イングランド サッカー リーグ。 イングランド・プレミアリーグ 英政府が再開後のホーム&アウェー形式許可の見通し― スポニチ Sponichi Annex サッカー

ようやく埋まった空白 リバプール、悔しさ胸に雪辱―イングランド・サッカー:時事ドットコム

イングランド サッカー リーグ

ボーンマスは25日、6月末で退団する5選手を発表した。 退団する選手は、元イングランド代表FW 37 、スコットランド代表MF 26 、MF 24 、FW 20 、DF 20 とのことだ。 デフォーは、ウェストハムでプロデビュー後、2000年10月にボーンマスにレンタル移籍。 その後、トッテナムやポーツマス、トロントFC、サンダーランドなどでプレー。 2017年7月にボーンマスへ加入していたが、今シーズンはレンジャーズへとレンタル移籍していた。 ボーンマスでは、公式戦通算34試合に出場し4ゴール2アシストを記録していた。 フレイザーは2013年1月にアバディーンからボーンマスへ加入。 今シーズンは主力としてプレミアリーグで28試合に出場し1ゴール4アシストを記録。 公式戦通算では208試合に出場し24ゴール33アシストを記録していた。 関連ニュース ウォルバー・ハンプトンは24日、プレミアリーグ第31節でボーンマスと対戦し、1-0で勝利した。 リーグ戦6試合無敗の6位ウルブズ 勝ち点46 が、ホームに降格圏に沈む18位ボーンマス 勝ち点27 を迎えた一戦。 直近のウェストハム戦を完勝したウルブズは、その試合から先発を1人変更。 デンドンケルに代えてアダマ・トラオレを先発に起用した。 試合はゴールレスで迎えた後半に動く。 60分、右サイドをドリブルで持ち上がったアダマ・トラオレがクロスを供給すると、ヒメネスがヘディングシュートを叩き込み、この試合は初の枠内シュートでウルブズが先制に成功した。 先制したウルブスは、78分にもモウティーニョの右CKからボリが決定機を迎えたが、このシュートは相手GKの好セーブに阻まれた。 その後も互いに選手交代で展開の打開を図るが膠着した状態が続く。 そんな中、ウルブズは後半アディショナルタイムにチャンスを迎える。 94分、自陣中盤でボールを受けたペドロ・ネトがドリブルで持ち上がると、そのままボックス内まで侵入。 相手GKとの一対一を迎えたが、シュートはわずかにゴール右に逸れた。 結局、試合は1-0でタイムアップ。 ヒメネスのゴールで逃げ切ったウルブズが、再開後2連勝を飾り、来季のチャンピオンズリーグ CL 出場権を争う上位陣を追走している 2020. 25 04:16 Thu ボーンマスは17日、複数選手との短期契約延長合意を発表した。 合意者は主将のイングランド人DFサイモン・フランシス 35 をはじめ、元ポーランド代表GKアルトゥール・ボルツ 40 、イングランド人DFチャーリー・ダニエルズ 33 、イングランド人MFアンドリュー・サーマン 33 の4選手となる。 一方、今季のここまでリーグ戦28試合 1得点 でプレーしているスコットランド代表MFライアン・フレイザー 26 がクラブとの短期契約延長を辞退したことも明らかに。 契約満了の今月末をもって、ボーンマス退団が決まっている。 これを追って報じたイギリス『ガーディアン』によると、R・フレイザーの移籍先は現時点で不明確だが、クリスタル・パレス、ニューカッスル、ワトフォードが候補に挙がっているという。 なお、プレミアリーグは新型コロナウイルスの影響で3月中旬から延長が続いたが、17日からの再開が決定。 降格圏18位からの巻き返しが求められるボーンマスは20日に行われるプレミアリーグ第30節でクリスタル・パレスのホームに迎え撃つ。 2020. 17 21:00 Wed ボーンマスは8日、リバプールからレンタル中のウェールズ代表MFハリー・ウィルソン 23 の契約期間を今シーズン終了まで延長したことを発表した。 新型コロナウイルスの影響でシーズン終了が後ろ倒しになった欧州各国リーグでは契約上の問題が発生。 通常は選手とクラブ間の契約は6月30日までとなっているため、シーズン終了が7月や8月にもつれ込んだ場合、クラブは当該選手を起用できなくなる。 その対策として、実質的な今季終了までの短期契約延長という特例が認められており、ウィルソンもその対象だった。 昨夏にレンタル移籍で加入したウィルソンは、今シーズンのプレミアリーグで27試合に出場しチーム2番目の7ゴールを記録している。 残留を争うチームでキープレーヤーとなっている。 2020. 09 08:10 Tue ボーンマスのGKアーロン・ラムズデール 22 が新型コロナウイルス COVID-19 からの回復を発表した。 ラムズデールは、プレミアリーグが全クラブを対象に行っていた新型コロナウイルスの検査で、1度目は陰性だったものの、2度目に陽性反応を示していた。 そのため14日間の自己隔離措置をとることになり、チームトレーニングに参加することができずにいた。 自己隔離期間を終えたラムズデールは最新の検査で陰性だったとのこと。 自身のツイッターでも「今朝の時点で、僕は自己隔離から離れることができた」と回復したことを明かしていた。 なお、プレミアリーグは28日と29日に3度目、4度目の一斉検査を実施。 陽性反応者が1人も出なかったと発表している。 一方で、同タイミングでチャンピオンシップ イングランド2部 の8クラブを対象とした1058回の検査を行ったが、10人が陽性反応を示しており、プレミアリーグの感染者なしの報告も予断を許さない状況には変わりがないことを示している。 2020. 31 09:45 Sun ボーンマスのGKアーロン・ラムズデール 22 が新型コロナウイルス COVID-19 の検査で陽性反応を示したようだ。 自身がイギリス『サン』のインタビューで明かした。 シーズン再開を目指すプレミアリーグは、各クラブがトレーニングを再開。 先日、プレミアリーグが全クラブを対象に検査を行った結果、1度目の検査で3クラブから6名が陽性となり、23日に行われた2度目の検査では2クラブから2名が陽性反応となった。 ラムズデールは、1度目の検査では陰性だったものの、2度目の検査では陽性反応を示したとのこと。 注意しながら生活していたものの、どこで感染したのかに頭を悩ませていたと『サン』で語った。 「この2日間、理解しようと努めてきた」 「先週の月曜日、トレーニングを始める前の検査は陰性だった」 「だから、先週はスーパーに行ったり、ガソリンスタンドに行って満タンにするなど、普段の生活を送っていた」 「ウイルスに感染すると血液中に現れる。 明確なことは言えないけど、僕がウイルスに感染したのは2つの検査の間の3日間だと思う」 「僕は以前と同じようにロックダウン中の過ごし方に注意してきたけど、買い物に出かけた時に感染したんだろう」 最初の検査で陰性となったラムズデールは、チームメイトと共にトレーニングに参加。 しかし、しっかりとソーシャル・ディスタンスは守られていたという。 「僕たちはトレーニングをしたけど、2m離れるという厳しい規則の下で行われた」 「僕たちのクラブは、ルールを破ることを望まないクラブであり、再開するために全てを適切に行って行きたい。 ルールーを破ると、他の人を危険にさらすことになる。 だから、僕たちは離れている」 「とても奇妙なものだったよ。 僕は健康だし、味覚も嗅覚もあるし、ウイルスに関する全てを持っている。 間違いなくショックだし、僕が対応しなければならない」 「自宅に7日間隔離されるので、家の中で何かをする時間はある。 トレーニングとしては理想的なものではないけど、それらは1つにすぎない」 ラムズデールは、ボーンマスの正守護神として今シーズンのプレミアリーグで28試合に出場。 また、ビッグクラブの獲得候補にも挙がっていた将来有望な若手GKだ。 2020. 26 11:27 Tue.

次の

英イングランド・サッカー、リバプールがリーグ制覇 30年ぶりの栄冠(api.rethinkrobotics.com)

イングランド サッカー リーグ

ボーンマスは25日、6月末で退団する5選手を発表した。 退団する選手は、元イングランド代表FW 37 、スコットランド代表MF 26 、MF 24 、FW 20 、DF 20 とのことだ。 デフォーは、ウェストハムでプロデビュー後、2000年10月にボーンマスにレンタル移籍。 その後、トッテナムやポーツマス、トロントFC、サンダーランドなどでプレー。 2017年7月にボーンマスへ加入していたが、今シーズンはレンジャーズへとレンタル移籍していた。 ボーンマスでは、公式戦通算34試合に出場し4ゴール2アシストを記録していた。 フレイザーは2013年1月にアバディーンからボーンマスへ加入。 今シーズンは主力としてプレミアリーグで28試合に出場し1ゴール4アシストを記録。 公式戦通算では208試合に出場し24ゴール33アシストを記録していた。 関連ニュース ウォルバー・ハンプトンは24日、プレミアリーグ第31節でボーンマスと対戦し、1-0で勝利した。 リーグ戦6試合無敗の6位ウルブズ 勝ち点46 が、ホームに降格圏に沈む18位ボーンマス 勝ち点27 を迎えた一戦。 直近のウェストハム戦を完勝したウルブズは、その試合から先発を1人変更。 デンドンケルに代えてアダマ・トラオレを先発に起用した。 試合はゴールレスで迎えた後半に動く。 60分、右サイドをドリブルで持ち上がったアダマ・トラオレがクロスを供給すると、ヒメネスがヘディングシュートを叩き込み、この試合は初の枠内シュートでウルブズが先制に成功した。 先制したウルブスは、78分にもモウティーニョの右CKからボリが決定機を迎えたが、このシュートは相手GKの好セーブに阻まれた。 その後も互いに選手交代で展開の打開を図るが膠着した状態が続く。 そんな中、ウルブズは後半アディショナルタイムにチャンスを迎える。 94分、自陣中盤でボールを受けたペドロ・ネトがドリブルで持ち上がると、そのままボックス内まで侵入。 相手GKとの一対一を迎えたが、シュートはわずかにゴール右に逸れた。 結局、試合は1-0でタイムアップ。 ヒメネスのゴールで逃げ切ったウルブズが、再開後2連勝を飾り、来季のチャンピオンズリーグ CL 出場権を争う上位陣を追走している 2020. 25 04:16 Thu ボーンマスは17日、複数選手との短期契約延長合意を発表した。 合意者は主将のイングランド人DFサイモン・フランシス 35 をはじめ、元ポーランド代表GKアルトゥール・ボルツ 40 、イングランド人DFチャーリー・ダニエルズ 33 、イングランド人MFアンドリュー・サーマン 33 の4選手となる。 一方、今季のここまでリーグ戦28試合 1得点 でプレーしているスコットランド代表MFライアン・フレイザー 26 がクラブとの短期契約延長を辞退したことも明らかに。 契約満了の今月末をもって、ボーンマス退団が決まっている。 これを追って報じたイギリス『ガーディアン』によると、R・フレイザーの移籍先は現時点で不明確だが、クリスタル・パレス、ニューカッスル、ワトフォードが候補に挙がっているという。 なお、プレミアリーグは新型コロナウイルスの影響で3月中旬から延長が続いたが、17日からの再開が決定。 降格圏18位からの巻き返しが求められるボーンマスは20日に行われるプレミアリーグ第30節でクリスタル・パレスのホームに迎え撃つ。 2020. 17 21:00 Wed ボーンマスは8日、リバプールからレンタル中のウェールズ代表MFハリー・ウィルソン 23 の契約期間を今シーズン終了まで延長したことを発表した。 新型コロナウイルスの影響でシーズン終了が後ろ倒しになった欧州各国リーグでは契約上の問題が発生。 通常は選手とクラブ間の契約は6月30日までとなっているため、シーズン終了が7月や8月にもつれ込んだ場合、クラブは当該選手を起用できなくなる。 その対策として、実質的な今季終了までの短期契約延長という特例が認められており、ウィルソンもその対象だった。 昨夏にレンタル移籍で加入したウィルソンは、今シーズンのプレミアリーグで27試合に出場しチーム2番目の7ゴールを記録している。 残留を争うチームでキープレーヤーとなっている。 2020. 09 08:10 Tue ボーンマスのGKアーロン・ラムズデール 22 が新型コロナウイルス COVID-19 からの回復を発表した。 ラムズデールは、プレミアリーグが全クラブを対象に行っていた新型コロナウイルスの検査で、1度目は陰性だったものの、2度目に陽性反応を示していた。 そのため14日間の自己隔離措置をとることになり、チームトレーニングに参加することができずにいた。 自己隔離期間を終えたラムズデールは最新の検査で陰性だったとのこと。 自身のツイッターでも「今朝の時点で、僕は自己隔離から離れることができた」と回復したことを明かしていた。 なお、プレミアリーグは28日と29日に3度目、4度目の一斉検査を実施。 陽性反応者が1人も出なかったと発表している。 一方で、同タイミングでチャンピオンシップ イングランド2部 の8クラブを対象とした1058回の検査を行ったが、10人が陽性反応を示しており、プレミアリーグの感染者なしの報告も予断を許さない状況には変わりがないことを示している。 2020. 31 09:45 Sun ボーンマスのGKアーロン・ラムズデール 22 が新型コロナウイルス COVID-19 の検査で陽性反応を示したようだ。 自身がイギリス『サン』のインタビューで明かした。 シーズン再開を目指すプレミアリーグは、各クラブがトレーニングを再開。 先日、プレミアリーグが全クラブを対象に検査を行った結果、1度目の検査で3クラブから6名が陽性となり、23日に行われた2度目の検査では2クラブから2名が陽性反応となった。 ラムズデールは、1度目の検査では陰性だったものの、2度目の検査では陽性反応を示したとのこと。 注意しながら生活していたものの、どこで感染したのかに頭を悩ませていたと『サン』で語った。 「この2日間、理解しようと努めてきた」 「先週の月曜日、トレーニングを始める前の検査は陰性だった」 「だから、先週はスーパーに行ったり、ガソリンスタンドに行って満タンにするなど、普段の生活を送っていた」 「ウイルスに感染すると血液中に現れる。 明確なことは言えないけど、僕がウイルスに感染したのは2つの検査の間の3日間だと思う」 「僕は以前と同じようにロックダウン中の過ごし方に注意してきたけど、買い物に出かけた時に感染したんだろう」 最初の検査で陰性となったラムズデールは、チームメイトと共にトレーニングに参加。 しかし、しっかりとソーシャル・ディスタンスは守られていたという。 「僕たちはトレーニングをしたけど、2m離れるという厳しい規則の下で行われた」 「僕たちのクラブは、ルールを破ることを望まないクラブであり、再開するために全てを適切に行って行きたい。 ルールーを破ると、他の人を危険にさらすことになる。 だから、僕たちは離れている」 「とても奇妙なものだったよ。 僕は健康だし、味覚も嗅覚もあるし、ウイルスに関する全てを持っている。 間違いなくショックだし、僕が対応しなければならない」 「自宅に7日間隔離されるので、家の中で何かをする時間はある。 トレーニングとしては理想的なものではないけど、それらは1つにすぎない」 ラムズデールは、ボーンマスの正守護神として今シーズンのプレミアリーグで28試合に出場。 また、ビッグクラブの獲得候補にも挙がっていた将来有望な若手GKだ。 2020. 26 11:27 Tue.

次の

英イングランド・サッカー、リバプールがリーグ制覇 30年ぶりの栄冠

イングランド サッカー リーグ

Contents• プレミアリーグとは イングランドのプロサッカーリーグ プレミアリーグは、 イングランドのプロサッカーリーグの最上位カテゴリに当たります。 日本でいうところの、J1リーグと同じ位置づけです。 ここで一つ注意が必要なのは、 「イギリス」のプロサッカーリーグではなく、あくまで「イングランド」のプロサッカーリーグであるという点です。 イングランドはイギリスの一部ですが、プレミアリーグをイギリスのプロサッカーリーグと呼ぶと少々意味が異なってきてしまいます。 イギリスではなく、あくまでイングランド イギリスは、ご存知の通り以下の4つの地域から成っています。 イングランド• スコットランド• ウェールズ• 北アイルランド そしてこのそれぞれの地域は 独自のサッカー協会を持ち、それぞれにリーグも存在しているのです。 イングランド以外で日本人になじみが深いのは、スコットランドのサッカーリーグですね。 中村俊輔選手が2005年から2009年まで、スコティッシュ・プレミアリーグ(現在のスコティッシュ・プレミアシップ)のセルティックに所属し、活躍していました。 プレミアリーグに参加しているのは、イングランドのクラブだけではない? プレミアリーグは、イングランドのサッカーリーグである、と書きました。 ですが、参加しているのはイングランドに本拠地を置くクラブだけではありません。 イギリスを構成する4つの地域のうちの1つ、 ウェールズからも参加しているクラブがあるのです。 プレミアリーグ参加経験のあるウェールズのクラブは、次の2つ。 カーディフ・シティFC• 降格して、下部リーグで戦っている年もあります。 プレミアリーグの構造 プレミアリーグには2部がない サッカーのリーグ構造は、階層になっているのが一般的です。 Jリーグにも、J1、J2、J3のような階層がありますよね。 これはヨーロッパでも同じで、スペインのラ・リーガやドイツのブンデスリーガ、イタリアのセリエにも1部と2部が存在しています。 しかし、プレミアリーグは違います。 プレミアリーグには、 プレミアリーグ1部、プレミアリーグ2部というリーグが存在しません。 ん? でも、プレミアリーグにも降格が存在すると書いてたよね? 2部がないのに、どこに降格するの? 降格は存在します。 ただしそれは、 EFLチャンピオンシップという、プレミアリーグとは別のリーグへの降格になるのです。 イングランドには2つのプロサッカーリーグがある イングランドには、実は次の2つのプロサッカーリーグがあります。 プレミアリーグ• イングリッシュ・フットボールリーグ(EFL EFLは、1888年に開幕した世界最古のサッカーリーグです。 一方、プレミアリーグの設立は1992年。 Jリーグの開幕が1993年ですから、始まったのはほぼ同じくらいの時期です。 元々イングランドには、EFL(2015年以前の名称は「フットボールリーグ」)だけが存在していました。 しかし、 1992年に当時フットボールリーグのディビジョン1(1部)に所属していた全クラブが離脱し、新しいリーグが設立されたのです。 その設立経緯からもわかる通り、プレミアリーグとEFLは運営団体が異なります。 ここがJリーグや他のヨーロッパ主要国との違いですね。 Jリーグは、J1もJ2も同じ団体が運営しています。 ただ、2つのリーグがまったく無関係かというとそうではなく、プレミアリーグとEFLの間には昇格・降格によるクラブの移動が存在しています。 イングランドのプロサッカーリーグは、• 1部:プレミアリーグ• 2部:EFLチャンピオンシップ• 3部:EFLリーグ1• 4部:EFLリーグ2 という、プレミアリーグを頂点とする階層構造を取っているのです(プレミアリーグは1部のみ、2部~4部まではEFL。 プレミアリーグの昇格・降格 プレミアリーグと、その下部リーグにあたるEFLチャンピオンシップのクラブ数は次の通り。 プレミアリーグ:20クラブ• EFLチャンピオンシップ:24クラブ JリーグはJ1が18クラブ、J2が22クラブですから、どちらのカテゴリも2クラブ多いですね。 プレミアリーグの場合、シーズン終了時点での 下位3クラブ(18~20位)がEFLチャンピオンシップに降格となります。 EFLチャンピオンシップからの昇格枠は、3つ(3クラブが降格になるので、当たり前ですね)。 このうち2つは、 上位2クラブ(1位と2位)にすんなり与えられます。 しかし最後の1つは、そうはいきません。 この1つの昇格枠を巡って、 3位から6位のクラブがトーナメント方式のプレーオフを戦うことになるからです。 この、3位から6位のクラブがプレーオフ、という方式は、Jリーグやラ・リーガ(スペイン)とも同じです。 ラ・リーガについてはこちら ただ、完全に同じというわけではなく、イングランドの場合、• 3位と6位、4位と5位が対戦する1回戦はホーム・アンド・アウェー• 決勝は一発勝負 という方式を取っているのに対して、ラ・リーガの場合は、• 最初から最後までホーム・アンド・アウェー さらにJリーグはというと、• 最初から最後まで一発勝負 となっています。 ヨーロッパ4大リーグ• スペイン:ラ・リーガ• イングランド:プレミアリーグ• ドイツ:ブンデスリーガ• イタリア:セリエA 2000年以降のUEFAチャンピオンズリーグ優勝回数では、首位のラ・リーガに続く2位。 クラブ別では、リヴァプールが6回で全体の3位となっています(前身の大会を含む)。 ただ、プレミア勢はそのレベルの高さに比べて、チャンピオンズリーグでは思うような結果が残せていないとも言われています。 その一因となっているのが、 クラブ間の力が拮抗していること。 プレミアリーグでの戦いが厳しいため、チャンピオンズリーグに参加している他の国のクラブよりも消耗度が大きくなってしまうのです。 もっとも、2018-19シーズンのように、決勝がプレミア勢同士の対戦(リヴァプール対トッテナム)になることもありますからね。 レベルは相当高いです。 プレミアリーグにおける日本人 日本人で初めてプレミアリーグでプレーしたのは、 稲本潤一選手です。 2001年、アーセナルに移籍し、その後フラムFCに期限付き移籍して出場を果たしました。 優勝経験のある選手は2人。 香川真司選手(2012-13 マンチェスター・ユナイテッド)• 岡崎慎司選手(2015-16 レスター・シティ) 特に岡崎選手のケースは、降格候補に挙げられていたレスターによる奇跡の優勝をだったために、非常に話題になりました。 なお、現在は2人ともプレミアリーグでプレーしていません。 プレミアリーグでプレーしている日本代表経験選手は、次の通りとなっています。 有料チャンネルにいきなり加入するのはちょっと…… という方は、そちらから試してみるといいと思います。 DAZN以外で見る方法はないの? プレミアリーグについては、 DAZNが2019-20シーズンから3シーズンに渡って独占配信することが発表されています。 したがって、DAZN以外の方法でプレミアリーグを視聴することはできません。 「J SPORTS」や「スポナビライブ」、「NHK-BS」で放送・配信していたこともあったのですが、 すべて過去のものとなりました。 プレミアリーグを日本で視聴するには、DAZNへの加入が必須となっています。 まとめ:熾烈な優勝争いを楽しみたいなら、断然プレミアリーグ 強豪ひしめくプレミアリーグは、優勝争いが熾烈です。 スペインやドイツのように、シーズン前からどこが優勝するのかおおよそ見当がついてしまう、というようなことがありません。 その分、リーグとしての魅力は高いです。 レベルの高い試合をできるだけ多く見たい、その上で、優勝争いも楽しみたいというのであれば、一番のおすすめはプレミアリーグになります。 DAZNであれば、月額1,750円で見られますしね。 今回は、以上です。

次の