あつ 森 キャンプ ファイヤー。 【あつ森】【part2】みんなとキャンプファイヤー

【あつ森】攻略プレイ日記1 プレイヤーの容姿・無人島の形を決定!最初の住民は…

あつ 森 キャンプ ファイヤー

DIYはたぬきちから支給されるスマホで材料などクラフトに必要なものがわかる。 まずは道具を作って素材を集めていこう あつまれどうぶつの森では無人島が舞台となり、クラフト要素であるDIYによってさまざまな家具などを作っていくことができます。 DIYをするにはまずたぬきちから渡されたスマホで「DIYレシピ」を開くことで今現在作れるものやそのDIYに必要な材料を確認することができます。 配信内ではまず家具の「ログベンチ」を作ろうとしていましたが、そのためには「木材」が必要になります。 しかし木材は木をこらなければ(伐採)入手することができません。 そのため、最初にその道具である「オノ」を作るところからはじまります。 スマホでDIYレシピを確認してみると、斧を作るには「木の枝」と「石」が必要であることがわかりますね。 これを集めましょう! まずは木を揺すったりして落ちてきた「木の枝」を獲得します。 木を素手で揺すっても枝しか入手できないため道具が必要になってくるわけです。 木の枝を集めたら今度は「石」を拾っていきます。 石を集めるときも落ちているものを拾うだけでなく、「スコップ」などの道具を持っているならば、岩を叩くことによっても「石」を入手できますし、「粘土」「鉄鉱石」といったさらなる素材を入手することができます。 このように 道具を持っていれば入手できる素材の幅が広がっていき、さらに優秀な道具を生み出すことができるサイクルになっています。 DIYのやり方。 クラフトは作業台があれば自分だけでもできる。 なければたぬきちの案内所で作業台を貸してもらってDIYが可能 無人島の中にはたぬきちの「案内所」という施設があり、無人島移住プランにてやってきた住民をサポートする施設となっています。 DIYは集めた材料を加工する必要がありますが、これには 「作業台」という設備が必要です。 作業台自体は自分で保有することができますが、 ゲーム序盤はプレイヤーはもっていませんのでたぬきちの作業台を貸してもらうことができます。 オノを装備した状態で木を叩けば、今まで木の枝しか入手できなかったところから「木材」や「固い木材」が入手できるようになります。 さてこれで主目的のログベンチ作成のための木材確保に成功しました! ログベンチは家具になりますが、道具のときと同様に作業台で加工してアイテムとして入手することができます。 完成品の家具をベースにしてさらに別の家具を作ったりもできる。 DIYレシピはどうぶつから教えてもらったりアイテム獲得時に入手可能 あつまれどうぶつの森のDIYでは家具をベースとしてさらに別の家具を作ることができます。 これはスマホ版のどうぶつの森ポケットキャンプにもあった仕組みですね。 今回はキャンプファイヤーの大きいバージョンである、「ボーンファイヤー」を作ってみます。 ボーンファイヤーの必要素材は、• すでに完成している家具のキャンプファイヤーをさらに素材として組み込んで別のものを作るわけですね。 もちろんDIYは作業台が必要になりますのでたぬきちに借りましょう。 これで上記画像のようにキャンプファイヤーがより大きくなったボーンファイヤーが完成しました! このように家具自体を材料にしてさらに別のものを作れるのもあつ森のDIYの楽しいところです。 DIYのレシピの入手方法は?どうぶつたちと会話して教えてもらったり、素材を入手して閃いたりして作れるものを増やしていこう あつ森の中核要素となるDIYですが、 DIYにはレシピが必要になります。 このレシピはどこから入手するのでしょう。 DIYレシピの入手方法は主に、• 素材やアイテム入手時に新しいDIYレシピのアイデアを閃く• 住民のどうぶつたちと会話したりすることでDIYレシピを教えてもらう• DIYレシピというアイテムを購入することで覚える これらの方法が用意されています。 (このアサリは釣り餌として使うことができそうだ……むむ、新しいDIYレシピを閃いたぞ!) このように 素材アイテムを入手したときに使い道や新しいDIYレシピをプレイヤー自身が閃いて勝手に覚えるというシーンがありました。 また、 無人島の住民であるどうぶつたちと会話したりお手伝いをしたりすることでお礼としてDIYレシピを教えてもらうことができます。 その他にも 直接DIYレシピをベルで買うことができ、それを使って覚えていくという方法もあります。 特定の方法でしか覚えられないDIYレシピというのも出てきそうですが、基本的に複数の手段で覚えることができるようなので、無人島で生活していくうちに様々なものが作れるようになっていくという成長要素も盛り込まれているのがあつ森の面白いところです。 記事中画像引用元:.

次の

【あつ森】初日1日目の効率的な進め方 あつまれどうぶつの森

あつ 森 キャンプ ファイヤー

本日よりNintendo Switch『あつまれ どうぶつの森』をプレイしていきます。 攻略プレイ日記1 一日目(オープニング) 最初に名前と誕生日を決めます。 また、通信で知らない人に見られる可能性がる点も注意ですね。 次にプレイヤーとなる自身の性別と容姿を決めていきます。 折角なのでかわいい感じの容姿にしてみました。 次に舞台となる無人島を決めていきます。 無人島は北半球と南半球があるようです。 日本は北半球なので、ここは素直に『北半球』にしました。 移住先の島は右上の島に決定。 そして最後の質問。 もし無人島にひとつだけ物を持っていくとしたら…どれを選ぶか。 ・寝袋 ・灯り ・食料 ・ヒマつぶし この質問ははたして何を意味するのだろうか? ここはあえて 『ヒマつぶし』を選択。 どうやらまめきちさんが興味本位で聞いただけのようですが、はてさてホントのところはどうなのでしょうか? いよいよ無人島に到着。 最初の島民は『バーバラ』と『ちゃちゃまる』でした。 もらったテントは広場の近くに張りました。 そして2人の住民のテントの場所も決定。 2人のテントは近くにしてみました。 続いてキャンプファイヤーの準備。 「木の枝」を10本。 そして「りんご」を6個入手してたぬきちに渡す。 「木の枝」と「りんご」両方いっぺんに集めると楽ですね。 キャンプファイヤーの準備ができたら、島の名前を決めます。 たぬきちから貰った「キャンプベッド」をテント内に設置して寝ることで1日目が終了。 次の日からは現実の時間とリンクして進めることになります。

次の

【あつ森】【part2】みんなとキャンプファイヤー

あつ 森 キャンプ ファイヤー

DIYはたぬきちから支給されるスマホで材料などクラフトに必要なものがわかる。 まずは道具を作って素材を集めていこう あつまれどうぶつの森では無人島が舞台となり、クラフト要素であるDIYによってさまざまな家具などを作っていくことができます。 DIYをするにはまずたぬきちから渡されたスマホで「DIYレシピ」を開くことで今現在作れるものやそのDIYに必要な材料を確認することができます。 配信内ではまず家具の「ログベンチ」を作ろうとしていましたが、そのためには「木材」が必要になります。 しかし木材は木をこらなければ(伐採)入手することができません。 そのため、最初にその道具である「オノ」を作るところからはじまります。 スマホでDIYレシピを確認してみると、斧を作るには「木の枝」と「石」が必要であることがわかりますね。 これを集めましょう! まずは木を揺すったりして落ちてきた「木の枝」を獲得します。 木を素手で揺すっても枝しか入手できないため道具が必要になってくるわけです。 木の枝を集めたら今度は「石」を拾っていきます。 石を集めるときも落ちているものを拾うだけでなく、「スコップ」などの道具を持っているならば、岩を叩くことによっても「石」を入手できますし、「粘土」「鉄鉱石」といったさらなる素材を入手することができます。 このように 道具を持っていれば入手できる素材の幅が広がっていき、さらに優秀な道具を生み出すことができるサイクルになっています。 DIYのやり方。 クラフトは作業台があれば自分だけでもできる。 なければたぬきちの案内所で作業台を貸してもらってDIYが可能 無人島の中にはたぬきちの「案内所」という施設があり、無人島移住プランにてやってきた住民をサポートする施設となっています。 DIYは集めた材料を加工する必要がありますが、これには 「作業台」という設備が必要です。 作業台自体は自分で保有することができますが、 ゲーム序盤はプレイヤーはもっていませんのでたぬきちの作業台を貸してもらうことができます。 オノを装備した状態で木を叩けば、今まで木の枝しか入手できなかったところから「木材」や「固い木材」が入手できるようになります。 さてこれで主目的のログベンチ作成のための木材確保に成功しました! ログベンチは家具になりますが、道具のときと同様に作業台で加工してアイテムとして入手することができます。 完成品の家具をベースにしてさらに別の家具を作ったりもできる。 DIYレシピはどうぶつから教えてもらったりアイテム獲得時に入手可能 あつまれどうぶつの森のDIYでは家具をベースとしてさらに別の家具を作ることができます。 これはスマホ版のどうぶつの森ポケットキャンプにもあった仕組みですね。 今回はキャンプファイヤーの大きいバージョンである、「ボーンファイヤー」を作ってみます。 ボーンファイヤーの必要素材は、• すでに完成している家具のキャンプファイヤーをさらに素材として組み込んで別のものを作るわけですね。 もちろんDIYは作業台が必要になりますのでたぬきちに借りましょう。 これで上記画像のようにキャンプファイヤーがより大きくなったボーンファイヤーが完成しました! このように家具自体を材料にしてさらに別のものを作れるのもあつ森のDIYの楽しいところです。 DIYのレシピの入手方法は?どうぶつたちと会話して教えてもらったり、素材を入手して閃いたりして作れるものを増やしていこう あつ森の中核要素となるDIYですが、 DIYにはレシピが必要になります。 このレシピはどこから入手するのでしょう。 DIYレシピの入手方法は主に、• 素材やアイテム入手時に新しいDIYレシピのアイデアを閃く• 住民のどうぶつたちと会話したりすることでDIYレシピを教えてもらう• DIYレシピというアイテムを購入することで覚える これらの方法が用意されています。 (このアサリは釣り餌として使うことができそうだ……むむ、新しいDIYレシピを閃いたぞ!) このように 素材アイテムを入手したときに使い道や新しいDIYレシピをプレイヤー自身が閃いて勝手に覚えるというシーンがありました。 また、 無人島の住民であるどうぶつたちと会話したりお手伝いをしたりすることでお礼としてDIYレシピを教えてもらうことができます。 その他にも 直接DIYレシピをベルで買うことができ、それを使って覚えていくという方法もあります。 特定の方法でしか覚えられないDIYレシピというのも出てきそうですが、基本的に複数の手段で覚えることができるようなので、無人島で生活していくうちに様々なものが作れるようになっていくという成長要素も盛り込まれているのがあつ森の面白いところです。 記事中画像引用元:.

次の