コロナ なぜ 発生。 「新型コロナウイルス」は一体どこから来たのか

なぜ中国人は新型コロナウイルスの発生源らしいコウモリを食べるのか?=浜田和幸

コロナ なぜ 発生

「ダイヤモンド・プリンセス号」船内で活動する自衛隊員(写真提供:防衛省) 《新型コロナウイルスは米軍やフランス軍の空母で感染者が続出するなど、軍事分野においても猛威を振るっている。 一方、自衛隊は「ダイヤモンド・プリンセス号」での対応で派遣隊員から一人も感染者を出すことなく任務を完遂した。 その「勝因」は何なのか。 未曾有の危機をいかに乗り越えるのか。 わが国の平和と安全を守る自衛隊として、この事態をどう受け止めていますか。 (山崎)国家の危機であることは間違いありません。 この難局に立ち、防衛省・自衛隊のみならず、関係省庁が総力を挙げて対応する必要がある。 政府による方針の下、関係省庁及び地方自治体と緊密に連携し、自衛隊の能力を最大限に発揮して対応せねばなりません。 たとえば、今年1月31日~3月16日までのあいだ、中国・武漢からのチャーター機で帰国した邦人や横浜に入港したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」においては、感染対応のための災害派遣活動を行ないました。 予備自衛官を含む延べ約4,900名の隊員をもって、医官等による回診や問診票の回収、クルーズ船内の消毒、陽性者の輸送支援などを実施しました。 3月28日からは海外からの帰国者・入国者を対象とする水際対策強化のため、国内の主要な国際空港で検疫や輸送、宿泊施設における生活支援などを実施しています。 4月3日以降は市中における感染拡大防止のため、PCR検査で陽性反応が出た患者の空輸や宿泊施設への輸送支援、同検査のための検体採取支援、さらには感染防護の教育支援などを実施しています。 特徴としては、地方自治体の職員や医療関係者、宿泊施設、タクシーなどの民間事業者に対する感染防護の教育支援ニーズが高かったことです。 教育支援では、実技も含め約1,470名の方に「ダイヤモンド・プリンセス号」における自衛隊の活動や防護基準、教訓を紹介しました(5月21日時点)。 「勝因」は何でしょうか。 (山崎)第一に、防衛省・自衛隊が組織力を発揮できた点が挙げられるのではないでしょうか。 船内で起きている状況を迅速かつ的確に把握したうえで、計画を作成、実行できました。 第二に、隊員一人ひとりが責任感と使命感をもち、防護のための基本動作を愚直に実践してくれたこと。 第三に、指揮官が現場で明確な指示・命令を出し、強いリーダーシップを発揮してくれたことです。 今般の感染症対応の災害派遣は、自衛隊創設以来、まさしく未曾有の経験でした。 他方、1995年に地下鉄サリン事件、2011年には福島第一原子力発電所事故において、それぞれ化学物質と放射線汚染下での災害派遣を行なっています。 これらは「見えない敵」との戦いである点で、新型コロナへの対応と共通しています。 さらにいえば、部隊は平素からNBC(放射能、生物、化学)防護の訓練をしていたため、その恐ろしさや感染防護における基礎動作の重要性を認識していました。

次の

水泳(プール)授業がコロナで中止に!なぜ?理由や発生する問題点とは?

コロナ なぜ 発生

当初は中国の問題と捉えられていたが、グローバル化の進展もあり、あっという間に世界中に広がった。 その中でも、新型コロナウイルスの直撃を受けているのが米国だ。 3月13日にトランプ政権は国家非常事態を宣言。 その後、カリフォルニア州やニューヨーク州などが不必要な外出を禁じる外出制限措置に踏み切ったが、米国の感染者数と死亡者数はイタリアを抜き、世界最悪の状況だ。 既に感染者数は63万人超と、世界全体の感染者数の30%を占める(4月16日時点、ジョンズ・ホプキンズ大学のデータ)。 死亡者も2万人8000と最も多く、新型コロナウイルスの猛威にさらされている(中国が公表数字を過少申告している疑惑についてはここでは触れない)。 そんな米国の中で、最も被害が深刻なのがニューヨーク市とその周辺だ。 ニューヨーク・タイムズの記事を見ても分かるように、感染者数、死者数ともにニューヨークが断トツに多い。 今後、ニューヨークから各地に感染が広がることが懸念される。 中国の追撃を受けているとはいうものの、米国は名目国内総生産(GDP)が世界一の経済大国であり、ニューヨークは世界で最も繁栄している都市だ。 しかも、米国には感染症対策で世界最強とささやかれる米疾病対策センター(CDC)があり、そもそもの医療レベルは高い。 それなのに、なぜここまで被害が拡大してしまったのか。 人との距離が近いニューヨーカー まず考えられるのは、ニューヨーク市の人口密度だ。 ニューヨーク市は人口800万人を超える巨大都市だが、その広さは、マンハッタン島を中心にした5つの行政区で800平方キロメートル(陸地面積)近くと東京23区より少し広い程度。 2010年の国勢調査によれば、人口密度は1平方マイル(2. 59平方キロメートル)あたり2万7000人と、シカゴの2倍、ロサンゼルスの3倍に達する。 実際、朝晩の地下鉄は混み合っており、人気のレストランやバーに行けば、隣の客と肘がぶつかるような混み具合だ。 家賃は高く、一つの部屋を複数の人間でシェアしている人もかなりいる。 感染者数が増加したのはPCR検査を拡大した影響だが、そもそも感染爆発が起きやすい環境にあったのは間違いない。 また、ニューヨーカーのカルチャーや慣習面も感染爆発の要因と考えられる。 基本的にニューヨーカーは日本人ほど手を洗わず、風邪を引いたときにマスクをつけるという習慣はない。 また、友人や知人と顔を合わせれば握手とハグでコミュニケーションを取るなど、人との距離感が近い。 地下鉄やその辺でピザを食べた後も、指をぺろっとなめるか紙ナプキンで拭いて終わりだ。 この記事を見てもらえれば雰囲気が分かると思うが、日本人の感覚からすると、街全体があまり清潔ではない(日本の電車も同じようなものだが)。 (* 配信先のサイトでこの記事をお読みの方は、こちらで記事中のリンク先をご覧いただけます。 ismedia. 最新の研究によれば、中国・武漢の病院の集中治療室で働いている医療従事者の靴を調べたところ、サンプルの約半分にコロナウイルスが付着していたという。 新型コロナウイルスは感染から発症までの潜伏期間が5〜6日と長く、感染に気づかないまま他人にうつすケースが相次いでいる。 今でこそ、間隔を空けてスーパーの列に並ぶ、同じエレベーターに乗らないなど、ソーシャルディスタンスを厳格に守る市民が圧倒的だが、外出制限が出るまではジョギングをしたり、公園で子どもを遊ばせたりするのは日常だった。 黒人とヒスパニックの感染者が多い理由 格差と貧困を指摘する向きもある。 ニューヨーク州知事のクオモが会見で述べたように、白人層やアジア系などに比べて、ヒスパニック層や黒人層などのマイノリティの死者数が多い。 この地図は、ニューヨーク市の保険精神衛生局が作成した郵便番号別の感染マップだ。 これを見ると、ハーレム全般のほか、ブルックリンやクイーンズの深部など黒人やヒスパニックの貧困層が暮らしているエリアに感染者数が多いことが分かる。 その理由として挙げられるのが彼らが従事している仕事だ。 貧困層はサービス業に従事している割合が高く、仕事に行くため、地下鉄やバスなど公共交通機関を利用せざるを得ない。 一方、白人層やアジア系はホワイトカラーが多く、感染の危険を冒して公共交通機関に乗る必要がない。 また、貧困層は食生活が偏っている場合が多く、高血圧や糖尿病などの基礎疾患を抱えている人も少なくない。 今回の新型コロナは基礎疾患の有無によって致死率が変わると言われている。 これから検証が進むだろうが、感染拡大に貧困と格差が関わっている可能性は高い。 もちろん、トランプ政権の迷走もある。 感染は1月から広がり始めていたが、トランプ大統領は「完全に管理下にある」と新型コロナの脅威を過小評価。 感染の拡大を把握するのが遅れた。 その後、国家非常事態宣言を出し、不要不急の外出の自粛を要請したが、11月の大統領選を念頭に、外出自粛の早期緩和を望んでいるのは周知の通り。 国家安全保障会議(NSC)内で感染症を担当する部局を廃止したことも、即応能力の低下につながったと指摘されている。 これまで述べたように、高い人口密度と人の距離が近いという社会的な要因、そして移動せざるを得ない人々の存在と政権のコロナ軽視が重なって、感染者数の爆発と医療崩壊が起きたと考えていいだろう。 ニューヨーク州のクオモ知事は13日の会見で、州内における死者数の伸びが鈍化したと述べ、「ピークは過ぎた」という認識を示した。 ただ、ワクチンが開発されたわけではなく、油断すればすぐに第二波が押し寄せる。 それを防ぐためには、ソーシャルディスタンスを守る、発熱や咳が出た程度では病院に行かないなど、これまでの対策を墨守する必要がある。 それが、ニューヨークが身をもって教えてくれた教訓である。 筆者:結城 カオル 外部サイト.

次の

米国で新型コロナ感染広がった理由 人口密度と貧富の格差が原因か

コロナ なぜ 発生

こうしたことなどから、副院長は「海鮮市場が唯一の感染源の場所ではなく、複数ある可能性がある」と話しています。 ------------- 防疫で重要なのは、感染源を特定することです。 コウモリが感染源なら駆除しなければなりません。 海鮮市場に感染源があるならば、閉鎖する前に売っている動物の全ての血液を採取してコロナウイルスの検査をするはずですが、今になっても感染源特定の発表がありません。 中国は第二の研究所として、生物兵器禁止条約に基づく対生物兵器研究の武漢生物学的製剤研究所を公表している。 China declared a second laboratory, the Wuhan Institute of Biological Products, as part of biological warfare research under the Biological Weapons Convention. 国務省は昨年のレポートで、中国が条約に違反して攻撃的な生物兵器に密かに取り組んでいると疑念があると報告している。 The State Department said in a report last year that it suspects China is working covertly on offensive biological weapons in violation of the convention. Lucey made no reference to a biological warfare laboratory as a possible source of the virus, but his hypothesis is that the first appearance of the Wuhan virus did not come from the seafood market and that it was spreading from person to person in October or November. 彼はウイルスが武漢内外の他の市場の感染動物から、または感染動物の流通過程に沿って拡散した可能性があると提起しています。 He suggested that the virus may have spread from infected animals in other markets inside or outside Wuhan or along a supply chain of infected animals. -------------.

次の