ」と「アクセスポイント」がくっついた製品です。 ブリッジモードにするとルーター機能(交通整理)がOFFになるので二重ルーターを避けることができます。 モデムのLANポートがひとつだけであってもルーターが内蔵されている場合があるので注意が必要です。 古めのADSLモデムなどにこのタイプが多いようです。 この場合もブリッジモードにしてつなぎます。 (無線ルーターをブリッジモードにする代わりに、モデムに内蔵されているルーターのほうをOFFにするという手もあります。 プロバイダ設定はやり直しになりますが、古めのモデムに内蔵されているルーターを使うよりも新しいルーターのほうが機能的に優れているかもしれません。 ) 有線ルーターをつないでいる場合も、無線ルーターをブリッジモードにしてつなげば二重ルーターを回避して無線機能を追加できます。 有線のみのレンタルルーター(ひかり電話ルーター、ホームゲートウェイ等)がある場合もこの方法で無線LANを追加できます。 線をつなぐだけでいいの? いいえ。 設定が必要です。 無線ルーターをルーターモードでつなぐ場合は、プロバイダとつなぐための設定が要ります。 ブリッジモードでつなぐ場合は、ブリッジモードにする設定が要ります。 どちらのモードでも、機器を無線でつなぐためには機器ごとに無線設定が要ります。 具体的な設定方法は機種により違います。 無線ルーターを買ってきて箱をあけると最初の設定方法が書かれた一枚ぺらの大きな紙または冊子が入っていますので、まずはそれを見て設定してください。 設定がすんだ無線ルーターに有線で機器をつなぐ場合は設定は特にありません。 IPアドレス自動取得になっている機器(たいていの機器はデフォでそうなっていると思います)なら線をつなぐだけです。 プロバイダにつなぐ設定などがされている場合は削除して(IPアドレス自動取得に戻して)からつないでください。 家に無線ルーターがあれば外出先でも家から出てるWi-Fi電波でスマホとか使える? Wi-Fiの電波は遠くまで飛びません。 家の無線ルーターの電波が使えるのはせいぜい家の中だけです。 家でスマホをWi-Fiにつなげば通話も無料? いいえ。 通話(無料通話アプリとかではない本体の通話機能)はWi-Fiの電波を使わないので外と同じ料金がかかります。 SMS(ショートメール、電話番号で送るメールのようなもの)も同じです。 無線ルーターはどんな製品を選べばいい? スピードや電波の強さによって安いのから高いのまであります。 回線の速さや、お住まいの広さなどに応じて、お財布ともご相談の上、レビュー等で評判のよい機種を選べばよろしいかと思います。 海外メーカーの製品には、ブリッジモードがない機種がありますのでご購入の際はご注意ください。 ハブのつなぎ方 ハブのマニュアルを見ても使い方などは特に書いてないと思いますので基本的な使い方を書いておきます。 もしマニュアルになにか書いてある場合はそちらを優先してください。 現在売られているふつうの家庭用のスイッチングハブには設定等は特にありません。 買ってきて線をつなぐだけで使えます。 どの口にどれをつないでもかまいません。 ルーターより内側のLANポートはどこでもハブで増やすことができます。 追加したハブの先にさらにハブを追加することもできます。 ルーターより外側にハブをつないで分けるのは交通整理できないのでだめです。 100Mbpsタイプのルーターにギガビットハブを追加することは可能です。 ギガビットハブにギガビットケーブルでつないだギガビット対応の機器どうしの通信は速くなります(外のインターネットへのアクセスが速くなることは期待できません)。 ケーブルをつなぐときはループ(ハブとケーブルで輪をつくること)をしないようにご注意ください。 ループ箇所がひとつでもあると、そのハブだけでなく家の中のLANが全部麻痺します。 掃除のあとケーブルを刺し直すときや、お子様のいたずらにご注意ください。 ハブについてネットでよく見かける以下のような説明は昔の話です。 これからハブを買ってきてつなぐ方は気にする必要はありません。 ハブよりスイッチのほうが効率的、クロスケーブルを使うべし、カスケード接続する場合はハブ2段 4段)まで• 5ポートのハブでは実質3つしか口が増えません(ハブとハブ(ルーター)をつなぐために双方から口をひとつずつ取られるためです)。 ケーブルも1本余分に必要です。 購入の際はご注意ください。 LANポートは空いてるんだけど長いケーブルを何本も引くのは面倒くさいので長いケーブルを1本引いた先でハブで分けてはだめか? 問題ありません。 ただしギガ超え回線を引いていてトータルでギガ以上出るルーターを使っている、等の場合は、そのルーターの背中のLANポートから直接引いてきたほうがトータルでの性能はでるかもしれません。 ハブはどんな製品を選べばいい? スピードとポート数で選びます。 無線ルーターは、交通整理役の「 ルーター」と、口を増やす「 ハブ」と、電波に変換する無線親機である「 アクセスポイント」が合体した製品です。 無線親機を増やすには、「 ルーター」を増やさないよう注意しながら「 アクセスポイント」を増やすのが失敗しない秘訣です。 追加する無線ルーターをブリッジモード(アクセスポイントモード)に設定すると、 ルーター機能(交通整理)がOFFになるので二重ルーターを避けることができます。 アクセスポイント(ブリッジモードにした無線ルーター)は ルーターより内側ならどこでもつなげられます。 ルーターの内側であれば、追加したハブの先とかでもかまいません。 上の下段の図では、右側の無線ルーターは有線ルーターの背中につないでももちろんかまいません。 無線ルーターの機種によっては、 アクセスポイントモード時にアクセスポイント設定画面呼び出し用のローカルIPアドレスが固定になります。 このような機種をふたつアクセスポイントモードにしてつなぐとIPアドレスがバッティングしてまずいです。 この場合はIPアドレスを変更する必要があります。 詳しくはマニュアルをご覧ください。 失敗例 同時にネットできません。 よけいな交通整理のせいで、別のルーターにつないだパソコンやプリンタなどが見えなくなったりします。 フォルダやプリンタの共有をしたい場合などに困るかもしれません。 契約が必要なのは外とつながっている回線側の部分です。 有線や無線のルーターを自前で用意するなら家の中で接続する台数を増やしても追加契約や料金は不要です。 レンタルルーターを借りたりすれば月額料金がかかったりします。 ひかり電話を使うなどレンタル一択になる場合があります。 すでに借りているなら自分でつなぐ台数を増やしても追加契約や料金は不要です。 回線料金に月額数百円を上乗せして無線LAN機能をつけるというような契約もありますが、これは自力で無線親機を用意できない人向けのオプションですね。 自分でなんとかしようとしてこのページにたどり着くくらいの方なら使う必要もないと思います。 すでに契約しているなら自分でつなぐ台数を増やしても追加契約や料金は不要です。 追加でつないだパソコンのメールアドレスはどうなるの? 検索ワードを見ているとこれが疑問の方が意外といらっしゃるようですのでつなぎ方の話とはまた別の話になりますがさらっと書きます。 メールアドレスは、あなたの家に来ている回線についているわけでも、パソコン1台ずつについているわけでもなく、プロバイダなどのメールサーバーの中のメールボックスについています。 あなた宛に送られてきたメールはあなたの家の回線、あなたのパソコンめがけて送られてくるわけではなく、どこかにあるメールサーバーのあなたのメールボックスに送られてそこにたまります。 パソコン側にメールボックスの情報(メールサーバー名とアカウントとパスワード)を設定しておくと、パソコン側からメールサーバーにたまっているメールを取りに行くという仕掛けです。 追加したパソコンで新しいメールアドレスを使いたい場合は、どこかのサーバーに新しいメールボックスを確保する必要があります。 プロバイダに申し込んで追加のメールアドレスを取得する(有料かもしれません)、フリーメールを申し込む、などの方法があります。 詳しくはプロバイダの会員向けページを見たりぐぐったりしてください。 メールアドレスを取得したらその情報をパソコン側に設定してやればOKです。 すでにメールを利用しているスマホは、家のWi-Fiにつないだ場合でも今までどおりのアドレスでメールの送受信ができます。 ホームゲートウェイ HGW って何? 回線事業者が貸し出すレンタルルーターを指すことが多いようです。 回線事業者によってはぜんぜん違う装置を指していることがあります。 契約されている回線事業者の説明をご覧の上ご判断ください。 情報分電盤がある場合はどう考えたらいい? 情報分電盤自体は特に何かをしてくれるわけではありません(機種によってはハブ機能はついているかもしれません)。 ONUやルーターを中に入れて(orそばに置いて)つないで使用します。 考え方は上で説明してきたのと同じです。 おまけ 以下のようなテーマについておまけページで解説していますので併せてご利用ください。

次の